今回は「忠誠の術」についておさらいしてみることにします。
理解して思うに私は本当に色んな意味で複雑な術でローリングさんはよく考えたな~ぁと思いますね。この術についてはフリットウィック先生がアズカバンの囚人265~266ページ(携帯版293ページ)で説明してみえます。

1人の生きた人の中に秘密を魔法で封じ込める。選ばれた者は『秘密の守人』として情報を自分の中に隠す。かくして情報を見つけることは不可能となる。『秘密の守人』が口を割らない限りまた秘密を暴露しない限り、守られている人・物を見つけることはできなくなる。という術です。

どうして入れ替わったのか?
当初ポッター夫妻の『秘密の守人』はシリウスがなる予定でした。ダンブルドアにもそう報告していますし、ダンブルドアも魔法省にそのように報告しています。それでは何故?最後の最後になって『秘密の守人』がシリウスからピーター・ペティグリューことワームテールに代わったのでしょうか?

私は術の複雑さもさることながら呪文も相当複雑なのではないか?私が思うには、唱える呪文が舌を噛んでしまうぐらい複雑なのではないか?・・・それとこの「忠誠の術」というのは守ってもらう本人と『秘密の守人』はかけることができないのではないか?と思います。騎士団本部は建物ですし、ペチュニア叔母さんは純粋マグルですから当然ですよね。

だからポッター夫妻の時の場合は最初はピーターが術をかけようとしたが、何度やっても失敗するものだから急きょシリウスとピーターが入れ替わったのではないか?と私は思います。お世辞にもピーターは優秀な魔法使いとはいえないですからね。ということで・・・

まずポッター夫妻の場合
秘密の守人は「ピーター・ペティグリュー(ワームテール)」
術をかけたのは「シリウス・ブラック」

ハリーの場合
秘密の守人は「ペチュニア・ダーズリー」
術をかけたのは「アルバス・ダンブルドア」

不死鳥の騎士団本部の場合
秘密の守人は「アルバス・ダンブルドア」
術をかけたのは「シリウス・ブラック」

とまあこんな構成になっているのではないか?と思います。
ハグリッドはどうして見つからなかったのか?

ハリーたちの天文学の実技試験の最中にハグリッドはアンブリッジと4人の闇祓いに急襲され逃亡します。(騎士団下巻465ページあたりから)

もちろん多分4人の闇祓いたちは必死でハグリッドの行方を追ったのでしょうが結局発見することはできませんでした。どうして見つからなかったんでしょうね?

ダンブルドアが再び校長職に復帰して、全てが元どおりとなりハリーがハグリッドを訪ねた時(672ページ)ハグリッドはシリウスが隠れていた「あの洞穴」に自分も隠れていたとハリーに打ち明けます。

シリウスが隠れていた「あの洞穴」でハリーたち3人が再会した時、シリウスはホグズミード村のダービッシュ・アンド・バングズ店を過ぎた柵のところで(炎のゴブレット下巻233ページ)3人と待ち合わせをしてから、その洞穴に行っています。ということはホグワーツから歩いていけるほどの極めて近い所にハグリッドは「潜伏」していたのですから、なおさらどうして発見できなかったのか?とても不思議ですよね。

ふくろう便に直接隠れ家の場所を書くのは危険だということで、待ち合わせをしてからそこへ行ったとも言えますが、私は「他の理由」があってのことだと見ています。それは「あの洞穴」には忠誠の術がかけてあったから闇祓いたちはハグリッドを発見できなかったのだと思います。ということで・・・

「この洞穴」については
秘密の守人は「シリウス・ブラック」
術をかけたのは「アルバス・ダンブルドア」

炎のゴブレット下巻377ページでダンブルドアは一番安全な隠れ場所として「この洞穴」をシリウスに勧めています。こんな所にも「この術」はさりげなく役に立っているんですね。
ニンファドーラ・トンクスもビックリ!というぐらい

とにかくやたらと出て来ます。この「呼び寄せ呪文」

まず第4巻炎のゴブレットでは上巻105ページでウィーズリーおばさんがフレッド・ジョージからトン・タン・トフィーを取り上げるのに使っています。それからホグワーツ特急の中ではハーマイオニーがこの呪文を覚えようとしています。(260ページ)次は364ページでフリットウィック先生が「この呪文」の授業に備えて3冊も余計に参考書を読むよう命じています。

