FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

誕生日(10月4日)は過ぎてしまいましたが今月はマクゴナガル先生の誕生月ということで、この機会に改めて「動物もどき」を取り上げてみることにしました。何故マクゴナガル先生が動物もどきになったのか?の理由はシリーズ本編では明らかにならなかったのですが意外と云えば意外な形で・・・(全3項目)

3-1.改めて「動物もどき」変身について
これは何も「動物もどき」変身に限ったことではないのですが、魔法界に於いては100%完璧にその術を習得しさえすれば杖を持たず呪文を唱えなくともその魔法を行使することが可能になるみたいなんですよね。そのため・・・

シリウスやピーター・ペティグリューは2人とも杖を持たない状態でそれぞれ犬とネズミに変身しています。それじゃあ「何故その魔法を100%完璧に習得していないと杖が必要になる」ということが判るのか?と云えば・・・

ハリー4年生の時に開催された三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」では1時間水の中で生き延びなくてはならないということでビクトール・クラムはサメに変身しているのですがハリーがスタート地点に到着した時には・・・

ハリーが他の選手を見回すとクラムは水泳パンツを履き杖を構えていたのです。そしてクラムのサメ変身は不完全で出来損ないでした。つまりクラムは動物もどき変身がまだ習得途中だったため杖が必要だったというわけです。

当サイトでは折ある毎に「ハリーは極めて優秀な開心術士である」と指摘しています。当然ハリー自身はそのことを全く自覚していないので人の心を読む時は呪文も唱えず杖を構えるということも一切していないというわけです。

だからこそアズカバンに収監され杖を取り上げられた状況でもシリウスは犬に変身することができたというわけなんですよね。

3-2.マクゴナガル先生と「動物もどき」、その1
知っての通りマクゴナガル先生は第1巻「賢者の石」の冒頭章でプリベット通りにトラ猫の姿で現れて初登場時に「動物もどき」であることが明らかにされていますよね。さらにハリーたちが3年生になって最初の授業で・・・

生徒たちの前で猫の姿に変身して自ら「動物もどき」であることを披露しています。ハリーはこの時初めてマクゴナガル先生がそうだということを知ったというわけです。さらにマクゴナガル先生はこの時宿題を出して・・・

学期末試験終了後に「叫びの屋敷」でリーマス・ルーピンがシリウスにハリーの父親さらにはピーター・ペティグリューことワームテールが「動物もどき」だったことをハリーたち3人に打ち明けた時にハーマイオニーは・・・

「マクゴナガル先生の授業で動物もどきの勉強をしました。その宿題で私動物もどきを全部調べたんです。魔法省が動物に変身できる魔法使いや魔女を記録していて何に変身するとか、その特徴を書いた登録簿があります」

ハーマイオニーは「ピーター・ペティグリューが動物もどきなら誰もがそのことを知っているはずだ」と指摘してハリーは「ハーマイオニーはこんなに真剣に宿題に取り組んでいたんだ」と驚かされたというわけですが・・・

ハーマイオニーはさらにここでマクゴナガル先生が登録簿に載っていて今世紀は「7人」しか動物もどきがいないということも明らかにしているんですよね。そんなハーマイオニーに対してルーピンはこう答えたのでした。

「またしても正解だハーマイオニー。でも魔法省は未登録の動物もどきが3匹ホグワーツを徘徊していたことを知らなかったのだ」

そして第4巻「炎のゴブレット」でももう1匹未登録の「動物もどき」がいたことをハーマイオニーが突き止めることになるというわけです。

3-3.マクゴナガル先生と「動物もどき」、その2
最終巻が出る前に私は明らかになっていない謎の1つとして「マクゴナガル先生はどうして動物もどきになったのか?」を挙げましたが「明らかにならない可能性が高いのでは?」と思っていたらその通りになってしまいました。

それが意外と云えば意外な形で明らかにされたのです。最終巻の第7巻「死の秘宝」が出た後に出版された「吟遊詩人ビードルの物語」の解説文の中でアルバス・ダンブルドアが「その理由」を説明してくれたのでした。

私は7巻の出版前には「あの厳格で聡明なマクゴナガル先生が動物もどきになったのだから相当な事情があったに違いない!」と考えていたのですが実は明らかになってみると「その程度の理由なの?」という感じだったのです。

マクゴナガル先生が「動物もどき」になったのは「変身術の分野に於ける幅広い研究の結果」であって例外的な場合を除いてはトラ猫に変身する能力を怪しげな目的に使ったことはないとのことです。その例外的なこととは?

