FC2ブログ
ハリーたちがグリンゴッツのレストレンジ家の金庫を破りヘルガ・ハッフルパフの金のカップを奪った事でハリーたちが自分の分魂箱を追い求めている事をヴォルデモートもついに知る所となりました。ハリーたちがホグワーツに入った事で雌雄を決する戦いが始まりましたが・・・(全3項目)

3-1.その前に立ち塞がったのは?
ハリーたちを逃がした事はヴォルデモートの更なる怒りを招く事になりました。5月にはハリーたちがグリンゴッツのレストレンジ家の金庫を破りヴォルデモートの分魂箱のヘルガ・ハッフルパフの金のカップを奪ったのです。

完全に秘密裏に分魂箱を奪う事はできずついにハリーたちが分魂箱を追い求めている事をヴォルデモートが知る事になりました。しかしその事で分魂箱の最後の隠し場所が「ホグワーツ」だと判ったというわけなんですよね。

ハリーたちは「ホッグズ・ヘッド」から新たにできた秘密の抜け穴を通りホグワーツに入りました。分魂箱は何とハリーたちがホグワーツに足を踏み入れた「必要の部屋」に隠されていました。そしてだったというわけです。

昨年度の末にハリーは半純血のプリンス蔵書の「上級魔法薬」の教科書を「必要の部屋」に隠しました。その際にハリーはヴォルデモートの分魂箱のレイブンクローの失われた髪飾りを手にしていたというわけなんですよね。

ハリーたちは「必要の部屋」に戻って来ると髪飾りを探し始めました。そしてついにハリーは髪飾りを見つけました。まだ3メートルほど先でしたがハリーはもう手を伸ばしていました。その時の事だったというわけですよね。

背後で「止まれポッター」と声がしてハリーはどきりとして振り向きました。そこにいたのはドラコ・マルフォイとクラッブにゴイルだったのでした。戦う準備のために城内にはスリザリン生は1人も残っていないはずでした。

ハリーが「それで3人ともヴォルデモートと一緒じゃないのはどういうわけだ?」と問うとクラッブが「俺たちはご褒美を貰うんだ」と答えました。城内に残りハリーをヴォルデモートの所に連れて行くと決めたんだそうです。

ヴォルデモートの分魂箱はクラッブが放った「悪霊の火」が破壊しました。ハリーたちは手近にあった箒を掴んで「必要の部屋」から脱出しました。そんな燃え盛る炎の中からハリーはゴイルとマルフォイを助け出しました。

これが後に利いて来るというわけなんですよね。

... 続きを読む
杖職人のオリバンダー翁から自分とハリーの杖が同じ不死鳥の尾羽根を芯に持つ兄弟杖と聞いたヴォルデモートはルシウス・マルフォイ氏に杖を差し出させましたがまたしてもハリーを亡き者にはできませんでした。そしてそれは翌年の3月の事だったんですよね。(全3項目)

3-1.狼人間フェンリール・グレイバックが
ハリー・ポッターとヴォルデモートの杖は同じ不死鳥の尾羽根を芯に持つ兄弟杖である。そのため無理やり戦わせると正常に機能しない。したがって他の者の杖を借りれば問題は解決する。そこでだったというわけですよね。

拉致した杖職人のオリバンダー翁からそれを聞いたヴォルデモートはルシウス・マルフォイ氏に杖を差し出させました。ところがルシウス氏の杖はハリーの杖に破壊されヴォルデモートはハリーを亡き者にできませんでした。

こうしてナルシッサの夫のルシウス氏は杖を失いました。そして翌年の3月にはマルフォイ一家に新たな災難が降りかかって来ました。ハリー・ポッターを捕まえたと狼人間のフェンリール・グレイバックがやって来たのです。

その時ヴォルデモートは館にはおらず出かけていました。玄関に出たのはナルシッサで「何事ですか?」と訊くとグレイバックは「名前を言ってはいけないあの人」つまりはヴォルデモートに会いに来たと言ったんですよね。

ナルシッサが「お前は誰?」と訊くとグレイバックは声に憤りを滲ませながら「あなたは私をご存知でしょう!フェンリール・グレイバックだ!我々はハリー・ポッターを捕らえた!」とそう答えたというわけなんですよね。

別の男が口を挟み顔が腫れ上がっているがよく見れば額に傷痕がある。それに娘は「穢れた血」でハリーと一緒に旅をしている奴だからとハーマイオニーの事を説明してハリーに間違いないとそう言ったというわけですよね。

ナルシッサはハリーの腫れ上がった顔を確かめるように眺めました。口を挟んだ男がハリーが持っていたリンボクの杖を押しつけて来たのでナルシッサは眉を吊り上げましたがその次にはこう言ったというわけなんですよね。

「その者たちを中に入れなさい。従いて来なさい」

... 続きを読む
アルバス・ダンブルドアに「死の呪文」を放ち亡き者にした事で死喰い人たちは誰もがスネイプはダンブルドアの犬に成り下がって闇の帝王を裏切っているとは到底言えなくなってしまいました。そしてマルフォイの館の2階にある客間に死喰い人たちが集結して・・・(全3項目)

3-1.杖を
マルフォイの館の2階にある客間にはどうやら全ての死喰い人が集結しているようでした。しかし誰もが押し黙っていて遅刻すれすれに到着したスネイプとヤックスリーだけが報告すべき材料を持っていたというわけですよね。

