FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

「ハリーが極めて優秀な開心術士なのはハリーに開心術に長けているヴォルデモート卿の魂の欠けらが付着しているからでは?」という疑問にシリーズ最終回の今日の記事で明確にお答えしたいと思います。それはハリーが「あの時」以降も・・・(全3項目)

3-1.ヴォルデモートの魂のお陰?
知っている方々はよくよくご存知のようにヴォルデモート卿が「極めて優秀な開心術士」だということは熱心な読者の間ではもはや周知の事実ということになっています。ハリー1年生の初対決の時にもヴォルデモートは・・・

ハリーがポケットの中に賢者の石を隠し持っていることを見抜きましたし、5年生の時に魔法省で顔を合わせた時にも予言を封印したガラス球が破壊されてしまいもはや自身が予言を聞けなくなったことも的中させています。

ハリー5年生のクリスマス休暇明けからスネイプによって行われた閉心術を習得するための課外授業でもスネイプはハリーが閉心術を習得しなければならない理由として「闇の帝王は開心術に長けている」ことを挙げています。

実は私も当時「ハリーが優秀な開心術士なのは開心術に長けているヴォルデモートの魂の欠けらが付着しているからでは?」というコメントをいただいた時には「ひょっとしたらそうかも?」とドキリとしました。しかし・・・

ハリーの開心術士としての能力は生まれながらにして持っている先天的なものでヴォルデモートの魂の欠けらのお陰じゃないんですよね。それというのもハリーがヴォルデモートから2度目の「死の呪文」を浴びた後も・・・

その結果ハリーに付着していたヴォルデモートの魂の欠けらが破壊されてなくなった後もハリーは開心術を使って人の心を読んでいたんですよね。今日の記事の後半では「破壊された以降」の場面を紹介してみることにします。

3-2.再び「禁じられた森」に・・・
ハリーは再び「禁じられた森」に戻り地面にうつ伏せに倒れていたのでした。ハリーが死んだことを祝う死喰い人たちの勝利の歓声は何故か聞こえず周囲には慌しい足音に囁き声や気遣わしげにつぶやく声が満ちていたのでした。

ハリーが一瞬だけ薄目を開けて状況を確かめるとヴォルデモートが立ち上がろうとしているようでした。数人の死喰い人が慌ててヴォルデモートのそばを離れましたがベラトリックス・レストレンジ1人だけが残っていました。

「我が君、どうぞ私めに」と手を差し出すベラトリックスにヴォルデモートは「俺様に手助けは要らぬ」と冷たく言い放ったのでした。ハリーは再び目を閉じていたので見えなかったのですが開心術でベラトリックスが・・・

手を引っ込めるのが判ったのでした。

空き地は完全に静まり返っていました。誰もハリーに近づこうとはしません。しかし開心術に長けているハリーは全員の目が自分に注がれるのを感じ、その力でますます地面に強く押し付けられているような気がしたのでした。

「あいつを調べろ。死んでいるかどうか俺様に知らせるのだ」

「誰が検死に来るのか?」ハリーには分りませんでした。しかしハリーは開心術でヴォルデモートが全てが計画通りには運ばなかったことを疑い用心して自分には近づかないということを見抜いたので少しだけ安堵したのでした。

さらにハリーは検死に来た人物が「最初から正直にハリーが生きていることを宣告する気がない」ということを開心術で見抜いていたと私はそう思いますね。心臓の鼓動を確かめてハリーが生きていることを確認すると・・・

「ドラコは生きていますか?城にいるのですか?」

ハリーがドラコの無事を囁き返すとナルシッサ・マルフォイは見守る死喰い人たちに向かって「死んでいます!」と叫んだのでした。地面に倒れて死んだふりをしながらハリーは開心術でナルシッサの心情を察したのでした。

ナルシッサは息子を探すためには何が何でも勝利軍としてホグワーツ城に入るしかないということを知っていたのです。ナルシッサにとってはヴォルデモートが勝とうが負けようがもはやどうでもいいことだったのです。

ヴォルデモートはハグリッドにハリーを抱えさせると配下の死喰い人たちを引き連れて勝利宣言をするためにホグワーツ城に向かったのでした。そして言うに事欠いてホグワーツの防衛隊にこんな嘘話を披露したのです。

「こやつは城の校庭からこっそり抜け出そうとする所を殺された」

ハリーは開心術でヴォルデモートの口調に「自分の嘘を楽しむ響きがある」と感じ取ったのでした。一方この後戦いが再開されたのですが一度は勝利を確信したヴォルデモートにとっては予想外の出来事が次々に起こって・・・

