先週取り上げたダイアゴン横丁もそうだったんですが、当然のごとくヴォルデモート卿復活の影響はホグズミード村にも強く及んで来たのでした。その結果久しぶりにハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が村を訪れた時には残念ながら・・・(全3項目)

3-1.有り得ない組み合わせ?
チョウとのバレンタイン・デートも「ものの見事に玉砕」ということになり、ハグリッドとの会話も何やら意味深なやり取りに終始して考えに耽(ふけ)っていたハリーだったのですが名前を呼ばれて現実に引き戻されたのでした。

「ハリー!ハリー、こっちよ!」

店の向こう側でハーマイオニーが手を振っていたのでした。ハリーが立ち上がって混雑した「三本の箒」の客を掻き分けながら近づいて行くとハーマイオニーの飲み仲間としては到底考えられない2人が同じテーブルに・・・

それは誰あろうルーナ・ラブグッドとリータ・スキーターの2人だったのです。ハリーにチョウのことを訊ねるスキーターに「これ以上ハリーのプライバシーに触れたら取り引きはなし」と言うハーマイオニーにスキーターは?

「何の取り引き?」と苛立つスキーターだったのですが、ハーマイオニーがスキーターを呼び出した理由はハリーがヴォルデモート復活について話すことを記事にしてもらうためだったのです。驚くハリーにスキーターの2人!

ハリーにスキーターの2人が同時に驚くというのも「この時」が最初で最後だったというわけなんですが、さらに驚くべきことにハーマイオニーはそのスキーターが書いた記事を「ザ・クィブラー」に載せると言うのです。

最終的にはスキーターはハーマイオニーに「未登録の動物もどき」という弱みを握られているので記事を書くことを承知したのですが「ハリーの話がザ・クィブラーに載ったら誰が信じるというの?」という指摘は・・・

極めて至極ごもっともな意見というわけです。そのため雑誌が発売された直後にはハリーの元には「その手」の指摘をする手紙が多数届いたというわけです。しかし真実に勝る説得の方法はなし!ということで・・・

ハリーのインタビュー記事が載った「ザ・クィブラー」3月号は増刷するほどの大ベストセラーになったというわけなんですよね。

... 続きを読む
シリウスのお陰で「秘密の抜け穴を通って」という脱法行為を行わずとも堂々とホグズミード村に行けるようになったハリーだったのですが、それだからといって順風満帆というわけにはいかなかったようです。また新たなトラブルの火種を作る結果となってしまったのでした。唯一順調に事が運んだのは?(全3項目)

3-1.再びパブ「三本の箒」にて
そんなわけでハリーはもはや「透明マント」に隠れなくとも堂々とホグズミード村に行けるようになったのですが、何の因果か巡り合わせか?4年生の最初に行く時にもマントを着て行くハメに陥ってしまったんですよね。

というのもご存知のように4年生の時ハリーは三大魔法学校対抗試合の「4人目の代表選手」に選ばれてしまい、その結果自分の寮(グリフィンドール)以外の生徒全部を敵に回して四面楚歌状態になってしまっていたからでした。

当時のハリーはロンとも仲違いしていたのでパブ「三本の箒」でハーマイオニーは「ここにたった1人で座っているなんて私凄く間抜けに見えるわ」とボヤいていたのでした。そんな2人が次にホグズミード村に来たのは・・・

「第1の課題」も終わったクリスマス休暇明けの日のことでした。この時にはハリーはロンとも仲直りしていたのでマントは被っていなかったのですが、その代償として会いたくもない人と対面するハメになったのでした。

ルード・バグマンの次に「三本の箒」に入って来て愛想笑いを浮かべながら「一緒に飲まない?」などと言って来たのは日刊予言者新聞の記者のリータ・スキーターでした。嘘八百のでたらめな記事を散々書いておいて・・・

「読者には真実を知る権利があるのよ」などと言うスキーターにハーマイオニーの怒りが爆発したのでした。ハーマイオニーはスキーターに「あなたって最低の女よ」と言った後ロンとハリーを引き連れてパブを出た後は・・・

その足で脱兎のごとく走ってハグリッドの小屋に行き玄関の扉をガンガン叩きながら「リータみたいな腐った女にやられてちゃダメ!」と訴えたのでした。ハーマイオニーの必死の訴えの結果ハグリッドは休み明けの・・・

月曜日から教職に復帰することになったのでした。

... 続きを読む
バーノン叔父さんも魔法大臣コーネリウス・ファッジも許可証にサインしてくれずマクゴナガル先生にも最後通告を突きつけられてしまったのでホグズミード村に行くことができなくなってしまったハリーだったのですが、そんなハリーを気の毒に思ってフレッドとジョージが助け舟を出してくれたのでした。しかし!(全3項目)

3-1.「忍びの地図」を使って・・・
そんなわけで当サイトでは種々形を変えて何度も取り上げて来た場面なんですが、ハリーは3年生のクリスマス休暇に入る前の日の土曜日にフレッドとジョージから「忍びの地図」を譲り受けて待望のホグズミード村に・・・

行くことが出来たというわけなんですよね。観音開きの撥ね戸を押し開けるとそこはハニーデュークス店の地下倉庫で木箱やケースが沢山置いてあったのでした。そこからハリーは階段を昇り店内へと抜け出たというわけです。

ハニーデュークスの店内は客が一杯で大混雑していて誰もハリーを見咎めませんでした。棚という棚には噛んだら甘い汁がたっぷり出そうな菓子が沢山並んでいました。ハリーは甘いお菓子が大好きなダドリーのことを・・・

ハリーが今どんな所にいるのかを見たら「どんな顔をするだろう?」と思うと笑いが込み上げて来るのでした。ねっとりしたヌガーやピンク色に輝くココナッツ・キャンディに蜂蜜色のぷっくりしたタフィーさらには・・・

整然と並べられた何百種類ものチョコレートに百味ビーンズが入った大きな樽にロンが話していた浮上炭酸キャンディにフィフィ・フィスビーと「どれだけあるんだ?」というほどに幾多の菓子がそこには売られていたのでした。

「特殊効果」と書かれた看板の棚だけでも・・・
「ドルーブル風船ガム」「歯磨き糸楊枝型ミント」「黒胡椒キャンディ」「ブルブル・マウス」「ヒキガエル型ペパーミント」「綿飴羽根ペン」「爆発ボンボン」とここだけでも膨大な種類のお菓子がありますよね。

ハリーは6年生の群れている中をすり抜けて店の一番奥の「異常な味」という看板が掛かっているコーナーにそっと近づいたのでした。そこにロンとハーマイオニーがいてハリーへの土産を品定めしていたからです。

... 続きを読む
先週はダイアゴン横丁を取り上げたので今週はもう1つの魔法界で商業施設が集まる「この村」を紹介してみることにしました。ホグワーツの生徒は3年生になると学校が許可した週末にホグズミード村に行くことを許されます。しかしそれには両親又は保護者に許可証に署名してもらわなければならないのです。そこでハリーは?(全3項目)

3-1.3年生になったら・・・
私たち読者にとっては第3巻「アズカバンの囚人」で唐突に出て来たといった感じだったのですが、ハリーにしてみれば「ついに待望の3年生になった!」というところだったみたいですね。というのもそもそもハリーは・・・

賢者の石388ページでハグリッドがドラゴンの卵を入手した時の経緯を説明する際に「村のパブのホッグズ・ヘッドで手に入れた」と言っているんですがハリーは「村のパブって?」とは聞き返していないんですよね。

つまり今にして思えば「この時」ハリーは既にホグズミード村のことも知っていたし、どうやら「3年生にならないと行けない」ということも相当早い段階で知っていたので「待ちわびていた時がついに来た!」というわけです。

そのためハリーはホグズミード許可証を見て笑うことができなかったのでした。週末に村に行けたら「どんなにいいだろう!」と思ってはみたもののそれには許可証に両親又は保護者の署名が必要になって来るからです。

そこでハリーがバーノン叔父さんに突きつけた条件とは?

