FC2ブログ
ハリポタ通の館(やかた)
ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。
アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

雑文、その8「ハードカバーと携帯版」
9月21日に静山社から第4巻炎のゴブレットの携帯版が発売されましたので、この機会にハードカバーと携帯版の違いについて今日は触れてみたいと思います。

ページ数の違いなど・・・
ページ数については「賢者の石」と「秘密の部屋」については全く同一でページごとの文章構成は同じになっています。ただ微妙に違っているところがあって例えばページの一番最後の文字が次のページの冒頭に回っていたりとか・・・

私が記述について気がついたものでは23~24ページではハードカバー「賢者の石」の「伯父」「伯母」が携帯版では「叔父」「叔母」に改められていたり・・・

また218ページではハードカバー「パンジィ・パーキンソン」が携帯版では「パンジー・パーキンソン」となっていたり・・・

同じく「賢者の石」の28ページではハグリッドの言葉が微妙に違っています。

ハードカバーは「シリウスにバイクを返してきますだ」
携帯版では「バイクは片づけておきますだ」

と何故か?携帯版のほうでは「シリウス」の名前がカットされています。

また91ページではバーノンおじさんの言葉が・・・

ハードカバー「まぬけのきちがいじじいが小僧に魔法を教えるのに・・・」
携帯版では「変人のまぬけじじいが小僧に魔法を教えるのに・・・」

と変更されています。

第3巻「アズカバンの囚人」についてはページごとの文章構成がかなり違って来ています。もちろん私も全てのページを詳細に調べたわけではなく要所要所のページの記述を見比べただけですが、ハードカバーと携帯版で記述が変わっている所は見つかりませんでした。

実は今回「この記事」を書くにあたって再びハードカバーと携帯版を並べて見比べた結果、携帯版のほうが1ページあたりの行数と1行あたりの文字数がハードカバーよりも少なくなっているということが判明しました。

第1章「ふくろう便」の冒頭で「非魔法界の・・・」で始まる魔法史の記述がハードカバーのほうでは全て最初のページに収まっているのに対して携帯版のほうは最後の1行が次のページの1行目に回っています。

というわけで「アズカバンの囚人」はうしろのページに行けば行くほどページがずれて行っているというわけです。最終章最後のページ数はハードカバー568ページに対して携帯版は639ページとなっています。

ふくろう通信と豆ふくろう通信
ハードカバーの各巻には「ふくろう通信」という付録がついているのに対して携帯版には「豆ふくろう通信」がついています。もちろん内容は全く違います。

ハードカバーのふくろう通信はB5サイズで登場人物(動物)や寮・クィディッチのルール・ホグズミード村には何があるか?などの軽めの紹介や説明や翻訳をするにあたっての松岡さんの苦労話などが載っています。

携帯版の豆ふくろう通信は手の平サイズで表の面は「人物豆知識」「松岡佑子のハリー・ポッター英語教室」が載っていて人物豆知識で紹介されているのは第1巻が「アルバス・ダンブルドア」第2巻は「ギルデロイ・ロックハート」第3巻は「シリウス・ブラック」となっています。

妹から姉へ
これは前述のハードカバー「ふくろう通信」No.4下に載っているエピソードなんですが、第1巻「賢者の石」ではハリーのお母さんリリーをペチュニアの『妹』と訳したのですが、松岡さんが第1巻の翻訳を終えたあとローリングさんに直接確かめたところリリーのほうが『姉』だと言われたんだそうです。

そこで「アズカバンの囚人」では、それを逆転させてリリーがペチュニアの『姉』だと訳したら読者から「間違っています」と電話や手紙を沢山もらったそうです。

と!いうわけでハードカバー「賢者の石」ではハリーのお母さんリリーが『妹』となっているのに対して携帯版「賢者の石」では、それが全て『姉』『姉さん』に訂正されています。

まあ「反松岡派」の皆さんは「何たる大失態!」と怒り心頭かもしれませんが、私は大変楽しく読ませていただきました。(笑)

特に面白いは『第1章』でしょうね。下記に訂正されている所を拾い出してみました。(カッコ内は携帯版)

6ページより・・・
ポッター夫人はダーズリー夫人の実の妹(姉)だが・・
ダーズリー夫人は妹(姉)などいないというふりをしていた。
妹(姉)もそのろくでなしの夫も・・・

10ページより・・・
妹(姉)の話がチラッとでも出ると・・・
もし自分の妹(姉)があんなふうだったら・・・

13ページより・・・
「ところで最近おまえの妹(姉さん)から便りはなかったろうね」
奥さんに妹(姉)はいないということにしているのだから当然だ。

最後に
最初に書き始めた時には「この3項目で1,000文字も書けるのだろうか?」と思いましたが、ふと気づいたら2,000文字を越えてしまいました。もし「長い!」と思いましたら興味ある項目のみ読んでいただいても結構です。

