FC2ブログ
ハリポタ通の館(やかた)
ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。
アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

最初の印象最悪・・・でも最後には?(賢者の石編)
ハリーポッター・シリーズでは最初にいい印象で登場すると最後は最悪の印象または結末になってしまったり、逆に最初の印象が最悪でも最後には「実はいい人でした!」という結末で終わるというパターンが毎度おなじみとなっています。と!いうわけで今回は印象が最悪→最高に転じた人を分析・紹介してみたいと思います。(巻名なしのページ数は賢者の石)

ハーマイオニー・グレンジャー
「この人」というか・・・ハーマイオニーについては以前に単独で取り上げているので今回は少し視点を変えてロンの発言や反応を中心に振り返ってみたいと思います。

最初に2人が出会ったのは157ページのホグワーツ特急内で初印象はあまり良くなかったようで「どの寮でもいいけど、あの子のいないとこがいいな」なーんて言っていますね。

ロンのハーマイオニーに対する不信感が最高潮に達したのは10月31日ハロウィーンの呪文学の授業で2人がコンビを組まされた時で、この時ロンは「だから、誰だってあいつには我慢できないっていうんだ。まったく悪夢みたいなやつさ」と言っています。(251ページ)

さらに泣いているハーマイオニーに向って「誰も友達がいないってことはとっくに気がついているだろうさ」と追い討ちをかけるような発言までしていますね。

でも結局トロールが現れたことを知らせに行ったことがキッカケとなって結果的にはハリーとロンがハーマイオニーを助けることとなり3人の間に友情が芽生えることになったのでした。

セブルス・スネイプ
学期初日の一睨みに(187ページ)初授業(203ページ)ではハリーを質問攻めにしたり理不尽な言いがかりの挙句にグリフィンドールから減点したり・・・

クィディッチの初戦を明日に控えて気持ちが高ぶっているハリーから規則をでっち上げて「クィディッチ今昔」を取り上げてしまったり・・・(265ページ)

そのクィディッチ初戦では箒に呪いをかけてハリーを振り落とそうとしたり・・・(278ページ)

思い過ごし?と思いつつもハリーはどこに行ってもスネイプに出くわすような気がしたのでした。ハリーが1人ぼっちになった時に捕まえようとしているのでは?と思うほどでした。

魔法薬学の授業は毎週拷問にかけられているようだし、それに加えてハリーは時々スネイプは人の心が読めるのではないか?という恐ろしい思いに囚われてしまうのでした。(322ページ)

しかし実際にはハリーを箒から振り落とそうとしていたのはクィレルでスネイプは反対呪文を唱えてハリーが箒から落ちないようにしていたのでした。

またハリーの行くところ「どこにでも」現れていたのはハリーのことを守っていたからなのでした。つまり言葉とは裏腹の行動だったというわけです。

ここで改めて・・・ロンの気持ちについて
まあよく「嫌い嫌いも好きのうち」と言いますが・・・

ロンの場合も例えばペットのスキャバーズのことも役立たずで寝てばっかりいると言いながら(150ページ)アズカバンの囚人では行方不明になったりすると・・・

ハエ型ヌガーが好物だったとハーマイオニーに聞こえよがしに言ったりしています。役立たずのペットと言いながらスキャバーズの好物を把握していたりします。(344ページ携帯版381ページ)

と!いうことで「あの子のいない寮がいい」と言いつつ実は『一目惚れ』だったんじゃないかな?!と今ではそう思っているところです。

ここで改めて・・・セブルス・スネイプについて
441ページでダンブルドアは昔スネイプはハリーのお父さんに命を助けられたことがあって「その借り」を返すために今学期ハリーを守るために全力を尽くしたんだと言っています。

しかし巻が進むごとにダンブルドアという人は場合によっては結構嘘をつく人だと解かって来たので、果たして「この説明」が本当なのかな?と私は思うようになりました。

私はスネイプがハリーのことを全力で守っていたのは、ただ単にダンブルドアの命令を忠実に守っていただけなのではないかな?!という気が今ではしています。

今日の最後に
実は「このシリーズ」も2巻分ずつセットにして3回シリーズのつもりで書き始めたのですが賢者の石の「この2人」だけで1,500文字を越えてしまったので6回シリーズにすることにしました。

と!いうわけで明日は秘密の部屋編を発表するつもりです。

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

ルシウス・マルフォイ(後編)
ダンブルドアを亡きものにするという父ルシウスが果たせなかった野望は息子ドラコへと引き継がれました。しかし死喰い人の中でもリーダー的存在でヴォルデモート卿からも一目置かれていた「その良好な関係」も今は変わってしまったようです。(全4項目)

4-1.ベラトリックス・レストレンジとの関係
ルシウス・マルフォイとベラトリックスといえば共に熱心な純血主義者で、加えてベラトリックスにとっては妹の旦那さんということでヴォルデモート全盛時代は蜜月関係で相当仲が良かったんだろうなということは想像に固くないでしょう。

しかし賢者の石164ページでロンが言うにはマルフォイ家はヴォルデモートが消えたあと真っ先に「こちら側」に戻って来た家族の1つだったんだそうです。

闇の帝王を捜し求めて「その結果」裁判にかけられアズカバンの終身刑を受けるに至ったベラトリックスにしてみれば憤懣やるかたない思いだったのではないかな?!という気が私はしますね。

そんなわけでプリンス上巻46ページでベラトリックスが予言を手に入れることが出来なかったのはルシウスのせいだ!と言った言葉の裏には「そういった感情」も含まれていると私は思います。

4-2.親から子へ?
炎のゴブレット上巻257ページでドラコ・マルフォイはダンブルドアは「穢れた血」贔屓だと言っています。またマグル出身の魔法使いや魔女のことを「くだらない連中」と言ってもいますね。

プリンス上巻52ページでベラトリックスは「あの子は任務に尻込みしていない。自分の力を証明するチャンスを喜び、期待に心を躍らせて」と言っています。

つまりドラコも父親と同様にダンブルドアの学校運営には疑問を持っていてチャンスを貰えれば父上の果たせなかった野望を自身が成し遂げたいと考えていたようです。

最後に計画を遂行したのはスネイプになりましたが、結果としてはダンブルドアを亡きものにするという悲願は息子のドラコの努力によって達成されるという形になったのでした。

4-3.ヴォルデモート卿との関係
騎士団上巻184ページでシリウスはヴォルデモートの考え方はマグル生まれを排除し純血の者が支配するべきというものだったと説明しています。

つまりルシウス・マルフォイにとっては「この人」を置いて他に仕えるべき人物はいないだろうと当時は思ったでしょうね。

しかし!その後ヴォルデモート卿の父親は実はマグルで仕えていたご主人様が純血の魔法使いではないことを知った時の心境はどんなものだったんでしょうね。

そんなわけで「裏切られた!」「騙されていた!」という思いを抱えつつも仕えることを止めるということは死を選ぶということですから内心じくじたる思いでもしかたなく闇の帝王に仕えていたのではないかな?という気が私はします。

4-4.今の心境は?
そんなわけで心の中に不満や怒りを抱えつつも闇の帝王のために予言を手に入れようと数々の努力をしたルシウスでしたが・・・

ハリーを魔法省におびき寄せて予言球をハリーに取らせるところまでは思惑通りに事は進みましたが、予言球は砕けて失われてしまいヴォルデモートは予言の全容を知ることは出来ませんでした。

今はアズカバンに囚われの身となっていて命の安全は保障されているようですが、これ以上ないと言うほどヴォルデモート卿の怒りは頂点に達しておりプリンス下巻288ページではダンブルドアに「哀れなルシウス」と言われています。

最後に
ヴォルデモート卿は純血主義を掲げて仲間を集めたのですからルシウス・マルフォイが死喰い人になることを疑問に思う余地は当時は100%有り得なかったでしょうね。

しかし実はヴォルデモート卿の父親はマグルで自身が純血の魔法使いではなかったのにも関らず、そういった手段で仲間集めをしたのは『ただ単に』その主義・主張が仲間を集めやすかったということだったんでしょう。

結局ルシウス・マルフォイも今は監獄暮らしということでヴォルデモートに騙され利用された犠牲者の1人と言っていいでしょう。

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

再び「R.A.B」について考える
先日「ルドビッチ・バグマンR.A.B説」を発表したばかりですが、いただいたコメントをキッカケに新たな候補が閃いたので、再び「R.A.B」について考えてみました。「そんなんアリ?」って感じのメチャメチャ意外な人物が浮かび上がりました。(全4項目)

4-1.書き付けから解かること
闇の帝王へ
あなたがこれを読むころには、私はとうに死んでいるでしょう。
しかし、私があなたの秘密を発見したことを知ってほしいのです。
本当の分霊箱は私が盗みました。できるだけ早く破壊するつもりです。
死に直面する私が望むのは、あなたが手ごわい相手に見えたそのときに、
もう一度死ぬべき存在となることです。
R.A.B

プリンス下巻442ページより

上記が偽物の分霊箱から出て来た書き付けの全文です。

改めて全文を読み返してみて注目されるのが最初の『あなたがこれを読むころには、私はとうに死んでいるでしょう』でしょう。つまり「ここから」この人物はヴォルデモート卿に殺されたのではなく自然死だったと断じていいでしょう。

次に注目されるのが最後の『もう一度死ぬべき存在となることです』という文言です。つまりここから「この人物」はヴォルデモート卿が1才のハリーを襲った時に生きていた!と思われます。したがって「ここから」私は「R.A.B」はレギュラス・ブラックではないと断じることができると思います。

4-2.何故3人だけが探したのか?!
炎のゴブレット下巻370ページ(携帯版820ページ)でベラトリックス・レストレンジは闇の帝王は再び立ち上がる。必ず蘇ってわれわれを迎えに来る。我々だけがヴォルデモート卿を探した!と言っています。

だったらベラトリックスは何故?!ヴォルデモート卿を探したのでしょうか?それはもちろんホークラックスすなわち自分のご主人様が魂を分割して別の場所に保管していたことを知っていたからでしょう。

プリンス上巻46ページでベラトリックスは「過去において、闇の帝王は、もっとも大切なものを常に私に託された」と言っています。多分ベラトリックスのホークラックスの情報元はヴォルデモート本人でしょう。

4-3.クラウチ・ジュニアの情報元は?!
炎のゴブレット下巻499ページ(携帯版937ページ)でクラウチ・ジュニアは「ご主人様を探し出すことしか考えなかった・・・ご主人様の下で仕えることしか考えなかった」と言っています。何故?そう思ったんでしょうね?

私は当然レストレンジ夫婦同様ホークラックスのことを知っていたからだと思います。だったら情報元はどこだったんでしょう?!

私はクラウチ・ジュニアの情報元は母親のクラウチ夫人だと思います。

4-3.クラウチ夫人が「R.A.B」?
前述のように「R.A.B」はヴォルデモート卿がハリーを襲った時に生きていて、さらにその後自然死した人ですからクラウチ夫人は『その条件』にピタリ!と当てはまります。

したがってクラウチ・ジュニアにヴォルデモート卿のホークラックスのことを教えたのも、ダンブルドアよりも先に「あの洞窟」に行って本物の分霊箱を持ち去ったのもクラウチ夫人だと私は思います。

4-4.だったら「R.A.B」って何なの?!
と!いうわけで「あの洞窟」から分霊箱を持ち去ったのはクラウチ夫人という結論が導き出されたわけですが、だったらこの「R.A.B」は何なんだ!ってことになりますよね。

日本と違ってヨーロッパには女の子しか生まれなかったら婿養子を迎えて家名を後の世代に残すという習慣・概念はないようですから女性は結婚すれば例外なく苗字が変わります。

したがって「R.A.B」はクラウチ夫人の結婚前の姓名のイニシャルとみて間違い無いと私は思います。多分ヴォルデモート卿には結婚後の名前よりも結婚前の名前のほうが馴染みがあるからなのではないかな?と思います。

最後に
そんなわけで本日は「R.A.B」はクラウチ夫人であるという結論に達しました。条件にもピタリ!と一致しますし、アッ!と驚く意外な人物だし、レギュラス・ブラックやルドビッチ・バグマンよりも信憑性があると思うのは私だけでしょうか?

でも!?もし!これが真相・正解だとしたら読者には「他にイニシャルR.Bの人物いないかな?」と一生懸命探させておいて「実は結婚前のイニシャルでした」だったらローリングさんって罪な人ですよね。
[READ MORE...]

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

再び!ルーナ・ラブグッド(後編)
昨日に引き続き「この人」を取り上げます。本日は第6巻のルーナを分析・紹介します。6巻は出番は少なかったもののクリスマス・パーティーの時のルーナは最高でした!(全4項目)(巻名なしのページ数は謎のプリンス)

4-1.ホグワーツ特急での再会
6年生になった新学期初日ホグワーツ特急でハリーは魔法省の神秘部「死の間」で共に戦ったネビルとルーナとの再会を果たしたのでした。

「メラメラメガネ」の付録付きのザ・クィブラーを胸に抱きしめているルーナに「まだ売れてるの?」と尋ねるハリーに発行部数がぐんと上がったとうれしそうに答えるルーナ!やはり『真実』を報道した効果は絶大だったようですね。

「みんなは、あんたに、あたしたちよりもっとかっこいい友達を期待するんだ」と率直さで人を面食らわせる腕前を発揮するルーナに「君たちはかっこいいよ」と言うハリー・・・

「あの子たちの誰も魔法省にいなかった。誰も僕と一緒に戦わなかった」というハリーに「いいこと言ってくれるわ」とニッコリしてルーナは鼻の「メラメラメガネ」を押し上げ、腰を落ち着けて「ザ・クィブラー」を読み始めるのでした。

でも「今年もDAの会合をするの?」「あの会合が楽しかったよ」「友達ができたみたいだった」とDA会合の再開を望むルーナに「もうアンブリッジを追い出したんだから、意味ないだろう?」と答えるハリーなのでした。(上巻209ページ)

4-2.ルーナとクリスマス・パーティー、その1
ベルが鳴ったとたん学用品の半分を置き去りにして教室を飛び出して行ったハーマイオニーを追ってハリーが追いついた時、そこにはルーナがハーマイオニーの背中を叩くともなく叩きながら付き添っていました。(上巻469~470ページ参照)

「ロンて、ときどきとってもおもしろいことを言うよね?」
「だけど、あの人、ちょっと酷いとこがあるな」

ハリーがロンとハーマイオニーがけんかをしていることを告げるとルーナは言いにくい真実をすばりと言う、いつもの才能を発揮しました。

今学期は楽しかった?と訊ねるハリーに「まあまあだった」と答えるルーナ!ジニーがよくしてくれたと言うルーナにハリーは・・・

「今晩、僕と一緒にスラグホーンのパーティーに来ないか?」と言うハリー・・・でも何故か?言った直後に「行きたくない」と断ってくれることを半分期待するハリーなのでした。

しかし!今まで一度もパーティー誘われたことなどないルーナは「友達として」でもかまわないとハリーの誘いを受けたのでした。

4-3.ルーナとクリスマス・パーティー、その2
8時にハリーが玄関ホールに行くと尋常でない数の女子生徒がルーナに近づくハリーを恨みがましく見つめていました。

ルーナはスパンコールのついた銀色のローブを着ていて見物人の何人かがクスクス笑っていましたが、その他はルーナはなかなか素敵でした。(上巻477ページ)

何よりも「この日」のルーナはオレンジ色の蕪のイヤリングも着けていないし、バタービールのコルク栓をつないだネックレスも「メラメラメガネ」もかけていませんでした。つまり普段変な格好をしている人は普通にしただけで魅力的に見えるということのようですね。(笑)

吸血鬼が来るらしいと言うハリーに「ルーファス・スクリムジョール?」と答えるルーナ!面食らうハリーに「そう、あの人、吸血鬼なんだ」とあたりまえという顔で言うルーナなのでした。

しかし!この日の最高傑作はハリーが闇祓いになりたいと言った時の・・・
「闇祓いって、ロットファングの陰謀の一部だよ。みんな知っていると思ったけどな。魔法省を内側から倒すために、闇の魔術と歯槽膿漏とか組み合わせて、いろいろやっているんだもン」(上巻486ページ)

思わず吹き出して蜂蜜酒を半分鼻から飲んでしまったハリー!これだけでもルーナを連れて来た価値があったと思ったのでした。

4-4.久々の召集
ドラコ・マルフォイが大願を成就し歓喜の声をあげ、何を企てているのか分からないというのにダンブルドアが学校を留守にすると言うので、そこでハリーは・・・

ロンとハーマイオニーに忍びの地図とフェリックス・フェリシスを渡しながらDAのメンバーを掻き集められるだけ集めてくれと頼んだのでした。

分霊箱を手に入れてホグワーツに戻ったハリーとダンブルドアを待ち受けていたのは城で一番高い天文台の塔の真上で光っていた「闇の印」でした。

ロンやハーマイオニーにジニー「闇の印」が学校の上空に上がったのは3人の内の誰かに何かがあったからにのだろうか?それともネビルかルーナか?それともDAのメンバーの誰かなのか?

自分の責任でまた誰かが死んだのだろうか?と心配するハリーでしたが、結局「久々の召集」に駆け付けてくれたのはルーナとネビルだけだったということが後に分かったのでした。

最後に
こうしてルーナの登場シーンを抜き出してみると、やはりDA会合が無かった分、5巻と比べると6巻は出番が少なかったですね。しかし!出て来た時のインパクトはさすが!という感じです。

もちろん!第7巻でも大活躍してくれるものと期待しています。

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学

再び!ルーナ・ラブグッド(前編)
先回取り上げた時にやり残した部分がたっぷりあったので、再び今日と明日の2日間に渡って「この人」を取り上げることにします。本日はルーナの性格と、それが元で彼女が引き起こす数々の騒動を中心に取り上げてみました。(巻名なしのページ数は不死鳥の騎士団)

3-1.才能というか?・・・ルーナの性格について
だから誤解されやすいという一面もあるのカモ?しれませんが・・・物おじしない!思ったことはズバッ!と言うところがあるみたいですね。

上巻318ページでルーナはハグリッドのことを「レイブンクローでは、あの人はちょっとお笑い種だって思ってるよ」と言っていますね。

ハリー・ロン・ジニーが「いい先生だ!」と怒ったように言っても気後れしたふうもなくロンの「なら、君のユーモアのセンスがおかしいってことさ」という失礼な言葉を気にする様子もなく、ちょっとおもしろいテレビ番組であるかのようにロンをしばらく見つめただけでした。

3-2.ホッグズ・ヘッドのルーナ
ホッグズ・ヘッドで行われた最初のDA会合にもルーナは1人で夢見ているような顔で、もしかしたら偶然迷い込んだのではないかと思うように店に入って来ました。当然誘ったのはジニーでしょうね。(上巻531ページ)

総勢25人がフレッドからバタービールを受け取って三三五五ハリー・ロン・ハーマイオニーの周りに集まり、興奮気味の目あり、興味津々の目ありでしたがルーナは夢見るように宙を見つめていました。

ハリーが有体の牡鹿の守護霊を作れる話やら、校長室にある剣でバジリスクを殺した話やらで盛り上がり、ハリーの指導で防衛呪文の練習をしようということで話がまとまりましたが・・・

ハーマイオニーがアンブリッジはダンブルドアが生徒を使って私設軍隊を作り魔法省に楯突こうと考えていると話すと、ほとんど全員が愕然としましたがルーナだけは声を張り上げました。

コーネリウス・ファッジが「ヘリオパス」火の精の軍隊を持っているとルーナが言い出し話はあらぬ方向へ進みかけますが・・・

ジニーの機転でなんとか話を元に戻すことが出来たのでした。(上巻543ページ)

3-3.DA会合でのルーナ
ハリーがドビーから「必要の部屋」なるものが存在することを聞き、そこで第1回目の練習会合が行われました。

ハリーが初めてヴォルデモートと対決した時に唯一の武器となった「武装解除の術」で訓練が始まり「エクスペリアームス」の叫びで部屋は一杯になりました。

そんな中ルーナも「私のパパは反魔法省運動をとっても支持しているもン」と誇らしげに言うのでした。

でも「その後」がいけません・・・魔法大臣コーネリウス・ファッジが小鬼を何人も暗殺しているだとか、「神秘部」を使って恐ろしい毒薬を開発して反対する者にはこっそり毒を盛るんだとか・・・

そんなルーナにハリーは思わず何か聞きたそうに口を開きかけたチョウに「質問しないで」と囁くのでした。(上巻622ページ)

今日の最後に
今回第5巻「不死鳥の騎士団」を改めてルーナ中心に読み返してみて思わず「うーん、これでは信用を失うのもしかたないカモ?!」と思ってしまいました。

そんなルーナですが・・・それでも時折「鋭い!」と思わず感心してしまう発言をするので油断がなりませんね。それが彼女の最大の魅力でしょう。

テーマ:ハリー・ポッター - ジャンル:小説・文学