ハーマイオニー・グレンジャー「謎のプリンス」編(2)(8回シリーズ)

ドラコ・マルフォイは何を企んでいるんだ?ダイアゴン横丁でマルフォイ母子と会ってからというものハリーはほとんど毎日それだけを考えるようになったのですが、ロンとハーマイオニーの無関心ぶりがハリーを苛立たせたのでした。そんなハリーが学期初日にホグワーツ特急内で取った行動とは?そしてハーマイオニーは?(全3項目)

3-1.ドラコ・マルフォイを追って・・・
こうして「隠れ穴」入りしてからというものハリーは1日の大半を2人制クィディッチをして過ごしたのでした。ハリーがハーマイオニーと組みロン・ジニー組との対戦でした。

ハーマイオニーは箒に乗るのが恐ろしく下手でしたし、一方のジニーはとても手強かったので勝負は白熱したのでした。そして次に新しい展開を迎えることになったのが8月1日に学校から手紙が届いたことでした。

教科書を買うためにはどうしてもダイアゴン横丁に出かけなくてはならなかったのですが、ウィーズリーおばさんはあくまでもアーサー氏が同行できなければ行かないと言い張ったのでした。

闇祓いの大集団に囲まれて買い物をすることになるのでは?と懸念していたハリーだったのですが、幸い追加の警護員はハグリッド1人だけでした。ダイアゴン横丁に到着するとアーサー氏はモリー母さんに・・・

「全員がマダム・マルキンの店に行くのはあまり意味がない」と言い出し2組に分かれてハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はマダム・マルキンの店に行き自分たちとジニーが教科書を買いに行くのはどうか?と・・・

提案したのでした。こうしてハリーたち3人はハグリッドが同行してマダム・マルキンの店に行くことになったのですが、そこで3人が偶然出くわしたのがナルシッサとドラコ・マルフォイ母子だったというわけです。

そして次にハリーたち3人がドラコを見たのは3人がフレッド・ジョージの店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」にいた時でした。ハーマイオニーはフレッドからどろりとした黄色い軟膏を受け取って・・・

ようやく目のアザを消すことができたのですが、フレッド・ジョージの店の前を1人で走り抜けるドラコ・マルフォイの姿を見てしまったのでした。ハリーは眉をひそめて2人に言ったのでした。

「あいつのお母上はどこへ行ったんだろう?」
それに対してロンは「どうやら撒いたらしいな」
ハーマイオニーは「でも、どうして?」

ハリーは周囲を見回して状況を把握するとバックパックから「透明マント」を取り出したのでした。ハーマイオニーはウィーズリーおばさんを見ながら一瞬ためらいましたがロンに促されてマントに潜り込んだのでした。

こうして3人はドラコ・マルフォイを追って店を出たのですが・・・

続きを読む »

ハーマイオニー・グレンジャー「謎のプリンス」編(1)(8回シリーズ)

9月19日が誕生日ということで昨年の9月から巻ごとにハーマイオニーを取り上げています。今週と来週の2週間は第6巻「謎のプリンス」のハーマイオニーをお届けすることにします。ダンブルドアに「あの2人には予言の内容を話すべき」と言われたハリーだったのですが告げた時の2人の反応は?と云えば・・・(全3項目)

3-1.ダンブルドアの提言
「ハリー、ちょっとよいかな」

ホラス・スラグホーンの説得を終えて「隠れ穴」に到着するとダンブルドアはハリーに「2人だけで話がしたい」と言ってウィーズリー家の箒がしまってある崩れかかった石の小屋を指差したのでした。

ダンブルドアはまずシリウスの死に哀悼の意を示した後ハリーに「この2週間日刊予言者新聞を読んでいたのか?」と「魔法省の予言の間でのハリーの冒険については情報漏れどころか情報洪水だった」ということを・・・

ハリーに確認を取った後に改めて確かに多くの人々が「ヴォルデモートが死喰い人に予言を盗ませようとしたらしい」ということや「その予言とはハリーに関することらしい」という正しい推量をしたのは確実だが・・・

それでも「予言の全容を知っているのは間違いなくハリーと自分の2人だけ」なのだということをハリーに告げたのでした。その上でダンブルドアはハリーに予言の内容をまだ誰にも教えていないことを確認した後に・・・

「それは概ね賢明な判断じゃ」と言いつつもハリーの2人の友人つまりロンとハーマイオニーには予言の内容を知らせるべきだとハリーに提言したのでした。これほど大切なことを2人に打ち明けないということは・・・

2人にとってかえって仇になるしハリーには「あの2人の友人が必要だから」とのことでダンブルドアは予言の内容をロンとハーマイオニーの2人には話すようにと言ったのでした。

続きを読む »

改めてパーシー・ウィーズリーについて(後編)

