FC2ブログ
ハリポタ通の館(やかた)
ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。
アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ハリーポッター・シリーズ最大の謎「R.A.B」って誰?
第6巻を読み終えた人全員(ですよね?)の最大の関心事といえば「R.A.B」が誰なのか?!ということでしょうね。ヴォルデモートの分霊箱をダンブルドアよりも早く見つけた人物ということなので相当の強者(つわもの)だということになるのでしょうが・・・

レギュラス・ブラックが「R.A.B」?
今のところ最も有力な説はシリウスの弟レギュラス・ブラックなのではないか?という説のようです。原語のつづりが「Regulus Black」ということでイニシャルが「R.B」加えてヴォルデモートのことを「闇の帝王」と呼んでいることから死喰い人であったことは間違いないので「この説」が現時点では一番!ということのようです。

騎士団上巻184ページでシリウスは「弟はある程度まで入り込んだとき、命令されて自分がやっていることに恐れをなして身を引こうとした」と言っています。

すなわちレギュラスが『何に?』恐れをなしたのか?それはホークラックスすなわち霊魂を引き裂く行為に対してだったのではないか?という推測も成り立つので今現在レギュラス・ブラックが最有力候補になっているのではないかな?と私は思います。

レギュラス・ブラックが「R.A.B」だったら生じる矛盾・疑問点
以前にも言いましたが死喰い人にも様々な人たちがいて、自ら積極的になった人がいる一方でヴォルデモートを恐れて「仲間になれば殺されなくて済む」という理由で死喰い人になった人もいます。

消極的な理由で死喰い人になった人は、やはり極力死喰い人になったことは世間や友人等には知られたくないと当然思いますよね?!典型的な例がピーター・ペディグリューことワームテールです。

ですから私はそもそも「R.A.B」がもしレギュラス・ブラックだったら、わざわざ名前を伏せてイニシャルにする必要はないのではないか?と思います。

シリウスにいたっては死喰い人になってもいなかったのに世間や魔法省から『例のあの人の最も熱心な支持者』と言われていたわけですから、むしろレギュラスだったらはっきり名前を書き残すのではないかな?という気が私はします。何故なら「あいつは死喰い人だったが最後に1つだけいいことをした」と言ってもらえるからです。

もしルドビッチ・バグマンが「R.A.B」だったら・・・
これも以前に触れましたがルドビッチ・バグマンの原語のつづりは「Ludovic Bagman」でイニシャルは「L.B」です。でも「Rudovic Bagman」でも「ルドビッチ・バグマン」と読めますよね?

バグマンにいたっては第6巻終了時でも死喰い人なのか?死喰い人ではないのか?はハッキリしていません。加えて生きているのか?死んでいるのか?も全く分からない状態になっています。

だから私はバグマンはもう既に死んでいるのではないか?それはもちろんヴォルデモートに殺されたのではないか?と思います。

バグマンがどうして?イニシャルを「L.A.B」ではなく「R.A.B」としたのかというと、それは自分が分霊箱を見つけたことを闇の帝王に伝えたい!

でも・・・もしハッキリと「ルドビッチ・バグマン」と書いた「このメモ」がヴォルデモート以外の人間に発見されたら世間に自分が死喰い人であったことがバレてしまうかもしれない。

自分が闇の帝王の分霊箱を発見できたのだから他の誰かが発見する可能性は十二分にありうるとバグマンが考えるのは当然のことでしょう。

そうなると炎のゴブレット上巻93ページ(携帯版88ページ)に名前だけが登場している弟のオットー氏や、もしまだ両親が生きていたら「おまえの兄貴は死喰い人だったのか!」「おまえの息子は!・・・」と残された家族が肩身の狭い思いをすることになってしまう。だから『そういった事態』は絶対に避けたい!

そこでバグマンは姓名をイニシャルにして伏せた上に名前のイニシャル「L」をわざと間違えて「R」にしたのではないかな?と私は思います。

最後に
一度はあきらめた「ルドビッチ・バグマンR.A.B説」でしたが、こうこじつけてみました。まあ当たれば儲けモノということで・・・ここで保険をかけておこうと思います。

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント
最大の謎
これは難しいですよね~。
ただなんとなくですが、「R.A.B]は女性のような気がしたのですが・・・。根拠は無いし、これといった人物も思い至らないのですけど。
早く7巻が出て欲しいものです。
【2006/10/28 00:35】 URL | るんた #6/34PU6. [ 編集]

1人だけ!心当たりが・・・あります。
るんたさんコメントありがとうございました。
言われてみれば「この人物」はヴォルデモート卿のことを「あなた」と呼んでいますし、文章全体の雰囲気を見ると確かに女性と思えば思えなくもないですね。そう言えば・・・もし!「あの女(ひと)」だったら!

1人閃(ひらめ)きました!これで「もう1件」記事を書くネタが出来ました。なるべく早く発表します。
【2006/10/29 11:30】 URL | トキメキぼーい #- [ 編集]

もしかしたら・・・
僕はレギュラス説に一票なんですが、もしかしたらのことを言いますね。
レギュラスは偽のロケットを隠すことができた→洞窟にロケットのホークラクスがあると分かっていた→レギュラスは隠すほうの人間だった
これってありえませんかね?いきなり思いついたんですけどね。でも、ダンブルドアでさえ何のホークラクスか分かってなかったのにレギュラスガ分かるってことは、隠すほうの人間だったからとしか考えられません!隠すまでに偽のロケットを用意できたはずですし。それに決定的なのは、エメラルド色のあの水を飲めたとしたら確実に衰弱していたと思います。ダンブルドアもこの水はどんな術でもなくならない。みたいなこと言ってましたからね。
僕の意見はこんなものですが、分かりにくかったら御免なさい。
【2007/03/04 12:17】 URL | 阿伊宇ゑ於 #- [ 編集]

それはないと思いますよ
阿伊宇ゑ於さん初めまして!コメントありがとうございました。

プリンス下巻382ページでダンブルドアは「忘れてならぬのはヴォルデモート卿が分霊箱のことは自分しか知らぬと信じておることじゃ」と言っています。だからヴォルデモート卿が分霊箱を隠す作業を他の人に手伝わせている可能性は100%ありえないと私は思います。

またヴォルデモート卿は他人を一切信用しないし秘密主義の人でもありますから、こんな大事な作業は必ず自分1人でしていると私は思いますよ。
【2007/03/05 20:50】 URL | トキメキぼーい #- [ 編集]


確かにそうですね^^
読み返しててちょっと引っ掛かってたところはそこだったみたいです。
ところでトキメキぼーいさんは原語版の7巻買いますか?7月21日発売に決定したようですが。
【2007/03/06 12:56】 URL | 阿伊宇ゑ於 #- [ 編集]

原書の第7巻は買いません
阿伊宇ゑ於さんコメントありがとうございました。
ヴォルデモート卿の秘密主義についてはプリンス上巻418~419ページでダンブルドアが詳しく説明しているので、直前のページのダンブルドアとリドル少年の孤児院でのやり取りを読めばさらに深く理解できると思いますよ。

私がハリポタのことがここまで詳しくなることができたのも一切原書には手を出さずに、ひたすら日本語版を読み返して来たからだと思っているので、いまさら原書を買うつもりはありません。

それに第7巻を読む前に「このサイト」で発表したいことが山ほどあって7月21日までには発表しきれないので私は日本語版が出るのを待つことにします。
【2007/03/07 21:03】 URL | トキメキぼーい #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/113-20e8de94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)