FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

三大魔法学校対抗試合の「第3の課題」が行われた日にヴォルデモート卿は復活し、ハリーはセドリック・ディゴリーの遺骸を抱えて命からがらホグワーツ魔法魔術学校に戻って来たのでした。そのセドリックの死をドラコが軽々しく口にしたことでハリーの怒りが炸裂してドラコ、クラッブ、ゴイルの3人は?(全3項目)

3-1.学期最後の日のドラコ
こうして三大魔法学校対抗試合の最後の課題が行われた日にヴォルデモート卿は復活し、ハリーはセドリック・ディゴリーの遺骸を抱えて命からがらホグワーツ魔法魔術学校に戻って来たというわけなんですよね。そして・・・

学期最後の日。ダンブルドア校長はホグワーツの生徒並びにダームストラング・ボーバトン両校の代表団を前にして「セドリック・ディゴリーはヴォルデモート卿に殺された」と宣言したのでした。それを受けて大広間は・・・

全員が一斉に「まさか」という面持ちで恐ろしそうにダンブルドアを見つめ恐怖に駆られたざわめきが走ったのでした。しかしスリザリンのテーブルではドラコがクラッブとゴイルに何事か囁いているのをハリーは見たのでした。

そしてドラコを含めたスリザリンの多くの生徒たちはセドリック・ディゴリーの時とは一転してハリーの名前を唱和せず起立もせず頑なに席に着いたままゴブレットに手も触れずにいたのでした。この行為の意味することとは?

後にハリーはシリウスを含めた不死鳥の騎士団のメンバーから説明を受けることになるのですが、ヴォルデモート卿はハリーが生きてホグワーツに戻ることを望んでいなかった。そして一番知られたくない人物すなわち・・・

アルバス・ダンブルドアにヴォルデモート卿が復活したことを伝えてしまった。ドラコたちスリザリンの生徒の多くがハリーに対してゴブレットを掲げなかったのは「そのことに抗議する行動だった」というわけなんですよね。

3-2.帰りのホグワーツ特急にて
そしてハーマイオニーがリータ・スキーターが「未登録の動物もどき」でコガネムシに変身するんだということをハリーとロンに打ち明けた直後にドラコがクラッブとゴイルを従えてハリーたちのコンパートメントに・・・

顔を出したのでした。ヴォルデモート卿が復活したということでドラコもクラッブとゴイルもこれまで以上に自信たっぷりで傲慢で威嚇的だったのでした。ドラコは顔一杯にニヤニヤ笑いを浮かべながらハリーに向かって・・・

ハリーは「またしてもダンブルドアのお気に入りか。結構なことだ」とか「考えないようにすればいいってわけかい?」またあるいは「何にも起こらなかった。そういうふりをするわけかい?」などと言っていましたが・・・

さらにドラコはハリーに「君は負け組を選んだんだ。言ったはずだぞ!友達は慎重に選んだほうがいいと言ったはずだ。憶えてるか?ホグワーツに来る最初の日に間違ったのとは付き合わないことだって!」と言ったのでした。

さらにドラコは・・・

「もう手遅れだ。闇の帝王が戻って来たからにはそいつらは最初にやられる!穢れた血やマグル好きが最初だ!いや2番目か・・・」

この後ドラコがセドリック・ディゴリーの名前を口にしようとしたためハリーの怒りが炸裂したのでした。しかし怒りを爆発させたのはハリーだけではなかったのです。ロンもハーマイオニーもそしてさらに3人の他にも・・・

3-3.ハリーたち3人に加えて「もう2人」が・・・
誰かがコンパートメントで花火を一箱爆発させたような音がしたのでした。四方八方から発射された呪文で目も眩むような光にバンバンと連続して耳を劈く音にハリーは目をパチパチさせながら床を見たのでした。そこには?

扉の所にドラコ、クラッブ、ゴイルの3人が気を失って転がっていたのでした。ドラコたち3人に呪いをかけたのはハリーだけではなくロンにハーマイオニーの2人に加えて「もう2人」がかけていたのです。その2人とは?