ハーマイオニーとは違って途中で「占い学」を投げ出すこともなく「マグル学」も最後まで履修して「N・E・W・T(いもり)」試験も優秀な成績を収めたということは!パーシーはハーマイオニーよりも相当優秀な生徒だったということになりますが・・・卒業した後がいけません。(全3項目)

3-1.逆転時計を持っていた!
ご存知のようにハーマイオニーは3年生の時には12ある全ての科目を履修するためにマクゴナガル先生に取り寄せてもらって逆転時計を借り同じ時刻に複数の授業に出席したり試験を受けたりしていたんですよね。

秘密の部屋70ページではフレッドがパーシーは昨年度末に受けた「ふくろう試験」の結果が「12ふくろう」だったと言っています。さらに長男のビルも12科目全ての試験に合格したと言っていますね。

つまりはウィーズリー家の長男ビルもそしてさらに三男のパーシーも2人とも当然ハーマイオニーと同様に逆転時計を持っていたということになります。と!いうことになるとハーマイオニーの場合は・・・

学期の途中で「占い学」を投げ出してしまいましたし3年生の学期が終了した時には「耐えられない」と言って「マグル学」も辞めて逆転時計はマクゴナガル先生に返してしまったのでした。つまりは・・・

パーシーは「N・E・W・T(いもり)」という最終学年の時に受ける試験も12全ての科目で合格したようですからハーマイオニーよりもさらに優秀な生徒だったということになりますよね。(当然ビルも!)

そんなわけでハーマイオニーはハリーとロンの2人だけに逆転時計を持っていることを打ち明けたわけですが、パーシーのほうはおそらく誰にも言わないままホグワーツを卒業していったんでしょうね。

アズカバンの囚人408ページ(携帯版454ページ)ではパーシーは日増しにとげとげしくなり談話室の夜の静寂を乱す者があれば誰かれ容赦なく厳しい罰を与えています。やはりさすがのパーシーも・・・

「N・E・W・T(いもり)」で「12」全ての科目の試験を受けなくてはならないということで相当ストレスが溜まっていたようですね。

続きを読む »

改めてパーシー・ウィーズリーについて(前編)

今週の日曜日8月22日が誕生日ということでパーシー・ウィーズリーを取り上げています。後半の今日と明日は総括的な内容で改めてパーシーを分析してみたいと思います。自分は他の兄弟たちと違って大人なんだということで独自の道を突き進むパーシーなんですが・・・ふと気がついてみれば?(全3項目)

3-1.杓子定規で生真面目で几帳面な優等生
炎のゴブレット上巻79ページ(携帯版75ページ)でハリーは初対面を果たした長男ビルが想像していたのとは違う人物だったので驚いていますね。ビルもパーシーと同様に首席で監督生だったため規則を破るとうるさくて・・・

周囲を仕切るのが好きなタイプだと思っていたからです。何故ハリーが「そう思っていたのか?」と云えば3年間の学生生活でパーシーを見ていて「首席で監督生の人はこんな人」というイメージが出来上がっていたからです。

例えば秘密の部屋125ページでは車を飛ばして学校に来たロンとハリーを叱り付けようと2人のほうに向かって来ていたのでした。この時はハリーが気がついて2人は寝室に逃げたので叱られずに済んだのでした。

非常に几帳面な性格でフレッド、ジョージ、ジニーなんかは自宅の台所にはパジャマのままで降りて来るのにパーシーはちゃんと別の服に着替えてから降りて来るんですよね。例えば・・・

秘密の部屋65ページではフレッドとジョージがパジャマ姿で台所に降りて来ているのに対して直後に登場したパーシーは手編みのタンクトップに着替えて来ています。さらには・・・

アズカバンの囚人83ページ(携帯版90ページ)でもパーシーは「僕は夕食のために着替えて来ます」と言っていますね。どうやら外を歩く時の服と食事を取る時の服を厳格に分けているようです。

このように真面目で几帳面でさらには成績優秀で首席で監督生のパーシーはモリー母さん自慢の息子というわけなんですが・・・

続きを読む »

パーシー・ウィーズリーの挫折と苦悩(後編)

父さんと母さんは正しかった。ハリーとダンブルドアも正しかった。しかし自ら作ったハードルが余りにも高くて飛び上がる気力が全く湧かなかったパーシーだったのですが・・・最後の最後になってようやく壁を打ち破ることができたのでした。ところが!その直後には?(全3項目)

3-1.久しぶりの「隠れ穴」だったが・・・
ヴォルデモート卿の復活記事が載った後の「日刊予言者新聞」はハリーを誹謗・中傷する文章は一切載らなくなりむしろ予言者新聞は「嘲りと中傷の耐え難きを耐え」などとハリーを褒めそやすようになったのでした。

とどめは「ハリー・ポッター選ばれし者?」と題する記事でした。家宅侵入と窃盗未遂の罪でアズカバンに収監された死喰い人が「実は予言を盗もうとしたのではないか?」と考えている人が増えているのでは?

