FC2ブログ
ドローレス・アンブリッジはホグワーツ魔法魔術学校校長並びに高等尋問官さらには「闇の魔術に対する防衛術」の教職と学校関連の全ての役職を剥奪され最大の後ろ盾を失ったドラコが最後に行き着いた末路とは?(全3項目)

3-1.禁じられた森で・・・
ハーマイオニーの目論見通り(?)の展開になってアンブリッジがケンタウルスに連れ去られてハリーが「ファイアボルトなしでどうやって魔法省に行こうか?」と考えているとロンにジニーにネビルと最後にルーナが・・・

4人とも半端なくボロボロになっていましたが、しかしその一方で相当に得意そうな表情を浮かべながらやって来ました。ハリーが「どうやって逃げたんだ?」と驚いて訊くとロンはハリーに杖を渡しながらこう答えたのでした。

「失神光線を2~3発と武装解除術。ネビルは妨害の呪いの凄いやつを1発かましてくれたぜ」

ロンは何でもなさそうに答えながらハーマイオニーにも杖を渡したのでした。しかし何と言っても1番凄くて最高だったのがジニーがドラコに対してかけた「コウモリ鼻糞の呪い」だったんだそうです。ドラコの顔が・・・

それは物凄いビラビラで覆われてしまったんだそうです。この後ハリーにロンにハーマイオニーさらにジニーとネビルにルーナの3人が加わって計6人がシリウスを助けにセストラルで魔法省に向かったというわけなんですよね。

そして次の日曜日に出た「日刊予言者新聞」には・・・

3-2.玄関ホールにて
雑誌「ザ・クィブラー」のハリーのインタビュー記事の内容を信じなかった人たちにとってはまさに青天の霹靂(へきれき)でした。ふくろう試験が終了した次の日曜日の「日刊予言者新聞」に一面大見出しで載った記事とは?

「名前を呼んではいけないあの人」復活す

そしてハリーが「ハグリッドの所へ行く」と言って医務室を出て玄関ホールに差し掛かった時でした。右側のドアからいつものようにクラッブとゴイルを引き連れたドラコが現れたのです。ドラコはハリーを見つけると・・・

ドラコは周囲を見回しました。誰か先生の姿がないのかどうかを確かめているとハリーには判ったのでした。そしてドラコはハリーに視線を戻すとハリーに向かって「お前は死んだ」と言って来たのです。それに対して・・・

ハリーは少し眉毛を吊り上げて「変だな。それなら歩き回っちゃいないはずだけど」と言うとドラコはハリーがこれまで見たことがないぐらい怒っていたのでした。ハリーはそんなドラコを見て冷めた満足感を感じたのでした。

ドラコはもうほとんど囁くような低い声で「つけを払うことになるぞ。僕がそうさせてやる。お前のせいで父上は」と言って来ました。そんなドラコにハリーは皮肉たっぷりに「今度こそ怖くなったよ」と言い返したのです。

その理由が・・・

「お前たち3人に比べればヴォルデモート卿なんてほんの前座だったな。どうした?」

ハリーが「どうした?」と訊いたのはヴォルデモート卿の名前を聞いた3人が一斉に衝撃を受けた顔をしたからです。そんなドラコにハリーが「あいつはお前の父親の友達なんだから怖くなんかないだろう?」と言うと・・・

ドラコはクラッブとゴイルに両脇を護られながら「自分を何様だと思ってるんだ」などと言いながらハリーに近づいて来ました。ドラコが杖を抜こうとしましたがハリーがそれを察してさらに早く杖を取り出したのでした。

なおもドラコは「見てろ。お前をやってやる。父上を牢獄なんかに入れさせるものか」と言って来ましたがハリーはそんなドラコに「もう入れたと思ったけどな」と言い返したのでした。すると今度はドラコはハリーに・・・

ドラコは一転して落ち着いた様子で「吸魂鬼がアズカバンを棄てた。父上も他のみんなもすぐ出て来る」と言ったのでした。そんなドラコにハリーは「きっとそうだろうな」とドラコの主張を認めつつもこう言い返したのです。

「それでも少なくとも今は連中がどんなワルかってことが知れ渡った」

結局スネイプが現れたものの聖マンゴから退院して来たばかりのマクゴナガル先生がその場を収めたためハリーは杖をローブの内ポケットにしまってスネイプとドラコには目もくれずハグリッドの小屋に向かったというわけです。

3-3.帰りのホグワーツ特急では・・・
そんなわけで「父上が監獄に入れられたのはあいつのせいだ」ということでドラコはずっとハリーに復讐する機会を狙っていたようです。そこで帰りのホグワーツ特急でハリーがトイレから戻る途中を待ち伏せたのですが・・・

襲撃の舞台にうっかりダンブルドア軍団のメンバーで一杯のコンパートメントのすぐ外を選んでしまったのです。ガラス戸越しに事件を知ったメンバーが一丸となってハリーを助けに立ち上がったというわけです。そして・・・

アーニー・マクミランにハンナ・アボットとスーザン・ボーンズさらにはジャスティン・フィンチ・フレッチリーにアンソニー・ゴールドスタインにテーリー・ブートの総勢6名がハリーの教えた呪いの数々を使い切ると・・・

ドラコにクラッブとゴイルの姿はホグワーツの制服に押し込まれた3匹の巨大なナメクジと化してしまい、それをハリーにアーニーとジャスティンの3人が荷物棚に上げてドラコたちはそこでグジクジするしかなかったのです。

アーニーは満足げに「マルフォイが列車を降りた時の母親の顔を見るのが楽しみだ」と言っていました。アーニーはドラコが「尋問官親衛隊」だった時にハッフルパフから減点したことを決して許すことができなかったのです。

さらに騒ぎを聞きつけて様子を見に来たロンは「ゴイルの母親はきっと喜ぶだろう」と言うのです。何故なら「今のほうがずっといい格好だ」と云うのです。ハリーはみんなに礼を言って自分のコンパートメントに戻ると・・・

大鍋ケーキとかぼちゃパイを山ほど買ったのでした。

最後に
結局は因果応報ということでドラコ自身は当時こんなことになるとは全く予想のしようがなかったのですが、ハッフルパフ寮の監督生から減点するという暴挙がこうして撥ね返って来ることになってしまったというわけです。

それにしても主人公ハリーのライバルということでストーリーの都合上こうなることは避けられないという側面もあるにはあるんですが、毎度毎度何とも情けない終わり方になってしまいますよね。しかしそんなドラコが・・・

好きな人は好きなんでしょうね。(苦笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1075-1a810422