「こいつら3人が何をやってるのか。見てやろうと思ったんだよ」

ゴイルを踏みつけながら「当たり前」という顔でコンパートメントに入って来たのはフレッドでした。続いてジョージも「間違いなく」ドラコを踏みつけるようにしてコンパートメントに入って来たのでした。そして・・・

ジョージがクラッブを見下ろして「面白い効果が出たなあ」と言った後「できものの呪いをかけたのは誰だ?」と訊いたのでした。ハリーが自分だと答えるとジョージは「俺はくらげ足を使ったんだが」その2つの呪文は・・・

つまり「できものの呪い」と「くらげ足の呪い」を同時にかけてしまったためクラッブは顔中がくらげ足のできものだらけになってしまったというわけです。そこで当然「こいつら3人は装飾には向かない」ということで・・・

ドラコもクラッブもゴイルも複数の呪いがかかって相当ひどい有り様になっていたので、ロンにハリーにジョージの3人が蹴飛ばしたり転がしたり押したりしてドラコたち3人を廊下に出して扉を閉めたというわけなんですよね。

ホグワーツ特急がキングズ・クロス駅に到着した時にもドラコもクラッブもゴイルも3人とも気を失ったまま転がっていたので、ロンとハーマイオニーはトランクを持ってドラコたちを乗り越えるのに苦労していたのでした。

最後に
おそらくルシウス・マルフォイ氏を筆頭にクラッブとゴイルそれにノットの父親はホグワーツに在学中の自分たちの子息たちに「ハリー・ポッターは確かに学校に戻って来たか?」の確認をする手紙を出したんでしょうね。

そしてドラコたちも父親から届いた手紙で「闇の帝王は復活した」という事実を知らされたんでしょうね。そしてハリーの生還は「ヴォルデモート卿の望んだことではなかった」ということでドラコたちスリザリン生は・・・

ハリーが生きてホグワーツに戻って来たことに抗議してハリーに対してはコブレットを掲げなかったというわけなんですよね。

そんなわけで次は「不死鳥の騎士団」編ということになるわけなんですが、これについては来年の6月と云わず年内にやりたいと思っている所です。

コメント

No title

こんばんは。ドラコ特集お疲れ様でした!
「不死鳥の騎士団」編は年内にされるということで、楽しみにしています。
「炎のゴブレット」までは、ドラコは、というかスリザリン生達は「ひょっとしてハリーはこちら側に付くかもしれない」と思っていたんじゃないか?と考えます。
ヴォルデモートも、本当はハリーと手を組みたかったんですよね?
「君は負け組を選んだんだ。・・・間違ったのとは付き合わないことだって!」というセリフには、「このままだと負けることになるけど、それで良いんだな?」という意味があると思うのです。
そして「不死鳥の騎士団」では、ドラコにとってハリーは完全に敵になるのですが、「謎のプリンス」で迷いが出てくる・・・というのがドラコの心情の変化ではないかと、個人的に解釈しました(笑)


2011.06.19  リラ  編集

闇の陣営の絶頂期?

リラさんコメントありがとうございました!

まあルシウス・ドラコ親子にしてみれば「死んだと思っていた闇の帝王が蘇った!」つまり「我が君は不死身なんだ!」ということでハリーに「君は負け組を選んだんだ」と言ったんだと私は思いますね。

ドラコにしてみればヴォルデモート卿が復活したということで「これ以上の吉報はない!これで再び自分たちの時代が来る!」と思ったからこそ今までかつてないほどに傲慢で威嚇的だったということなんでしょうね。

当然ドラコを含めたマルフォイ一家も分霊箱のことは知らなかったのですから「ヴォルデモートが死ぬべき存在に成り得る」ということを当時は認識していなかったわけですからね。永遠の命を得たと思ったんでしょうね。

「不死鳥の騎士団」編については9月の後半か10月上旬頃にしたいと思っています。

2011.06.20  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.