FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。


改めて開心術士としてのハリーについて「不死鳥の騎士団」編(2)(4回シリーズ)

ハリーが臨んだ懲戒尋問は色んな意味で予想外の展開になったものの被告側の証人として出廷したダンブルドア校長のお陰でハリーは無罪放免を勝ち取る事ができました。そして夏休み最終日には当の本人も驚愕するロンが監督生に任命されるという出来事が起きて厨房でパーティが開催され・・・(全3項目)

3-1.フレッドとジョージの所へ
こうして懲戒尋問に出廷するために魔法省に赴いたハリーだったのですが到着直後にアーサー氏の同僚のパーキンズ氏が驚くべき知らせを持って来ました。開廷が午前8時になり場所が地下の10号法廷に変更されたのでした。

それを知った時には8時を5分過ぎていました。そのためアーサー氏とハリーは大慌ての大急ぎで地下の10号法廷に駆け付ける事となってしまいました。しかしそこに被告側の証人として現われたのがダンブルドア校長でした。

ダンブルドアの口添えのお陰でハリーはめでたく無罪放免という事になりました。法廷の外で待っていたアーサー氏も一抹の不安は抱えていたようですがそれでもハリーから結果を聞き喜んでくれたというわけなんですよね。

こうしてハリーは退学を免れホグワーツに戻れる事になりました。そんなハリーが毎年恒例の学校からの手紙を受け取ったのは夏休み最終日の事だったのですがロンへの手紙には当の本人も驚愕する内容が含まれていました。

何とロンが監督生に任命されたのです。母親のウィーズリーおばさんはもう大喜びでロンがお祝いに新品の箒が欲しいと言ったら希望を叶えてくれました。そしてその日の夜には12番地の厨房でパーティが執り行われました。

こちらのほうは当然の結果としてハーマイオニーもまた監督生になったからです。ハリーはおばさんとビルのそばを離れて隅っこで何やら密談の真っ最中のフレッドとジョージにマンダンガスがいる所に近づいて行きました。

マンダンガスはハリーの姿を見ると口を閉じましたがフレッドがウィンクしてハリーにそばに来いと招きました。そしてマンダンガスに「大丈夫さ。ハリーは信用できる。俺たちのスポンサーだ」とそう言ったというわけです。

ジョージがハリーに手を突き出して見せてくれたのは萎びた黒い豆の鞘のような物でした。これは有毒食虫蔓の種で「ずる休みスナックボックス」に必要なんですが取引禁止品目Cクラスで入手に若干問題があるんだそうです。


続きはこちら >>



改めて開心術士としてのハリーについて「不死鳥の騎士団」編(1)(4回シリーズ)

ハリーが夏休みをどう過ごしたのかをやったその後は毎年「ハリーはどこで開心術を発揮したのか?」を紹介するのが恒例という事になっています。5年生の夏休みの8月12日にハリーはアーサー氏が付き添って懲戒尋問に出廷するために魔法省に赴く事となりました。(全3項目)

3-1.懲戒尋問の朝
8月12日の懲戒尋問の朝ハリーは5時半にしかもまるで誰かが耳元で大声を出したかのように突然はっきりと目覚めました。暫くの間ハリーはじっと横になっていましたが懲戒尋問の事が頭の隅々まで埋め尽くされたのでした。

そのためついに耐えられなくなりハリーはベッドから飛び出してメガネを掛けて着替えると階段を下りて厨房へとやって来たのでした。ハリーは誰もいないだろうと思っていましたが扉の所まで来ると話し声が聞こえました。

扉を開けるとウィーズリー夫妻にシリウスとルーピンにトンクスがハリーを待ち受けていたかのように座っていました。全員着替えを済ませていましたがおばさんだけ紫のキルトの部屋着を羽織っていたというわけですよね。

