FC2ブログ
ハリポタ通の館(やかた)
ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。
10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

武装解除の術(4)(12回シリーズ)
ハリーの胸は憎しみで煮えくり返り恐れの欠片が入り込む余地は全くなくシリウス・ブラックに飛びかかったというわけです。しかし何故か杖を取り戻してもハリーの杖腕は微動だにしませんでした。するとそこにハリーたちを追って「叫びの屋敷」にやって来たのは・・・・(全3項目)

3-1.そこに現れたのは?
「君なら友を助けに来ると思った。君の父親も私のためにそうしたに違いない。君は勇敢だ。先生の助けを求めなかった。有り難い。そのほうがずっと事は楽だ」シリウス・ブラックがまずこう話しかけたのはハリーでした。

シリウス・ブラックのこの言葉がハリーにはまるで大声で叫んだかのように鳴り響きました。ハリーの胸は憎しみで煮えくり返り恐れの欠片が入り込む余地もなくハリーはシリウス・ブラックに飛びかかったというわけです。

魔法を忘れ果て自分が痩せて背の低い13才である事も忘れ果て相手のシリウス・ブラックが背の高い大人の男である事まで忘れ果てていたというわけです。大乱闘の末にハリーはシリウス・ブラックから杖を取り戻しました。

ハリーはシリウス・ブラックに馬乗りになるような位置で止まりました。ハリーはシリウス・ブラックを見下ろしました。お前は自分の両親を殺害した。こう言うハリーの声は少し震えていましたが杖腕は微動だにしません。

ハリーが攻撃を逡巡している内に今度はクルックシャンクスがシリウス・ブラックの胸の上へと陣取りました。心臓の真上です。シリウス・ブラックは目を瞬いてクルックシャンクスを見下ろすと「どけ」と呟いたのでした。

そしてクルックシャンクスを払い除けようとしました。しかしクルックシャンクスはシリウス・ブラックのローブに爪を立て全く動きません。そうこうしている内に階下で新しい物音が聞こえて来ました。それは足音でした。

「ここよ!私たち上にいるわ-シリウス・ブラックよ-早く!」

ハーマイオニーが急にこう叫んでシリウス・ブラックは驚いて身動きしクルックシャンクスは振り落とされそうになりました。ハリーの頭の中で「やるんだ今!」と声がしました。しかしハリーは行動に出られませんでした。

赤い火花が飛び散って扉が勢いよく開きました。ハリーが振り向くと蒼白な顔で杖を構えてルーピン先生が飛び込んで来る所でした。ルーピン先生は部屋にいる4人を一通り確認するように見回すとこう叫んだというわけです。

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」


[READ MORE...]
武装解除の術(3)(12回シリーズ)
9月19日の誕生日に先駆けてご両親のグレンジャー夫妻から10ガリオンのお小遣いを貰ったハーマイオニーは何とふくろうが欲しいと言い出しました。ところがそんなハーマイオニーが飼う事になったのは猫のクルックシャンクスでした。それが大波乱の3年目の幕開けという事になったんですよね。(全3項目)

3-1.ハーマイオニーの新しいペットとスキャバーズ
3年生になったハリーたち3人とハグリッドにとってこの年度はそれはもう波乱に富んだ1年間という事になりました。まずその第1の主役になったのがハーマイオニーが飼う事になった猫のクルックシャンクスというわけですね。

ハーマイオニーの誕生日は9月19日なのですがご両親のグレンジャー夫妻が自分で一足早くプレゼントを買いなさいとお小遣いを10ガリオンくれたとの事です。するとハーマイオニーは何とふくろうが欲しいとそう言うのです。

ロンのペットのネズミのスキャバーズが何やら元気がないという事でハリーたちはイーロップふくろう百貨店ではなく「魔法動物ペットショップ」に行きました。そこで出会ったのが猫のクルックシャンクスだったのでした。

店で襲いかかって来て以来クルックシャンクスは「何でここまで?」と思うほどに執拗にスキャバーズを追いかけ回しました。ハーマイオニーはそれを猫はネズミを追うものだと言って意に介さなかったというわけですよね。

