FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

アルバス・ダンブルドアが死んでハリーはヴォルデモートの分魂箱を探し出して破壊するため最終学年の年度は学校には戻らないと決めました。そして最後の隠し場所が「ホグワーツ」と判ってハリーたち3人はホグワーツに入ったのですが「叫びの屋敷」でスネイプと顔を合わせて・・・(全3項目)

3-1.叫びの屋敷で
アルバス・ダンブルドアが死んでハリーは最終学年の年度は学校には戻らずヴォルデモートの分魂箱を探し出して破壊する旅に出る事に決めたというわけです。ロンとハーマイオニーも同行する事になったというわけですね。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫に隠された分魂箱を奪った事でハリーたち3人が分魂箱を追い求めている事をついにヴォルデモートも知る事となりました。そのため最後の隠し場所が「ホグワーツ」と判ったんですよね。

ホグワーツに隠されていた分魂箱はレイブンクローの失われた髪飾りで「必要の部屋」にありました。その分魂箱はクラッブが放った「悪霊の火」で破壊され残る分魂箱は蛇のナギニのみという事になったというわけですね。

そこでハリーたちはナギニと一緒にヴォルデモートが待つ「叫びの屋敷」へと向かいました。ナギニは星を散りばめたような魔法の球体の中で安全に宙に浮いていてハリーは守りを貫く呪文が全く何も思いつきませんでした。

そこにヴォルデモートに呼ばれてスネイプがやって来ました。ヴォルデモートはスネイプに「問題があるのだ」と言いました。その問題とはこのニワトコの杖が何故自分の思い通りにならないのかという事だったんですよね。

オリバンダーの店で購入したイチイの木の杖と何ら違いを感じない。約束された威力を発揮していない。スネイプは無言でハリーは危険を感じたスネイプがヴォルデモートを安心させる適切な言葉を探していると思いました。

「俺様は時間をかけてよく考えたのだセブルス。俺様が何故お前を戦いから呼び戻したか判るか?」

ヴォルデモートは相変わらず落ち着いた声で話してはいましたがハリーは額の痛みでヴォルデモートの怒りが次第に高まっているのを感じました。その時の事でした。ハリーはスネイプの横顔を見たというわけなんですよね。

スネイプは魔法の檻の中でとぐろを巻いているナギニを見詰めていたというわけなんですよね。


続きはこちら >>

ナルシッサ・マルフォイはスピナーズ・エンドのスネイプの自宅を訪れスネイプに「破れぬ誓い」を結ばせました。そして息子ドラコを見守り危害が及ばぬように力の限り護るとそう誓わせたというわけです。そしてその時がやって来たというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.あまりに有り得ない組み合わせ
こうしてセブルス・スネイプは夏休み中にスピナーズ・エンドの自宅を訪れたナルシッサ・マルフォイと「破れぬ誓い」を結びました。ドラコを見守り危害が及ばぬように力の限り護るとそう誓ったというわけなんですよね。

ハリーは8月になって最初の土曜日にダイアゴン横丁で偶然見かけて以来ドラコ・マルフォイの企みを何とか見抜こうとして必死になっていました。そしてそれはクィディッチのレイブンクロー戦を数日後に控えた日の事です。

ハリーは今学期「魔法薬学」の教師としてホグワーツの教壇に復帰をしたホラス・スラグホーンが主催したクリスマス・パーティの夜にマルフォイがスネイプと言い争いをしているのを聞いて確信を持つに至ったんですよね。

マルフォイは確かに何かを企んでいる。スネイプが援助を申し出てマルフォイがそれを拒否していたからです。そしてハリーはマルフォイが「必要の部屋」で何かをしているらしいという事は判っていたというわけですよね。

その日ハリーはつい習慣でいつものように回り道し「必要の部屋」がある8階の廊下に向かいながら「忍びの地図」をチェックしました。ざっと見てマルフォイが見つからなかったので「必要の部屋」に違いないと思いました。

ところがその時でした。マルフォイと記された小さな点が下の階の男子トイレに佇んでいるのを発見しました。一緒にいるのはクラッブでもゴイルでもなく何と「嘆きのマートル」であまりにも有り得ない組み合わせでした。

ハリーは階段を駆け下りマルフォイと「嘆きのマートル」がいる男子トイレにやって来ました。扉に耳を押しつけましたが何も聞こえません。ハリーはそーっと扉を開けました。マルフォイが扉に背を向けて立っていました。

「辞めて。辞めて頂戴。困ってる事を話してよ。私が助けてあげる」

感傷的にこう言う「嘆きのマートル」の声が小部屋の1つから聞こえて来てマルフォイは全身を震わせて「誰にも助けられない。僕にはできない。できない。上手く行かない」とそう言葉を返していたというわけなんですよね。

そしてマルフォイはすぐにやらないとあの人は自分を殺害するって言うんだとそう言っていたというわけですよね。


続きはこちら >>

ヴォルデモートは予言を聞く事ができませんでした。そこでルシウス氏への懲罰として息子ドラコに到底できるはずのない任務を命じました。ベラトリックス・レストレンジはそれを大きな名誉を与えたと言いましたがナルシッサはスネイプに危険過ぎると訴えて・・・(全3項目)

3-1.ナルシッサ・マルフォイが
セブルス・スネイプはその姿を見て「これは何と驚きましたな!」と言いました。この言葉と態度から考えるにナルシッサ・マルフォイがスピナーズ・エンドのスネイプの自宅を訪ねたのはおそらくは初めてなんでしょうね。

姉のベラトリックス・レストレンジも一緒でした。ナルシッサがスネイプの自宅を訪問したのはヴォルデモートが息子ドラコに命じた任務についてでした。スネイプがこう声をかけるとナルシッサはスネイプを見上げました。