ヴォルデモートが「セブルスここへ」と言い自分の右手の席を示しヤックスリーはドロホフの隣と言われ2人は示された席に着きました。ほとんどの目がスネイプを追いヴォルデモートが最初に声をかけたのもスネイプでした。

「我が君不死鳥の騎士団はハリー・ポッターを現在の安全な居所から来る土曜日の日暮れに移動させるつもりです」

ヴォルデモートが「それで?」と訊いてスネイプがこう答えるとテーブルの周辺がにわかに色めき立ちました。ヤックスリーが持って来たハリー・ポッターは30日の夜中までは動かないというのは偽情報との事だそうです。

「俺様は以前よりよく判っている。例えばポッターを亡き者にするにはお前たちの誰かから杖を借りる必要がある」

ヴォルデモートがこう言うと全員が衝撃を受けた表情になりました。まるで腕を1本差し出せと宣言されたかのようでした。ヴォルデモートは「進んで差し出す者は?」と訊いた後に今度はこう言ったというわけなんですよね。

「さてと。ルシウスお前はもう杖を持っている必要がなかろう」

ルシウス・マルフォイ氏が顔を上げました。暖炉の灯りに照らし出された顔は皮膚が黄ばんで蝋のように血の気がなく両眼は落ち窪んで隈ができていてルシウス氏はしわがれた声で「我が君?」と訊き返したというわけです。

「ルシウスお前の杖だ。俺様はお前の杖を御所望なのだ」

ヴォルデモートがこう言うとルシウス氏は「私は」と言った後横目で妻を見ました。ナルシッサはまっすぐ前を見詰めたままでしたがテーブルの下では一瞬指で夫の手首を包みました。そしてだったというわけなんですよね。

妻ナルシッサの手を感じたルシウス氏はローブに手を入れて杖を引き出しルシウス氏の杖は次々に手送りでヴォルデモートへと渡されたというわけです。

... 続きを読む
ホグワーツの戦いの時ナルシッサ・マルフォイは最後の最後にヴォルデモートを裏切って実は生きているハリーが「死んでいます!」と嘘をつきました。何故そうなるに至ったのかを今週は順を追って振り返ってみる事にしました。スタートは闇の帝王が息子ドラコに命じた任務でした。(全3項目)

3-1.セブルス・スネイプの自宅へ
ナルシッサ・マルフォイが姉のベラトリックス・レストレンジの反対を押し切ってスピナーズ・エンドのセブルス・スネイプの自宅へとやって来たのは息子ドラコが闇の帝王から命じられた任務について相談するためでした。

「さて。我輩に助けを求めにおいででしたなナルシッサ」

スネイプにこう言われてナルシッサはスネイプを見上げました。その顔にははっきりと絶望が書いてありナルシッサはスネイプにこう言った後に目を閉じました。二粒の大きな涙が瞼の下から溢れ出したというわけですよね。

「ええセブルス。わ-私を助けてくださるのはあなたしかいないと思います。他には誰も頼る人がいません。ルシウスは牢獄でそして」

ナルシッサは目を閉じたまま言葉を続け「闇の帝王は私がその話をする事を禁じました。誰にもこの計画を知られたくないとお望みです。とても。厳重な秘密なのです」と言いました。しかし「でも」と言ったその時でした。

「あの方が禁じたのなら話してはなりませんな。闇の帝王の言葉は法律ですぞ」

スネイプが即座にこう言いナルシッサはスネイプに冷水を浴びせられたかのようにして息を呑みました。姉のベラトリックスはスネイプの自宅に入ってから初めて満足気な顔をしました。そしてこう言ったというわけですね。

「ほら!スネイプでさえそう言ってるんだ。しゃべるなと言われたんだから黙っていなさい!」

しかしスネイプは立ち上がると窓のほうに歩いて行きカーテンの隙間から人の気配のない通りを覗くと再びカーテンをぐいと閉めました。それからナルシッサのほうを振り返りました。そして顔をしかめてこう言ったのです。

「たまたまではあるが我輩はあの方の計画を知っている。闇の帝王が打ち明けた数少ない者の1人なのだ」

続けてさらにスネイプは「それはそうだがナルシッサ我輩が秘密を知る者でなかったならあなたは闇の帝王に対する重大な裏切りの罪を犯す事になったのですぞ」とも言い暗にナルシッサを批判したというわけなんですよね。

... 続きを読む
アルバス・ダンブルドアを殺害した事で死喰い人たちも不死鳥の騎士団の面々も双方がセブルス・スネイプは闇の陣営の側の人間だと旗幟鮮明にしたと思っていました。ところがそれが全く違っていたというわけなんですよね。その死後もスネイプは・・・(全3項目)

3-1.銀色の牝鹿
ハリーたち3人は8月1日に執り行われたビルとフラーの結婚式がクーデターの勃発で魔法省が事実上ヴォルデモートの手に落ち死喰い人の集団が式場に乱入して来たどさくさに紛れて分魂箱を探す旅に出たというわけですよね。

ハリーたちが1つ目の分魂箱の在り処を知ったのは出発して早々の事で実は偽物と取り換えたのはシリウスの弟のレギュラス・ブラックで屋敷しもべ妖精のクリーチャーがグリモールド・プレイス12番地に持ち帰っていました。

それをマンダンガス・フレッチャーが盗み出して他の盗品と一緒にダイアゴン横丁で売っていたらドローレス・アンブリッジに没収されてしまったというわけですね。ハリーたちは苦心惨憺の末に分魂箱を奪ったんですよね。