こんなことを言うと「普段は楽しくないのか?」と突っ込まれそうですが、今週はとても楽しく記事を書くことが出来ました。

特に楽しかったのは日曜日の「ブレア首相近況報告」でしたね。本来の記事(ハリポタ系)は関係各巻を開いて事実関係を確認する作業が結構大変だったりするんですが、この記事の場合は私の頭の中にある知識のみを元にそれを文章化していくだけだったので非常に楽でした。

唯一心配なのは・・・
「その記事」を読んだ方々がどう思われたのか?ということだけです。

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

9月1日のハリー・ポッター(2)(3回シリーズ)
アズカバンの囚人では・・・
この夏アーサー・ウィーズリー氏は日刊予言者新聞のガリオンくじグランプリで700ガリオンを獲得しました!

そんなわけでウィーズリー家は急に金回りが良くなり9月1日のハリーの動向にも少なからぬ影響を及ぼしていますね。

前夜からウィーズリー一家とハーマイオニーと共に漏れ鍋に泊まったハリーは一家と魔法省の用意した車に乗って漏れ鍋からキングズ・クロス駅に移動しました。

魔法界ではヴォルデモート卿の一番の支持者だと当時は思われていたシリウス・ブラックがハリーの命を狙っていると云われていたためウィーズリーおじさんは漏れ鍋を出てからハリーがホグワーツ特急に乗るまでは常に傍らに付き添いキングズ・クロス駅の9と4分の3番線にも一番最初にハリーと一緒に入りました。

アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックが実はかつてはハリーのお父さんの無二の親友で一番裏切ってはいけない人がハリーの両親を裏切ってしまったためにポッター夫妻が死んでしまったということを知っていたアーサー氏はハリーに何を聞こうとも決してブラックを探さないよう誓って欲しいと言うのでした。

ホグワーツ特急内でハリーはブラック捜索のために乗り込んで来た吸魂鬼の為に気を失うハメとなり、学校についてからはマクゴナガル先生の部屋に呼ばれてしまったために2年連続で組分けを見逃してしまいました。

でもその後にはハグリッドがめでたく魔法生物飼育学の新任教授になったことが発表されロン・ハーマイオニーと他のグリフィンドール生と共に寮の談話室に入り、四本柱の天蓋つきベットが置かれた寝室に入ったハリーはやっと我が家に帰って来たような気がしたのでした。

炎のコブレットでは・・・
昨年度は魔法省の用意した車ですんなりとキングズ・クロス駅に行くことが出来たハリーたちでしたが、この年はウィーズリーおじさんに急な仕事が入り、ウィーズリーおばさんが村の郵便局から電話をかけて、普通のマグルのタクシー3台でロンドンに行くことに・・・

キングズ・クロス駅ではピッグウィジョンとクルックシャンクスがいて一番目立つグループだったのでハリーはロンとハーマイオニーと共に2年連続で一番最初に9と4分の3番線に入りました。

ビルとチャーリーの初めての見送りで始まったホグワーツ特急の旅は例によって例のごとく毎度お馴染みの(?)マルフォイとの一悶着があったり、ハーマイオニーホグワーツやダームストラングのような規模の大きな学校がどのような手段で隠されているかの説明を受けたりしながら続いたのでした。

そして9月1日毎年恒例のダンブルドアのお話では今年ホグワーツで三大魔法学校対抗試合が行われること・・・マッド・アイ・ムーディが新しい「闇の魔術に対する防衛術」の新任教授に就任したことが発表されたのでした。

どうして11時?
第3巻アズカバンの囚人第5章では吸魂鬼の来襲で真っ暗になったのを合図にルーピン先生が目を覚ましていますよね?!

一方第6巻謎のプリンス第3章ではダンブルドアが金曜日の午後11時に(多分)灯消しライターでダーズリー家の周囲を真っ暗にするのを合図にハリーが目を覚ましています。

もっと早い時間にハリーを迎えに行けばロンとハーマイオニーも寝ないでハリーを待っていることが出来たでしょうから、どうして?迎えに行く時間を「午後11時」にしたんでしょうね。

現にハリーもプリンス上巻91ページでこんな真夜中の12時過ぎに昔の同僚を訪問して失礼にならないのだろうか?と思っているようです。

ダンブルドアがハリーを迎えに行ったのが金曜日の午後11時で、ホグワーツ特急がロンドンを出発するのはいつも午前11時です。

私はこれはローリングさんはダンブルドアがダーズリー家に行く時刻を意図的に「11時」にして対にしているのではないかな?という気がするんです。

ローリングさんは結構こういうのが好きなんですよね。(再びつづく)

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学