「さて。我輩に助けを求めにおいででしたなナルシッサ?」

ナルシッサのその顔にははっきりと絶望が書いてありました。ナルシッサは夫のルシウス氏は牢獄で自分を助けてくれるのはスネイプしかおらず他には誰も頼る人がいないと言いました。さらに目を閉じるとこう言いました。

「闇の帝王は私がその話をする事を禁じました。誰にもこの計画を知られたくないとお望みです。とても厳重な秘密なのです」

するとスネイプは即座に「あの方が禁じたのなら話してはなりませんな。闇の帝王の言葉は法律ですぞ」と言いました。ナルシッサはまるでスネイプに冷水を浴びせられたかのようにして息を呑んだというわけなんですよね。

一方姉のベラトリックスはスネイプの自宅に入ってから初めて満足気な顔をしました。それからベラトリックスは妹のナルシッサに対して勝ち誇ったようにして「ほら!」と言いました。そしてこうも言ったというわけです。

「スネイプでさえそう言ってるんだ。しゃべるなと言われたんだから黙っていなさい!」

しかしだったんですよね。


続きはこちら >>

ハリーが5年生の時ダンブルドア校長は「闇の魔術に対する防衛術」の新しい教師を見つける事ができず代わりに魔法省が任命したのがドローレス・アンブリッジでした。アンブリッジは次々に教育令を制定して自分の権限を強めて行きました。その結果ホグワーツには・・・(全3項目)

3-1.ドローレス・アンブリッジがやって来て
ハリーは夏休み最終日の8月31日にフレッドとジョージからダンブルドアは今学期の「闇の魔術に対する防衛術」の教師を探すのにとても苦労をしていたらしいと聞かされました。この4年間の事を考えれば当然というわけです。

クィレルは死にギルデロイ・ロックハートは記憶を失って聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院しリーマス・ルーピンは狼人間だと暴露されて辞職させられマッド・アイ・ムーディは9ヵ月も自身のトランクの中に閉じ込められた。

実はダンブルドアは「闇の魔術に対する防衛術」の新しい教師を見つける事ができなかった。ハリーたち3人は学校に戻って2週間後の「日刊予言者新聞」に載った記事でその事を知らされる事になったというわけなんですよね。

魔法省は8月30日に教育令第22号を制定して現校長が空席の教授職に候補者を配する事ができなかった場合は魔法省が適切な人物を選ぶ事ができると定めその結果やって来たのがドローレス・アンブリッジその人だったのです。

その記事には教育令第23号が制定されてアンブリッジが同僚の先生方を査察する権限を持つ「ホグワーツ高等尋問官」という新しく設けた職位に就いたとも書かれていました。そしてそれは始まりに過ぎなかったんですよね。

アンブリッジは次々と新しい教育令を制定して自身の権限を強めて行きました。その権限はやがて寮監の先生を凌いでハリーにフレッドとジョージはクィディッチを永久に禁止されました。そしてついに校長になったのです。

ハリーたち3人が「闇の魔術に対する防衛術」の自習グループを結成しようとしてホグズミードの「ホッグズ・ヘッド」で25人の生徒を集めて会合をするとそれを聞きつけたアンブリッジは教育令第24号を制定したんですよね。

この教育令でアンブリッジは3人以上が集まる学生による組織に団体にチームにグループとクラブは高等尋問官つまり自分に届け出て承認されなければ存在してはならず判明した生徒は退学処分となるとそう定めたんですよね。


続きはこちら >>

ついにヴォルデモートは復活しました。復活を見届けたハリーは命からがらホグワーツに戻って来てその事をダンブルドアに報告しました。ところが魔法大臣コーネリウス・ファッジはヴォルデモートが復活したというハリーの主張を真っ向から否定して・・・(全3項目)

3-1.ついにヴォルデモートが
3年生の学期末にロンのペットでネズミのスキャバーズことピーター・ペティグリューが逃げて隠れていたアルバニアの森に馳せ参じた事でまたもやヴォルデモートが復活に向けて動き出す事になったというわけなんですよね。

ヴォルデモートはハリーが1年生の時に当時「闇の魔術に対する防衛術」の教師だったクィレルの体に取り憑いてホグワーツに潜入すると「賢者の石」を手に入れ復活しようとしましたがハリーに阻止されてできませんでした。

その失敗を踏まえヴォルデモートは自分が再び体を再生させて蘇る時にはハリーの血を取り込んで無敵にならなくてはならないとそう決心しました。そこでヴォルデモートは1年がかりの計画を立てたというわけなんですよね。

それにはピーター・ペティグリューことワームテールが連れて来た魔法省の職員のバーサ・ジョーキンズが役に立ちました。最も忠実なる死喰い人バーテミウス・クラウチ・ジュニアをホグワーツに派遣するというわけです。

そして今年度ホグワーツで百年以上ぶりに復活開催される三大魔法学校対抗試合の代表選手にハリーをして必ず優勝させるようにする。優勝杯を「移動キー」にして自分の元に連れて来るよう取り計らうというわけですよね。

事は計画通りに進んでクラウチ・ジュニアは「闇の魔術に対する防衛術」の教師のマッド・アイ・ムーディにポリジュース薬で成り済ましてホグワーツに潜入するとヴォルデモートが復活する手助けをしたというわけですね。

しかしヴォルデモートの計画は最後の最後に思わぬ事態が発生して100%完璧にはできませんでした。ハリーは生き延びてしまい命からがらホグワーツへと戻る事となりました。しかしハリーもまた問題が起きてしまいました。

問題は魔法大臣コーネリウス・ファッジでした。


続きはこちら >>

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.