しかし「姿くらまし」する際にハーマイオニーが死喰い人のヤックスリーに掴まれ12番地にかけられていた「忠誠の術」はハーマイオニーが「秘密の守人」の1人だったため破られてしまってハリーたちは帰れなくなりました。

しかしいい事もありました。ハリーたちのテントの近くをテッド・トンクス氏にダーク・クレスウェル氏とディーン・トーマスに小鬼のグリップフックとゴルヌックが偶然通りかかって貴重な情報をもたらしてくれたのです。

ダンブルドアの死後ホグワーツの校長になったスネイプがグリンゴッツに預けた「グリフィンドールの剣」が贋物だった。その情報をきっかけに「グリフィンドールの剣」が分魂箱を破壊する事ができると判明したのでした。

「検知不可能拡大呪文」がかかったハーマイオニーのビーズバックに額縁を入れておいたらフィニアス・ナイジェラス・ブラックが口走った言葉で「グリフィンドールの剣」はバジリスクの毒を吸収していると判ったのです。

小鬼製の刀剣に甲冑は世俗の汚れを寄せつけず自らを強化する物のみを吸収する。ハリーは2年生の時にこの剣で「秘密の部屋」の怪物で毒蛇の王のバジリスクを刺してやっつけました。それだからだというわけなんですよね。

しかし分魂箱に加えて「グリフィンドールの剣」という新たな探し物が増えてしまったためロンはハリーとハーマイオニーの元を離れて行ってしまいました。ところが極めて意外な場所で再会を果たす事になったんですよね。

そのきっかけはハリーの目の前に突如として姿を現した銀色の牝鹿だったというわけなんですよね。

... 続きを読む
アルバス・ダンブルドアが死んでハリーはヴォルデモートの分魂箱を探し出して破壊するため最終学年の年度は学校には戻らないと決めました。そして最後の隠し場所が「ホグワーツ」と判ってハリーたち3人はホグワーツに入ったのですが「叫びの屋敷」でスネイプと顔を合わせて・・・(全3項目)

3-1.叫びの屋敷で
アルバス・ダンブルドアが死んでハリーは最終学年の年度は学校には戻らずヴォルデモートの分魂箱を探し出して破壊する旅に出る事に決めたというわけです。ロンとハーマイオニーも同行する事になったというわけですね。

グリンゴッツのレストレンジ家の金庫に隠された分魂箱を奪った事でハリーたち3人が分魂箱を追い求めている事をついにヴォルデモートも知る事となりました。そのため最後の隠し場所が「ホグワーツ」と判ったんですよね。

ホグワーツに隠されていた分魂箱はレイブンクローの失われた髪飾りで「必要の部屋」にありました。その分魂箱はクラッブが放った「悪霊の火」で破壊され残る分魂箱は蛇のナギニのみという事になったというわけですね。

そこでハリーたちはナギニと一緒にヴォルデモートが待つ「叫びの屋敷」へと向かいました。ナギニは星を散りばめたような魔法の球体の中で安全に宙に浮いていてハリーは守りを貫く呪文が全く何も思いつきませんでした。

そこにヴォルデモートに呼ばれてスネイプがやって来ました。ヴォルデモートはスネイプに「問題があるのだ」と言いました。その問題とはこのニワトコの杖が何故自分の思い通りにならないのかという事だったんですよね。

オリバンダーの店で購入したイチイの木の杖と何ら違いを感じない。約束された威力を発揮していない。スネイプは無言でハリーは危険を感じたスネイプがヴォルデモートを安心させる適切な言葉を探していると思いました。

「俺様は時間をかけてよく考えたのだセブルス。俺様が何故お前を戦いから呼び戻したか判るか?」

ヴォルデモートは相変わらず落ち着いた声で話してはいましたがハリーは額の痛みでヴォルデモートの怒りが次第に高まっているのを感じました。その時の事でした。ハリーはスネイプの横顔を見たというわけなんですよね。

スネイプは魔法の檻の中でとぐろを巻いているナギニを見詰めていたというわけなんですよね。

... 続きを読む
ナルシッサ・マルフォイはスピナーズ・エンドのスネイプの自宅を訪れスネイプに「破れぬ誓い」を結ばせました。そして息子ドラコを見守り危害が及ばぬように力の限り護るとそう誓わせたというわけです。そしてその時がやって来たというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.あまりに有り得ない組み合わせ
こうしてセブルス・スネイプは夏休み中にスピナーズ・エンドの自宅を訪れたナルシッサ・マルフォイと「破れぬ誓い」を結びました。ドラコを見守り危害が及ばぬように力の限り護るとそう誓ったというわけなんですよね。

ハリーは8月になって最初の土曜日にダイアゴン横丁で偶然見かけて以来ドラコ・マルフォイの企みを何とか見抜こうとして必死になっていました。そしてそれはクィディッチのレイブンクロー戦を数日後に控えた日の事です。

ハリーは今学期「魔法薬学」の教師としてホグワーツの教壇に復帰をしたホラス・スラグホーンが主催したクリスマス・パーティの夜にマルフォイがスネイプと言い争いをしているのを聞いて確信を持つに至ったんですよね。

マルフォイは確かに何かを企んでいる。スネイプが援助を申し出てマルフォイがそれを拒否していたからです。そしてハリーはマルフォイが「必要の部屋」で何かをしているらしいという事は判っていたというわけですよね。

