「ハリーお前さんはまた勝った。あいつの手を逃れたしあいつに真上まで迫られたちゅうのに戦って退けた!」ハリーを励ますようにこう言ったハグリッドでしたがハリーは「違うんだ」とそう言うのです。どうやら杖については専門家のオリバンダー翁ですら分らない事をハリーの杖がしたようでした。(全3項目)

3-1.そういう事じゃない!
今ここでハリーに出て行かれたら私たちの努力は全くの無意味になってしまう。こう言うアーサー氏の主張をハグリッドが「お前さんはどこにも行かねえ」と言って後押ししました。それはやはりとんでもない事なんだそうです。

ハリーをここ「隠れ穴」に連れて来るのにあれだけ色々あったというのにそれを全て無にしてはいけないというわけです。そしてジョージが「俺の流血の片耳はどうしてくれる?」と言ってさらに追い打ちをかけて来たのでした。

「判ってる」と答えたハリーにジョージが「マッド・アイはきっと喜ばないと思うぜ」とも言って来たのでハリーは「判ってるったら!」と声を張り上げたのでした。ハリーは包囲されて責められてるみたいだとそう思いました。

みんなが自分のためにしてくれた事を知らないとでも思っているのか?だからこそみんなが自分のためにこれ以上苦しまない内にたった今出て行きたいのだという事が分らないのか?ハリーはこう思って苛立っていたんですよね。

長い気詰まりな沈黙が流れていました。暫くしてそんな沈黙を破ったのはウィーズリーおばさんでした。おばさんはなだめすかすようにハリーに「ヘドウィグはどこなの?」と訊いて来ました。これはこれで大変辛い一言でした。

「ピッグウィジョンと一緒に休ませて何か食べ物をあげましょう」と言うおばさんにハリーは本当の事が言えませんでした。おばさんのその言葉に応えずに済むようハリーはグラスに残るファイア・ウィスキーを飲み干しました。

ハグリッドも同じ思いだったのか?ハリーを何とか励まそうとしたのか?おばさんがヘドウィグについての悲しみに追い打ちをかける言葉を言わないようにと配慮してくれたのか?ハグリッドはハリーにこう言って来たのでした。

「今に知れ渡るだろうがハリーお前さんはまた勝った。あいつの手を逃れたしあいつに真上まで迫られたちゅうのに戦って退けた!」

ハグリッドにこう言われてハリーは?

... 続きを読む