FC2ブログ
ハリポタ通の館(やかた)
ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。
アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

メールフォーム
設置しました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

錯乱の呪文(4)(シリーズ最終回)
最初に使用したのは死喰い人のバーテミウス・クラウチ・ジュニアつまりは悪用されて次はハーマイオニーでしたが第7巻「死の秘宝」になるとハリー側の人間がこの魔法を使うようになりました。そして最後の最後になってこの魔法を行使したのは?(全3項目)

3-1.不死鳥の騎士団がドーリッシュに
当初この「錯乱の呪文」は死喰い人のバーテミウス・クラウチ・ジュニアがハリーを三大魔法学校対抗試合の代表選手にするために「炎のゴブレット」にかけたりしていわば悪用されましたがその後は使用法が変わりました。

ハーマイオニーがクィディッチのゴールキーパーの選抜を受けたコーマック・マクラーゲンに対して性格が悪く好ましくない人物でチームにふさわしくないという理由でこの「錯乱の呪文」をかけたというわけなんですよね。

第7巻「死の秘宝」では不死鳥の騎士団がハリーの身の安全を守るために使用しました。魔法省内にハリーは7月31日の誕生日前日までプリベット通り4番地を離れないという偽情報を流す際にこの「錯乱の呪文」を使いました。

この偽情報をドーリッシュという闇祓いに流しドーリッシュに対して「錯乱の呪文」をかけました。しかし極めて残念な事にはヴォルデモートと闇の陣営は事前にこれが偽情報だという事を把握していたというわけですよね。

スネイプがマンダンガス・フレッチャーから聞き出したのです。この時スネイプはマンダンガスからハリーがプリベット通り4番地を離れる正確な日付をも聞いていました。そしてヴォルデモートに報告したというわけです。

ヤックスリーは「私の得た情報は違っております」と言ってヴォルデモートにこの偽情報を報告しました。そこでスネイプはヤックスリーにそれは偽情報で「錯乱の呪文」をかけられたに違いないとそう指摘したんですよね。

畏れながら私が請け合います。ドーリッシュは確信があるようでした。こう言うヤックスリーにスネイプは「錯乱の呪文」にかかっていれば確信があるのは当然だと言いました。さらには我輩が請け合おうとまで言いました。

そのぐらいハリーがプリベット通り4番地を離れる正確な日付とドーリッシュの情報が偽だという事は自信があるというわけです。実際スネイプが報告した日付けが合っていてその日ハリーはプリベット通り4番地を離れました。

スネイプが報告した日付が正解だったのです。


[READ MORE...]
錯乱の呪文(3)(4回シリーズ)
死喰い人のバーテミウス・クラウチ・ジュニアが「錯乱の呪文」を使ったためハリーは三大魔法学校対抗試合の何と4人目の代表選手にされてしまいヴォルデモートの復活を見届ける事となりました。ところがハリーが6年生の時にはこの魔法をハリーの身近にいる人物が使ったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.クィディッチの選抜で
バーテミウス・クラウチ・ジュニアが「錯乱の呪文」を使ってハリーを三大魔法学校対抗試合の代表選手にしたのはヴォルデモートがハリーの血で自身の体を再生して真に復活するためでした。その計画は上手く行きました。

しかしヴォルデモートは復活後の1年間は鳴りを潜め表立った動きはしませんでした。それは自分を破滅させる事になったシビル・トレローニーの予言の全容を知るためでした。しかしこちらの計画は上手く行きませんでした。

魔法省の「神秘部」に保管されていた予言を封印したガラス球が破壊されてしまったからです。ヴォルデモートは魔法省に姿を現して目撃され復活した事はついに公になってハリーは再び「生き残った男の子」になりました。

さらにハリーには「選ばれし者」という称号が加わり今まで散々ハリーを誹謗中傷していた「日刊予言者新聞」は一転してハリーを褒めそやすようになり女子生徒たちはハリーの事を羨望の眼差しで見るようになりました。

そして7月31日の誕生日の翌日に毎年恒例の学校からの手紙が届きましたがハリーへの手紙には驚く事が含まれていました。クィディッチのキャプテンになったのです。そのために大挙して応募者が押し寄せたというわけです。

ハリーのポジションのシーカー以外は選抜で決める事になりました。ロンのポジションのゴールキーパーには7人が応募して来ました。ロンは上がってしまうのが問題で選抜の時のロンの顔は微妙に青くなっていて心配でした。

最初の5人の中でゴールを3回守った者は1人もいませんでした。コーマック・マクラーゲンは5回のペナルティ・スローの内の4回までゴールを守りました。ところが最後の1回はとんでもない方向へと飛びついてしまいました。

ロンはクリーンスイープ11号に跨りながら今にも失神しそうでした。しかしハリーはキャプテンとして少しは骨のある所を見せなければと思いロンのトライアルを直視しました。ところが心配無用だったというわけですよね。

ロンは5回続けてゴールを守りました。コーマック・マクラーゲンはジニーが手加減をした。守り易いスローだった。もう1回やらせてくれと言って来ました。しかしハリーはその要求を受け入れはしなかったというわけです。

こうしてロンは選抜を勝ち抜いて再びグリフィンドール・チームのゴールキーパーになったんですよね。


[READ MORE...]
錯乱の呪文(2)(4回シリーズ)
ハリーはスネイプに「錯乱の呪文」をかけられていると言われてしまったがために本当の事を言っているのに魔法大臣コーネリウス・ファッジに信じて貰えませんでした。ところがそれから僅か5ヵ月後にハリーは「錯乱の呪文」を使われてまたしても災難が振りかかって来てしまったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.代表選手に
あの輝かしい1時間の間だけハリーはついにダーズリー一家と別れる事ができると思いました。シリウスが汚名を濯(そそ)いだら一緒に暮らそうと言ってくれたからです。しかし吸魂鬼が押し寄せてチャンスはなくなりました。

ダンブルドア以外はシリウスが無実でピーター・ペティグリューが生きているというハリーとハーマイオニーの訴えを信じてくれなかったのです。スネイプが2人はシリウスに「錯乱の呪文」をかけられたと言ったからでした。

そのためハリーとハーマイオニーが言う事よりもスネイプの言い分のほうが説得力があるとダンブルドアに言われてしまったのです。シリウスは危うく吸魂鬼に魂を吸い取られて生きた屍になってしまう所だったんですよね。

しかしハリーとハーマイオニーが手助けして処刑寸前のヒッポグリフのバックビークと共にシリウスを逃がしました。ペティグリューさえ逃がさなかったらシリウスと暮らせたという思いは夏休み中は頭を離れませんでした。

ところがこの「錯乱の呪文」がハリーに新たな試練をもたらす事になりました。今学期ホグワーツでは何と百年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が開催される事になりました。しかしハリーには参加資格はありませんでした。

それはいかに予防措置を取ろうともやはり試合の種目が難しく危険である事から今回に限り「17才以上」という年齢制限を設ける事になったからです。14才のハリーは言うに及ばずフレッドとジョージも駄目というわけです。

フレッドとジョージが17才になるのは来年の4月なので代表選手に名乗りを上げる事はできません。しかし2人は諦めませんでした。何故なら代表選手を決めるのは人ではなく木でできた「炎のゴブレット」だったからでした。

フレッドとジョージは親友のリー・ジョーダンと共に老け薬を飲んで「炎のゴブレット」に近づこうとしました。しかしダンブルドアが引いた年齢線に阻まれて代表選手に名乗りを上げる事はできずハリーも諦めたんですよね。

ところがです。ダームストラングにボーバトンそしてホグワーツの代表選手が決まってダンブルドアが最後の締めくくりの挨拶をしている時に何故か「炎のゴブレット」が赤く燃え始めて4枚目の羊皮紙が出て来たのでした。

そこに書かれていた名前は「ハリー・ポッター」でした。


[READ MORE...]
錯乱の呪文(1)(4回シリーズ)
今週は実はハリーポッター・シリーズの結構重要な場面で使われている「この魔法」を取り上げてみる事にします。本シリーズでは後に重要な役目で登場する人物の名前のみが出て来るという事がよくありますがこの魔法もまた最初に名前が登場する時には実際には使われていないんですよね。(全3項目)

3-1.まずは名前のみの登場
ハリーポッター・シリーズでは後に登場して重要な役目を担う人物が名前のみが出て来るという事が多々あります。ところがこの「錯乱の呪文」も全く同じパターンで最初は名前のみの登場という事になっているんですよね。

