アルバス・ダンブルドア「死の秘宝」編、その1(17)(52回シリーズ)

ロンにトンクスの組とアーサー氏とフレッドの組は「移動キー」の時間に間に合わず最初に「移動キー」で戻って来たのがハリーとハグリッドの組でした。そして負傷したジョージとルーピンの組の次に「移動キー」の時間に間に合って戻って来た組は?(全3項目)

3-1.その次に戻って来たのは?
「武装解除の呪文」を巡って議論を戦わせていたハリーとルーピンだったのですがハリーの「ジョージは大丈夫?」の一言でルーピンのハリーに対する苛立ちはすっかりどこかに消えてしまったようでルーピンはこう答えました。

「そう思うよ。ただ耳は元通りにはならない。呪いでもぎ取られてしまったのだからね」

すると外で何かが動き回る音がしました。ルーピンは勝手口の扉に飛びつきハリーもまた裏庭に駆け出しました。2人の人影が現れていました。ハリーが近づくにつれてそれがハーマイオニーとキングズリーだと判ったのでした。

2人は曲がったハンガーをしっかり掴んでいました。それが「移動キー」というわけです。ハーマイオニーはハリーの腕に飛び込みましたがキングズリーは誰の姿を見てもうれしそうな顔をせず杖でルーピンの胸を狙うと・・・

「アルバス・ダンブルドアが我ら2人に遺した最後の言葉は?」

キングズリーのこの言葉にルーピンは「ハリーこそ我々の最大の希望だ。彼を信じよ」と静かに答えました。そしてキングズリーは次に杖をハリーに向けましたがルーピンが「本人だ。私がもう調べた!」とそう言ったのでした。

それを聞いてキングズリーは「判った。判った!」と言うと杖を収めました。そして「しかし誰かが裏切ったぞ!あいつらは知っていた。今夜だという事を知っていたんだ!」と言いルーピンがそれにこう答えたというわけです。

「そのようだ。しかしどうやら7人のハリーがいるとは知らなかったようだ」

こう言うルーピンにキングズリーは「大した慰めにはならん!」と言って歯噛みしました。そして「他に戻った者は?」と訊いたのでした。その問いにルーピンはハリーにハグリッドとジョージそれに私だけだと答えたのでした。

「君たちには何があった?」

ルーピンがキングズリーにこう訊くと?

続きを読む »