「不死鳥の騎士団」のための正当な仕事であり「それには機密性や潜伏行動が必須であったから」なんだそうです。そのためマクゴナガル先生はダンブルドア校長に「それらのことを明確にして欲しい」と頼んだのだそうです。

このビードルの物語の「バビティ兎ちゃんとペチャクチャ切り株」の解説文の中でダンブルドアは「動物もどき」はごく一部の魔法使いに限られている。完全にしかも自在に動物に変身するには相当の学問と修養が必要で・・・

多くの魔法使いたちは「もっとましなことに時間を費やしたほうがいい」と考えているんだそうです。それは変装したり身を隠したりする必要に迫られない限り「動物もどき」変身の能力を使う場面はないからとのことでした。

つまりこのような魔法が最も役に立つのは隠密行動や潜伏活動あるいは「犯罪を行う時」だからというわけです。だからこそ魔法省は悪用する輩が現れないようにということで「動物もどき」の登録を義務づけたというわけです。

今日の最後に
魔法省が「動物もどき」変身ができる魔法使いや魔女を厳しく監視している理由としてリーマス・ルーピンは「まかり間違うと大変なことになる」と変身が失敗した時のリスクを訴えていますがダンブルドアの説明だと・・・

どうやら魔法省は「動物もどき変身をしようとする者は何か良からぬ事を企んでいるに違いない」と強い不信感を抱いているということになりますね。シリウスが12年間に渡ってアズカバンで生き延びることができたのは・・・

シリウスが「動物もどき」だったからというわけなんですがハリーにとってはこちらのほうは好結果を生んだのですが翌年度には別の未登録の「動物もどき」に周囲を掻き回されることになってしまったというわけなんですよね。

コメント

まかり間違うとクラムの中途半端変身バージョンで一生過ごさなきゃいけなくなるとかですかね?
そーいやあれって確か変身する動物選べなかった気が・・・
水棲動物以外だったらどうする気だったんだろう?

2011.10.16  名無しさん  編集

全く選べないというわけではないでしょう?

コメントありがとうございました。

私は「そういう状況に自分を追い込めばある程度は変身する動物を選ぶことができる」のだと思いますよ。何故かと云えばクラム君は卵の謎が解けてからは湖に飛び込んでいるのをハリーたち3人が目撃していますからね。(笑)

しかし確かに元に戻る時の手順を間違えたらそうなる危険性はあったかもしれませんね。(笑)

追伸
それとお願いなんですがもし今度コメントをいただく機会がありましたらちゃんと名前を名乗っていただきたく思います。

2011.10.16  トキメキぼーい  編集

いやぁ名前忘れてました 申し訳ないです

ハリポタって自分の意思と愛が重要視されますからね。

また、JKRインタビュー(ポッターマニア訳)によると
>>どの動物になるか選べないのよ。あなたに最もふさわしい動物に変身するの。
何年もかけてやっと動物に変身できたと思いきや、それがイボイノシシに酷似していたら・・・
その恥ずかしさを想像してみて。


ただ、大手ネット掲示板のハリポタ論議では
最もふさわしい動物というのは守護霊で予測できるらしいです。ジェームズとマグゴナガルしか実例はいませんが。
でも守護霊は途中で変わることもあるし・・・スネイプが雌鹿に変身する!?いやいやそこは蝙蝠でしょ
まぁネットの噂の信ぴょう性なんて0.2%くらいですけど

2011.10.17  ゆーすけ  編集

そうなんですか。

ゆーすけさんコメントありがとうございました!

ああ何だゆーすけさんだったんですか!それはよかったです。つまり「選ぶことはできないものの自分に一番ふさわしい動物」になるからクラム君はサメだったというわけなんですね。

選べないというのは少々残念ですね。私はもし動物もどきになれたら大鷲に変身して空をゆったりと飛んでみたいというのが夢なんですよね。

2011.10.17  トキメキぼーい  編集

過去の記事に対して訂正を入れる自己満足ならびに無礼をお許しください。

”「動物もどき」について(1)~(4)”まで目を通しただけの戯言に過ぎないのですが、
前提として、「動物もどき」は「呪文と杖を伴う魔法」の「無言呪文」状態であるというのが
トキメキぼーいさんの考察かと感じました。
この「呪文・杖を伴う魔法」は作中に出てくる様々な魔法に当てはまりますが、
作中では呪文、杖を使用して、何かに変身する(又はさせる)魔法を、「変身術」と呼称しています。

あくまで個人の意見なのですが、私は動物もどきは「変身術」ではないと考えます。
もちろん、根本的に、つまり何かを変身させる・・・とこまでは同じなのですが、
動物もどきには、最初から杖や呪文は必要ないのではないでしょうか?