この「錯乱の呪文」が名前のみで登場して来るのは第3巻「アズカバンの囚人」です。世間ではシリウス・ブラックがピーター・ペティグリューを殺害したとそう思われていましたが実はそれが違っていたというわけですよね。

シリウスとペティグリューは未登録の「動物もどき」でした。ハリーのお父さんのジェームズ・ポッターもそうでした。当の3人以外にその事を知っていたのはリーマス・ルーピン1人だけでした。ところがだったんですよね。

3年生の学期末にハリーにロンとハーマイオニーの3人もその事を知りました。ネズミに変身できるペティグリューは仲間の死喰い人たちの報復を恐れてネズミの姿でウィーズリー家に入り込みロンのペットになっていました。

そして当主のアーサー氏が「日刊予言者新聞」のガリオンくじグランプリに当たってウィーズリー一家の写真が新聞に掲載されました。ロンの肩に乗るペティグリューを偶然見かけてシリウスはアズカバンを脱獄したのです。

「叫びの屋敷」でシリウスとルーピンが元の姿に戻しハリーたちはペティグリューを見てそこで真実を知りました。ハリーの両親を裏切り「秘密の守人」になってヴォルデモートに居場所を教えたのはペティグリューでした。

シリウスは無実でした。ところがネズミのスキャバーズを人間の姿つまりはペティグリューに戻した時スネイプはハリーたち3人が同時に「武装解除の術」をかけて壁に激突したために気絶をしていたというわけなんですよね。

吸魂鬼に襲われ医務室に運ばれてから意識を回復させたハリーとハーマイオニーはシリウス・ブラックは無実です。捕まえる人間を間違っていると魔法大臣コーネリウス・ファッジに訴えましたがスネイプがこう言いました。

「錯乱の呪文です。2人とも。ブラックは見事に2人に術をかけたものですな」


[READ MORE...]
私の好きな人の名場面集~ニンファドーラ・トンクスの場合(4)(シリーズ最終回)
学校を護っているはずなのにトンクスが急に任務を放棄してダンブルドアに会いに来たのは何故なのか?トンクスの守護霊はどうして大きな動物に変わったのか?髪がくすんだ茶色になったのは?ハリーたち3人とジニーがその理由を知る時がついにやって来ました。(全3項目)

3-1.医務室にて
学校を護っているはずなのにトンクスが急に任務を放棄してダンブルドアに会いに来ていた。ハリーはトンクスはシリウスの事を愛していた。だから様子がおかしいのではと言いハーマイオニーもそれで納得したんですよね。

ハリーにロンとハーマイオニーが実を云うとトンクスはリーマス・ルーピンの事が好きでその事が原因で元気がなかったんだと知ったのは学期末にダンブルドアがスネイプに殺害された後の事だったというわけなんですよね。

ずっとここにいるわけにはいかない。さあ行こう。ハグリッドにこう言われてもハリーは「嫌だ」と拒絶してダンブルドアのそばを離れようとはしませんでした。すると別の声が「ハリー行きましょう」と言ったんですよね。

ハグリッドよりもっと小さくてもっと温かい手がハリーの手を包んで引き上げました。ハリーはほとんど何も考えずに引かれるままにその手に従いました。ハリーを城に向かわせたその手はジニーだったというわけですよね。

「医務室に行くのよ」とジニーが言うとハリーは「怪我はしてない」と応えました。マクゴナガル先生の命令だそうです。ハリーが「他に誰が死んだの?」と訊くとジニーは「心配しないで。私たちは大丈夫」と答えました。

ドラコ・マルフォイが誰かの死体を跨いだと言った。ハリーがそう指摘をするとジニーは「ビルを跨いだのよ。だけど大丈夫。生きてるわ」と言いました。しかしハリーはジニーの声のどこかに不吉なものを感じ取りました。

ビルは少し面倒な事になったんだそうです。狼人間のフェンリール・グレイバックに襲われたのだそうです。でも襲った時は変身していなかった。マダム・ポンフリーはビルが今までと同じ顔ではなくなると言ったそうです。

病棟に着いて扉を押し開くとネビルが扉近くのベッドに横になっているのが目に入りました。眠っているようです。そしてロンにハーマイオニーとルーナにトンクスとルーピンが病棟の一番奥にあるベッドを囲んでいました。

そのベッドに横たわっていたのがビルだったのです。


[READ MORE...]