さらに458ページでハリーは「この呪文」の出来が悪くハリーとネビルだけ特別に宿題を出されています。

そして・・・ハリーは第1の課題をこの術で克服します。

下巻ではまず49ページではフリットウィック先生が第1の課題で完璧に使った「この術」について、ハリーと話し込んでいます。次に100ページでは(多分)ボーバトンの男の子が友達を1人調達するのに使っています。

192ページではロンが第2の課題を克服するのにアクアラング一式を「この呪文」で手に入れたらと提案しています。(ハーマイオニーに却下されましたが・・・)そして332ページではムーディが忍びの地図を呼び出すのに「この呪文」を使ったと言っています。そして・・なんと!188ページには・・この呪文の反対呪文「追い払い呪文」までもが登場しています。そしてヴォルデモートの元を逃れ、ハリーの命を救うのがこの呪文です。(475ページ)

第5巻不死鳥の騎士団でも何度も登場しています。

上巻406ページでも、この呪文の復習をしています。フリットウィック先生によりますと・・「この呪文」は必ずふくろう試験に出るとのことだそうです。ということで・・これまでにない大量の宿題を出しています。

また下巻94ページではシリウスが「この呪文」でバタービールを呼び寄せています。

397ページではフレッドとジョージが自分たちの箒を取り返すのに「この呪文」を使っています。

またハリーたちが魔法省にシリウスを助けに行って、死喰い人たちと戦った時にも何度も使われています。(560ページ~)

ここで改めて「呼び寄せ呪文」の登場ページを振り返ってみましょう。

まず第4巻「炎のゴブレット」では
上巻では105・260・364・458・532・544ページ
下巻では49・100・188・192・332ページ

次に第5巻「不死鳥の騎士団」では
上巻では406ページ
下巻では94・397・562・573・584・592・607ページ

私は色んな意味で実に見事で巧みだと思いますね。第4巻で最初に「この呪文」が登場したのがフレッド・ジョージ絡みで、2人はこの時はトン・タン・トフィーを取り上げられるという被害をこうむっていますが、第5巻では取り上げられた自分たちのもの(箒)を取り返すのに「この呪文」を使っています。

そして誰あろうハリーに「この呪文」を習得するキッカケを与えたのが死喰い人のバーティ・クラウチ・ジュニアだという所も実に面白いですよね。結果として第4巻の最後には「この呪文」でハリーはヴォルデモートの元を逃れ生き長らえることができました。(編集済)
賢者の石103ページではハグリッドが・・・
「マグルの連中は魔法なしでよくやっていけるもんだ」

秘密の部屋64ページではウィーズリーおじさんが・・・
「マグルは魔法を使えなくてもなんとかやっていく方法を、実にいろいろ考えるものだ」

騎士団上巻291ページではウィーズリーおばさんが・・・
「マグルはよくもまあ魔法なしで移動するものだわね」

3人さんはこう言ってますが、もちろん使えるモノなら使いたいのであって、そこで今回は「こんな魔法・呪文が使えたらいいな!」について考えてみました。
その1「箒」
本当にこれが使えたらいいですよね。箒に乗って空中高く飛び上がってしまえば信号待ちもしなくていいし目的地まで一直線に最短距離で移動することができます。特に春と秋の天気のいい日に顔に風を浴びながら飛んだら気持ちいいでしょうね。

ところで魔法界では箒に乗る行為というのは魔法の範疇(はんちゅう)に入らないようです。第2巻ではハリー・ロン・フレッド・ジョージの4人がクィディッチの練習をしていますし、第5巻ではハリーがダーズリー家からロンドンの騎士団本部に移動するのに「箒」を使ったりしています。

その2「邪魔よけ呪文」
この呪文をかければあらゆるモノとの接触を避けることができるようになるので、(騎士団上巻115ページ参照)例えば自家用車にかければ事故を起こす心配も一切なくなります。ということは自動車保険にも加入する必要がなくなるということになりますね。

ちなみに夜の騎士(ナイト)バスは街灯・郵便ポスト・ゴミ箱・生垣とあらゆるモノが飛びのいて絶対にぶつかりません。このバスの車体には間違いなく「この呪文」がかけられているでしょう。

その3「四方位呪文」
これは第4巻の下巻390ページで初登場している杖で北の方角を指させるという呪文で、方向音痴の人が「私は今どちらに向かって歩いているんだろう?」といった時に大いに役立つのでは?ないでしょうか。またそうでない人でも地下街や東京駅などの広い屋内で方角を把握するのに便利だと思います。

その4「煙突飛行粉(フルーパウダー)」
これもまたあれば非常に便利ですよね。自宅の暖炉から相当遠い所でも一瞬の内に移動できてしまうようですし、駅やバス停に移動する手間もいらないし電車やバスが来る時間に合わせる必要もない。

