FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

アンブリッジ先生のお陰でハリーにフレッドとジョージの主力選手3人が抜けてグリフィンドール・チームはボロボロのガタガタになり「これでクィディッチ優勝杯は自分たちのもの!」と思っていたドラコらスリザリン生だったのですが思ってもみなかった超意外な展開がドラコらを待ち受けていたのでした。(全3項目)

3-1.フレッド・ジョージ旋風の余波
こうしてアンブリッジがドラコらスリザリン生を「尋問官親衛隊」に任命したことでグリフィンドール寮の得点は2日足らずで「ほぼゼロ」となったのですが、尋問官親衛隊が栄華を極める期間はそう長くは続かなかったのです。

それはイースター休暇明けの初日にフレッドとジョージが悪戯専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ店」の開店をド派手にぶち上げてホグワーツを去って行ったことで呆気なく終焉を迎えてしまったというわけです。

フレッドとジョージの自由への逃走はそれから数日間に渡って何度も繰り返し語られたのでした。2人が去った余波で直後は「2人に続け!」という大きなうねりが起きたのです。そのために校内は群雄割拠状態となって・・・

「クソ爆弾」や「臭い玉」が頻繁に廊下に落とされるため「泡頭の呪文」をかけるのが流行になったのでした。誰も彼もが金魚鉢を逆さに被ったような奇妙な格好になりましたが確かにそれで新鮮な空気は確保できたのです。

フィルチは乗馬用の鞭を手に悪ガキを捕えようとと血眼になって廊下のパトロールをしましたが、何しろ数が多いためどこから手をつけていのか分らなくなっていました。尋問官親衛隊もフィルチを助けようとしましたが・・・

隊員に次々とおかしなことが起きたのでした。クィディッチのスリザリン・チームのワリントンは「ひどい皮膚病らしい」と医務室にやって来たのですがコーンフレイクをまぶしたような肌になっていたのでした。さらに・・・

パンジー・パーキンソンは鹿の角が生えて来て次の日の授業を全部休む羽目になったのでした。パンジー・パーキンソンが天敵だったハーマイオニーは大喜びしたのでした。極め付きはスリザリン・チームのキャプテンの・・・

モンタギューがトイレへの旅からまだ回復していないことでした。未だに混乱と錯乱が続いてついには両親のモンタギュー夫妻が激怒して学校に抗議に訪れるという事態に発展してしまったのです。多分そのことが原因で・・・

スリザリン・チームは2戦目のハッフルパフ戦に僅差で敗れ早々に優勝戦線から脱落することになってしまったのでした。

3-2.クィディッチ最終戦でも・・・
シーズン開幕戦のグリフィンドール対スリザリン戦終了後にドラコがハリーたちに対して行った挑発行為にアンブリッジが力添えをして見事にハリーにフレッドとジョージを「クィディッチ永久禁止処分」にしたために・・・

グリフィンドール・チームは主力選手3人が抜けてボロボロのガタガタとなり、アンブリッジとドラコらスリザリン生の思惑通りになってグリフィントールは2戦目のハッフルパフ戦を「230対240」で落としてしまったのでした。

「これで今年度のクィディッチ優勝杯は自分たちのもの!」とドラコらスリザリン生たちは目論んでいたのでしょうが、前述のようにスリザリン・チームは2戦目のハッフルパフ戦を落としてしまったのでした。その原因とは?

実はその元凶が他ならぬドラコだったというわけです。ドラコの腰巾着のクラッブとゴイルの2人をおそらくドラコが無理やりチームのビーターに捻り込んだのがスリザリン2連敗の主原因になったんだと私はそう思いますね。

アンブリッジ校長がハリーたち3人に対して取った「クィディッチ永久禁止処分」の措置が功を奏してグリフィンドール・チームが優勝を逃がすのがせめてもの慰めでした。そして試合が始まって早々の最初のシュートは・・・

レイブンクローのキャプテンのデイビースが決めてハリーもハーマイオニーも含めたグリフィンドール生たちが呻くことになったというわけです。そしてハリーの予想通りに反対側の席のスリザリン生の間からはあの歌が・・・

♪ウィーズリーは守れない。
万に1つも守れない・・・

ドラコはアンブリッジ校長や他の尋問官親衛隊の面々と共に試合の様子を見守っていたのでした。ドラコたちは「試合中に何か騒ぎが起こるに違いない」だからもしもの時にはそれを理由にして没収試合にでもしてしまえばいい。

そう思ってグリフィンドール対レイブンクロー戦を観ていたんじゃないかな?と私はそう思いますね。とにかくアンブリッジ校長とドラコを含めたスリザリン生がひたすら一途に思い願っていたのは1つのことだけだったのです。

それは?

グリフィンドールだけには優勝して欲しくない!

しかし!試合の結果は・・・

3-3.ふくろう試験が近づくと・・・
そんなわけでドラコが「あんな最低のキーパーは見たことがない」と酷評したロンの大車輪の活躍でグリフィンドールがクィディッチ優勝杯を獲得したというわけなんですが、ドラコを含めた5年生たちは6月になれば・・・

優勝できたことを喜んだりグリフィンドールにされてガッカリしている暇も余裕もなかったというわけです。それはいよいよふくろう試験が近づいて来たからでした。6月に入ると各科目の先生方は宿題を出さなくなり・・・

試験に最も出題されそうな予想問題の練習に時間を費やすようになったのでした。ハーマイオニーも6月になると試験に気を取られるあまり長時間1人でブツブツ言っていましたし屋敷しもべ妖精の服も置かなくなっていました。

ふくろう試験が間近になって来るとおかしな行動を取るのはハーマイオニーだけではありませんでした。アーニー・マクミランは誰彼なく捕まえては勉強のことを質問するという癖がついてみんなをイライラさせたのでした。

「1日に何時間勉強してる?」

ハリーとロンが「薬草学」の教室の外に並んでいるとアーニーがギラギラと落ち着かない目つきでこう訊いて来たのでした。ロンが「数時間だろ」と答えるとアーニーが「8時間より多いか少ないか?」と訊いて来たため・・・

ロンは少し驚いた顔をして「少ないと思うけど」と返事をしたのでした。それからアーニーは「月曜日は9時間半やった」とか「火曜日は7時間15分しかやらなかった」などと延々と勉強した時間をしゃべり続けていたのです。

一方ドラコは他の生徒たちとは全く違うやり方で周囲にパニックを引き起こしていたのでした。試験開始の数日前ドラコは「魔法薬学」の教室の前でクラッブとゴイルに「もちろん知識じゃないんだよ」などと話していたのです。

ドラコが言うには「誰を知っているのか」なのだそうです。そしてドラコは魔法試験局の局長グリゼルダ・マーチバンクス女史が父上とは長年の友人なんだと自慢していたのでした。時々夕食に招待したりしているんだそうです。

それを聞いたハーマイオニーは驚いてハリーとロンに「本当かしら?」と訊いたのですが、ネビルが「本当じゃないと思うよ」と答えたのでした。何でもそのマーチバンクス先生はネビルのおばあさんの友達なんだそうです。

しかしネビルはそのマーチバンクス先生の口からマルフォイの話なんて一度も聞いたことがないと言うのです。つまりこの発言はドラコが「どんなに実力があっても一生懸命勉強をしてもどうにもならないことがある」と・・・

周囲にそう思わせるための大嘘だったのでしょうか?

それとも?

今日の最後に
私はドラコが自慢していた「魔法試験局のグリゼルダ・マーチバンクス局長と父上は長年の友人」というのは大嘘だと思いますね。それというのもマーチバンクス女史はネビルのお祖母さんの友人にあたるわけですから・・・

ハリーたちから見ればマーチバンクス先生は祖父母世代ということになりますからね。年齢的なことを考えれば2人に知り合う機会があったとは思えません。それに加えてネビルのお祖母さんと友人だということになれば・・・

マーチバンクス先生もおそらくはグリフィンドール出身でしょうからね。マグル生まれの人たちに対する考えを筆頭に思想が水と油くらい違っているはずです。しかしそれにしても大嘘を真顔で言えてしまうドラコには・・・

別の意味で感心してしまいますね。(苦笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.