7巻発売を前に~未解決の謎(1)(12回シリーズ)

今日から3週間12回に渡って明らかにされていない「謎」の洗い出し作業をして行こうと思います。最終巻の発売を迎えるのにあたって「やり残し」のないようしっかりやりたいと思っています。第1回目の今日はフィッグばあさんに関する事柄を挙げてみました。(全4項目)

4-1.初めに
何でも伝え聞いた話によると確かに第7巻はハリーポッター・シリーズの最終巻ですが「ありとあらゆる」全ての謎が明らかになるわけではないそうです。したがってあまり期待し過ぎると・・・

「あのことも」「このことも」明らかにならなかったということで消化不良で第7巻を読み終えるということになってしまうため当サイトでは「謎」のランク分けをすることにしました。

●星1つ(☆)
はっきり言って「本筋」からは大きく外れることなので明らかにならない可能性が高い。けれども明らかになったらラッキー!

●星2つ(☆☆)
私個人としては是非とも明らかになっていて欲しいが、やはり「本筋」からは外れているし明らかにならない可能性もあるので「そうなった」としてもガッカリしないようにしましょう。

●星3つ(☆☆☆)
この「事柄」については主人公ハリーにも大きく関わることですし大多数の読者が大きな関心を寄せているようですから必ず明らかになっているでしょう。

4-2.フィッグばあさんの謎、その1(☆)
炎のゴブレット上巻124ページ(携帯版115ページ)を開くと猫の臭いがプンプンする不揃いな椅子や家具や置物が登場しています。

ウィーズリーおじさんの説明によると同じ職場で働く同僚のパーキンズさんから借りたそうですが猫の臭いがする椅子や家具などは・・・

たぶんパーキンズさんは自分の家にあるだけでは数が足らなかったのでフィッグばあさんから借りたんだと思います。猫の臭いがするのはおそらくフィッグばあさんの持ち物でしょうからね。

と!いうことはフィッグばあさんとパーキンズさんは「知り合い」というコトになるんでしょうね。いったい「どのような経緯」で2人は知り合ったのでしょうか?

フィッグばあさんはスクイブの魔女ですしパーキンズさんは魔法省に就職できたんですから当然ちゃんとした魔法使いということになります。

親同士が知り合いなのか?親戚なのか?それともダンブルドアが紹介したのか?スクイブはホグワーツには入れないそうなので学校で知り合うのは不可能なはずです。

続きを読む »

7巻発売を前に~未解決の謎(2)(12回シリーズ)

昨日から3週間・12回に渡って未解決の謎の洗い出し作業をしています。本日の記事では「忠誠の術」と「秘密の守人」に関わる謎の数々を拾い出してみました。(全3項目)

3-1.ペチュニア・ダーズリーの謎(☆☆☆)
ペチュニア叔母さんのことについては当サイトでは既に何度も言及していますがハリーの「秘密の守人」であるとの結論が出ています。

「このこと」に気づいていない読者の人たちは当然第7巻を読んで「そうだったのか!」と驚くことになるのですが当サイトでは「もう1つ」の驚愕の事実も明らかにしているんですよね。(笑)

それはウィーズリー夫妻とロン、フレッド、ジョージのウィーズリー3兄弟はハリーが2年生の時からペチュニア叔母さんがハリーの「秘密の守人」だということを知っているという事実です。

ハリーは「忠誠の術」によって守られていますから「秘密の守人」本人がハリーの居所を教えない限りハリーを見つけることはできません。

したがってハリー2年生の夏休みにロン、フレッド、ジョージの3人がハリーを助け出すことができたのは当然ペチュニア叔母さんが秘密を暴露したからだということになります。

続きを読む »

7巻発売を前に~未解決の謎(3)(12回シリーズ)

今週の日曜日から7巻の発売に向けて残された謎の洗い出し作業をしています。本日の記事では節目節目で重要な役割を果たした「2つの魔法」を取り上げてみました。(全3項目)

3-1.忠誠の術についての謎、その1(☆☆)
ハリーの両親を死に追いやることとなってしまった一方でハリーにとっては17才の誕生日を生きて迎えられることになったという「この魔法」ですが・・・

極めて複雑な魔法で生きた人間の中に「秘密」を封じ込めると、その人が「秘密の守人」となり情報を見つけることは不可能となります。

かくして「秘密の守人」本人が隠した「その情報」を暴露しない限り、隠された人や建物を見つけることはできなくなるというわけです。

この魔法の成り立ち方だけでも随分複雑なんですが「この術」をさらに分りにくくしているのは他に明らかにされていることが「あまりにも」少ないということなんですね。

第1巻の第1章では実はいきなりダンブルドアが「この魔法」をかける場面が唯一登場していますがダンブルドアは無言で「この魔法の呪文」を唱えているため・・・

第6巻終了時点では唱える呪文すら明らかにされていません。

続きを読む »

7巻発売を前に~未解決の謎(4)(12回シリーズ)

第7巻(日本語版)の発売日7月23日に向けて今週は残された謎の洗い出し作業をしています。今日の記事ではリーマス・ルーピンに関する謎3つを挙げてみました。(全3項目)

3-1.リーマス・ルーピンの謎、その1「優秀な開心術士」(☆☆☆)
リーマス・ルーピンがホグワーツの「闇の魔術に対する防衛術」の教師になって最初のハリーたちのクラスの授業で何故か?ルーピン先生は・・・

ハリーとハーマイオニーが「まね妖怪」と対決するのを回避しました。その理由は「一番怖いものをどうしたら怖くない姿に変えられるか考えがまとまらなかった」から・・・

それじゃあルーピン先生はどうしてハリーとハーマイオニーが考えていることが判ったのか?それはリーマス・ルーピンが極めて優秀な開心術士だからなんですね。

第5巻「不死鳥の騎士団」で「開心術」「閉心術」という概念が登場した時から私は「このこと」に気づいていました。

騎士団下巻172ページでルーピンはセブルス・スネイプが「優秀な閉心術士」だということを指摘していますが、これは決してダンブルドアを含めた他人から聞いて知ったわけではなく・・・

ルーピンが優秀な開心術士だからこそ見抜けたというコトなんですね。

続きを読む »

7巻発売を前に~未解決の謎(5)(12回シリーズ)

先週に引き続き今週も第7巻の発売に向けて残された謎の洗い出し作業をしていきたいと思います。5回目の今日は第3巻「アズカバンの囚人」で初登場した「あの動物」やハリーがホグズミード村に行くのに使った「あの道」のことなどを取り上げています。(全3項目)

3-1.ホグズミードへの道(☆☆)
第3巻「アズカバンの囚人」でハリーはバーノン叔父さんが許可証にサインをしてくれなかったためホグズミードに行くことができませんでした。

加えてクィディッチの初戦ハッフルパフ戦で箒(ニンバス2000)を失ってしまったためハリーを気の毒に思ったんでしょうフレッドとジョージは「忍びの地図」をハリーに譲ることにしたのでした。

そんなわけでハリーは隻眼の魔女ばあさんの入口からホグズミード村に行きロンとハーマイオニーと合流することができたというわけです。

騎士団上巻531ページでは本来ホグズミード村には来ることができないハズの2年生のデニス・クリービーがダンブルドア軍団の第1回会合に出席していますが・・・

おそらくデニスもフレッド・ジョージに教えてもらってハリーがかつて使った「この秘密の抜け穴」を使って村に来たんでしょうね。

フレッドとジョージが「忍びの地図」をハリーに譲り渡す際に2人は村への「抜け道」が全部で7つあると言っていますが・・・

私はリーマス・ルーピンが「叫びの屋敷」に行くために作られた以外の抜け穴については全てハリーのお父さんとシリウスそれにピーター・ペティグリューが作ったものだと考えています。

騎士団上巻585ページでシリウスは5階の大きな鏡の裏の抜け道のことを指摘していますが多分それはシリウス自身が作ったものだから知っていたんだと私はそう見ています。

続きを読む »