FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!少々(かなり?)日にちは過ぎてしまいましたが8月1日に行われたということで今週はビルとフラーの結婚式を取り上げてみようと思います。ハリーにロンにフレッドとジョージの4人で招待客を席に案内したのですが、そこでは個々の招待客の性格やキャラクターを反映させた様々なやり取りが行われたのでした。(全3項目)

3-1.席次表を握り締めて・・・
8月1日の午後3時ハリーにロンにフレッドとジョージの4人は結婚式に出席する招待客を席に案内するため席次表を握り締めて巨大な白いテントの外に立っていたのでした。ハリーはポリジュース薬をたっぷりと飲んで・・・

近くのオッタリー・セント・キャッチポール村に住む赤毛のマグルに成り済ましていたのでした。フレッドが「呼び寄せ呪文」でその少年の髪の毛を事前に盗んでおいたのです。ハリーを変装させてウィーズリー一族に・・・

親戚の多いウィーズリー一族に紛れ込ませ「いとこのバーニー」として紹介するという手はずになっていたのでした。ハリーは姿を借りたマグルの少年がハリーより少し太っていたので照りつける真夏の日差しの下では・・・

ドレスローブが窮屈で暑苦しく相当難儀していたのでした。そんなハリーの様子を見てフレッドは「俺が結婚する時はこんな馬鹿げたことは一切やらないぞ。みんな好きなものを着てくれ」と言った後に式が終わるまでは・・・

「お袋に全身金縛り術をかけてやる」

こう言っていたのでした。そんなフレッドに対してジョージは今朝のウィーズリーおばさんは「パーシーが来ないと言って泣いたもののなかなか上出来だった」とフォローの一言を入れるのも忘れてはいなかったのでした。

そうこうする内に姿現しで招待客が現れフレッドは可愛いフランスの女性2人をジョージは中年の魔女をロンは魔法省の父親の同僚であるパーキンズをそしてハリーはかなり耳の遠い年寄り夫婦を席に案内したのでした。

3-2.ゼノフィリウス氏初登場!
ハリーがテントの入口に戻って来るとルーピン・トンクス夫妻がいて昨日ハリーの誕生会を途中退席したことを謝って来たのでした。トンクスにというよりルーピンに向かって「気にしないで。判っているから」と言うと・・・

ルーピンはハリーに笑顔を見せたものの互いに視線を外した時にルーピンの表情は再び沈鬱になり顔のしわに惨めさが刻まれていることにハリーは気づいたのでした。そんなハリーの目の前に飛びきり珍妙な姿で現れたのが!

片目はやや斜視で綿菓子のような白髪を肩まで伸ばし帽子の房を鼻の前に垂れ下がらせていました。着ているローブは卵の黄身のような目がチカチカするほどの黄色でした。首にかけた金鎖のペンダントには奇妙な印が・・・

三角の目玉のような奇妙な印が光っていました。その人物はハリーに手を差し出しながら「ゼノフィリウス・ラブグッドです」と名乗ったのでした。ご存知の雑誌「ザ・クィブラー」を発行しているルーナの父親だったのです。

ルーナがいないのでロンが「ご一緒じゃないんですか?」とゼノフィリウス氏に訊くとルーナはウィーズリー家のチャーミングな庭で遊んでいるとのことでした。庭小人が素晴らしい蔓延ぶりで挨拶しているのだそうです。

ゼノフィリウス氏に言わせると「庭小人は賢くてどんなに色々と学べるかを認識している魔法使いは少ない」のだそうです。そんなゼノフィリウス氏にロンは確かに我が家の庭小人は素晴らしい悪態のつき方を沢山知っています。

しかしそれは「フレッドとジョージがあいつらに教えたんだと思う」と答えていたのでした。するとそこにルーナが駆け寄って来て「こんにちは、ハリー!」と声をかけて来るものだからハリーはビックリ仰天したのでした。

度肝を抜かれたハリーが「僕の名前はバーニーだけど」と言うとルーナはさらに追い打ちをかけるように「名前も変えたの?」と明るく訊いて来たので、ハリーが「どうして判ったの?」と訊くとルーナはこう答えたのでした。

「うん、あんたの表情」

ルーナもまた父親のゼノフィリウス氏と同じ真っ黄色のローブを着ていました。髪には大きなひまわりをつけてアクセサリーにしています。眩しい色彩に目が慣れてくれば全体的には好感が持てるとハリーはそう思ったのでした。

ルーナはハリーを上から下まで眺めながらハリーのことを素敵だと言ったのでした。そして自分たちの衣装について「パパは結婚式には太陽の色を着るべきだと信じてる」と真っ黄色のローブを着て来た理由を説明したのでした。

縁起がいいからだそうです。(笑)

3-3.ミュリエル大おばさん
そんなルーナが父親のゼノフィリウス氏と共にどこかに姿を消してしまった後に年老いた魔女に腕をがっちりと掴まれたロンが現れたのでした。鼻はくちばしの形で目の周囲は赤く羽根のついたピンクの帽子を被っているのは?

そんな姿の魔女はまるで機嫌の悪いフラミンゴのようでした。その老魔女はロンに「お前の髪は長すぎるぇ」とか「ゼノフィリウス・ラブグッドの着てる物は何だぇ?」などと散々文句を言いながらハリーの前に現れたのでした。

そして今度は・・・

ハリーに「あんたは誰かぇ?」と吠え立てたのでした。ロンが「いとこのバーニーだよ」と紹介するとミュリエル大おばさんは「またウィーズリーかね?お前たちゃ庭小人算で増えるじゃないか」と再び文句を言った後に・・・

「ハリー・ポッターはここにいるのかぇ?会えると思ったに。お前の友達かと思ったが自慢してただけかぇ?」と再びロンに攻撃の矛先を向けたのでした。そんなミュリエル大おばさんにロンはあらかじめ用意していた・・・

この答えを言ったのでした。

「違うよ。あいつは来られなかったんだ」

するとミュリエル大おばさんは「口実を作ったというわけかぇ?それなら新聞の写真で見るほど愚かしい子でもなさそうだ」と言ったのでした。どうやら新聞の写真で見るとハリーは「愚かしい子」に見えるらしいのです。

おそらく父親のジェームズから受け継いだクシャクシャの髪の毛のことを言っているんでしょうね。さらにミュリエル大おばさんは「わたしゃ107才だぇ。あんまり長いこと立っとるわけにはいかないぞぇ」などと再び・・・

文句を並べ立てながらテントの中へと消えて行ったのでした。次に入口でロンを見つけた時にはハリーは12人もの客を案内して出て来た所でした。ロンは額の汗を袖で拭いながら「ミュリエルは悪夢だぜ」と言ったのでした。

以前は毎年クリスマスに「隠れ穴」に来ていたんだそうです。ところがフレッドとジョージが祝宴の時にミュリエル大おばさんの椅子の下でクソ爆弾を破裂させたのに腹を立て以降は幸いなことに来なくなったみたいですね。

父親のウィーズリーおじさんは「おばさんの遺言書から2人の名前が消されてしまうだろう」と言っているそうですが、最終的にはあの2人がウィーズリー家の中では一番の大金持ちになるだろうから気にしないだろうと・・・

ロンはハリーにそう言ったのでした。

今日の最後に
前日のハリー17才の誕生会の時も結婚式に来た時にもルーピンの表情は暗く沈鬱でした。その時ハリーは「ルーピンがどうしてそんな表情を浮かべているのか?」の理由を知らなかったのですが直後に知ることになったのです。

それは妻のトンクスが妊娠したからでした。トンクスの懐妊を知らされた時ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はもちろん「おめでとう!」などと祝いの言葉を言ったのですがルーピンにとってはそうではなかったんですよね。

それは「もし毎月満月の日に狼に変身する子が生まれて来たらどうしよう?」と思うと不安で不安でしょうがなかったというわけです。トンクスは子供を授かって素直に喜んでいたのですがルーピンは全く逆の気持ちだった。

だから暗い表情をしていたというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.