その日ハリーはつい習慣でいつものように回り道し「必要の部屋」がある8階の廊下に向かいながら「忍びの地図」をチェックしました。ざっと見てマルフォイが見つからなかったので「必要の部屋」に違いないと思いました。

ところがその時でした。マルフォイと記された小さな点が下の階の男子トイレに佇んでいるのを発見しました。一緒にいるのはクラッブでもゴイルでもなく何と「嘆きのマートル」であまりにも有り得ない組み合わせでした。

ハリーは階段を駆け下りマルフォイと「嘆きのマートル」がいる男子トイレにやって来ました。扉に耳を押しつけましたが何も聞こえません。ハリーはそーっと扉を開けました。マルフォイが扉に背を向けて立っていました。

「辞めて。辞めて頂戴。困ってる事を話してよ。私が助けてあげる」

感傷的にこう言う「嘆きのマートル」の声が小部屋の1つから聞こえて来てマルフォイは全身を震わせて「誰にも助けられない。僕にはできない。できない。上手く行かない」とそう言葉を返していたというわけなんですよね。

そしてマルフォイはすぐにやらないとあの人は自分を殺害するって言うんだとそう言っていたというわけですよね。

... 続きを読む
ヴォルデモートは予言を聞く事ができませんでした。そこでルシウス氏への懲罰として息子ドラコに到底できるはずのない任務を命じました。ベラトリックス・レストレンジはそれを大きな名誉を与えたと言いましたがナルシッサはスネイプに危険過ぎると訴えて・・・(全3項目)

3-1.ナルシッサ・マルフォイが
セブルス・スネイプはその姿を見て「これは何と驚きましたな!」と言いました。この言葉と態度から考えるにナルシッサ・マルフォイがスピナーズ・エンドのスネイプの自宅を訪ねたのはおそらくは初めてなんでしょうね。

姉のベラトリックス・レストレンジも一緒でした。ナルシッサがスネイプの自宅を訪問したのはヴォルデモートが息子ドラコに命じた任務についてでした。スネイプがこう声をかけるとナルシッサはスネイプを見上げました。

「さて。我輩に助けを求めにおいででしたなナルシッサ?」

ナルシッサのその顔にははっきりと絶望が書いてありました。ナルシッサは夫のルシウス氏は牢獄で自分を助けてくれるのはスネイプしかおらず他には誰も頼る人がいないと言いました。さらに目を閉じるとこう言いました。

「闇の帝王は私がその話をする事を禁じました。誰にもこの計画を知られたくないとお望みです。とても厳重な秘密なのです」

するとスネイプは即座に「あの方が禁じたのなら話してはなりませんな。闇の帝王の言葉は法律ですぞ」と言いました。ナルシッサはまるでスネイプに冷水を浴びせられたかのようにして息を呑んだというわけなんですよね。

一方姉のベラトリックスはスネイプの自宅に入ってから初めて満足気な顔をしました。それからベラトリックスは妹のナルシッサに対して勝ち誇ったようにして「ほら!」と言いました。そしてこうも言ったというわけです。

「スネイプでさえそう言ってるんだ。しゃべるなと言われたんだから黙っていなさい!」

しかしだったんですよね。

... 続きを読む
ハリーが5年生の時ダンブルドア校長は「闇の魔術に対する防衛術」の新しい教師を見つける事ができず代わりに魔法省が任命したのがドローレス・アンブリッジでした。アンブリッジは次々に教育令を制定して自分の権限を強めて行きました。その結果ホグワーツには・・・(全3項目)

3-1.ドローレス・アンブリッジがやって来て
ハリーは夏休み最終日の8月31日にフレッドとジョージからダンブルドアは今学期の「闇の魔術に対する防衛術」の教師を探すのにとても苦労をしていたらしいと聞かされました。この4年間の事を考えれば当然というわけです。

クィレルは死にギルデロイ・ロックハートは記憶を失って聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院しリーマス・ルーピンは狼人間だと暴露されて辞職させられマッド・アイ・ムーディは9ヵ月も自身のトランクの中に閉じ込められた。

実はダンブルドアは「闇の魔術に対する防衛術」の新しい教師を見つける事ができなかった。ハリーたち3人は学校に戻って2週間後の「日刊予言者新聞」に載った記事でその事を知らされる事になったというわけなんですよね。

魔法省は8月30日に教育令第22号を制定して現校長が空席の教授職に候補者を配する事ができなかった場合は魔法省が適切な人物を選ぶ事ができると定めその結果やって来たのがドローレス・アンブリッジその人だったのです。

その記事には教育令第23号が制定されてアンブリッジが同僚の先生方を査察する権限を持つ「ホグワーツ高等尋問官」という新しく設けた職位に就いたとも書かれていました。そしてそれは始まりに過ぎなかったんですよね。

アンブリッジは次々と新しい教育令を制定して自身の権限を強めて行きました。その権限はやがて寮監の先生を凌いでハリーにフレッドとジョージはクィディッチを永久に禁止されました。そしてついに校長になったのです。

ハリーたち3人が「闇の魔術に対する防衛術」の自習グループを結成しようとしてホグズミードの「ホッグズ・ヘッド」で25人の生徒を集めて会合をするとそれを聞きつけたアンブリッジは教育令第24号を制定したんですよね。

この教育令でアンブリッジは3人以上が集まる学生による組織に団体にチームにグループとクラブは高等尋問官つまり自分に届け出て承認されなければ存在してはならず判明した生徒は退学処分となるとそう定めたんですよね。

... 続きを読む
ついにヴォルデモートは復活しました。復活を見届けたハリーは命からがらホグワーツに戻って来てその事をダンブルドアに報告しました。ところが魔法大臣コーネリウス・ファッジはヴォルデモートが復活したというハリーの主張を真っ向から否定して・・・(全3項目)

3-1.ついにヴォルデモートが
3年生の学期末にロンのペットでネズミのスキャバーズことピーター・ペティグリューが逃げて隠れていたアルバニアの森に馳せ参じた事でまたもやヴォルデモートが復活に向けて動き出す事になったというわけなんですよね。

ヴォルデモートはハリーが1年生の時に当時「闇の魔術に対する防衛術」の教師だったクィレルの体に取り憑いてホグワーツに潜入すると「賢者の石」を手に入れ復活しようとしましたがハリーに阻止されてできませんでした。

その失敗を踏まえヴォルデモートは自分が再び体を再生させて蘇る時にはハリーの血を取り込んで無敵にならなくてはならないとそう決心しました。そこでヴォルデモートは1年がかりの計画を立てたというわけなんですよね。

それにはピーター・ペティグリューことワームテールが連れて来た魔法省の職員のバーサ・ジョーキンズが役に立ちました。最も忠実なる死喰い人バーテミウス・クラウチ・ジュニアをホグワーツに派遣するというわけです。

そして今年度ホグワーツで百年以上ぶりに復活開催される三大魔法学校対抗試合の代表選手にハリーをして必ず優勝させるようにする。優勝杯を「移動キー」にして自分の元に連れて来るよう取り計らうというわけですよね。

事は計画通りに進んでクラウチ・ジュニアは「闇の魔術に対する防衛術」の教師のマッド・アイ・ムーディにポリジュース薬で成り済ましてホグワーツに潜入するとヴォルデモートが復活する手助けをしたというわけですね。

しかしヴォルデモートの計画は最後の最後に思わぬ事態が発生して100%完璧にはできませんでした。ハリーは生き延びてしまい命からがらホグワーツへと戻る事となりました。しかしハリーもまた問題が起きてしまいました。

問題は魔法大臣コーネリウス・ファッジでした。

... 続きを読む
ハリーが2年生の時ホグワーツではマグル生まれの生徒が次々に襲われて石にされるという連続襲撃事件が起きました。そしてそれは1人の女子生徒が「秘密の部屋」に連れ去られついにホグワーツが廃校になるという日の事でした。遅れて職員室に来たロックハートに対してスネイプは・・・(全3項目)

3-1.ホグワーツついに廃校?
実はハリーは事前に警告を受けていました。屋敷しもべ妖精のドビーがハリー12才の誕生日にプリベット通り4番地に姿を現わし世にも恐ろしい事が起こるよう罠が仕掛けられているからホグワーツに戻るなと警告したのです。

確かにドビーの言う通りになりホグワーツでは管理人フィルチの飼い猫ミセス・ノリスを皮切りにしてマグル生まれの生徒が次々に襲われて石にされるという事件が起きました。ダンブルドア校長は停職に追い込まれました。

ハリーは今年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師のギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」で蛇語を解し話せる事が明らかになりスリザリンの継承者で一連の襲撃事件の犯人ではと疑われる事になりました。

ハーマイオニーもついに犠牲者の1人になってしまいましたが「秘密の部屋」の怪物の正体を知って右手に握っていたのです。その紙切れをハリーは苦心惨憺の末に何とか取り出して「秘密の部屋」の怪物の正体を知りました。

「秘密の部屋」の怪物は毒蛇の王バジリスクでした。ハリーがあちらこちらでその声を聞いたのはそれが蛇語でハリーが蛇語を話し理解をする事ができたからでした。ハリーとロンは職員室へと向かったというわけですよね。

マクゴナガル先生にそれを話すためでした。ところが休憩時間のベルが鳴りません。その代わりに魔法で拡大されたマクゴナガル先生の声が廊下に響き渡って先生方は全員職員室に大至急集まるようにとそう告げたのでした。

ハリーとロンは洋服掛けの中に隠れて一体何が起こったのかを聞く事にしました。静まり返った職員室でマクゴナガル先生がこう話し出してフリットウィック先生は思わず悲鳴を上げてスプラウト先生は口を手で覆いました。

「とうとう起こりました。生徒が1人怪物に連れ去られました。秘密の部屋そのものの中へです」

... 続きを読む
1月9日が誕生日という事で年明け早々のこの時期にはセブルス・スネイプを取り上げるのが毎年恒例という事になっています。昨年までで巻毎の「語録集」が終了したので今年は名場面集をやる事にしました。極めて重要な場面で何度も使用される事になるこの呪文を最初に使ったのはスネイプでした。(全3項目)

3-1.決闘クラブの助手
ハリーが2年生の時に「闇の魔術に対する防衛術」の教師だったギルデロイ・ロックハートは明らかに魔法力が極めて貧弱なのにも関わらず何故か常に自信満々でそれは自分が主宰した「決闘クラブ」の時もそうだったのです。

