FC2ブログ
改めて考えてみるとハリーもハーマイオニーもよく似た性格で一度言い出したことはなかなか撤回しないために時には意見や考えが真っ向から対立してしまうこともあったというわけなんですよね。さらにはハリーのみが持っていると思われていた特性をハーマイオニーも持ち合わせていることが判明しました。それは?(全3項目)

3-1.ああ見えても「よく似た2人」
今改めて思い返してみるとハリーとハーマイオニーって性格がよく似ていますよね。ハーマイオニーは初めてホグワーツ特急に乗った際にロンに一目惚れして以来、一途にロンのことだけを思って最終的には結婚していますよね。

ハリーの場合は初恋がチョウ・チャンで2人目がジニーでしたが、とにかく一度好きになったら何か余程のことがない限りはとことん思い詰めるといった感じでした。それとダンブルドアも指摘していることなんですが・・・

スネイプに言わせればハリーは父親の再来だそうですが、ダンブルドアはそんなスネイプに「外見はそうかもしれぬ。しかし深い所であの子の性格は母親のほうに似ておる」と言っていますね。さらにダンブルドアは・・・

ハリー自身にも言っていることなんですが「やや規則を無視する傾向がある」と言っていますが、ハーマイオニーもまたポリジュース薬を作る時には同様の行動を取っています。さらにハリーもハーマイオニーも2人とも・・・

異性のことに限らず「一度思い込んだらなかなか自分の考えを曲げないし改めない」という所があります。そのため2人の間で考えや意見が食い違うという事態に陥ると激しく衝突するということになるというわけなんですよね。

3-2.意見が食い違う2人、その1
6年生の夏休み最後の1週間のほとんどをハリーは「夜の闇横丁」でのドラコ・マルフォイの行動の意味を考えることで過ごしたのでした。ところがロンもハーマイオニーもそのことにあまり関心を示そうとしなかったため・・・

それがハリーを苛立たせることになったのでした。ハリーがいくら熱心に問い掛けても2人の反応は鈍かったのです。そんな時ハリーの脳裏に恐るべき考えが閃いたのですが、それを聞いた時のハーマイオニーの反応は?

「あいつが死喰い人だ」
「父親に代わってあいつが死喰い人なんだ!」

そう主張するハリーにハーマイオニーは「とても有り得ないことだわ」と言ったのでした。さらにハリーがマダム・マルキンの店でマダムが袖をまくろうとした時に腕を引っ込めたのは闇の印がついていたからだと言うと・・・

ハーマイオニーは「マルフォイはあの店から出たかっただけだと思うわ」と真っ向からハリーの考えを否定したのでした。ロンも「例のあの人が16才のマルフォイを受け入れるはずがない」とハーマイオニーに同調したのでした。

学期が始まってからもハリーは何か事が起こる毎に「ドラコ・マルフォイ死喰い人説」を主張しましたが、ロンもハーマイオニーも反論すらせず聞こえないふりをしたのでした。ところがクリスマス休暇の前日にハリーは・・・

ハリーはスラグホーンのクリスマス・パーティに出席していたのですが、そこに突然フィルチに連行されてドラコ・マルフォイが現れスネイプと共にパーティ会場を出て行ったのです。2人の会話を漏れ聞いたハリーは・・・

2人の会話の内容を話すとハーマイオニーもようやく「マルフォイが何かを企んでいるらしい」ということは認めたのでした。しかしハリーの「マルフォイはヴォルデモートの命令で動いている」という意見に対しては・・・

ハーマイオニーは「2人の内のどちらかがヴォルデモートの名前を口にした?」と言って、なおもハリーの考えを全面的に受け入れたとは言ってないという姿勢を示したというわけです。そんなハーマイオニーにハリーは・・・

スネイプは「君の主君」とはっきり言ったしそれがヴォルデモート以外に考えられるのか?と反論したのでした。しかし結局ハーマイオニーは決定的なことが起きて歴然たる事実を突きつけられるまではハリーの考えを・・・

認めようとはしなかったのです。

ダンブルドアが殺される夜までは・・・

3-3.意見が食い違う2人、その2
ビルとフラーの結婚式が死喰い人たちに急襲されて慌しく分霊箱を探す旅に出たハリーたち3人だったのですが、早々に1つ目の分霊箱を奪うことには成功したものの怪我を負ったロンが極めて非協力的だったこともあり・・・

ハリーとハーマイオニーの2人だけが次の分霊箱の在り処や破壊方法を話し合うことになってしまったのでした。しかし新しい情報が全く手に入らないというこの状況では2人の会話は次第に堂々巡りになって行ったのです。

ダンブルドアがハリーに「分霊箱の隠し場所はヴォルデモートにとって重要な場所に違いない」と教えていたこともあって2人の話し合いではヴォルデモートが住んでいたか訪れたことが判っている場所の名前が何度も・・・

繰り返し候補に挙がったのでした。そんな中ハリーの脳裏に常に浮かぶのは「ホグワーツ」だったのです。しかしハーマイオニーは「もしそうだとすればダンブルドアがもう既に見つけているはずじゃない!」と言って・・・

ハリーは「ヴォルデモートがダンブルドアに就職を頼みに来た時に分霊箱を隠したかもしれない」という可能性をも指摘しましたが、その考えはハーマイオニーに真っ向から否定されてしまったのでした。それに加えて・・・

「アルバス・ダンブルドア-母親の死後まもなく友人のゲラート・グリンデルバルドと」

ゴドリックの谷に行った際にバチルダ・バグショットの家で入手したリータ・スキーター著の「アルバス・ダンブルドアの真っ白な人生と真っ赤な嘘」の中のハリーが探していた写真はすぐに見つかったのでした。そして・・・

友人のゲラート・グリンデルバルドと・・・

ハリーはしばらくの間この文字をまじまじと眺めたのでした。ハーマイオニーも自分の目が信じられないという表情を浮かべていました。そしてその章を読み終わった後ハリーとハーマイオニーは激しい議論を交わしたのです。

ハーマイオニーはハリーに「これはリータ・スキーターが書いた本なのよ」とさらにダンブルドアの生涯の中ではグリンデルバルドと友人関係だった時が最悪の部分だったとダンブルドアを庇護する発言を繰り返したのです。

2人が友人だったのはほんの2ヵ月ほどだったしダンブルドアもまだ若かったとダンブルドアを庇うハーマイオニーにハリーはダンブルドアは今の僕たちと同じ歳で新しい親友とマグルの支配者になる企みを巡らせていたと・・・

「僕たちはこうして闇の魔術と戦うために命を賭けているのに」ともはや怒りを抑えられないハリーが立ち上がって歩きながら反論するとハーマイオニーはハリーに「ダンブルドアは変わったのよ」と言い返したのでした。

確かに17才の時にはこんなことを考えていたがグリンデルバルドと別れてからは闇の魔術と戦うことに人生を賭けたしマグルの保護とマグル生まれの権利を常に支持してヴォルデモートと戦い打倒しようして命を落としたんだと。

ダンブルドアに対する怒りが静まらなかったハリーだったのですがハーマイオニーの「ダンブルドアはあなたのことを愛していたわ。私にはそれが判るの」という言葉を聞いて取りあえず矛を収めることにしたのですが・・・

ハーマイオニーの言うことが真実であって欲しい。ダンブルドアは本当に自分のことを大切に思ってくれていたんだ。ハーマイオニーにそう言われてもハリーはそうであって欲しいと願う自分が憎かったというわけなんですよね。

やはりハーマイオニーの言うことを全面的には受け入れられないハリーがそこにいたというわけです。

今日の最後に
実は今日の記事を書いていてふと気づいたことなんですが、ダンブルドアがハリーに対して言っていた「規則をやや無視する傾向がある」というのはハリーだけじゃなくてハーマイオニーにも云えるということが判明しましたね。

ハーマイオニーと云えば規則を遵守する熱意については他の寮生を含めても右に出る者なしといった印象でしたが、2年生の時にはポリジュース薬を作ったり5年生の時にはアンブリッジに言わせれば違法な学生組織である・・・

ダンブルドア軍団を結成したりもしていますからね。それはやはりハーマイオニーがグリフィンドール生だという証なんでしょうね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1062-b5c9db11