... 続きを読む
こうして3年生の時に長期滞在をしたお陰でダイアゴン横丁の隅々まで熟知することができたハリーだったのですが、残念ながらヴォルデモートの復活が明らかになると「その黒い影」はダイアゴン横丁をも覆い全ての店が通常営業というわけにはいかなかったのでした。さらにヴォルデモートが魔法省を支配下に収めると・・・(全3項目)

3-1.追加の警護員は?
そんなわけでハリーは3年生の時に長期滞在したため「ダイアゴン横丁のことはもう何でも知っている」という状態になったのですが、残念ながら熟知したその知識を生かす機会はしばらくの間なかったのでした。

それというのも4年生の夏休みも翌年の5年生の時もクィディッチ・ワールドカップの決勝戦があったり、学校から教科書のリストが届くのが遅かったりでハリーはダイアゴン横丁に行く機会がなかったのでした。

ハリーたちに代わって在校生の教科書を買いに行っていたのはウィーズリーおばさんでした。そのためハリー、ロン、ハーマイオニーの3人を含めたウィーズリー一家一行が久しぶりにダイアゴン横丁に行ったのは・・・

ハリーたちが6年生になった時だったというわけです。ヴォルデモートの復活が明らかになっていたため魔法省の車による送り迎え付きで「漏れ鍋」には追加の警護員が待っているとのことでした。その警護員とは?

ハリーが「闇祓いの大部隊に囲まれて買い物をするのは気が進まない」と思っていたところ、ダンブルドア校長の粋な計らいで「漏れ鍋」でハリーたち一行を待ち受けていたのはハグリッド1人だけだったのでした。

ものの見事に空っぽで客が1人もいない「漏れ鍋」を通り抜けて入ったダイアゴン横丁は様変わりしていました。色鮮やかに飾り付けられたショーウィンドーも呪文の本も何もかもが魔法省の大ポスターに覆われていました。

くすんだ紫色のポスターのほとんどは夏休みに入ってからハリーの元にも届けられた魔法省のパンフレットに書かれていた注意事項を拡大したもので中には捕まっていない死喰い人のモノクロ写真もありました。

ハリーは16才の誕生日パーティの時に聞いたのですが店長が行方不明になったため残念なことにフローリアン・フォーテスキューのアイスクリーム・パーラーも窓に板が打ち付けられていて営業していませんでした。

通行人の多くが切羽詰った心配そうな表情で皆が急いで歩いていることにハリーは気づいたのでした。立ち話をしている人もいませんし1人で買い物をしている人も全くいません。ヴォルデモート復活の黒い影が・・・

ここダイアゴン横丁をも大きく覆っていたのでした。

... 続きを読む
前の年までは当然ハリーは何も知らなかったり不慣れだということでハグリッドなりウィーズリー一家と一緒にダイアゴン横丁に出かけていたのですが、何とハリー自身も驚くことに3年生の夏休みには1人で買い物を済ませるようになったんですよね。そしてロンとハーマイオニーに会えたのは?(全3項目)

3-1.ハリー「漏れ鍋」に滞在する
こうして最初と2度目の時はハグリッドなりウィーズリー一家一行と必ず誰かが随行していたハリーだったのですが、ハリー本人にとってもこれは驚くべきことに3年生の夏休みは1人ということになったんですよね。

マージ叔母さん風船事件を起こしてプリベット通り4番地を飛び出したハリーだったのですが、魔法大臣コーネリウス・ファッジの粋な(?)計らいでハリーは夏休みの後半は「漏れ鍋」に滞在することになったのでした。

初めての自由を手にしたもののハリーは「好きな時に起きて食べたい物が食べられる」という奇妙な感覚に慣れるまでには数日かかったのでした。しかもダイアゴン横丁から出なければ好きな所に行けるのです。

宿題も真夜中に懐中電灯を片手に毛布を被ってこっそりやる必要もなくなったのでした。フローリアン・フォーテスキュー・アイスクリーム・パーラーのテラスで明るい陽の光を浴びながらすることができたのでした。

そんなわけでこの夏休みハリーは薬問屋で「魔法薬学」の材料を補充したりマダム・マルキンの洋装店に行って新しい制服を買ったりフローリュ・アンド・ブロッツ書店で新しい教科書を買うなどの一連のことを・・・