ホグワーツの防衛隊には続々と援軍が押し寄せて死喰い人側は総崩れとなり、ヴォルデモートは最後の分霊箱の蛇のナギニもネビルに殺された挙句にハリーとの最後の対決に敗れて今度こそ本当に滅びたというわけなんですよね。

3-3.19年後のハリー
「僕、スリザリンだったらどうしよう?」

次男のアルバスが父親のハリーにだけ囁いた言葉でした。アルバスにとって「それがどんなに重大なことで真剣にそれを恐れているのか」を出発間際だからこそ堪え切れずに打ち明けたのだとハリーには開心術で判ったのでした。

「アルバス・セブルス」

ハリーはジニー以外には聞こえないようにそっとアルバスに「お前はホグワーツの2人の校長の名前を貰っている。その1人はスリザリンで父さんが知っている人の中でもおそらく一番勇気のある人だった」と言ったのでした。

さらにハリーはアルバスがグリフィンドールになってもスリザリンでもどっちでもかまわないんだよと言った後に「お前にとって大事なことならグリフィンドールを選べる。父さんの時にはそうしてくれた」と言ったのでした。

ハリーの話を聞いていたジニーが「もう汽車に乗っているローズに手を振るのに忙しい」というふりをしているのをハリーは開心術で見抜いていたというわけです。つまりこうしてヴォルデモートの魂の欠けらがなくなり・・・

19年の年月が経った後もハリーは「極めて優秀な開心術士」というわけなんですよね。

最後に
実はここで私が疑問を抱いているのは「19年後のハリーは自身が極めて優秀な開心術士だということを自覚しているのか?」ということなんですよね。ホグワーツ在学期間中のハリーが全く自覚がないのはご覧の通りです。

しかし私は「この19年」の間にハーマイオニーあたりから指摘をされて「自覚をしているんじゃないかな?」と思いますね。しかしおそらく続編を書いたとしてもローリングさんは明らかにはしないと私はそう思いますね。

コメント

No title

ローリングの心理から考えるに、仮にハリーが生来の開心術士であるとして、ストーリー全体を俯瞰した場合一体それにどういう意味があったのか。彼のミステリアスな部分を増長させるためのキャラ設定なんでしょうか、ローリングに聞いてみなければ分からない話ですが・・ダークロードがいなくなった現在までもハリーが普通の人以上に卓越した力(クィディッチの才能は別ですが)を持っているというのはせっかく「普通の青年」に戻ったハリーにとっては邪魔な脚色になってしまうような気さえするんですよねえ・・X(

2011.07.29  通りすがりの者  編集

原作者の都合?

通りすがりの者さんコメントありがとうございました。

今週の記事の最初でも言ったようにローリングさんとしては主人公のハリーを「極めて優秀な開心術士」にしたのは個々の登場人物の心情や気持ちを事細かく描写するのに都合が良かったからなんでしょうね。

私は別にハリーが「普通の青年」になったからといって、それが邪魔になったとは思いませんけどね。(笑)

2011.07.30  トキメキぼーい  編集

そう言えば

今日はハリーの誕生日ですね

2011.07.31  通りすがりの者  編集

そうですね。

通りすがりの者さんわざわざ知らせていただき恐れ入ります。

そういえば昨日はネビルの誕生日でしたね。

2011.07.31  トキメキぼーい  編集

はじめまして

かなり興味深い記事でおもしろく読ませてもらいました。原作で開心術を使うのはヴォルデモートとダンブルドア、セブルス先生とドラコとハリーとなかなか色々な人が使ってますが、ルーピン先生もか…!意外な考察ですが、そう思ってからハリポタを読むとまた面白いですね。

ただ疑問なんですが、開心術は相手の目を見なければならないと思うんですが、もしかしたら違うんでしょうか?

勘違いならすみません。通りすがり失礼します。

2012.03.15  通りすがりD  編集

目は見なくても・・・

通りすがりDさん初めまして!コメントありがとうございました!

確かに開心術は目を見ればより相手の心を見通しやすくなりますが目を見なくてもすることは可能です。

例えばヴォルデモート卿は第4巻の冒頭章では庭番のフランク・ブライスの心を背中を向けたまま読んでいますし、この記事でも取り上げていますが第7巻の最終章ではハリーが背中を向けているジニーの心を読んでいます。

つまり目を合わせなくても可能ということです。

2012.03.15  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.