秘密の部屋71~73ページのやり取りを見ていると、ウィーズリー家では家族みんなでダイアゴン横丁へ買い物に行く時にはいつもこれを使っているということが判りますね。

その5「姿現し・姿くらまし術」と「移動キー」
これぞ!ハリーポッター・シリーズに出て来る術の中で一番使えたらいいな!というモノでは?ないでしょうか。これが出来るようになれば朝の通勤ラッシュに巻き込まれることもなくなりますし、すし詰めの通勤電車に乗らなくてもよくなります。

そういえば前述の賢者の石103ページではエスカレーターが故障して動いていなかったり、騎士団上巻202ページでは自動券売機が故障していたりと、ロンドンの地下鉄はそんなに頻繁にあっちこっちが故障しているのでしょうか?そういえばロンドンの地下鉄は予定通りに電車が来ないことでも有名だったりしますよね。

やはりローリングさんが様々な移動に関わる魔法を考え出したのも、そういったイギリスとロンドンの交通事情が背景にあるのではないでしょうか?
その1「スコージファイ!清めよ!」
この魔法が使えればもちろん掃除機なんていらなくなるんでしょうね。魔法界では杖を振って「この呪文」を唱えればあっという間に掃除が済んでしまうようですから、特に主婦の皆さんはうらやましくってしょうがないのでは?ないでしょうか。

でもこの呪文を使えば無条件に部屋がきれいになるというわけではなく何か「コツ」がいるみたいです。(騎士団上巻89ページ参照)

その2「呼び寄せ呪文」
この呪文を使うことができれば遠くに置いてあるモノを手元に引き寄せるのに便利ですよね。例えば調理をする時に材料や調味料や包丁などの調理道具を呼び寄せたり、あとは家を出てから忘れ物を思い出した時もそれを呼び寄せたりと非常に便利です。

またこの呪文の反対呪文「追い払い呪文」を使えば使い終わった調味料などを元の場所に戻したりするのも簡単にできるので大変便利でしょうし応用すれば様々な場面で役に立つと思います。

その3「タイムターナー・逆転時計」
ハーマイオニーはこれを同じ時間の複数の授業や試験を受けるのに使っていましたが、私が考えるタイムターナーの「悪用法」といえば・・・

平日に時間を8時間戻して映画を観に行く、ディズニーランドなどの遊園地や遊技施設の待ち時間の長い人気アトラクションに何度も並ぶ、また年末年始やゴールデンウィークなどに2つのツアーに同時に申し込んで両方行けば休みを2倍楽しむことが出来ます。支出も2倍になりますが・・・

また「このツアーに行きたいんだけど休みが取れない」という場合にもやはりこれを使って時間を戻せば仕事も休まずツアーにも行けて「一挙両得」ということになります。

その4「消失呪文と出現呪文」
これを使うことができれば都市の中心部での違法駐車問題も一気に解決できるでしょうね。また大勢の人が集まる遊技施設や公共施設・デパートなども駐車場のために大きなスペースを用意する必要がなくなり土地の有効活用という観点から見ても非常にいいでしょうね。

今まで駐車場に使っていたスペースに別の店舗や施設を新たに設置できたりします。

その5「食器洗い?の呪文」
私がそもそも「このお題」を浮かべたキッカケになったのが「これ」なんです。秘密の部屋52ページに次のような記述が出てきます。

彼女(ウィーズリーおばさん)があたりまえのように、流しに向かって杖を一振りすると、中で勝手に皿洗いが始まった。カチャカチャと軽い音が聞こえてきた。

いや~ぁ!極めてうらやましいですよね。魔法界では杖を一振りするだけで食器洗いが出来るようです。家庭の主婦の皆さんの間で最も嫌われている家事といえば「食器洗い」と「洗濯」がダントツではないでしょうか?

確かに最近では「自動食器洗い機」「食器洗浄機」なるモノが家電店で販売されていて、ペチュニア叔母さんも愛用しているようですが(騎士団上巻85ページ)まだまだ普及率が高いとはいえないようですからね。

でも衣類のアイロンがけは魔法では出来ないみたいです。
 (秘密の部屋45ページ参照)

最後に
この企画「この魔法が使えたらいいな!」については、またネタの数がまとまったらお届けするつもりです。第1巻~第5巻でもまだ見つかるカモ?しれないし、第6巻でもまた新たなネタが出て来るかもしれません。