と報じる記事でした。問題の予言が「どのような内容なのか?」については知られていないが、世間では「死の呪文」を受けて唯一生き残ったハリー・ポッターに関するものなのでは?と推測されているそうです。

そのハリーは夏休みに続いてクリスマス休暇も「隠れ穴」で過ごしていたのですが、クリスマスに現れたのがコーネリウス・ファッジに代わって新たに魔法大臣に就任したルーファス・スクリムジョールだったのです。

「母さん、メリー・クリスマス」

沈黙に痛みが走りました。誰も口を利かずウィーズリー夫妻は雷に撃たれたように顔を見合わせたのでした。裏口の戸が開くとパーシー・ウィーズリーその人が立っていたのでした。パーシーは硬い声で挨拶したのでした。

「ああ、パーシー!」

ウィーズリーおばさんはパーシーの腕の中に飛び込んだのでした。ルーファス・スクリムジョールはステッキにすがって戸口に佇(たたず)み微笑みながら母と子が再会した心温まる情景を眺めていたのでした。

しかしパーシーは家族の他の者に挨拶したい様子など微塵も見せなかったのでした。背中に定規を当てたように突っ立ったまま気詰まりな様子でみんなの頭の上のほうを眺めるばかりだったのです。

ウィーズリーおじさんにフレッドとジョージの3人は硬い表情でパーシーを眺めていたのでした。その後ハリーはスクリムジョールに連れ出されて庭に出たので詳細は不明ですが・・・

フレッド、ジョージ、ジニーの3人がすりつぶしたパースニップをパーシーのメガネに投げつけるとパーシーは鼻息も荒く家から出て行ったそうです。3人のそれぞれが「自分の手柄だ!」と主張したのでした。

続きを読む »

パーシー・ウィーズリーの挫折と苦悩(前編)

さて!本日8月22日が誕生日ということで今週はウィーズリー家の三男パーシーを取り上げることにします。親を批判するのは苦しい。しかし僕はやがてあの2人も自らの大変な間違いに気づくことを切に願っている。その時はもちろん2人の十分な謝罪を受け入れる用意があるなどと言っていたパーシーだったのですが・・・(全3項目)

3-1.忠誠を誓うのは?ダンブルドア?それとも魔法省?
事が起こったのは夏休みに入ってから1週間も経たない頃でした。パーシーを除くウィーズリー家の面々が騎士団に加わる準備をしていると「その」パーシーが家に帰って来て昇進したというのです。

ハリーもパーシーが野心家で魔法大臣の座を狙っているということは知っていましたが、残念ながらパーシーの1年目の任務は成功と言うには程遠い状態でした。というのも上司であるクラウチ氏がヴォルデモートに・・・

「服従の呪文」をかけられてしまった末に行方不明になり、実はホグワーツ内にマッド・アイ・ムーディに成り済まして潜入していた自分の息子に殺されてしまったからです。その結果パーシーは・・・

クラウチ氏の件で色々と面倒なことになり尋問を受けたり上司の異変に気づいてそれを知らせるべきだったと言われたりもしたのでした。だから「その」パーシーが昇進したと聞いて家族一同が皆驚いたのでした。

パーシーは魔法大臣コーネリウス・ファッジの大臣室勤務を命じられたということで大得意で家に帰って来ました。役職は「大臣付下級補佐官」と魔法省入省1年足らずにして異例の抜擢人事でした。

ところが父親が感心してくれるだろうというパーシーの期待は裏切られたのでした。何故なら魔法大臣がパーシーを大臣室に置きたがったのは自分たちとダンブルドアをスパイするためだと父親のアーサー氏は考えたからです。

パーシーは完全に頭に来ました。そして激怒の余り随分ひどい言葉を父親のアーサー氏に浴びせたのでした。魔法省に入ってからというもの父さんの評判がパッとしないからそれと戦うのに苦労したとか・・・

父さんには何にも野心がないから僕たちにはあまりお金がないなどとも言ったのでした。そしてパーシーがアーサー氏に浴びせる非難の言葉はますますエスカレートしていったのでした。

パーシーは「父さんがダンブルドアと連(つる)んでいるのは愚かだ」とか「ダンブルドアは大きな問題を引き起こそうとしている」とか「父さんはダンブルドアと落ちる所まで落ちるんだ」などと言ったのでした。

そしてパーシーは「どこに忠誠を誓うのか?」は自分は判っている。魔法省だ。だから父さんと母さんが魔法省を裏切るのなら自分はもう「この家」の者じゃないってことを判らせてやると言って・・・

