アルバス・ダンブルドア「死の秘宝」編、その1(18)(52回シリーズ)

ハーマイオニーが「帰って来たわ!」と喜びの声を上げました。ロンがようやく戻って来たからです。そして最後に戻って来たのはビルとフラーでした。しかし待ちかねていた一同を一気に奈落の底に突き落とす知らせを持って戻って来たのでした。それは?(全3項目)

3-1.ハーマイオニー待望の?
待つ時間はとてつもなく長く感じられました。全員が聞こえて来る全ての音に神経を研ぎ澄ましていました。やがて1本の箒がみんなの真上に現れて地上に向かって急降下して来ました。ハーマイオニーが喜びの声を上げました。

「帰って来たわ!」

箒で戻って来たのはロンとトンクスでした。箒から下りるとトンクスは「リーマス!」と叫びながらルーピンの腕に抱かれました。ルーピンは何も言う事ができずに真っ青で硬い表情をしていました。ロンは呆然としていました。

ロンはよろけながらハリーとハーマイオニーのほうに歩いて来ました。そして「君たち無事だね」と呟きました。ハーマイオニーは飛びついてロンをしっかりと抱き締めると「心配したわ。私心配したわ」とそう言ったのでした。

ロンはハーマイオニーの背中を叩きつつ「僕大丈夫。僕元気」と言いました。するとトンクスがルーピンから離れたと思うと「ロンは凄かったわ」とロンを誉めそやし始めました。トンクスはロンについてさらにこう言いました。

「素晴らしかった。死喰い人の頭に失神呪文を命中させたんだから。何しろ飛んでいる箒から動く的を狙うとなると」

トンクスのこの言葉を聞いてハーマイオニーはロンの首に両腕を巻きつけたまま「本当?」と言ってロンの顔をじっと見上げました。するとロンはハーマイオニーから離れながら少しむっとしたようにこう言ったというわけです。

「意外で悪かったね」

more...

アナログ時計(黒)
プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

メールフォーム
設置しました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード