FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!本日は出来ることなら私も習得したい!「この術」について考えてみたいと思います。もし1つだけ身につけることが出来るとしたら私はもちろん!これを選びますね。(巻名なしページ数は謎のプリンス)

ハリーポッター・シリーズでは魔法を使う時には基本的には杖を使って呪文を唱えるなどの行為が必要となります。例えば移動キーを作る時には、その対象物に杖を向けて「ポータス!」と唱えます。(騎士団下巻86と617ページ参照)

煙突飛行粉で移動する時には火の中に飛び込む際に・・・

「ダイアゴン横丁」(秘密の部屋72ページ)とか
「隠れ穴!」(炎のコブレット上巻72ページ、携帯版69ページ)とか
「ホグワーツ!」(下巻45ページ)などと

行きたい場所を唱えながら火の中に飛び込んで行きますよね。その他の魔法についても呪文を唱えながら決められた形で杖を動かしてかけるというのが原則となっています。

しかし姿現し・姿くらまし術の場合は他の魔法とはかなり違っています。すなわち「杖を使わない」「呪文を唱えない」というところが、その大きな違いとなっています。

クリスマス休暇明けに魔法省の講師による12週間の「姿現し」練習コースの受講申し込み受け付けがあって(下巻51ページ)「その年」の8月31日までに17才になる生徒は魔法省から派遣されたウィルキー・トワイクロスの指導を受けて姿現しの練習をしました。

そこでトワイクロスが覚えておかなければならない大切なことと口にしたのが『3つのD』というものでした。すなわち「どこへ、どうしても、どういう意図で!」なんだそうです。(下巻95ページ)

でも?!・・・「完璧な3Dだ。『どういう意図で』『どっちらけ』『どん底』、だったかな、まあどうでもいいや」なんて言ってるロンが出来るぐらいですから移動したい場所を強く心に念じれば出来るみたいですね。(下巻222ページ)

そして17才になると魔法省の試験を受けることになるのですがハーマイオニーは一発で合格しましたが、ロンは片方の眉が半分だけ置き去りになっていたために落ちてしまい結局ハリーと一緒に再び受けることになりました。(下巻237ページ)

つまりここで問題になってくるのが誕生日がいつなのか?!ということなんです。

ハーマイオニーの誕生日は9月19日ですから「姿現しコース」が始まった時には既に17才になっています。ロンは3月1日生まれなのでコースが始まった時(2月)はまだ「16才」です。ハリーは全てのハリポタ読者が知っているように7月31日生まれと3人の中で一番遅生まれなので学期中にテストを受けることは出来ません。

下巻233ページの魔法薬学の授業では6年生の大半が姿現しのテストを受けに出払ってしまったため普段は12人いる生徒がドラコ・マルフォイ、アーニー・マクミランとハリーの3人しかいませんでした。

ドラコ・マルフォイの誕生日は6月5日ですからハーマイオニーが合格したテストの時点ではまだ17才になっていなかったのでハリーと共にテストを受けられなかったということになります。

最後に
上巻87~88ページでハリーは生まれて初めて「姿現し」した・・・とありますが私は「これ」が初めてだとは思っていません。

賢者の石41ページに「学校の屋根事件」というエピソードが出て来ます。ハリーがいつものようにダドリー軍団に追いかけられ、気がついたら食堂の屋根の煙突の上に腰掛けていたというものです。

ハリーはこの時には食堂の外にあった大きな容器の陰に飛び込もうとしただけだったそうですが私は「この時」にもちろん自身が魔法使いだということをハリーが知らない頃だったのですから、当然無意識に『姿くらまし』したんだと思います。

ハリーはジャンプした拍子に風にさらわれたに違いないと思ったようですが・・・

つまり姿現し術は『3つのD』なんて知らなくとも出来ることなんだと私は思います。

コメント

この時期の記事に7巻のことを書いてアレなんですが…

そういえば、ハリーは結局7巻ではホグワーツに行かなかったわけですから、7年生相当の一年でもテストは受けられず、最終章を除き最後まで姿現し・姿くらましが出来ないんですよね。

その意味でもダンブルドアがハリーを単独で行かせず、ロンとハーマイオニー
(特にハーマイオニーはなぜか付き添い姿くらましまで出来たようですし)を同行させたんでしょうね。
ハーマイオニーはビルとフラーの結婚式でも真っ先にハリーの傍にいながらロンを探していますし、
おそらくハリーのこの弱点?を補う自分の役割を自認していたのではないでしょうか。

ひとつ疑問と言えば、ドラゴンに乗ってグリンゴッツから脱出している最中、三人は(付き添い)姿くらましでドラゴンの背からどこかに移動出来なかったんでしょうか。
何もずぶ濡れになる必要もなかったんじゃないでしょうか。
あまりのことに「どこに」を考える余裕がなかったのかもしれないですが(笑)

2012.11.09  ピータン  編集

何度もしてます。

ピータンさんコメントありがとうございました!

ハリーは6年生の時に既に「姿現わし」を習得しているので単独でほぼ支障なくできていますよ。だからアンブリッジがマンダンガスから没収していった分霊箱を奪うために魔法省に下見に行っていた時にもハリーは何度も1人で「姿くらまし」をしています。

9月2日に3人がいよいよ魔法省に潜入した時にはロンにもハリーにもハーマイオニーが付き添って「姿くらまし」をしましたが、それは計画を実行する当日で失敗が許されないという事情からそうしたんだと思います。

それとドラゴンの背中に乗ってグリンゴッツを脱出した時はやはり心に余裕がなかったのでできなかったんだと私もそう思いますね。確かに今にして思えばそうしていれば湖に飛び込んでずぶ濡れにならずに済みましたね。(笑)

2012.11.10  トキメキぼーい  編集

そういえばそうでしたね。
テストは受けてないのに実際は何回も(笑)

2012.11.10  ピータン  編集

1年間は・・・

ピータンさんコメントありがとうございました。

確かにハリーとロンは丸1年間無免許でやってましたね。(笑)

それと納得した時はいちいち返事のコメントをする必要はありません。反論がなければこちらは「納得してくれたんだ」と解釈しますからね。(笑)

2012.11.11  トキメキぼーい  編集

う~ん
すみませんが引っ掛かってしまいました。
トキメキぼーいさんの普段の発言と若干毛色が違ったので迷いがあり、確認のための質問が遅れました。

文章だけを真っ平らに解釈すると、ここのコメント欄の使い方の注意として、裏を返せば、
「コメントを返さなければ、こちらの意図に関わらず、納得したものとみなされてしまう」ということになってしまうのですが、
なにか別の意図がおありでしょうか?

2012.11.15  ピータン  編集

思い浮かんだ内容をそのままに・・・

ピータンさんコメントありがとうございました。

別に他意はありません。今までコメントをいただいた皆さんが納得できなければ反論のコメントをして来たので私はそう解釈しているだけのことです。

私は基本的にはいただいたコメントを読んで最初に頭に思い浮かんだ内容・文言をそのままコメントすることにしています。あまり深く考えたことはありません。

2012.11.16  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.