パーシーは「隠れ穴」を出て行ったのでした。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(8)(シリーズ最終回)

今週1週間はジニーと個々の登場人物との関係について考えて来ましたが最終日はやはり主人公ハリーとの関係について改めて振り返ってみたいと思います。ヴォルデモート卿を消し去ってくれたヒーローということでハリーは同年代の女の子の間ではアイドル的存在だったようですがジニーにとって幸いだったのは?(全3項目)

3-1.ハリーとの関係、その1
賢者の石146ページでジニーはキングズ・クロス駅で9と3/4番線への入り方を訊いた黒髪の少年がハリー・ポッターだと知って「汽車に乗って見て来てもいい?」と母親のウィーズリーおばさんに言っていますね。

しかし!この時は母親に「もうあの子を見たでしょ?動物園じゃないんだからじろじろ見たらかわいそうでしょう」と言われてジニーの願いは却下されてしまったのでした。

つまりジニーはハリーとは一言も言葉を交わさない内からハリーのことが好きだったということのようです。しかしジニーと同様に面識が全くなくてもハリーのことが好きだという女の子は当時沢山いたんでしょうね。

そしてジニーにとって幸いだったのは兄のロンがハリーの友人となり翌年の夏休みには自宅の「隠れ穴」に滞在することになったことでした。こうして2人は運命的な出会いを果たすことになったのです。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(7)(8回シリーズ)

ウィーズリーおばさんはフレッドとジョージに「妹のもっとよい見本になりなさい」と言い、それに対してパーシーは「ジニーのお手本なら他の兄たちがいますよ」と言いましたが残念ながらジニーが生き方の見本に選んだのはビル、チャーリー、パーシーの「優等生組」ではなくフレッド、ジョージの「悪戯2人組」だったようです。しかし!その一方でフレッドとジョージはジニーに・・・(全3項目)

3-1.モリー・ウィーズリーとの関係
アズカバンの囚人82ページ(携帯版89ページ)ではウィーズリーおばさんがパーシーが「我が家で2人目の首席なのよ!」と言っていますね。そしておばさんの言葉を引き継いでフレッドが「そして最後のね」と言っています。

一転してウィーズリーおばさんが表情を厳しくしてフレッドとジョージに向かって「2人とも監督生になれなかったようですものね」と言うとジョージは冗談混じりに「何で監督生なんかにならなきゃいけないんだ」と・・・

その言葉を受けてジニーは笑っていましたがウィーズリーおばさんは「妹のもっとよい手本になりなさい」とフレッドとジョージの2人に言い渡したのでした。確かにフレッドとジョージはおばさんが言う所の・・・

妹の「いい見本」とは到底云えないでしょうね。しかしジニーが生き方の見本として選んだのはビル、チャーリー、パーシーの「優等生組」ではなくフレッドとジョージの「悪戯2人組」だったようです。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(6)(8回シリーズ)

ルーナと云えば当初はハリーにとっては「おっかなビックリ」といった雰囲気でネビルにとっては「できれば関わりたくない」といった感じだったのですが後に2人にとってはかけがえのない存在になったのでした。しかしそのルーナをハリーとネビルに引き合わせたのはジニーだったのです。(全3項目)

3-1.ルーナ・ラブグッドとの関係、その1
当サイトでは種々形を変えて何度も取り上げた場面なんですが、ハリーがルーナと出会ったのはハリー5年生、ジニー4年生の新学期初日のホグワーツ特急内でのことでした。(騎士団上巻296ページ)

ハリーとジニーが空いたコンパートメントを探していると最後尾の車両でネビルに会ったのでした。どこも一杯で席が全然見つからないと言うネビルに対してジニーが「ここが空いてるじゃない」と言った所にいたのが・・・

ルーナだったというわけなんですよね。邪魔したくないなどとブツブツ言うネビルを「この子は大丈夫よ」と押し切ってジニーはトランクをルーナのいるコンパートメントに入れたのでした。

そして気がついてみれば「どうして今まで気づかなかったんだ?」といった感じなんですが実はルーナはロンのことが好きだったんですよね。それはハーマイオニーがレイブンクローの監督生の名前を口にした時でした。

ハーマイオニーがパドマ・パチルの名前を口にするとルーナはロンがパドマ・パチルと昨年度クリスマス・ダンスパーティに行ったと唐突に会話に割り込んで来たのでした。さらに付け加えて・・・

ロンはパドマ・パチルとダンスをしなかったから彼女はちゃんと扱ってくれなかったと思っているんだとロンに言ったのでした。でも私だったらダンスはあまり好きじゃないから気にしなかったと・・・

事実上「私を誘って欲しかった」つまりルーナ流の愛の告白だったわけですがロンはルーナの言葉の意味が理解できず説明を求めるようにジニーを見つめたのですがジニーはと云えば・・・

ジニーはクスクス笑いを堪えるのに握り拳の先端を口に突っ込んでいたのでした。どうやらジニーはルーナの言葉の意味を即座に理解したようですね。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(5)(8回シリーズ)

先週に引き続き今週もジニーを取り上げることにします。今週1週間はジニーと個々の登場人物との関係について考えてみたいと思います。ウィーズリーおばさんは品行方正で真面目なハーマイオニーに託せばジニーが間違った方向に進もうとした時には軌道修正してくれると期待したのでしょうが実際には?(全3項目)

3-1.ハーマイオニーとの関係、その1
ご存知のようにウィーズリー家は7人の子沢山一家なんですが女の子はジニー1人だけです。だから特に母親のウィーズリーおばさんにとっては真面目で品行方正なハーマイオニーは理想的なお目付け役と云えるでしょうね。

当然ジニーがホグワーツに入学する年度にはウィーズリーおばさんが「ジニーをよろしく」と頼んでいるでしょうが2人が急速に仲良くなったのは多分ジニーが3年生でハーマイオニーが4年生になる年度だったと思います。

何故ならこの年度前の夏休みにはハーマイオニーはクィディッチ・ワールドカップの観戦のために初めて「隠れ穴」に滞在して2人は寝食を共にしているからです。

炎のゴブレットの第20章冒頭でもジニーとハーマイオニーは一緒に朝食を取っています。今にして思えば2人は「この時何を話していたのか?」と興味が尽きない所ですよね。それはハリーが三大魔法学校対抗試合の・・・

代表選手に心ならずも選ばれてしまって「第1の課題」の内容が判った日の翌日の日曜日の朝のことでした。当然2人が話していたのはハリーのことだったんでしょうね。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(4)(8回シリーズ)

昨日8月11日が誕生日ということで今週と来週の2週間に渡ってジニーを取り上げています。今日の記事では第7巻「死の秘宝」でジニーとハリーが会った場面を振り返ってみたいと思います。(全3項目)

3-1.ハリー17才の誕生日には・・・
ハリーがロンと一緒に台所に下りて行くとテーブルにはプレゼントの山が待っていたのでした。ウィーズリーおばさんがハリーににっこり笑いかけて「アーサーから17才の誕生日おめでとうっていう伝言よ」と・・・

何でもおじさんは朝早くに仕事に行かなくてはならなかったそうです。ハリーが色んな人たちがくれた数々のプレゼントを開けていると2階の踊り場のドアが開いてジニーが入って来たのでした。

「ちょっと来てくれる?」と言われてハリーは落ち着かない気持ちでジニーのあとから部屋に入ったのでした。これまでは一度もジニーの部屋に入ったことがなかったからです。狭いが明るい部屋でした。

魔法界のバンド「妖女シスターズ」の大きなポスターが一方の壁に、もう一方の壁には魔女だけのクィディッチ・チーム「ホリヘッド・ハーピーズ」のキャプテンのグウェノグ・ジョーンズの写真が・・・

貼ってあったのでした。ジニーはハリーの顔を見上げて深く息を吸ってから「17才、おめでとう」と言ったのでした。ハリーはそれに「ありがとう」と一言だけ言って応えたのでした。

ジニーはハリーをじっと見つめたままでした。しかしハリーは眩しい光を見るようで見つめ返すのが辛かったのでした。17才の誕生日に何をあげたらいいか?思いつかなかったというジニーは・・・

自分を思い出す何かをハリーに持って行って欲しいと言って今まで一度もしなかったキスをしたのでした。ハリーもキスを返したのでした。ジニーこそこの世界で唯一の真実でした。

何もかも忘れさせてくれる幸せな瞬間でした。しかしロンが飛び込んで来て輝かしい瞬間は泡のごとく弾けてしまったのでした。ロンは「君はジニーを捨てたんだ。今になってどういうつもりだ?」と・・・

ハリーに抗議したのでした。ハーマイオニーが反論しようとしましたがロンは片手を挙げてハーマイオニーを制した後ハリーに「ジニーはずたずただったんだ」と言ったのでした。今またキスしたりしたら・・・

ジニーは希望を持ってしまうじゃないか!とロンはハリーに語気を荒げて言ったのでした。そんなわけで翌日のビルとフラーの結婚式の時にはハリーはジニーと踊るのを遠慮したというわけなんですよね。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(3)(8回シリーズ)

本日!8月11日が誕生日ということで今週と来週の2週間に渡ってジニーを取り上げています。今日の記事ではホグワーツでの7年間の期間中に行われた数々のパーティの時にはジニーは「どうしていたのか?」について考えてみたいと思います。(全3項目)