ところがそれはクィディッチのグリフィンドール対レイブンクロー戦が行われる3日前の木曜日の事でした。寝室のロンのベッドのシーツに血がついていて床には長いオレンジ色の猫の毛が落ちていたというわけなんですよね。

そしてスキャバーズの姿は消えていました。ロンとハーマイオニーの意見は真っ向から対立しました。クルックシャンクスがついにスキャバーズを食ってしまったとロンはそう主張をしましたがハーマイオニーは認めません。

ハーマイオニーはクルックシャンクスがスキャバーズを食べたという証拠がない。それにオレンジ色の毛はクリスマスからずっとそこにあったのかもしれずロンはずっとクルックシャンクスに偏見を持っていたと言いました。

ハーマイオニーはロンのその偏見は「魔法動物ペットショップ」でクルックシャンクスがロンの頭に飛び降りた時からだと言うのです。実はハーマイオニーの主張が正しかった事が学期末試験最終日の夜に証明されたのです。

ハーマイオニーも驚く意外な展開が待ち受けていたんですよね。


[READ MORE...]
武装解除の術(2)(12回シリーズ)
何故あの謎の声はハリーにだけ聞こえて他の人には聞こえなかったのか?それは声の主が蛇だったからでした。ハリーが蛇語を解し話せるからこそ聞こえたのです。そしてハーマイオニーが「秘密の部屋」の怪物の正体を突き止めて・・・(全3項目)

3-1.パーセルマウスだから聞こえた
ジャスティン・フィンチ・フレッチリーとゴーストの「ほとんど首なしニック」が同時に襲われしかもハリーは偶然その場に出くわしてしまいアーニー・マクミランから「現行犯だ!」と指差される事となってしまいました。

ところがこの2人以降は襲撃事件がぱったりと起きなくなりハリーはスリザリンの継承者は腰砕けになり「秘密の部屋」の怪物は今や静かになって再び50年の眠りについたのかもしれないとそう考えたというわけなんですよね。

そんな時にハリーは1冊の日記が捨てられているのを見つけて拾いました。日記は50年前の代物で「T.M.リドル」と名前が記されているだけで何も書かれてはいません。ハリーは2月14日にマルフォイにその日記を拾われました。

ロックハートが企画したバレンタイン・カードを配る小人がハリーのカバンを破った際に落ちたのです。ハリーはその日記をマルフォイから取り戻すため「武装解除の術」を使いました。ところがだったというわけですよね。

その日記が50年前に「秘密の部屋」を開いたのはハグリッドだと教え盗まれたと思ったら長い沈黙を破ってまたも襲撃事件が起きました。犠牲者はハーマイオニーとペネロピー・クリアウォーターという女の子だったのです。

そしてそれは学期末試験が始まる3日前です。ハリーとロンは医務室にハーマイオニーの見舞いに行き右手に握られていた紙切れを引っ張り出しました。その紙切れに「秘密の部屋」の怪物が一体何なのかが書かれていました。

「秘密の部屋」の怪物の正体は毒蛇の王バジリスクでした。ハリーがあちらこちらでその声を聞いたのは声の主が蛇でハリーが蛇語を解し話せるからハリーにだけ声が聞こえたというわけです。そういう事だったんですよね。


[READ MORE...]
武装解除の術(1)(12回シリーズ)
実は名場面集でやってはいたものの正式に取り上げた事がない事が判明したので今日から3週間に渡ってやる事にしました。ハリーがこの術を知ったのは2年生で当時の「闇の魔術に対する防衛術」の教師のギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」の時でした。(全3項目)

3-1.決闘クラブで
この「武装解除の術」が初登場したのは第2巻「秘密の部屋」つまりハリーが2年生の時でその年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師だったギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」でスネイプが使用しました。

ロックハートはきらびやかな深紫のローブ姿で後ろにいつもの黒装束のスネイプを従えて決闘クラブのために大広間に出現した金色の舞台に立つと観衆に手を振り「静粛に」と呼びかけた後こう挨拶したというわけですよね。