「一体誰が教えるのかしら?誰かが言ってたけどフリットウィック先生って若い時決闘チャンピオンだったんですって。多分彼だわ」

こう言うハーマイオニーにハリーは「誰だっていいよ。あいつでなければ」と言いましたが舞台に登場したのはその「あいつ」でした。きらびやかに深紫のローブをまとったギルデロイ・ロックハートその人だったのでした。

ロックハートが後ろに従えていたのはいつもの黒装束のスネイプでした。ロックハートは今回「決闘クラブ」を始めるのに当たってその趣旨を説明すると「では助手のスネイプ先生をご紹介しましょう」と言ったんですよね。

ロックハートの説明によればスネイプは決闘についてごく僅かに知っているんだそうです。訓練を始めるのに当たり短い模範演技をするのにスネイプは勇敢にも手伝ってくださるというご了承をいただいたとの事だそうです。

「さてさてお若い皆さんにご心配をおかけしたくはありません。私が彼と手合せした後でも皆さんの魔法薬の先生はちゃんと存在します。ご心配めさるな!」

ここでもやはりロックハートは相変わらず自信満々でこう言いました。ロンがハリーの耳に「相討ちで両方やられっちまえばいいと思わないか?」と囁きました。それは当然2人の魔法力が互角の場合ならそうなりますよね。

ところがだったのです。残念ながらロックハートとスネイプのフ魔法力は互角ではなかったというわけなんですよね。

... 続きを読む
この魔法を私たちマグルが使えたらどんなにいいだろうと紹介して来ましたが最終回の今日は「逆転時計」を取り上げる事にしました。ハリーはこの「逆転時計」を使ってシリウスとヒッポグリフのバックビークを救いましたが私たちマグルが使えたら多大なメリットがありますよね。(全3項目)

3-1.逆転時計
ホグワーツでは3年生になると「数占い」に「魔法生物飼育学」に「占い学」に「古代ルーン文字」と「マグル学」の5つの選択科目が加わります。通常ならばこの5つの中から2つぐらいを選ぶのが普通というわけなんですよね。

ちなみにロンとハリーが選んだのは「占い学」と「魔法生物飼育学」の2つでした。しかしハーマイオニーは5つ全部の科目を選びました。すると受ける授業の数が時間割の枠を超えてしまうという問題が発生するんですよね。

受ける科目数が「12」になってしまうので通常なら1つの授業を受ける時間の間に複数の授業を受けなくてはなりません。そこで使うのが「逆転時計」です。これを使って1時間前に戻り複数の授業を受けるというわけですよね。

ハーマイオニーの時間割を覗き込んだロンは顔をしかめて「君の時間割メチャクチャじゃないか」と言い「そんなに時間があるわけないよ」とも言いました。何故なら1日に「10科目」もの授業があったからというわけですね。

初日の午前中の9時には「占い学」と「マグル学」に「数占い」の3つの授業が並んでいました。しかし「逆転時計」を持っている事は他言をしてはならないと決められているようでハーマイオニーもそうしたというわけです。

そのためハリーもロンもハーマイオニーが「逆転時計」を持っている事はずっと知りませんでした。しかしハーマイオニーにとっても12の科目の授業を受けるのは過酷を極めました。負担が重くのしかかって来たんですよね。

そのため学期の途中で「占い学」を辞めてしまいました。学期末試験の時も同じでハーマイオニーは月曜日には9時に「数占い」と「変身術」を受けてそして午後1時には「呪文学」と「古代ルーン文字」の試験を受けました。

そしてハーマイオニーは学期末試験終了後には「マグル学」を辞めて「逆転時計」を返し普通の時間割にするという事にしました。来年度もまた今年度みたいになるのは耐えられないからなんだそうです。

... 続きを読む
本日紹介する魔法は最初にまずはアーサー氏が自分が所有する車のフォード・アングリアにかけてクィディッチ・ワールドカップの際にはテントにかけて次には魔法省が所有している車にかけていました。この魔法をかけると大幅にスペースを広げる事ができてとっても便利なんですよね。(全3項目)

3-1.まずはアーサー氏が
ハリーを自宅の「隠れ穴」に連れて来るためにロンにフレッドとジョージのウィーズリー3兄弟がプリベット通り4番地に乗って来た空飛ぶフォード・アングリアには実は空を飛ぶ以外にもう1つの機能がついていたんですよね。

新学期初日の9月1日にキングズ・クロス駅に行く際にこの車にはウィーズリー夫妻の他にパーシーにフレッドとジョージにロンにジニーとさらにハリーの総勢8人とトランクが6個に2つの鳥籠が乗り込んだというわけですよね。

これら全部を一体どうやって小型のフォード・アングリアに詰め込むのかハリーには見当もつきませんでしたがアーサー氏は「モリーには内緒だよ」と囁いて車のトランクを開き細工をした特別の仕掛けを見せてくれました。

アーサー氏は6個全てのトランクが楽々入るように魔法で広げた所をハリーに見せてくれたというわけです。それは人が乗り込む座席のほうも広げられていて後部座席には在校生6人が心地良く収まったというわけなんですよね。

この魔法は2年後にクィディッチ・ワールドカップの観戦に行くために隣接するキャンプ場で一晩を過ごした時に何とテントに使用されました。この時には観戦のために休暇を取ってビルとチャーリーも帰省していたのでした。

つまりハリーがホグワーツに入学した以降に初めてウィーズリー一家9人が勢揃いして「隠れ穴」に帰って来たのです。そこにハリーとハーマイオニーが加わって合計人数は何と「11人」の大所帯になったというわけですよね。

ウィーズリーおばさんは留守番で「隠れ穴」に残りましたがそれでも「10人」です。テントは女子用と男子用の2つが張られました。女子用はジニーとハーマイオニーの2人ですが男子用は8人もの男性が使う事になりますよね。

ハーマイオニーもその問題に気がついたようでアーサー氏が四つん這いになってテントに入って行くのを見ながら「どうするつもりかしら」という顔をしてハリーを見ました。するとアーサー氏が中からこう呼びかけました。

「ちょっと窮屈かもしれないよ。でもみんな何とか入れるだろう。入って中を見てご覧」

ハリーは身を屈めてテントの入口をくぐり抜けました。その途端にハリーは唖然としました。ハリーは古風なアパートに入り込んでいました。何とテントの中には寝室にバスルームと台所の3部屋があったというわけですよね。

空飛ぶフォード・アングリアと同様にテントの中も魔法で大幅に広げられていたというわけなんですよね。

... 続きを読む
今日は主に主婦の皆さんが「この魔法が使えたらどんなにいいだろう」と思う家事全般に関する魔法を取り上げてみる事にしました。主婦でなくとも男の私も食器を洗う機会はありますし「この魔法が使えたらいいな」というのがあったので紹介してみる事にしました。(全3項目)

3-1.ウィーズリーおばさんが
2年生の夏休みにハリーはホグワーツに戻らせてなるものかと懸命の屋敷しもべ妖精のドビーがプリベット通り4番地で魔法を使ったため魔法省から公式警告状が届きバーノン叔父さんにあの事をついに知られてしまいました。

「あの事」とは未成年の魔法使いは学校の外では魔法を使ってはいけないという事です。バーノン叔父さんはハリーを部屋に閉じ込めハリーは餓死寸前に追い込まれましたが3日後に救いの主がやって来たというわけてすよね。

ロンにフレッドとジョージのウィーズリー3兄弟が父親のアーサー氏が魔法をかけた空飛ぶ車でやって来てハリーを自分たちの自宅の「隠れ穴」へと連れて来てハリーは初めて魔法使いの家に足を踏み入れたというわけですね。

ハリーが入った台所の壁にかかっている時計には針が1本しかなくて数字が1つも書かれていません。その代わりに「お茶を入れる時間」とか「鶏に餌をやる時間」とか「遅刻よ」などと書き込まれていたというわけですよね。

暖炉の上には本が三段重ねに積まれていて「自家製魔法スープの作り方」に「お菓子を作る楽しい呪文」と「1分間でご馳走を-まさに魔法だ!」などの本がありました。それからウィーズリーおばさんは朝食を作っていました。

ウィーズリーおばさんは行き当たりばったり気味に朝食を作っていました。ロンにフレッドとジョージが夜中に無断で家を抜け出して行ったためおばさんは息子たちに怒りの眼差しを投げつけていたというわけなんですよね。

フライパンにソーセージを投げ入れ時々低い声で「お前たちと来たら一体何を考えてやら」とか「こんなこと絶対思ってもみなかったわ」などと呟いたというわけですね。一方ハリーにはこう念を押したというわけですよね。

「あなたの事は責めていませんよ」

ウィーズリーおばさんが当たり前のように流しに向かって杖を一振りすると中で勝手に皿洗いが始まりました。カチャカチャと軽い音が聞こえて来ました。一番面倒な食器洗いが魔法界では杖の一振りでできるみたいですね。

... 続きを読む
先回の記事では魔法界には様々な移動方法があると紹介しましたが「姿現わし術」という魔法もまたそうだというわけです。しかしこの「姿現わし術」は難しくて魔法省が実施する試験を受けて合格しなくてはなりません。そして無事にめでたくも合格をすると・・・(全3項目)

3-1.姿現わし術
「姿現わし術」という魔法はまあ一言で云えば瞬間移動という事で姿をある所で消して次の瞬間には全く別の場所に姿を現すという事です。ハリーはこの「姿現わし」の難しさを結構早くから知っていたみたいなんですよね。

ハリーは3年生の時のクリスマス休暇前日の土曜日にフレッドとジョージから「忍びの地図」を譲り受け秘密の地下道を通ってホグズミード村に行きました。そしてロンにハーマイオニーと合流した際ロンにこう言われました。

「ウワー!君姿現わし術ができるようになったんだ!」

感心してこう言うロンにハリーは「まさか。違うよ」と言葉を返しました。だからハリーは実は3年生の時にはもう既に「姿現わし」という魔法が存在する事を知っていて難しい魔法だという事も知っていたようなんですよね。

そんなハリーは6年生の夏休みにダンブルドア校長がプリベット通り4番地に迎えに来て途中寄り道をしながら「隠れ穴」に行くのに当時解禁された「付き添い姿現わし」という方法で行く事になったというわけなんですよね。

「君はまだ当然姿現わしテストに合格しておらんの?」と訊くダンブルドアにハリーは「はい」と答えたその後「17才にならないと駄目なのではないですか?」と問い返しダンブルドアは「その通りじゃ」と答えたのでした。

「それではわしの腕にしっかり掴まらねばならぬ。左腕にしてくれるかの。気づいておろうがわしの杖腕は今多少脆くなっておるのでな」

ダンブルドアがこう言って左腕を差し出しハリーはしっかり掴んでダンブルドアが「さて参ろう」と言って姿現わし術が始まったというわけです。ハリーはダンブルドアの腕が捻れて抜けて行くようなそんな感じがしました。