全て1人で済ませたというわけなんですよね。

... 続きを読む
ハリーにハーマイオニーのご両親グレンジャー夫妻を含めたウィーズリー一家一行がフローリシュ・アンド・ブロッツ書店に来たのは当然ただ単に教科書を買うためだったというわけなんですが意外なことに書店は大勢の人が詰め掛けていたのでした。そこでハリーたちは教科書のリストがギルデロイ・ロックハートの本のオンパレードの理由を知ることとなったのでした。(全3項目)

3-1.ウィーズリー一家と一緒に
そんなわけでハリーがホグワーツ入学前に学用品を揃えるためにダイアゴン横丁に行った時にはハグリッドが同行したというわけなんですが翌年の夏休みには「隠れ穴」に滞在していたのでウィーズリー一家と・・・

これはもう多分間違いないでしょうね。ハリーは生まれて初めて煙突飛行粉を使ったため道に迷ってしまい「夜の闇横丁」に来てしまったのでした。これには特にフレッドとジョージの2人が驚いていたのでした。

幸いハリーが迷い込んだ「ボージン・アンド・バークス」から出た直後に偶然ハグリッドと出くわしたためハリーは思っていたよりも早くウィーズリー一家と合流することができたのでした。さらにこの日は・・・

ハーマイオニーとその両親つまりグレンジャー夫妻と初めて会うことができたので、特にマグル好きのウィーズリーおじさんはグレンジャー氏が持っていた10ポンド紙幣を見て喜ぶと同時に興奮していたのでした。

一行は教科書を買うために1時間後に「フローリシュ・アンド・ブロッツ書店」に集合ということになってウィーズリーおじさんは「漏れ鍋」で一緒に飲みましょうとグレンジャー夫妻を誘っていたのでした。

そしてハリーたち3人はハリーが買ったイチゴとピーナッツバターのアイスクリームを食べながらダイアゴン横丁内をウィンドー・ショッピングしたのでした。ロンは「高級クィディッチ用具店」のウィンドーで・・・

大好きなクィディッチのプロチーム「チャドリー・キャノンズ」のユニフォーム一揃えを見つけ食い入るように見つめて動かなくなりましたがハーマイオニーはインクと羊皮紙を買うのに2人を隣の店まで・・・

無理やり引きずって行ったのでした。そしてギャンボル・アンド・ジェイブス悪戯専門店の前を通ると当然のごとくフレッドとジョージと2人の親友のリー・ジョーダンがいたのでした。3人がこの店で買い漁っていたのは?

「ドクター・フィリバスターの長々花火」でした。手持ちが少なくなったからだそうです。パーシーは小さな雑貨屋さんで「権力を手にした監督生たち」という小さくてつまらない本を恐ろしく没頭して読んでいたのでした。

そんなパーシーを見てロンは「パーシーは野心家」だとハリーとハーマイオニーに低い声で教えたのでした。パーシーの将来の計画は「魔法大臣になること」なんだそうです。こうして各人が個々にそれなりに・・・

有意義な1時間を過ごした後一行はフローリシュ・アンド・ブロッツ書店に集結したのですが・・・

そこにいたのが・・・

... 続きを読む
今月の初日4月1日はフレッドとジョージ・ウィーズリーの誕生日ということで本人たちを取り上げた後は2人に関連した内容で記事を構成しています。今週紹介するのは2人が悪戯専門店を出した魔法界の銀座とも云える「この場所」です。(全2項目)

2-1.初めてのダイアゴン横丁
そんなわけでハリーが物心ついてから初めてダイアゴン横丁に足を踏み入れたのは11才の誕生日でハグリッドと共に学用品を手に入れるために訪問したというわけです。まずは何を買うにもお金が必要ということで・・・

2人が最初に行ったのはグリンゴッツ魔法銀行でした。しかしハリーにとっては銀行に行く途中で目に入る全ての「お店」「人」「光景」が珍しいものばかりで「目玉があと8つぐらい欲しい!」と思ったのでした。

「鍋屋」という店の看板を見てハグリッドが「1つ買わにゃならんがまずは金を取ってこんとな」と言いましたが、他にもハリーの目に飛び込んで来たのはイーロップのふくろう百貨店とか最新式の箒とかさらには・・・

マントの店や望遠鏡の店にハリーが見たこともないような不思議な銀の道具を売っている店もあったのでした。それに動物の内臓をうず高く積み上げたショーウィンドウやら呪文の本の山やら薬瓶に月球儀などと・・・

