FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ダンブルドアの助けもなければ奴のために死んでくれる母親もいない。ハリー・ポッターが我が手を逃れたのは単なる幸運だったのだ。ヴォルデモートは一堂に会した死喰い人たちを目の前にしてこう高らかに宣言したのですがヴォルデモートにとっては再び予想外の出来事が次々と起こって・・・(全3項目)

3-1.綿密に練り上げられた計画
クィレルを失った今に至って「そうそう都合良く次の魔法使いが現れるものか?」と失望の念を禁じえなかったヴォルデモート卿の元に馳せ参じたのがピーター・ペティグリューことワームテールだったというわけです。

先回の失敗を再び繰り返すわけにはいかない。それを解決する方法はただ1つ「それは今度自分の体を再生する時には何としてもハリー・ポッターの血が必要だ」ということでヴォルデモートは綿密な計画を立てたのでした。

それにはワームテールが連れて来た魔法省の職員バーサ・ジョーキンズから聞き出した情報を利用したというわけです。ヴォルデモートが連絡を取りさえすれば喜んで助けてくれる忠実な死喰い人をホグワーツに送り込み・・・

ハリー・ポッターが三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれ必ず優勝するように取り計らう。優勝杯はその死喰い人が移動キーに変えておく。こうしてハリー・ポッターはダンブルドアの助けも保護も届かない場所へと・・・

ヴォルデモート卿とワームテールが待つリトル・ハングルトンの教会墓地へと連れて来られるというわけです。そして計画はものの見事に成功を収めハリー・ポッターはヴォルデモートの掌中に飛び込んで来たというわけです。

3-2.復活直後に対決!
ハリーに「磔の呪い」をかけた後ヴォルデモートは「見たか。この小僧がただの一度でも俺様より強かったなどと考えるのは何と愚かしいことだったか」と一堂に会した死喰い人たちを前にして高らかに宣言したのでした。

しかしその一方でヴォルデモートは「誰の心にも絶対に間違いがないようにしておきたい」とも言ったのでした。ダンブルドアの助けもなくハリーのために死んで行く母親ももうここにはいない。ハリー・ポッターが・・・

我が手を逃れたのは単なる幸運だったのだ。お前たちが見ている目の前でハリー・ポッターを殺すことでそのことを証明してみせようと言ってヴォルデモートはワームテールにハリーに杖を返すようにと指示したのでした。

ところが!

望みはない。助けは来ない。ハリーは最期が来たことを悟ったのでした。しかしハリーは理性をも超えた唯一のことを思い詰めていたのでした。ヴォルデモートの足下にひざまずいてなんか死ぬもんか。父さんのように・・・

堂々と立ち上がって死ぬのだ。たとえ防衛が不可能でも僕は身を護るために戦って死ぬんだ。ハリーは立ち上がると杖をしっかりと握り締め体の前にすっと構えて墓石を回り込むとヴォルデモートと向き合ったのでした。

「エクスペリアームス!」
「アバダ ケダブラ!」

ヴォルデモートの杖から緑の閃光が走るのとハリーの杖から赤い閃光が飛び出したのが同時でした。2つの閃光が空中でぶつかったのでした。さらに摩訶不思議なことに2人の杖が眩い濃い金色の糸で結ばれたのです。

さらにハリーが予想だにしていなかった事が起きたのです。杖同士が金色に輝く糸に結ばれたまま足が地上を離れるのを感じたのでした。2人はヴォルデモートの父親の墓石から離れて滑るように飛ぶと再び地上へ降りて・・・

ハリーとヴォルデモートを繋いでいた金色の糸が裂けると光が縦横無尽に広がって2人の上に高々と弧を描き、やがて2人は金色のドーム型の光の網ですっぽりと覆われたのでした。これも不思議なことに2人を取り囲む・・・

死喰い人たちの叫び声は今は遠くから聞こえて来るようでした。次なる変化はハリーとヴォルデモートを繋ぐ光の糸の間に幾つもの大きな光の玉が現れたことでした。その光の玉がハリーの杖に近づくとハリーの杖が・・・

怒りに震えるように激しく振動を始めたのです。ハリーはその玉をヴォルデモートのほうに押し返そうと気力を最後の一滴まで振り絞ったのでした。そして光の玉がヴォルデモートの杖先へと移動するとまたしても・・・

思ってもみなかったことが!

3-3.2人の目の前に現れたのは?
ヴォルデモートがワームテールに与えた手のゴーストが出た後それよりずっと大きな何かがヴォルデモートの杖先から花が咲くように出て来たのです。何やら灰色がかった大きな物でした。濃い煙の塊のようでもありました。

杖の先から出て来たセドリック・ディゴリーは遠くから聞こえ反響するような声で「ハリー、頑張れ」とハリーに呼びかけたのでした。ヴォルデモートは目の前で起きたことが信じられないように赤い目を大きく見開いて・・・

驚愕していたのでした。しかしヴォルデモートの杖先から出て来たのはセドリック・ディゴリーだけではなかったのです。ヴォルデモートに殺された犠牲者たちが次から次へとと出て来てヴォルデモートを罵り始めたのでした。

フランク・ブライスが!

バーサ・ジョーキンズが!

リリー・ポッターが!

最後にはジェームズ・ポッターが!

そしてハリーのお父さんは殺戮の犠牲者に周りを徘徊され恐怖で鉛色の顔をしたヴォルデモートには聞こえないようにと声を低くしてホグワーツに帰る方法をそっとハリーに囁いてくれたのでした。その方法とは?

「繋がりが切れると私たちはほんの少しの間しか留まっていられない。それでもお前のために時間を稼いであげよう。移動キーの所まで行きなさい。それがお前をホグワーツに連れ帰ってくれる。ハリー判ったね?」

セドリックから「僕の体を連れて帰ってくれ」と頼まれたのでハリーはセドリックの遺体に向かって走りに走ったのでした。ヴォルデモートが死喰い人たちに「奴を失神させろ!」と叫ぶ声が聞こえて来ました。そして!

ハリーの手がセドリックの手首を掴みました。しかしセドリックは重過ぎて運べません。優勝杯に手が届きません。ヴォルデモートとハリーの間には墓石1つしかありませんでした。ハリーは優勝杯に杖を向けて唱えたのでした。

「アクシオ!来い!」

ヴォルデモートの怒りの叫びが炸裂したのと時を同じくして移動キーが作動したのでした。風と色と渦の中を移動キーはぐんぐんハリーを引っ張ってセドリックと一緒にホグワーツ魔法魔術学校へと帰って行ったのでした。

今日の最後に
知っている方々は既にご存知のようにハリーに「呼び寄せ呪文」を習得させたのは他ならぬポリジュース薬でマッド・アイ・ムーディに変身した死喰い人のクラウチ・ジュニアだったんですよね。三大魔法学校対抗試合の・・・

「第1の課題」でハリーにファイアボルトを手に入れさせるためにとハリーに習得させたというわけです。それが最後の最後にハリーがヴォルデモートから逃れる手段になるという皮肉な巡り会わせになったというわけです。

この後ヴォルデモートは拉致した杖職人のオリバンダー翁から兄弟杖のことを聞き出して「他の者の杖を使えば今度こそハリー・ポッターを亡き者にできる」としてルシウス・マルフォイから杖を借り受けましたが・・・

ダンブルドアはちゃんとヴォルデモートが兄弟杖のことを知ってそうしてくるだろうということを見越していたというわけなんですよね。そのためルシウスの杖を持ってハリーと対峙した時にもヴォルデモートにとっては・・・

またしても予想外の出来事が起こって・・・

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.