ハリーが入って行くとおばさんが勢いよく立ち上がり「朝食ね」と言って杖を取り出し暖炉のほうに急いだその後に「何を食べる?オートミール?マフィン?ニシンの燻製?ベーコンエッグ?トースト?」と呼びかけました。

ハリーは「あの-トーストだけお願いします」と答えました。おばさんはマーマレードを塗ったトーストを2枚ハリーの前に置いてくれました。ハリーは何とか食べようとしましたがまるで絨毯を噛み締めているかのようです。

アーサー氏は今日は魔法使いのローブではなく細縞のズボンに袖口と腰の締まった古いボマージャケットを着ていました。話していたトンクスからハリーのほうに向き直ると「気分はどうかね?」とそう訊いて来たのでした。

肩をすくめるハリーにアーサー氏は元気づけるように「すぐ終わるよ。数時間後には無罪放免だ」と言いました。それからその場に居合わせたトンクスにルーピンとシリウスがそれぞれアドバイスをしてくれたというわけです。

アーサー氏は時間をチェックしてハリーのほうを見ると「そろそろ出かけよう。少し早いがここでぐずぐずしているより魔法省に行っていたほうがいいだろう」と言ってハリーはトーストを離し反射的に「OK」と応えました。

こうしてハリーはアーサー氏について厨房を出るとアーサー氏が玄関の閂を外して冷たい灰色の夜明けの外に出たというわけです。


続きはこちら >>



ハリー・ポッターの夏休み「不死鳥の騎士団」後編(24)(シリーズ最終回)

ようやく厨房を抜け出して自分の寝室に向かおうとしたハリーだったのですが客間で思ってもみなかった足止めを食らう事となってしまいました。ウィーズリーおばさんがまね妖怪を処理しようとしていたのですが当初の思いとは裏腹に手間取っていたのです。まね妖怪が変身したのは?(全3項目)

3-1.次から次へと
ウィーズリーおばさんは泣きながら震える杖先をロンの死体に向けると「リ-リ-リディクラス!」と唱えました。パチンと音がしてロンの死体が今度はビルへと変わりました。仰向けに大の字になり虚ろな目を見開いています。

おばさんはますます激しく啜り泣き「リ-リディクラス!」と唱えたかと思うとまた啜り上げました。再びパチンと音がしてビルがアーサー氏の死体に変わりました。メガネがずれて顔からはすーっと血が流れ出したのでした。

「やめてーっ!やめて。リディクラス!リディクラス!リディクラス!」

おばさんがこう呻くと「リディクラス!」と唱える毎にパチンと音がしてフレッドとジョージの死体になりパーシーの死体になりハリーの死体になりました。絨毯に横たわる自分の死体を見てハリーはおばさんに言いました。

「おばさんここから出て!誰か他の人に」

こう言う時にハリーが思わず叫んだのでルーピンが「どうした?」と言いながら客間に駆け上がって来ました。すぐ後からシリウスがその後ろにはマッド・アイ・ムーディが続いてルーピンはおばさんから視線を移しました。

転がっているハリーの死体へと目を移して即座に理解したようでした。杖を取り出しルーピンが力強くはっきりと「リディクラス!」と唱えました。ハリーの死体が消えて横たわっていたあたりに銀白色の球が漂いました。

ルーピンがもう一度杖を振ると球は煙となって消えて行ったのでした。


続きはこちら >>



ハリー・ポッターの夏休み「不死鳥の騎士団」後編(23)(24回シリーズ)

父親のジェームズが監督生ではなかったと知ってパーティが急に楽しく感じられるようになったと思ったら今度はハリーはフレッドとジョージに悪戯専門店の開業資金を提供した事で後悔の念に駆られる事となってしまいました。すると1人になったハリーにマッド・アイ・ムーディが声を掛けて来て・・・(全3項目)

3-1.マッド・アイ・ムーディに声を掛けられて
するとそんな1人でいるハリーにマッド・アイ・ムーディが「元気かポッター?」と低い声で訊いて来てハリーは「うん元気」と嘘をつきました。ムーディは魔法の目でハリーを横睨みしながら携帯瓶からぐいっと飲みました。