ハリーが夢中になって目に飛び込んで来る全ての物を見ながら歩いている内にも2人はグリンゴッツに到着してグリップフックの案内でお金を下ろすとダイアゴン横丁の各店で必要な物を購入したというわけなんですよね。

... 続きを読む
「一難去ってまた一難」とはこのことでアンジェリーナもよりによってアンブリッジがホグワーツにいる時にグリフィンドール・チームのキャプテンをすることになるとは巡り会わせも運も悪いというわけです。しかし最後の最後にアンジェリーナ率いるグリフィンドール・チームは意外な?あの人の大活躍で・・・(全3項目)

3-1.教育令第24号
その張り紙はハーマイオニーとハリーが週末の土曜日にホッグズ・ヘッドで「闇の魔術防衛グループ」のちのダンブルドア軍団の第1回会合を開催した週明けの月曜日に寮の掲示板に張り出されたのでした。その内容とは?

それは「学生による組織、団体、チーム、グループ、クラブはここに全て解散される」という教育令でした。そして再結成を高等尋問官に願い出て承認されなければ存在してはならないというものだったのです。

ハリーたちもアンジェリーナに指摘されて気づいたのですが、それにはクィディッチのチームも含まれていたのです。アンジェリーナはハリーに「もう2度とアンブリッジに癇癪を起こさないように」と言ったのでした。

ところがアンジェリーナの助言通りハリーは週明けの月曜日の授業ではおとなしくしていたのにアンブリッジはグリフィンドール・チームの再結成の承認をすぐにはしなかったのでした。それを聞いてロンは・・・

スリザリンは許可したくせに何で僕たちは駄目なんだと怒りましたが、ハリーはアンブリッジがグリフィンドールのクィディッチ・チームをつぶすという脅しをちらつかせて楽しんでいると思ったのでした。しかし・・・

マクゴナガル先生がダンブルドア校長に直訴したらしくチームを再編成する許可をようやく貰うことができたのでした。その一方でスリザリン戦終了後には新たな教育令が発効されてグリフィンドール・チームは・・・

新たな試練を抱えることになってしまったのでした。

... 続きを読む
さて!今月最初の日4月1日はフレッドとジョージ・ウィーズリーの誕生日ということで本人たちを取り上げた後は2人に関連した内容をお届けしています。今日と明日の2日間は2人とは同級生でクィディッチのグリフィンドール・チームのチェイサーの1人の「この人」です。(全3項目)

3-1.初登場シーン
そんなわけで当サイトでは今や毎度お馴染みとなった各登場人物の初登場シーンなんですが、ご存知のようにハリーは初めての飛行訓練の授業で見事な飛びっぷりをマクゴナガル先生に認められてその結果・・・

クィディッチのグリフィンドール・チームのシーカーに抜擢されたわけなんですが、アンジェリーナ・ジョンソンはそのチームのメンバーでチェイサーの1人として登場したというわけなんですよね。ただ本の中では・・・

シーズン開幕戦の対スリザリン戦前にはチームの練習シーンが一切なかったので試合の時になって初めて登場したというわけです。キャプテンのオリバー・ウッドが試合開始直前に更衣室で「いいか野郎ども」と言うと・・・

アンジェリーナ・ジョンソンが「あら女性もいるのよ」と言ったのでオリバー・ウッドは「そして女性諸君」と付け加えたのでした。そして試合開始直後に最初にクアッフルを取ったのはアンジェリーナでした。

実況を担当しているフレッドとジョージの親友リー・ジョーダンによるとジョンソン選手は「素晴らしいチェイサーで、その上かなり魅力的」なんだそうです。さらにリーの解説によるとジョンソン選手は・・・

昨年度は補欠だったんだそうです。そしてアンジェリーナ・ジョンソン選手が得点してグリフィンドールが先取点を取るとグリフィンドール生からは大歓声が上がりスリザリン側からはヤジと溜め息が漏れたのでした。

... 続きを読む
ハーマイオニーの呼びかけで結成された「ダンブルドア軍団」にはハリーが直々に指導してくれるということで「このチャンスを逃すわけにはいかない!」ということで当然コリンとデニスも参加したのでした。しかし2人の前には大きな問題が1つあったのです。さらに参加したことが新たな悲劇を生むことになってしまったのでした。(全3項目)

3-1.ハリーが代表選手に選ばれて
そんなわけで当のハリー本人にとってはコリンのハリーに対する崇拝の念にも近い熱い思いは「ありがた迷惑」以外の何物でもないのですが、コリンがハリーの窮地を助けたことが一度だけあったんですよね。それは?

ハリーが4年生の時何故か?三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれてしまい「魔法薬学」の授業では唯一の理解者で押さえ役のハーマイオニーが不在で一触即発の雰囲気になりハリーの怒りが爆発しそうな時でした。

するとそこに地下牢教室の扉をノックする音がして入って来たのがコリン・クリービーだったのです。コリンはハリーに笑いかけながらそろそろと一番前にあるスネイプの机まで進みスネイプにこう言ったのでした。

「先生、僕、ハリー・ポッターを上に連れて来るように言われました」

スネイプがずいっとコリンを見下ろすと使命に燃えたコリンの顔から笑顔が消え去ったのでした。そしてスネイプが「ポッターにはあと1時間魔法薬の授業がある」したがってハリーは魔法薬の授業が終わってから・・・

上に行くと言うとコリンは顔を上気させておずおずと「でもバグマンさんが呼んでます」と言ったのでした。さらには「代表選手は全員行かないといけないんです」と言ったのでした。そんなコリンにスネイプは・・・

なおも執拗にハリーに対して戻ってから作った解毒剤を試してもらうから持ち物を置いて行けと言ったのでした。しかしコリンは甲高い声で申し訳ないが「持ち物を持って行かないといけません」と言ったのでした。

スネイプが「カバンを持って我輩の前からとっとと消えろ」と言うとハリーはカバンを肩から放り上げるようにしてかけコリンと共に地下牢教室を出たのでした。ハリーが教室の扉を閉めた次の瞬間にはコリンは・・・

堰を切ったようにしゃべり出し「凄いよねハリー?」とさらに「だってそうじゃない?君が代表選手だってこと、ね?」と言ったのでした。指定された部屋に2人が到着するとコリンは「がんばって!」と言って・・・

ハリーとコリンは部屋の入口で別れたのでした。

... 続きを読む
4月1日が誕生日ということで3月の終盤から2週間に渡ってフレッドとジョージ・ウィーズリーを取り上げて来ましたが、今週もそれに関連した内容の記事をお届けすることにしました。前半の今日と明日は少し強引な気もしますが男の兄弟2人組の「この子たち」を紹介してみようと思います。(全3項目)

3-1.コリン・クリービーの初登場シーン
さて!知っている方々はよくよくご存知のことで「今さら何を?」といった感じなのでしょうが、コリン・クリービーはハリーより1年後輩なのでハリーとロンが2年生の時にホグワーツに入学して来たというわけです。

この年ハリーとロンの2人は屋敷しもべ妖精のドビーにキングス・クロス駅の9と3/4番線への入口を塞がれてホグワーツ特急に乗ることができなかったため父親のアーサー氏の空飛ぶフォード・アングリアに乗って・・・

ホグワーツに到着したので2人が学校の窓から大広間を覗き込んだ時には既に組分けの儀式が始まっていたというわけです。その時組分けの儀式を受けていた薄茶色の髪の毛の男の子がコリン・クリービーだったのです。

そんなわけで2人は新学期初日の新入生歓迎パーティには出席できなかったため話す機会がなかったのですが翌日の昼休みには話す機会を得たというわけです。それというのもハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が・・・

昼食を終えて中庭にいる時にコリンのほうからハリーに話しかけて来たのです。ハリーは前日の夜コリンが組分け帽子を被るところを見ていたので覚えていたのでした。ハリーが見るとコリンは顔を真っ赤にして・・・

「ハリー、元気?僕-僕、コリン・クリービーといいいます」

今にして思えばコリンは大胆不敵にも初対面でいきなりハリーのことをファーストネームで呼んでいますね。そしてハリーに「あなたに会ったことを証明したいから」と称して写真を撮りたいと申し出て来たのでした。

