FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーやロンとは違ってそれも全く正反対にハーマイオニーは箒に乗ることが苦手中の苦手だったため2人のようにクィディッチに夢中になるということはなかったのでした。そんなハーマイオニーには2人とはまた異なるクィディッチとの関わり方があったのです。その方法とは?(全3項目)

3-1.ハーマイオニーとクィディッチ、その1
ハリーやロンとは違って「ハーマイオニーとクィディッチの関係は?」と云えば残念ながらお世辞にも良好な関係とは言い難いでしょうね。そもそも本の中にはハーマイオニーが箒に乗っているという描写は全く登場しません。

6年生の夏休み「隠れ穴」に滞在中のハリーは1日の大半をウィーズリー家の果樹園で2人制クィディッチをして過ごしたんだそうです。ロンはジニーと組みハリーはハーマイオニーと組んだのだそうです。ジニーは手強く・・・

一方ハリーが組んだハーマイオニーは箒に乗るのが恐ろしく下手だったためいい勝負になったのだそうです。そして2度目にハーマイオニーが箒に乗るという場面が登場したのは翌年度ハリーたちがホグワーツ入りした時でした。

クラッブが必要の部屋に「悪霊の火」を放って部屋の中は火の海となりハリーは手近にあった箒を2本取って1本をロンに投げたのでした。ロンはハーマイオニーを引き寄せて後ろに乗せ3人は床を蹴って舞い上がったのでした。

私の見逃しや記憶違いがなければハーマイオニーが箒に乗ったという場面は「この2回」だけです。しかしその一方でハーマイオニーはハリーやロンとは全く違う形でクィディッチと関わることになったというわけなんですよね。

それは?

3-2.ハーマイオニーとクィディッチ、その2
そんなわけでハーマイオニーが箒に乗っている場面が出て来るのは2回のみで最初は第6巻「謎のプリンス」で間接的な表現のみ。さらに2回目は第7巻「死の秘宝」で1人ですら乗ってないというハーマイオニーなんですが・・・

クィディッチ・ワールドカップの決勝戦を観に行った時ブルガリア側のテントにぶら下がっているビクトール・クラムのポスターを見てハーマイオニーが漏らした感想は「とっても気難しそう」というものでした。それが・・・

試合終了後にはハーマイオニーは「あの人とっても勇敢だと思わない?」と言ってクラムが着地しようとするところをよく見ようと身を乗り出していたのです。そして次にハーマイオニーがクラムを間近に見た時には・・・

「ロン落ち着きなさいよ。たかがクィディッチの選手じゃない」

「たかがクィディッチの選手」と言われてロンは耳を疑うという顔でハーマイオニーを見つめたのでした。ところがそのビクトール・クラムがハーマイオニーにとってはおそらく生涯に渡って忘れられない存在になったのです。

三大魔法学校対抗試合の代表選手はクリスマス・ダンスパーティでは最初に踊らなくてはなりません。そのためには必ずパートナーを連れて来なくてはならず何とビクトール・クラムが指名したのはハーマイオニーだったのです。

しかも意外なことにクラムが毎日図書室に通い詰めていたのはハーマイオニーに会うためだったのです。ハーマイオニーと話がしたかった。しかしそうする勇気がなかったとクラムはハーマイオニーに打ち明けたのだそうです。

「第2の課題」終了直後ビクトールはハーマイオニーに「夏休みに特に計画がないのなら(ブルガリアに)来ないか」と言いさらに「こんな気持ちを他の人に感じたことはない」とまで言ってくれたのだそうです。そして・・・

それからも2人はどうやら手紙のやり取りをしていたようですがビルとフラーの結婚式で久しぶりに顔を合わせることができたのでした。その時ハーマイオニーは頬を染め喜びを隠せない様子でビクトールにこう言ったのでした。

「私知らなかったわ。あなたが-まあ-またお会いできて-お元気?」

まんざらでもないという雰囲気のハーマイオニーにロンは耳を真っ赤にして不必要に大きな声でクラムに「どうしてここに来たんだい?」と訊いたのでした。そんな激昂しているロンを見てクラムはハリーにこう言ったのでした。

「君の友達は僕に会ってうれしくない」

しかし結局のところハーマイオニーが生涯の伴侶として選んだのはやはりクィディッチのブルガリア代表選手で三大魔法学校対抗試合の代表選手でもあったビクトール・クラムではなくロンだったというわけなんですよね。

3-3.ハーマイオニーとクィディッチ、その3
ロンとハーマイオニーはホグワーツ在学期間中の7年間に幾度となく大きな喧嘩を繰り広げましたが、中でも一番事が深刻だったのは6年生の時でした。しかもこの時もクィディッチが深く関わっていたというわけなんですよね。

きっかけはロンがハーマイオニーに対して抱いた「ハーマイオニーはビクトール・クラムとキスしたのか?」という疑念でした。それからというものロンのハーマイオニーに対する態度はぎすぎすして冷たくなりやがては・・・

クィディッチのシーズン開幕戦スリザリン戦後にはハリーの施した策がものの見事に裏目に出てロンはラベンダー・ブラウンと付き合うようになりハーマイオニーはそんなロンとの同席を強く拒否するようになったのでした。

そんなロンに対抗するためにハーマイオニーが取った行動はこの年度からホグワーツの教職に復帰したスラグホーンのクリスマス・パーティにロンとキーパーの座を争ったコーマック・マクラーゲンと行くことだったのです。

「コーマック・マクラーゲン、なの?」

「もう少しでグリフィンドールのキーパーになるところだった人よ」

ビクトール・クラムの次はコーマック・マクラーゲンということでパーバティ・パチルがハーマイオニーに「あなたってクィディッチ選手が好きなのね?」と訊くとそんなパーバティにハーマイオニーはこう答えたのでした。

「私が好きなのは本当にいいクィディッチ選手よ」

しかし結局コーマック・マクラーゲンとの関係はほんの一瞬で破綻してしまいロンの誕生日3月1日に起こった毒入りのオーク樽熟成の蜂蜜酒事件がきっかけになってハーマイオニーはロンとよりを戻したというわけなんですよね。

今日の最後に
私はむしろビクトール・クラムがハーマイオニーに強く惹かれたのはハーマイオニーがクィディッチにあまり関心がなかったからだとそう思いますね。他の女子生徒たちは誰もが皆クラムのことを特別視するのに対して・・・

ハーマイオニーは「有名なクィディッチの選手ではなく1人の人間として僕を見てくれた」ということでクラムは「この人なら自分を神聖視したりしないだろう」ということもあったんじゃないかな?と私はそう思いますね。

コメント

No title

ハーマイオニーの魅力に誰よりも早く気がついたクラムにいい相手が見つかりますように・・・
フラーはシリウスと同じくらいイケメンが強調されていた(過去形)ビルとくっつけたのに・・・

2011.09.01  ゆーすけ  編集

そうですね。

ゆーすけさんコメントありがとうございました!

私も同感です。クラム君にはぜひ幸せになっていてもらいたいものです。

やはりクラム君にはハーマイオニーのようにクィディッチにあまり興味のない人のほうがいいと私はそう思いますね。そうでないと最初からクラム君のことを特別な目で見てしまいますからね。

2011.09.02  トキメキぼーい  編集

ハーマイオニーと箒

ハーマイオニーの箒に乗った描写についてなんですが、1巻を引っ張り出して確認しないとわからないのですが、賢者の石に辿り着くまでにくぐり抜けた障害の中で、箒に乗って鍵を捕まえるシーンがありましたよね。あの時は3人で箒に乗って鍵を捕まえたと思うのですが。まあ、描写があったかどうか確認しないと分かりませんが。
 それからスネイプのつくった障害のところでハリーとハーマイオニーが別れる時、ハリーは戻ってからロンと合流して、箒に乗ってふくろう小屋まで行ってくれと頼んでましたよね。そうすればフラッフィーも仕掛け扉も越えられると。描写はないけれど、この時は、ハーマイオニーは箒に乗って戻ったんですよね。もしかしたら、ロンの後ろに乗せてもらったかもしれないけれど。

 クラムがハーマイオニーに惹かれた理由は、私も管理人さんと同じ意見です。ハーマイオニーはたぶん可愛いけれど、同級生からすると気が強く、成績がよく、優等生過ぎてもてないタイプなんでしょうね。でもネビルはダンスパーティーに誘ってましたね。ちょっとでも好きだったのかなと思ったことがあります。みんなにからかわれているネビルをよくかばってたりしましたから。そのネビルはハーマイオニーに断られた後、ジニ―を誘ったんですよね。その後のジニ―のもてぶりをみると、よくこの時ネビルがジニ―を誘えたなあと思います。
 ネビルやロンがもしクラムより先に申し込んだら、ハーマイオニーはどちらかと行ったんですかね。

2011.09.04  月花  編集

ありました!

月花さんコメントありがとうございました!

確認しました。確かに羽のついた鍵を捕まえる時にハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が箒に乗っていますね。この当時だとハーマイオニーは箒に乗り始めて一年も経っていないんですが違和感なく乗っていますね。(汗)

日本語版だと410ページです。さらに直後の420ページではハリーがハーマイオニーにロンと合流して鍵が飛び回っている部屋に行って箒に乗れば仕掛け扉もフラッフィーも飛び越えられると確かにそう言っていますね。

当サイトでは「ハーマイオニーはホグワーツ特急で最初に出会った時にロンに一目惚れだった」との見解なので、ハーマイオニーはあの当時「クラムより先にロンが誘ってくれていたらよかったのに」と考えていたと思いますね。

しかし「もしクラムが誘っていなければネビルとロンのどちらと一緒に行っていた?」ということになると多分ハーマイオニーは先に申し込んだほうの人と行っていたと私はそう思いますね。

それとネビルがジニーを誘ったのは当時ジニーがまだ3年生で誰かの招待を受けないとダンスパーティに出席できなかったのでネビルは親切心で誘ったんだと思いますね。それ以上の深い意味はないと私はそう思います。

ハーマイオニーについても同じだと私はそう思いますね。思いを寄せていたとか恋愛感情とかそういうことではなかったと思います。

とにかく情報提供ありがとうございました!こういう指摘をしてくれるコメントを待っていたんですよ。

2011.09.04  トキメキぼーい  編集

うろ覚えで申し訳ないんですが、ハーマイオニーが箒に乗った機会ですが、7人のポッター作戦でハーマイオニーは箒に乗っていませんか?
(ハーマイオニーと組んだ同行者が誰だったのかも定かではないくらいでスミマセン)

確かハリーとハグリッドはシリウスのバイクだったと思うのですが、その他は箒以外の手段という描写はなかったように思います。
もちろん操縦は騎士団メンバーによるものだったとは思いますが。

2012.10.23  ピータン  編集

あの時は・・・

ピータンさんコメントありがとうございました!

「7人のハリー・ポッター作戦」の時ハーマイオニーはキングズリー・シャックルボルトと組んで乗ったのは箒ではなくてセストラルでした。ハーマイオニーは箒に乗るのは苦手なのでムーディが配慮してくれたようですね。

それはハーマイオニーが箒に乗ったら一発で偽者だとバレてしまうので当然でしょうね。ハリーは箒に乗るのが飛び抜けて上手なんですからね。(笑)

2012.10.24  トキメキぼーい  編集

あ、そうでしたか、その描写は完全に忘れてました(笑)
私のうろ覚えのためにお手を患わせてしまったようで恐縮です。

2012.10.24  ピータン  編集

この程度のことなら・・・

ピータンさんコメントありがとうございました!

別にさほどの手間ではないので一向に構いません。

それにわざわざお礼のコメントをいただくほどのことでもありませんからね。(笑)

2012.10.25  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.