アルバス・ダンブルドア「死の秘宝」編、その1(19)(52回シリーズ)

味方を裏切ってハリーが今夜移動する事を死喰い人に教えたのはマンダンガス・フレッチャーなのか?それを最初に口にしたのはルーピンでした。でもそう言い切るのには逡巡する材料もあります。ビルはマンダンガスの事を庇いました。そんな面々に向かってハリーが言った事とは?(全3項目)

3-1.裏切り者はマンダンガス?
ビルは戸棚からファイア・ウィスキーを1本とグラスを取り出しました。そして杖を振ると12人の戦士に並々とウィスキーを満たしたグラスを送りました。ビルは13個のグラスを宙に浮かべて「マッド・アイに」と言いました。

ほぼ全員が「マッド・アイに」と唱和し飲み干しました。一呼吸遅れてハグリッドが唱和したからです。ファイア・ウィスキーはハリーの喉を焦がし焼けるような感覚が麻痺した感覚をも呼び覚まし現実に立ち戻らせたのでした。

「それじゃマンダンガスは行方をくらましたのか?」

ハリーは同時に何かしら勇気のようなものに火が点いたような気がしました。それはルーピンも同じだったようで一気にグラスを飲み干しこう言いました。すると周りの空気が激変し全員の目が緊張してルーピンに注がれました。

ルーピンにそのまま追及して欲しいという気持ちと答えを聞くのが少し恐ろしいという相反する気持ちが混じっているとハリーには思えました。ルーピンのこの発言に言葉を返したのはビルでした。ビルは一同にこう言いました。

「みんなが考えている事は判る。僕もここに戻る道々同じ事を疑った。何しろ連中はどうも我々を待ち伏せしていたようだったからね。しかしマンダンガスが裏切ったはずはない」

何故かと云うとビルは死喰い人の連中はハリーが7人になる事を知らなかった。だからこそ我々が現れた時には連中は混乱した。何とこの「7人のハリー・ポッター作戦」といういんちき戦法を提案したのはマンダンガスだった。

肝心なポイントを奴らに教えていなかったのはおかしい。ビルはダングが単純に恐怖に駆られただけだとそう言うのです。あいつは初めから来たくなかったのにマッド・アイが参加させた。逃げるのは当然だとビルは言うのです。

それは「例のあの人」つまりヴォルデモートが真っ先に追ったのはマッド・アイとマンダンガスだった。その事だけで誰でも動転するとビルは言いマンダンガスにも同情の余地があるとそう言って擁護してくれたというわけです。

続きを読む »