... 続きを読む
フレッドとジョージはホグワーツを去りましたが、ホグワーツ校内では2人の行動に触発されて新たな動きが始まるなど余韻冷めやらぬといった雰囲気だったのでした。一方ロンとハーマイオニーの間では「2人は開店資金をどうやって手に入れたのか?」を巡って議論となりハリーがついに・・・(全3項目)

3-1.フレッドとジョージ逃亡の余波、その1
それから数日間フレッドとジョージの自由への逃亡は何度も繰り返し語られたのでした。ハリーはまもなく2人の話がホグワーツの伝説になることは間違いないと確信するに至ったのでした。何故なら1週間の後には・・・

その場面を目撃した者でさえ「箒に乗った2人が急降下爆撃してアンブリッジにクソ爆弾を浴びせかけた」という話を半分真に受けていたからです。その上2人は誰もが簡単に自分たちを忘れないようにして去っていったのです。

例えば東棟の6階の廊下の「あの」ハリーのためにアンブリッジを自分の部屋から引き離すために作ったという沼地を消す方法を残していかなかったのです。アンブリッジとフィルチが色々な方法を試みてはいましたが・・・

そのいずれもが上手くいっていませんでした。ついにその区域に縄が張り巡らされフィルチは怒りで歯軋りしながら渡し舟で生徒を教室まで運ぶ仕事をさせられたのでした。マクゴナガル先生かフリットウィック先生なら・・・

簡単に沼地を消せただろうとハリーは思いましたが、イースター休暇前の「暴れバンバン花火」と同じで先生方はアンブリッジに格闘させて「高みの見物を決め込んだほうがいい」と判断したようです。さらに箒の件では・・・

フレッドとジョージが自分たちの箒を取り戻すのに「呼び寄せ呪文」を使ったので「また同じ手を使われてはかなわない」とアンブリッジが思ったのか?ハリーのファイアボルトは地下牢に移され警備が強化されたようです。

噂ではアンブリッジが武装したトロールの警備員を置いて見張らせているらしい?とのことでした。しかしアンブリッジの苦労はまだまだこんな程度では済まなかったのでした。フレッドとジョージがいなくなったことで・・・

ホグワーツの校内は・・・

... 続きを読む
ハリーがジニーに「シリウスと話したい」と言ったことを受けてフレッドとジョージは「それなら俺たちがその機会を作ってやろう」と申し出て来てくれたのでした。しかしイースター休暇明けのその日2人はホグワーツを・・・(全3項目)

3-1.シリウスと話したいというハリーに2人は?
こうしてせっかくド派手に打ち上げ花火をぶちかましてイースター休暇に入ったのにスポンサーのハリーが塞ぎ込んでいる件でジニーがフレッドとジョージに相談して来たのでした。ハリーがシリウスと話したいとのことでした。

そこで休暇最終日の日曜日にジニーから相談を受けたと言ってフレッドとジョージが談話室でハリーに声をかけて来たというわけです。その理由が理由だったのでハリーが2人に「そうできたらと」と何気なく言うと・・・

近くにいたハーマイオニーが信じられないという目つきで「アンブリッジが暖炉を見張っているしふくろうは全部ボディチェックされているのに?」と早速異を唱えて来たのでした。しかしそんなハーマイオニーに2人は・・・

ジョージは「俺たちならそれも回避できる」と言うのです。続けてジョージは「ちょっと騒ぎを起こせばいいのさ」とも言ったのでした。そのためにイースター休暇中は何もせずおとなしくしていたと言うのです。しかし!

「明日からは平常営業だ」ジョージの話のあとをフレッドが続けたのでした。そこでせっかく騒ぎをやらかすならハリーがシリウスと軽く話ができるようにやったらどうだろう?とフレッドは言ったのでした。そこで・・・

2人はハリーに明日の最後の授業が終わったところで東塔のどこかで仕掛けてアンブリッジを部屋から引き離すと言ったのでした。生徒全員が廊下に出ている授業終了時こそが最高に効果が上がるんだそうです。

それを聞いて「どんな騒ぎを起こすんだい?」と訊くロンにジョージと揃って腰を上げながらフレッドがこう言ったのでした。

「弟よ、見てのお楽しみだ。明日の午後5時ごろおべんちゃらのグレゴリー像のある廊下のほうに歩いてくればどっちにしろ見えるさ」

... 続きを読む
ダンブルドアもいなくなったことだし「ちょっとした大混乱こそ親愛なる新校長にふさわしい」ということでドローレス・アンブリッジがホグワーツの校長職に就任したことを記念して(?)フレッドとジョージは学校全体を舞台にした超一大イベントショーを企画・実行したのでした。2人が学校に放った野獣とは?(全3項目)

3-1.野獣は野に放たれた
フレッドとジョージの「退学を覚悟した?」とも受け取れる発言にハーマイオニーは「あなたたちを追い出す口実ならアンブリッジを大喜びさせるだけだからダメよ!」と言ったのですが、そんなハーマイオニーに・・・

フレッドは笑顔も見せながら「分ってないなぁ」と言ったのでした。自分たちはもはや「ここにいられるかどうか?なんて気にしていない」と言うのです。ダンブルドアがいなくなってしまった今に至っては俺たちは・・・

今すぐにでも学校を出て行きたいところだが、ダンブルドアのために自分たちの役目を果たす決意だとフレッドは言ったのでした。そしてフレッドは腕時計を確かめながら「第1幕がまもなく始まる」と告げたのでした。

だから悪いことは言わないから昼食を食べに大広間に入ったほうがいいと言うのです。そうすれば先生方には無関係だと判るからと言うフレッドにハーマイオニーは心配そうに「何に無関係なの?」と訊きましたが・・・

ジョージは「今に判る」だから大広間に早く入れと言うのです。

みんなにそう告げるとフレッドとジョージは背を向けて昼食を食べに階段を下りて来る人混みの中へと姿を消したのでした。こうしていよいよホグワーツを舞台にした一大イベントショーの幕が切って落とされたのでした。

野獣が野に放たれる時がついにやって来たというわけです。

... 続きを読む
父親のアーサー氏は蛇に襲われて生死の境を彷徨いクィディッチでは最悪の試合内容でグリフィンドールはハッフルパフに敗れ、挙句の果てにはダンブルドアに代わってアンブリッジがホグワーツの校長に就任するということで「これ以上の悪いことはないのでは?」といった感じだったのですが、その事態を受けて2人はいよいよ居直ったようです。(全3項目)

3-1.学校に戻ると早速
一度は生死の境を彷徨(さまよ)ったウィーズリーおじさんだったのですが、クリスマス休暇の最終日には聖マンゴを退院してグリモールド・プレイス12番地の騎士団本部に戻って来たのでフレッド、ジョージを含めた・・・

ウィーズリー家の人たちやハリーもハーマイオニーも安心して学校に戻ることができたというわけなんですよね。そしてフレッドとジョージの2人は学校に戻ると早速悪戯専門店の営業活動を再開したというわけなんですよね。

ハリーが初めてのスネイプの閉心術の課外授業を終えてロンとハーマイオニーと共に図書室から寮の談話室に戻って来るとフレッドとジョージが悪戯専門店の最近の商品を見せていたのでした。そのため談話室は・・・

人で一杯で笑い声や興奮した甲高い声が溢れていたのでした。2人が寮生たちに見せていた商品は「首なし帽子」という物で一見するとピンクのふわふわした羽飾りがついた三角帽子でした。フレッドが帽子を被ると・・・

一瞬バカバカしい格好に見えましたが次の瞬間には帽子もフレッドの首も消えていたのでした。女子学生が何人か悲鳴を上げていましたが他の生徒たちは笑っていたのでした。そんな2人の様子を見ながらハーマイオニーは?

フレッドとジョージを眺めながらハーマイオニーは「あの帽子?どういう仕掛けなのかしら?」と一瞬宿題から気を逸らして「首なし帽子がどういう仕組みになっているのか?」を考えていたのでした。昨年の9月には・・・

「あなた方のお母さんに手紙を出します」と脅しとも云えることまで言って、2人が商売をすることにあれほど強硬に異を唱えていたのに少しですがハーマイオニーの気持ちや心境にも変化が現れて来たようでした。

... 続きを読む