そのため左腕をますます固く握り締めました。気がつくと全てが闇の中でした。四方八方から強く押さえつけられて息ができません。鉄のベルトで胸を締めつけられ目の玉が顔の奥に押しつけられて行くようだったのでした。

さらに鼓膜が頭蓋骨深く押し込められて行くようでした。そしてハリーは空気を胸一杯吸い込んで涙目になった目を開けました。たった今細いゴム管の中を無理やり通り抜けて来たような感じだったというわけなんですよね。

「大丈夫かな?この感覚には慣れが必要でのう」

ハリーを気遣わしげに見下ろしながらダンブルドアはこう言ったというわけです。ハリーは「大丈夫です」と答えた後に耳をこすり「でも僕は箒のほうがいいような気がします」とそう言ったというわけなんですよね。

... 続きを読む
さて!当サイトを開設した2006年にやった事があるのですが何と10年以上ぶりにこの古い企画を引っ張り出して来てお届けする事にしました。魔法界には様々な移動手段がありますが私たちマグルが使えたらどれだけいいだろうという方法が沢山あるので本日はそれを紹介する事にします。(全2項目)

2-1.様々な移動方法
魔法界には様々な移動方法があり学校つまりホグワーツ魔法魔術学校に行く時はホグワーツ特急という鉄道を使い「夜の騎士(ナイト)バス」というバスもありますがその他にはこれらの移動手段が挙げられるというわけです。


イギリスの魔法界では最もメジャーな移動方法で親の片方又は両方が魔法使いや魔女という人はホグワーツに入学する前の未就学の時から乗りこなしているようで入学直後にハリーは数々の逸話を聞かされる事となりました。

ドラコ・マルフォイはマグルの乗ったヘリコプターを危うくかわしたという自慢話を持っていてシェーマス・フィネガンは子供の頃にいつも箒に乗って田舎の上空を飛び回っていたんだそうです。そしてロンもなんですよね。

ロンは次男チャーリーのお古の箒に乗りハンググライダーにぶつかりそうになったという経験があるのだそうです。ただしネビルはおばあさんが決して近づかせずホグワーツ入学前は一度も箒に乗った事がないのだそうです。

煙突飛行粉
魔法界にある鉄道は唯一ホグワーツ特急だけですし夜の騎士(ナイト)バスは一台しかないので魔法界の人々が家族単位で移動する時はこの自宅の暖炉から移動できる煙突飛行粉を使って移動するのが最もメジャーなようです。

暖炉の上に置かれた植木鉢に入った粉を暖炉の炎に振りかけるとゴーッという音と共に炎はエメラルド・グリーンに変わり人間の背丈より高く燃え上がります。その炎の中に飛び込んで目的地を叫ぶと移動できるんですよね。

移動キー
どんな物でも杖を向けて「ポータス!」と唱えればこの「移動キー」にできるようです。ただ誰でも作っていいという事ではないようで魔法省から許された権限のある者だけが作る事ができるという事になっているようです。

ホグワーツの校長にはその権限があるようですね。この「移動キー」に触れて一定の時間が経ったり事前に指定をしておいた時刻になったりすると希望する場所へと触れている人々を連れて行ってくれるというわけですよね。

空飛ぶ絨毯
他の国では今でも使われているようですがイギリスでは「魔法をかけてはいけない物品登録簿」に載っていて「マグルの製品」と定義されておりハリーはその事をクィディッチ・ワールドカップの時に知ったというわけです。

その際に国際魔法協力部の部長のバーテミウス・クラウチ氏は自分の祖父が12人乗りのアクスミンスター織の絨毯を持っていたと言っています。つまりイギリスでも昔は許されていたものの今は禁止になっているんですよね。

... 続きを読む
新年明けましておめでとうございます!本年2020年も当サイトをご贔屓によろしくお願いしますね。さて当サイトではこれがすっかり毎年恒例の内容となっています。ただ私の個人的な都合で今年は昨年までとは内容を変更してお届けする事にします。(全2項目)

2-1.拍手数と訪問者数
これもここを備忘録代わりにしているので毎年恒例という事になっています。昨年2019年は「177」の拍手をいただきました。一昨年の数が「291」だったのでおよそ6割つまりは半分より少し多いという数の結果になりました。

その前の2018年が「516」だったので半分よりも少し多い程度という事で昨年とほぼ同じ減少率という事になりますよね。それでも少ないだけに拍手をいただいた方々には大変有難いというそういう気持ちというわけですよね。

拍手をいただき大変ありがとうございました!

そして昨年は7万人あまりの皆さんに当サイトを訪問していただきました。昨年そう言ったのですが当サイトではテンプレートのHTMLにアクセス解析タグというのをコピーアンドペーストして日々の訪問者数を把握しています。

訪問者数が寂しいという事で新たに携帯電話とタブレット端末のテンプレートのHTMLにそのアクセス解析タグを貼り付けたら何と訪問者数が約4.4倍になりました。そのため昨年が同じ条件での訪問者数という事になりました。

つまり拍手数とほぼ比例して訪問者数のほうもおそよ半分という事になりましたね。でもまあ第7巻「死の秘宝」の日本語版が発売された2008年7月からもはや11年7ヵ月の歳月が経っているのでいたしかたないという感じです。

... 続きを読む