FC2ブログ
先週に引き続き今週もハーマイオニーを取り上げたいと思います。この1週間はハーマイオニーと個々の登場人物との関係について考えてみることにします。口には出して言わないもののマクゴナガル先生にとっては学年のトップということで自慢の生徒なのではないでしょうか?そしてもちろんハーマイオニーにとっても・・・(全3項目)

3-1.マクゴナガル先生との関係、その1
マクゴナガル先生と云えば公正中立で厳格で聡明で、どの寮の生徒とも分け隔てなく接し自分が寮監を務めるグリフィンドール寮からの減点も厭わないし躊躇しないというわけなんですがハーマイオニーについては・・・

先生の性格からしても決して口に出すことはないのですが、初授業で唯一マッチ棒を針に変えることができましたし学年でトップの成績ということで先生にとってハーマイオニーはきっと自慢の生徒では?という気がしますね。

「先生、もう随分長いことハーマイオニーに会っていません」

ハリーたちが2年生の時にはハーマイオニーもまた一連の襲撃事件の犠牲者になってしまったのですが、ハリーがこう言ってマクゴナガル先生の目に涙が光っているのを見てハリー自身もロンも驚かされたというわけです。

「そうでしょうとも」

マクゴナガル先生にじっと見つめられて当初ハリーは「先生の雷が落ちるのでは?」と恐れたのですが、マクゴナガル先生は「マダム・ポンフリーには私から許可が出たと言いなさい」と言ってハリーとロンの2人が・・・

ハーマイオニーの見舞いに行くことを許してくれたのです。ロンはハリーに「あれは君の作り話の中でも最高傑作だったぜ」と絶賛しましたが、今にして思えばマクゴナガル先生も自慢の生徒のハーマイオニーがいなくて・・・

寂しかったんじゃないかな?と私はそう思いますね。

3-2.マクゴナガル先生との関係、その2
先週の記事で「ハリーとハーマイオニーは意外に似た者同士」ということが判明しましたが、ハーマイオニーとマクゴナガル先生が性格を筆頭にかなり似ていて共通点が多いということに異論を挟む人はいないでしょうね。

さらに3年生になって明らかになったのが「占い学の教師であるシビル・トレローニを全く信用していない」ということでした。そして占い学の最初の授業が終わった後それを明らかにするきっかけを作ったのもやはり・・・

ハーマイオニーだったのです。自分の「動物もどき」変身がハリーたちのクラスの喝采を浴びなかったためマクゴナガル先生が「今日はみんなどうしたんですか?」と訊くのに対してハーマイオニーが答えたというわけです。

「先生、私たち占い学の最初のクラスを受けて来たばかりなんです。お茶の葉を読んでそれで-」

するとマクゴナガル先生はハーマイオニーに「それ以上は言わなくて結構です」と言った後に「今年はいったい誰が死ぬことになったのですか?」と訊くものだからハリーを見つめていた生徒たちが一斉に向き直って・・・

マクゴナガル先生に注目したのでした。そして先生はトレローニー先生がホグワーツの教師になって以来「毎年1人の生徒の死を予言して来たが未だに誰1人として死んではいない」と言い渡したというわけなんですよね。

変身術の授業が終わった後ハーマイオニーはマクゴナガル先生という超強力な援軍を得て占い学のことを「とってもいい加減だと思う」とか「当てずっぽうが多過ぎる」などと非難したのでした。そしてついには・・・

1年と持たずに学期の途中で「占い学」を放り出し辞めてしまったのでした。ところが5年生の学期末には「本物の予言が存在するらしい!」と知ってトレローニー先生に対する認識を新たにしたというわけなんですよね。

3-3.マクゴナガル先生との関係、その3
ハリーたちが5年生の時には魔法省からドローレス・アンブリッジが「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師として学校に乗り込んで来たのでした。そして学期初日の9月1日には何と事もあろうにその新任の教師である・・・

アンブリッジがダンブルドア校長の話を途中で遮るという異例の事態が起きたのです。アンブリッジの演説はハリーに言わせれば「中身のない無駄話にしか聞こえなかった」というものだったのですが実はその中には・・・

ハーマイオニーは「その無駄話に大事なものが隠されていた」と言うのです。例えば「進歩のための進歩は奨励されるべきではありません」とかさらには「禁ずべきやり方と判ったものは何であれ切り捨て」などなど・・・

ロンが「どういう意味だい?」と訊くとハーマイオニーは不吉な知らせを告げるように「魔法省がホグワーツに干渉するということよ」と言ったのでした。そしてハリーがアンブリッジの最初の授業を受けた後には・・・

アンブリッジが書いた手紙を持ってマクゴナガル先生の部屋に行くとハリーは先生から「気をつけないといけない」とさらに「あの先生のクラスで態度が悪いと寮の減点や罰則だけでは済まない」と言われてしまったのです。

ハリーを見つめる先生の顔は深刻な眼差しでハリーが知っているいつもの厳しい声ではなく低くて心配そうな声でした。そして先生に「あの人が学期始めに何と言ったか聞かなかったのですか?」と言われてハリーは・・・

「進歩は禁じられるとか・・・魔法省がホグワーツに干渉しようとしている」などと学期初日にハーマイオニーから聞いた言葉を口にするとマクゴナガル先生は部屋を出るように促しながら最後にハリーにこう言ったのでした。

「まあ、とにかくあなたがハーマイオニー・グレンジャーの言うことを聞いてくれてよかったです」

今日の最後に
実は今回ハリーがアンブリッジの最初の授業を受けた時にアンブリッジの手紙を持ってマクゴナガル先生の部屋に行った際に先生がハーマイオニーの言うことを聞いてくれてよかったとハリーに言っているのを聞いて・・・

今年度から監督生になったハーマイオニーはハリーとロンに警告を発しただけではなくアンブリッジの演説を聞いて自分が「どう思ったのか?どう感じたのか?」ということをちゃんとマクゴナガル先生に報告していたんですね。

だからこそのマクゴナガル先生の最後のあの言葉だったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1064-b34260d6