3-1.クリスマス・ダンスパーティとジニー
今にして思えばクリスマス・ダンスパーティまでの約1ヵ月間ジニーはどうしていたんでしょうね?まるで存在しなかったかのように登場しません。三校対抗試合の「第1の課題」が終了した直後の・・・

木曜日の「変身術」の授業の最後にマクゴナガル先生がクリスマス・ダンスパーティの詳細を発表したのでした。招待されれば出席は可能とのことでしたが無条件に参加できるのは4年生以上なのです。

当時のジニーは3年生でした。だから誰かに誘ってもらわないとパーティには出席できないのです。だったらハリーに「私を招待して」と言えばよかったのにジニーはしなかったのでした。

多分ジニーは「ハリーはレイブンクローのチョウ・チャンが好きらしい」ということを知っていたんでしょうね。だから遠慮してしまったんでしょうね。しかしその一方ではハーマイオニーからは・・・

ハリーがチョウに申し込む前にあなたが誘えばなどと言われていたんじゃないのかな?という気がしますね。結局ハリーはチョウに断られてジニーはネビルと行くことになったのでした。

私はハーマイオニーはジニーには「せめてチョウが断って来たら次は私を誘って」ぐらいのことは言うべきと言っていたんじゃないかな?という気がしますね。だからハリーがチョウに断られて・・・

談話室に戻って来た時ジニーはとても惨めそうでした。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(2)(8回シリーズ)

当初はハリーと会ってもまともに会話も交わせないほど緊張していたジニーだったのですが・・・それがハリー6年生、ジニー5年生の夏休みともなると?何がジニーをそうさせたのでしょう?(全3項目)

3-1.無口なジニー、その2
3年生の夏休みの後半をハリーは魔法大臣コーネリウス・ファッジの計らいでダイアゴン横丁の「漏れ鍋」で過ごしたのでロンとハーマイオニーはもちろんのことジニーを含めたウィーズリー一家とも・・・

会えたのは夏休み最終日の8月31日になってしまったのでした。明日になれば必ずホグワーツ特急でロンとハーマイオニーに会える!そんな思いでハリーは目覚めたのでした。着替えを済ませて外に出て・・・

最後にもう一度ファイアボルトを見た後「どこで昼食を取ろうか?」と考えていると誰かが大声でハリーの名前を呼んだのでした。振り返るとそこにいたのはロンとハーマイオニーだったのでした。

ハーマイオニーが「私もペットが欲しい」と言うしロンが「エジプトから帰って来て以来スキャバーズの調子が悪い」と言うので3人は「魔法動物ペットショップ」に行った後に「漏れ鍋」に戻ったのでした。

ハリーとロンがバーにいたウィーズリーおじさんと話をしているとウィーズリーおばさんが他の子供たちを従えて山のように買い物を抱えて入って来たのでした。そしてその中にジニーもいたのでした。

ジニーは前からずっとハリーに夢中でしたがハリーを見た途端いつにも増して緊張したようでした。おそらく去年ホグワーツでハリーに命を助けられたからでしょう。そのため顔を真っ赤にして・・・

ハリーの顔をまともに見ることもできず消え入るように「こんにちわ」と言ったのでした。その一方でパーシーにフレッドとジョージの3人はそれぞれのキャラクターや性格を反映させた挨拶をしたのでした。

続きを読む »

改めてジニー・ウィーズリーについて(1)(8回シリーズ)

さて!ここ数年「この時期」にはお盆休み企画の記事をお届けしてまいりましたが、今年は8月11日が誕生日ということで2週間に渡ってジニーを取り上げることにしました。ジニーについては当サイトでは散々取り上げて来たので今回は内容に少し工夫を凝らしてみました。(全3項目)

3-1.無口なジニー、その1
ご存知のように物心ついてからハリーが初めて過ごした魔法使いの家は「隠れ穴」でした。2年生の時でした。「隠れ穴」での生活はプリベッド通り4番地とは思いっ切り違って摩訶不思議なことの連続でした。

しかしハリーが何より不思議だと思ったのはウィーズリー家の人たちが皆「ハリーのことを好いているらしい」ということでした。ウィーズリーおばさんはハリーのソックスがどうのこうのと・・・

小うるさかったですし食事のたびに無理やり4回もお代わりをさせようとしたのでした。ウィーズリーおじさんは夕食の席でハリーを隣に座らせたがりマグルの生活について次から次へと質問攻めにして・・・

「電気のプラグはどう使うのか?」とか「郵便はどんな風に届くのか?」などを知りたがったのでした。しかしハリーに対する好意を一番顕著に示したのは何といってもやはりジニーでした。

「隠れ穴」に来て1週間ほどが経った上天気の日に朝食を取りにハリーがロンと一緒に台所に下りて行くとウィーズリー夫妻とジニーはもう既にテーブルに着いていたのでした。ジニーはハリーを見た途端・・・

オートミール用の深皿をうっかり引っくり返して床に落としてしまい皿はカラカラと大きな音を立てたのでした。ハリーがジニーのいる部屋に入って来るたびジニーは物をひっくり返しがちのようでした。

ジニーがテーブルの下に潜って皿を拾い再びテーブルの上に顔を出した時にはジニーは真っ赤な夕日のような顔をしていました。ハリーは何にも気がつかないフリをしてテーブルに着き・・・

ウィーズリーおばさんが出してくれたトーストを食べたのでした。すると今度はウィーズリーおじさんが「学校からの手紙だ」と言ってハリーとロンに全く同じような封筒を渡したのでした。フレッドとジョージに・・・

届いた手紙もそうだったのですが今年の教科書リストはギルデロイ・ロックハートの本のオンパレードということでウィーズリーおばさんは「ジニーの物はお古で済ませられると思うし」とは言ったものの少々心配そうでした。

ジョージが言うにはロックハートの本はとにかく高いんだそうです。

そこでハリーがジニーに「君も今年ホグワーツ入学なの?」と訊くとジニーは頷きながら真っ赤な髪の根元まで顔を真っ赤にしてバターの入った皿に肘を突っ込んでしまったのでした。しかしちょうどその時・・・

三男のパーシーが台所に入って来たので幸運にもそれを見たのはハリー1人だけだったのでした。

続きを読む »

改めてネビル・ロングボトムについて(4)(シリーズ最終回)

とにかく忘れん棒のおっちょこちょいで学校から届く手紙といったら「こんなドジを踏みました」とか「こんなことをしでかしました」など良い知らせは1つもない孫で心配ばかりさせて来たネビルだったのですが・・・それがハリー・ポッターと肩を並べて死喰い人軍団と戦ってからは?(全3項目)

3-1.オーガスタ・ロングボトム夫人との関係、その1
とにかくネビルが忘れん棒の名手だということはホグワーツに入学する以前からそうだったらしく入学して早々におばあさんが送って来たのは「思い出し玉」でした。(賢者の石214ページ)

アズカバンの囚人72ページ(携帯版79ページ)でハリーがダイアゴン横丁で見かけた時にもネビルは教科書のリストを忘れて来たらしく例によっておばあさんに叱られている所でした。

それが元でおばあさんの怒りが本当に爆発したこともありました。アズカバンの囚人352ページ(携帯版390ページ)ではネビルが書き留めておいた合言葉が原因でシリウス・ブラックがグリフィンドール寮に・・・

侵入することを許しネビルはマクゴナガル先生から罰則を食らいさらにホグズミード行きを禁じられ加えてネビルには合言葉を教えてはならないと言い渡されてしまったのでした。そのお陰で哀れなネビルは・・・

毎晩誰かが一緒に入れてくれるまで談話室の外で待つハメになってしまったのでした。しかしそんな苦労もおばあさんから届いた「吼えメール」に比べれば物の数ではありませんでした。

ネビルは封筒を引っつかみ爆弾を捧げ持つように腕を伸ばして全速力で大広間から出て行ったのでした。玄関ホールで「吼えメール」が爆発する音が聞こえて来たのでした。ネビルのおばあさんの・・・

「何たる恥さらし!一族の恥!」と怒鳴っている声が魔法で100倍に拡大されて聞こえて来たのでした。しかし後にネビルは合言葉を書いたメモ書きをその辺にほっておいたわけではなく・・・

実はクルックシャンクスがネビルのベッド脇の小机の上から持って来たとのことでしたから「この件」については気の毒だったと云えなくもないんですけどね。

不死鳥の騎士団下巻448ページではネビルはおばあさんがふくろう試験の試験官の1人グリゼルダ・マーチバンクス女史に「父さんのようには出来が良くない」と言っているんだそうで・・・

おばあさんにとってネビルは心配と悩みの種というわけなんですが・・・

続きを読む »

改めてネビル・ロングボトムについて(3)(4回シリーズ)

最初に出会った時にはネビルもまさか「この子」とそんな間柄になるとは思わなかったでしょうね。それが1年後には2人は仲良く肩を並べてハリーに声を掛けるまでになったのです。そしてハリーたちが不在のホグワーツでネビルがしたこととは?(全3項目)

3-1.ルーナ・ラブグッドとの関係、その1
当初ネビルはルーナが苦手だったようです。だからジニーが「ここが空いてるじゃない」とルーナ1人のコンパートメントを指差しても「邪魔したくない」などと言って避けようとしたのでした。

しかしジニーが「この子は大丈夫よ」と言って扉を開けトランクを中に入れたのでネビルもしかたなくハリーに続いてルーナのいるコンパートメントに入って行ったのでした。それでもなお・・・

ハリーもまたルーナを見てネビルが「どうしてこのコンパートメントをパスしようとしたのか?」が判ったのでした。ルーナには明らかに変人のオーラが漂っていたからです。

もしかして杖を安全に保管するのに左耳に挟んでいたからかもしれません。あるいはバタービールのコルクを繋ぎ合わせたネックレスを掛けていたからかもしれません。他にも雑誌を逆さまにして・・・

読んでいたからかもしれません。ルーナがハリーに続いてネビルに視線を向けて「あんたが誰だか知らない」と言うとネビルは「僕、誰でもない」と言って執拗にルーナとの関わりを避けようとしたのでした。

そのルーナとネビルが・・・

続きを読む »

改めてネビル・ロングボトムについて(2)(4回シリーズ)

あなたの術に問題があるわけではありません。自信さえ持てればと言うマクゴナガル先生だったのですが・・・ネビルがハリーと肩を並べて魔法省で死喰い人集団と戦ったことでマクゴナガル先生のネビルに対する評価は一気に急上昇したのでした。(全3項目)

3-1.マクゴナガル先生との関係、その1
ご存知のようにマクゴナガル先生はグリフィンドール寮の寮監ですから短所も長所もつまりネビルのことはいい所も悪い所も両方ともキッチリ把握しているというわけなんですよね。例えば・・・

アズカバンの囚人196ページ(携帯版213ページ)でマクゴナガル先生はホグズミード行きの許可証を「なくしちゃったみたい」とネビルが言うのに対して「あなたのおばあさまが私に直送なさいました」と言っていますね。

つまり忘れん棒でおっちょこちょいのネビルに渡したら紛失してしまう恐れがあることをちゃーんと判っているというわけなんですよね。さらには・・・

炎のゴフレット上巻368ページ(携帯版335ページ)では先生はネビルに「お願いですからダームストラングの生徒たちの前で簡単な取り替え呪文さえ使えないなどと暴露しないように!」と注意しています。

この日の「変身術」の授業の課題は一段と難しい内容でネビルはうっかり自分の耳をサボテンに移植してしまったのでした。しかし先生は「ネビルはどうして失敗ばかりしているのか?」の理由をも・・・

キッチリ把握しているというわけなんですよね。不死鳥の騎士団上巻406ページでマクゴナガル先生はネビルに「あなたの術に問題があるわけではありません」と言っています。すなわち「自信がないだけ」だと・・・

マクゴナガル先生はふくろう試験で「変身術」に合格する自信がないと弱気な声を漏らすネビルに対して「自信さえ持てばあなただって合格できます」と励ましたのでした。そして試験の結果は?

続きを読む »

改めてネビル・ロングボトムについて(1)(4回シリーズ)

7月の30日と31日が誕生日ということで先月の11日からはまず2週間に渡ってハリーを、そして先週はハリーとネビルを中心に記事を構成しています。そんなわけで今週の主役はネビルです。この1週間はネビルと個々の登場人物との関係について考えてみたいと思います。(全3項目)

3-1.ハーマイオニーとの関係、その1
ハーマイオニーの初登場シーンと云えば賢者の石157ページなんですが、実は相変わらず引き続きヒキガエルを探しているネビルを引き連れての登場ということになっているんですよね。

ハーマイオニーはハリーとロンの2人に自分も練習のつもりで簡単な呪文を試してみた所全部上手くいったこと。次には自分の家族には魔法族はいない。つまり純粋マグル出身の魔女だということ。さらには・・・

教科書は全部暗記したこと。そして名前はハーマイオニー・グレンジャーだということを一気にしゃべったのでした。そしてハリーが自己紹介をするとハリーのことを既に知っていると言ったのでした。

ハリーのことは「近代魔法史」や「闇の魔術の興亡」さらには「二十世紀の魔法大事件」なんかに出ていると指摘してハリー本人を呆然とさせています。さらには入学後に入る寮について・・・

色んな人に聞いて調べたんだそうですがレイブンクローも悪くはないが、やはりダンブルドアが出身だということでグリフィンドールがいいと言って2人のいるコンパートメントを出て行ったのでした。

ハーマイオニーは初登場時の「この場面」でもう既にネビルのことをファーストネームで呼んでいるんですよね。当サイトでは以前にもチラリと取り上げましたが本以外で得た情報などは・・・

おそらく入学前の夏休み中にネビルと知り合いネビルのおばあさんを含めたロングボトム家の面々から聞いて得たんでしょうね。だからきっと9と3/4番線に入る時もネビルとネビルのおばあさんと・・・

一緒だったんじゃないかな?と私は思いますね。

続きを読む »