「皆さん集まって。さあ集まって。皆さん私がよく見えますか?私の声が聞こえますか?結構結構!」

それからロックハートはダンブルドア校長先生から自分がこの小さな「決闘クラブ」を始めるお許しをいただいたと一体全体何のためにこのクラブを始めたのかの趣旨説明をしたというわけです。こういう事なんだそうです。

「私自身が数え切れないほど経験して来たように自らを護る必要が生じた万一の場合に備えて皆さんをしっかり鍛え上げるためにです」

それからロックハートは助手のスネイプを紹介しました。ロックハートは自分と手合せをした後も皆さんの魔法薬の先生はちゃんと存在するので心配せぬようにと言いましたがこの後に惨憺たる結果が待ち受けているのです。

模範演技を見せるためロックハートとスネイプは向き合って一礼しました。ロックハートが決闘の作法を説明しながら模範演技は続き3つ数えて2人とも杖を肩より高く振り上げました。そしてスネイプがこう叫んだのでした。

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」

目も眩むような紅の閃光が走ったかと思うとロックハートは舞台から吹き飛び後ろ向きに宙を飛んで壁に激突すると壁伝いにズルズルと滑り落ち床に無様に大の字になりました。ロックハートはふらふらと立ち上がりました。

帽子は吹き飛びカールした髪は逆立っていました。


[READ MORE...]
バーテミウス・クラウチ父子のゆがんだ関係(4)(シリーズ最終回)
クィディッチ・ワールドカップの時にクラウチ・ジュニアがしたように父親のクラウチ氏もまたヴォルデモートにかけられた「服従の呪文」を破り始めました。そしてワームテールが警戒を怠ったためクラウチ氏は逃げました。ホグワーツに逃げ込んで来た父親のクラウチ氏をクラウチ・ジュニアは・・・(全3項目)

3-1.突然現れたクラウチ氏
クィディッチ・ワールドカップの決勝戦の日に続いてハリーは今度は10月30日にバーテミウス・クラウチ氏の顔を見る事になりました。百年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が復活開催される事に尽力をしたからだそうです。

クラウチ氏は魔法省の魔法ゲーム・スポーツ部の部長でこれもクィディッチ・ワールドカップの際に会ったルード・バグマン氏と共に三校対抗試合の審査員に加わる事になってハリーは「第1の課題」の時も顔を見たのでした。

ところがです。クリスマス・ダンスパーティの時にはクラウチ氏は姿を現さず部下のパーシー・ウィーズリーが代わりに出席しました。クラウチ氏は「第2の課題」の時も現れず代わりにパーシーが審査員を務めたんですよね。

「第2の課題」終了後ハリーたちは食料を届けにシリウスの隠れ家に行きましたがシリウスは姿を見せなくなったクラウチ氏の事をらしくない。これまでのクラウチ氏なら1日たりとも病気で欠勤したりしないと訝っていました。

ところがだったのです。そんなクラウチ氏が突然ホグワーツに姿を現しました。それは三校対抗試合の最終課題つまり「第3の課題」のちょうど1ヵ月前でした。ハリーは課題の内容を聞きにクィディッチ競技場に行きました。

説明が終わるとダームストラングの代表選手のビクトール・クラムがハリーと話したいと言うので2人は一緒にクィディッチ競技場を出て「禁じられた森」の近くの空き地で話しました。そこにクラウチ氏が姿を現したのです。

クラムの背後の木立の中で何かが動いたので「禁じられた森」にうごめく生き物についていささかの経験があるハリーは本能的にクラムの腕を掴み体の向きを変えさせました。クラムは「何だ?」とハリーに訊いて来ました。

ハリーは頭を横に振ると動きの見えた場所をじっと見ました。そしてローブに手を滑り込ませて杖を掴みました。大きな樫の木の陰から突然1人の男がよろめきながら姿を現しました。一瞬ハリーは誰なのかが分りませんでした。

そして気づきました。クラウチ氏だったのです。


[READ MORE...]


アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード