グリモールド・プレイス12番地を追われて流浪の旅に出たハリーたち3人でしたがグリフィンドールの剣で分霊箱を破壊できるという事が判りました。しかしその事でハリーとハーマイオニーはロンを失う事になってしまいました。ところがグロスター州のディーンの森で事は起こりました。(全3項目)

3-1.こんな所に!
ハリーは呆然として銀色の牝鹿を見つめました。牝鹿とハリーは暫くの間は互いにじっと見つめ合っていました。それから牝鹿は向きを変えて去り始めました。ハリーはほんの一瞬だけ「罠なのでは?」との懸念を抱きました。

危ない誘いかもしれない。慎重さが囁きかけて躊躇しました。しかし圧倒的な直感が「これは闇の魔術ではない」とハリーにそう教えていました。そこでハリーは銀色の牝鹿を追い始めたというわけです。そしてだったのでした。

銀色の牝鹿は立ち止まるともう一度ハリーのほうに顔を向けました。ハリーは走り出しました。ところがハリーが話しかけようとして口を開いた途端に牝鹿は消えてしまいました。ハリーは方向感覚を失い恐怖が蘇って来ました。

ハリーは借りているハーマイオニーの杖先に灯りを点し高く掲げました。誰も襲って来る気配はありません。それなら何故に牝鹿は自分をここに連れて来たのだろうとハリーは思いました。その時の事だったというわけですよね。

杖灯りで何かが光りました。ハリーが後ろを向くと小さな凍った池がありました。よく見ようとして杖を持ち上げると暗い池の表面が割れて光っていました。ハリーは用心深く近づき池を見下ろしました。ハリーは驚愕しました。

心臓が喉元まで飛び出すほどに驚きました。池の縁にひざまずいて池の底にできるだけ光が当たるように杖を向けました。深紅の輝き。柄に輝くルビーを嵌め込んだ剣。グリフィンドールの剣が池の底に横たわっていたのでした。

ハリーはほとんど息を止めて剣を覗き込みました。どうしてこんな事が?自分とハーマイオニーが野宿しているグロスター州のディーンの森の池の中にこうしてグリフィンドールの剣か横たわってるなんて一体どうしてなんだ?

フィニアス・ナイジェラス・ブラックがハーマイオニーのビーズバッグの中で聞き耳を立てて自分たちがグロスター州のディーンの森にいると肖像画のダンブルドアに知らせスネイプが持って来ただなんて予想は不可能ですよね。

したがってハリーには「何故グリフィンドールの剣がここにあるのか?」の理由なんて皆目見当がつかないというわけですよね。ところがこの後さらにさらにハリーを驚愕させる出来事が待ち受けていたというわけなんですよね。

... 続きを読む
6年生の学期末ハリーはダンブルドア校長から託された使命を果たすため来年度は学校に戻らないと決心しました。ロンとハーマイオニーも一緒に行くと言ってくれました。ところがロンの取った行動のお陰でハリーとハーマイオニーの気持ちはどん底に突き落とされる事になってしまったのでした。(全3項目)

3-1.分霊箱を探す旅に
ハリーは校長職に復帰したダンブルドアに実は組分けの儀式を受けた時に「組分け帽子」からスリザリンを勧められた事を打ち明けた上で帽子が自分をグリフィンドールに入れたのはスリザリンに入れないでくれと頼んだだけだ。

こう告白したのでした。それに対してダンブルドアはハリーに「自分が本当に何者かを示すのは持っている能力ではなく自分がどのような選択をするかという事なんじゃよ」と諭しハリーはこの葛藤を克服できたというわけです。

そんな数々の折り目でハリーを助けてくれたり適切なアドバイスをくれたダンブルドアが死んでハリーはダンブルドアから託されたヴォルデモートの分霊箱を探し出して破壊するという使命を達成するため1つの決心をしました。

それは最終学年の年度は学校に戻らずヴォルデモートの分霊箱を探す事に専念するという事でした。ロンとハーマイオニーもハリーに同行して分霊箱探しを手伝う事になりました。しかしここで問題が1つ発生してしまいました。

アーサー氏やルーピンはロンとハーマイオニーが自分たち以外には話さないようにとハリーがダンブルドアから言われているとそう説明したらもう訊いて来なくなったんだそうです。でもウィーズリーおばさんは諦めてはいない。

だから今度はハリーの番だから覚悟をしておけとロンは言うのです。ロンの予想は的中しそれから数時間も経たない内におばさんはハリーにその事を訊いて来ました。しかしハリーは当然教える事を固辞したというわけですよね。

教えてくれないと言うのならハリーたちが出発できないようにしてやるとばかりにおばさんはハリーたち3人をビルとフラーの結婚式の準備で大忙しにしてくれました。しかし極めて残念な事にそれはおばさんの悪あがきでした。

8月1日に魔法省が陥落してヴォルデモートの手に落ちビルとフラーの結婚式が死喰い人集団に急襲されました。ハリーたち3人はその混乱のどさくさに紛れてヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出発してしまったというわけです。

... 続きを読む
今学期の「闇の魔術に対する防衛術」の教師ギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」でハリーが蛇語を解する事が明らかになり「一連の襲撃事件の犯人では?」と疑われ恐れられる事になってしまいました。しかしハリーはその能力を使ってホグワーツを廃校の危機から救ったのです。(全3項目)

3-1.第4の事件の犠牲者は何と!
それはまさに両チームの選手がピッチに出て試合が始まろうとしているその時でした。ハリーが箒に跨るとマクゴナガル先生が巨大な紫色のメガホンを持って行進歩調で腕を大きく振りながら半ば走るようにしてやって来ました。

「この試合は中止です」

マクゴナガル先生は満員の観客席に向かってメガホンでこうアナウンスしました。野次や怒号が乱れ飛びました。キャプテンのオリバー・ウッドは打ちのめされた顔で地上に降り立ち箒に跨ったままで駆け寄りこう抗議しました。

「先生そんな!是が非でも試合を。優勝杯が。グリフィンドールの」

マクゴナガル先生は耳も貸さずにメガホンで叫び続け「全生徒はそれぞれの寮の談話室に戻りなさい。そこで寮監から詳しい話があります。皆さんできるだけ急いで」と告げました。そしてメガホンを下しハリーに合図しました。

「ポッター私と一緒にいらっしゃい」

今度だけは自分を疑えるはずがないのにとハリーが訝っていると何と驚く事にはマクゴナガル先生はロンが一緒でも反対せずにロンにも「あなたも一緒に来たほうが良いでしょう」と言うのです。3人が行ったのは医務室でした。

「少しショックを受けるかもしれませんがまた襲われました。また2人一緒にです」

医務室の近くまで来た時にマクゴナガル先生は驚くほどの優しい声でこう言いました。ベッドには6年生の長い巻き毛の女子生徒が横たわっていました。レイブンクローの監督生のペネロピー・クリアウォーターだったのでした。

そして2人目の犠牲者が何とハーマイオニーだったんですよね。

... 続きを読む
ハリーは2年生の時にその年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師になったギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」で蛇語を解し話せる事が明らかになった事で再び渦中の人として学校中から恐れられ騒ぎ立てられる事となってしまいました。今週はこれを振り返ってみる事にしました。(全3項目)

3-1.謎の声
そんなわけでこの時のハリーは知るべくもなかったのですがドビーがキングズ・クロス駅の9と3/4番線への入口を塞いでしまったためロンと共にホグワーツ特急に乗り損ねたハリーはアーサー氏の車を飛ばして学校に行きました。

そしてマグルに目撃され学校の校庭に植えられている「暴れ柳」に突っ込んで週末の土曜日にハリーとロンは別々の罰則を科される事になってハリーはロックハートの部屋でファンレターの宛名書きをする事になったんですよね。

時間も過ぎてもう千枚目の封筒じゃないだろうかと思いながらハリーが痛む手を動かしていると何やら聞こえて来ました。消えかかった蝋燭が吐き出す音でもなくロックハートがファン自慢をペチャクチャ話す声でもありません。

それは骨の髄まで凍らせるような息が止まるような氷のように冷たい声でした。ハリーは飛び上がりました。宛名を書いていた「丁目」の所に滲みができてしまいました。ハリーは思わず大声で「何だって?」と言ったのでした。

「驚いたろう!6ヵ月連続ベストセラー入り!新記録です!」

こう言うロックハートにハリーは我を忘れて「そうじゃなくてあの声!」と叫びました。何とロックハートは「えっ?どの声?」と訊くのです。ハリーは「あれです。今のあの声です。聞こえなかったんですか?」と訊きました。

「ハリー一体何の事かね?少しとろとろして来たんじゃないのかい?おやまぁこんな時間だ!4時間近くここにいたのか!信じられませんね。矢のように時間が経ちましたね?」

ロックハートにこう言われましたがハリーは答えませんでした。じっと耳を澄ましてもう一度あの声を聞こうとしましたがもう聞こえはしませんでした。聞こえるのはロックハートが自分にこう言っている声だけだったのでした。

「処罰を受ける時いつもこんなにいい目に遭うと期待してはいけないよ」

... 続きを読む
2年生の時は取る行動の全てが迷惑だったドビーでしたがホグワーツで働くようになってからは事故もトラブルも一切起きなくなりハリーを助けてくれました。そしてそれはハリーが5年生になった時も6年生になった時も変わりませんでした。ドビーのお陰でハリーは大助かりでした。(全3項目)

3-1.再び思わぬ形で
そんなドビーは翌年度もハリーの役に立ってくれました。ハリーが5年生になると魔法省から派遣されて来たドローレス・アンブリッジが「闇の魔術に対する防衛術」の教職に就きましたがここで大きな問題が持ち上がりました。

何とアンブリッジは防衛術を教えないと言うのです。魔法省内部からの情報によれば魔法大臣コーネリウス・ファッジはダンブルドアが私設軍団を作って魔法省と抗争する事を恐れハリーたちに魔法を使わせないようにしている。

だからつまらない教科書を読ませるだけというわけです。そこでハーマイオニーが「闇の魔術に対する防衛術」を自習すると言い出しましたがそこで教えるのがハリーと提案されてロンも「そいつはいいや」と賛成したのでした。

ハーマイオニーの呼びかけでハリーに防衛術を習いたいという生徒がロンとハーマイオニー以外に「25人」も集まりました。問題は練習場所でした。ハリーがその事を話したらドビーが「必要の部屋」がいいと教えてくれました。

お陰でハリーたちは練習場所を確保する事ができました。そしてその翌年度つまりハリーが6年生になった時もドビーはハリーの役に立ってくれました。ところがその再会の仕方がとても変わっていて意外な形だったんですよね。

5年生の学期末にシリウスが死んでハリーはシリウスの財産の全てを貰い受ける事になりました。ハリーは屋敷しもべ妖精のクリーチャーの雇い主にもなりクリーチャーはダンブルドアの提案でホグワーツで働く事になりました。

夏休みにダイアゴン横丁に行ってフレッドとジョージが開店した悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズで母親のナルシッサを撒いて夜の闇横丁のボージン・アンド・バークスにいるドラコ・マルフォイを見つけました。

それ以来ハリーはマルフォイが一体何を企んでいるのか知りたいと強く願っていました。そしてそれは負傷してハリーがまたも病棟のお世話になった時でした。クリーチャーにマルフォイを尾行させればいいと思いついたのです。

ハリーが低い声で遠慮がちに暗闇に向かって「クリーチャー?」と呼びかけるとパチンと大きな音がしてクリーチャーが姿を現わしました。しかしクリーチャーは1人ではありませんでした。クリーチャー以外に2人が現れました。

ポルターガイストのピーブズとそれにドビーだったのです。

... 続きを読む