「こっちへ来い。お前が興味を持ちそうな物がある」

ムーディはこう言うとローブの内ポケットから古くてボロボロの写真を1枚引っ張り出して来て「不死鳥の騎士団創立メンバーだ」と唸るように言いました。昨夜「透明マント」の予備を探している時に見つけたんだそうです。

スタージス・ポドモアが礼儀知らずにもムーディの一張羅マントを返してくれないんだそうです。みんなが見たがるだろうと思い持って来たのだそうです。ハリーが写真を手に取ると小さな集団がハリーを見つめ返しました。

何人かはハリーに手を振り何人かは乾杯をしました。ムーディは自分を指して「わしだ」と言いました。指す必要はありませんでした。写真のムーディは見間違える事などありませんでした。ただ若干違った所はありました。

今ほど白髪ではなく鼻はちゃんとついていました。ムーディは「ほれわしの隣がダンブルドア反対隣がディーダラス・ディグルだ」と写真に載っている騎士団の創立メンバーの紹介を始めて次にはこう言ったというわけです。

「これは魔女のマーリン・マッキノン。この写真の2週間後に殺された。家族全員殺られた。こっちがフランク・ロングボトムと妻のアリス」

既にむかむかしていたハリーの胃がアリス・ロングボトムを見て強く捻じれました。一度も会った事がないのにこの丸くて人懐っこそうな顔は知っていたからです。息子のネビルそっくりだったからというわけなんですよね。


続きはこちら >>



ハリー・ポッターの夏休み「不死鳥の騎士団」後編(22)(24回シリーズ)

監督生の話が一区切りするとパーティは様々な話題が盛り沢山になりました。一方隅のほうではフレッドにジョージとマンダンガスが何やら怪しげな商談の真っ最中でした。ところがそんなフレッドとジョージの所に行った事がきっかけでハリーは思わぬ気持ちを抱く結果になってしまい・・・(全3項目)

3-1.パーティは個々の話が盛り沢山で
今宵の宴はロンとハーマイオニーの監督生就任披露パーティという事で誰が監督生になれて誰がなれなかったのかという話で盛り沢山でしたが主役の1人のロンはと云えば口を極めての新品の箒自慢だったというわけですよね。

「10秒でゼロから120キロに加速だ。悪くないだろ?コメット290なんかゼロからせいぜい100キロだもんな。しかも追い風でだぜ。賢い箒の選び方にそう書いてあった」

一方監督生の話が一区切りしてハーマイオニーは屋敷しもべ妖精の権利についてルーピンに自分の意見をとうとうと述べていました。ルーピンは狼人間なのでハーマイオニーはその問題と照らし合わせてこう言ったのでした。

「だってこれは狼人間の差別とおんなじようにナンセンスでしょう?自分たちが他の生物より優れているなんていう魔法使いの馬鹿な考え方に端を発してるんだわ」

ウィーズリーおばさんとビルはいつもの髪型論争をしていておばさんは「本当に手に負えなくなってるわ。あなたはとってもハンサムなのよ。短い髪のほうがずっと素敵に見えるわ」と毎度お馴染みの主張の繰り返しでした。

するとここでおばさんは「そうでしょうハリー?」とハリーに同意を求めて来ました。急に意見を求められハリーは若干面食らい「あ。僕分んない」と答えておばさんとビルのそばをそっと離れて隅っこのほうに行きました。

そこではマンダンガスとフレッドにジョージが密談の真っ最中でした。マンダンガスはハリーを見ると口を閉じましたがフレッドがウィンクしてハリーにそばに来いと招き寄せました。そしてマンダンガスにこう言いました。

「大丈夫さ。ハリーは信用できる。俺たちのスポンサーさ」


続きはこちら >>





Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad