FC2ブログ
「何としてもスラグホーンの記憶を回収したい!」そう強く願ったハリーは努力に努力を重ねましたがスラグホーンの記憶を回収することはできなかったのでした。すると「姿現し」のテストの日ロンがハリーに言ったのです。幸運になれと!言われたハリーは?(全3項目)

3-1.ヴォルデモートは何故?
結局ハリーは次の個人教授の時までにダンブルドアの出した宿題をやり遂せることができず、ダンブルドアから理路整然と厳しく問い詰められることになってしまったのでした。そしてその授業の際にハリーが見た記憶とは?

ヴォルデモートがホグワーツで職を得るためダンブルドアと対面したその時の光景を見てハリーは「何としてもスラグホーンの記憶を回収したい!」という気持ちをなお一層強く持つに至ったのです。その記憶の中で2人は?

ダンブルドアはヴォルデモートに「互いに判っていることだが望んでもいない仕事を求めるために今夜君がここを訪れたのは何故なのか?一度ぐらい率直に話してみてはどうか?」と迫ったのでした。それに対して・・・

ヴォルデモートは「私が望まない仕事?とんでもない。私は強く望んでいます」と反論しましたが、そんなヴォルデモートに対してダンブルドアは「君はホグワーツに戻りたいと思っているのじゃ」と言葉を返したのでした。

18才の時も今も君は決して教えたいなどとは思っていない。何が狙いなのか?正直に願い出てみてはどうかとダンブルドアはヴォルデモートにホグワーツで教えたいと言う真の目的を問い質しましたが、それに対して・・・

ヴォルデモートは最後の最後まで「その理由」を明かすことなく校長室を出て行ってしまったのでした。そしてダンブルドアがハリーにそのことを話すためにはスラグホーンの記憶が欠かせないというわけなんですよね。

3-2.教室には3人
ハリーが「スラグホーンの記憶を回収したい!」と強く願ったのはダンブルドアに厳しく叱責されたからではなく「ヴォルデモートは何故ホグワーツに戻りたいと思ったのか?」の真の理由が知りたかったからなんですよね。

そのためハリーは宿題を出された直後以上にスラグホーンから記憶を回収するための努力をしたのですが、魔法薬の先生は地下牢教室ではハリーと2人きりだと知るや素早く逃げて行ってしまいますし部屋を訪問しても・・・

居留守を使う有り様なのでした。ところがハリーがロンとハーマイオニーに苦々しげに「57回目にやっと幸運ありっていうわけ?」と言うと2人がハリーの「幸運」という言葉に反応してこう言ったというわけなんですよね。

「ハリー、それだ。幸運になれ!」
「もちろんそうだわ!どうして思いつかなかったのかしら?」

「フェリックス・フェリシス?」
「スラグホーンの記憶ほど大切な物が他にある?」

その日の魔法薬学の授業は生徒の大半が「姿現し」のテストを受けるため残っていたのはハリーの他にはドラコ・マルフォイとアーニー・マクミランの2人しかいなかったのです。スラグホーンが愛想よく3人の生徒に・・・

「姿現しするにはまだ若すぎるのかね?まだ17才にならないのか?」と訊くとハリーもドラコもそしてアーニーも頷いたのでした。そこでスラグホーンは「これだけしかいないのだから何か楽しいことをしよう」と言って・・・

3人に「何でもいいから面白い物を煎じてみてくれ」と言うのです。

そこでハリーが作ったのは?

3-3.陶酔感を誘う霊薬
スラグホーンにそう言われてハリーが上級魔法薬の本を拾い読みしていると教科書を散々書き替えたプリンス版の「陶酔感を誘う霊薬」が目に止まったのでした。スラグホーンの課題にぴったりな上にもしかすると・・・

そう考えた途端にハリーの心は躍ったのですが「この魔法薬を一口飲むよう説得ができればスラグホーンがご機嫌な状態になって、あの記憶を渡してもいいということになるかもしれない」と思ったのでした。そして・・・

「これはまた何とも素晴らしい」

1時間半後にはスラグホーンはハリーの大鍋を覗き込み太陽のように輝かしい黄金色の陶酔薬を見下ろしてハリーの作った魔法薬を「何たる閃きだ」とか「いったいどこからそんなことを思いつくのやら」などと言って・・・

ついには「母親の遺伝子が君に現れたのだろう!」と絶賛するに至ったのでした。一方アーニーのほうはかなり不機嫌でした。今度こそハリーより上手くやろうと無謀にも独自の魔法薬を創作しようとしたのですが・・・

薬はチーズのように固まり鍋の底で紫のダンゴ状になっていました。ドラコもふて腐れた表情で早々に荷物を片付け始めていました。ドラコが作った「しゃっくり咳薬」をスラグホーンは「まあまあ」と評価しただけでした。

終業ベルが鳴るとアーニーもドラコも即座に地下牢教室を出て行ったのでした。そしてハリーは必死になってスラグホーンに「(僕の作った陶酔薬を)試してみませんか?」と言ったのですがスラグホーンは今回もまた・・・

振り返って教室をざっと眺め自分とハリーの2人しかいないことを知るや足早に教室を出て行ってしまったのでした。ハリーはがっかりして荷物をまとめると足取りも重く地下牢教室を出て談話室に戻ったというわけです。

最後に
大方の皆さんはご存知のようにハリーはこの後フェリックス・フェリシスを飲んでようやくスラグホーンの記憶を回収することに成功して「ヴォルデモートは何故ホグワーツの教師になりたかったのか?」の理由や・・・

「ホークラックスとは何なのか?」など数々の疑問の答えを知ることができたというわけなんですよね。こうしてほぼ1年ぶりにやったこの「各科目の授業風景」シリーズなんですが久しぶりにやったということで・・・

以前にやった時と比べると若干作風が変わったような気がします。今度はあまり間隔を開けないように気をつけたいと思います。(汗)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1059-be07744a