第一に、トキメキぼーいさんは動物もどきが無言呪文であるとして
>魔法界に於いては100%完璧にその術を習得しさえすれば杖を持たず呪文を唱えなくともその魔法を行使することが可能になる
と書かれています。私の知る限りでは、無言呪文は「杖を所持し、心で念じる」ものであり、
「杖と呪文」なしに魔法を行使することは、ダンブルドア・ヴォルデモードでさえ不可能でした。
ハリーは高学年になっても無言呪文で物をピクリとも動かせなかったのに、
只でさえ高難易度である、人間を変身させる呪文を、学生であるジェームズ・シリウス・ピーターが
無言呪文として習得できたのはかなり違和感があります。

それから、クラムは動物もどきではなかったと思います。非公式の動物もどきを全校生徒の前で堂々と披露するのはおかしいですし、変身術の一つかと考えるのが妥当だと思います(勿論、高難易度の)。

長々と失礼しました。

2012.10.12  山鼬  編集

動物もどき変身に限らず・・・

山鼬さん初めまして!コメントありがとうございました!

ご意見拝読させていただきましたが「動物もどき」変身も他の魔法のいずれも「100%完璧にその魔法を習得していなければ杖を持ち呪文を唱えないとできない」というのが私の見解です。動物もどき変身も最初は杖を持ち呪文を唱えないと出来ないと私はそう思いますよ。

ヴォルデモートは作品の中で開心術に長けているということが明らかにされていますが、開心術で人の心を見通している時ヴォルデモートは杖も構えていないのでおそらくは呪文も唱えていないというのが私の見解です。

当サイトでは折ある毎に何度も「ハリーは極めて優秀な開心術士である」と指摘しています。ハリー自身は自分が開心術に長けているということを全く自覚していないので当然杖も構えていませんし呪文も唱えていません。

したがってヴォルデモートもハリーも開心術を100%完璧に習得しているので杖を持たず呪文を唱えなくても人の心を見通すことができています。当然ダンブルドアも2人と同様にして人の心を覗き込んでいると私はそう思います。

ハリーのお父さんとシリウスがホグワーツ在学中に「動物もどき」変身をやり遂げたのは2人が飛び抜けて優秀な生徒だったからで、その2人でさえ「3年」の歳月を費やして5年生の時にようやくできるようになったんですよ。

ビクトール・クラム君のサメは間違いなく「動物もどき」変身だと私はそう思いますよ。完璧に習得したらブルガリアの魔法省に届けて登録すべきことでしょう。(笑)

私の考えとは多少違う所も見受けられますが山鼬さんのコメントはとっても読み応えがあって大変興味深く読ませていただきました。読んでてとても楽しかったです。(笑)

2012.10.13  トキメキぼーい  編集

お早いお返事ありがとうございました。

ちょっと伝わりずらい表現だったかもしれません。
>ハリーのお父さんとシリウスがホグワーツ在学中に
>「動物もどき」変身をやり遂げたのは2人が飛び抜けて優秀な生徒だったからで、
>その2人でさえ「3年」の歳月を費やして5年生の時にようやくできるようになったんですよ。
これのことなんですが、私が違和感を指摘しているのは
・ホグワーツの主席だからといって学生のうちに「たった三年」で高難易度の術の無言呪文を行使できるのか
・「腰巾着」呼ばわりの平凡なピーターが、わざわざ動物もどきを無言呪文までもっていったのは何故か。
ということです。
ジェームズとシリウスに関しては「なんでもあり」感が多少見受けられますので、
まあできたのかな?とはなりますが、
ピーターは成績はあまり優れていないようでした。(Q.W.L試験の時の会話)
ただでさえかなり二人に手伝ってもらって「やっと動物もどきになれた」のに、
いくら主席級二人の手伝いがあったからといって、
ピーターまで「たった三年」で無言呪文を取得するのは明らかにおかしいのではないでしょうか。

クラムについてですが、首席級が「三年がかり」で辿りついた境地に
頭だけとはいえ、ちゃちゃっとサメになれてしまうのは流石に「なんでもあり」すぎです。
もし卵を貰った瞬間に謎を解いたとして、それでも数ヶ月しかありません。
動物もどきの勉強をして、習得して、しかもそれがサメで、しかも頭だけで十分泳げて、
そもそも非公式で動物もどきの練習する時点で犯罪スレスレで・・・・・・
明らかに矛盾だらけです。これも「なんでもあり」なんでしょうか。

「追い込まれれば窮地を脱するような動物になれる」も恐らくないと思います。
(こういう漫画は確かにありましたけど)。
エクスペクトパトローナムは「守護霊」なので、強く思う人(または思われる人)によって
変化するというのは納得できるんですけどね。
普段は自分を一番守りたいと思ってるのは自分自身でしょうから、
最初の守護霊が自分を模した動物である、という考えです。

あと多分クラムが動物もどきになるとしたら「猛禽類」なんだと思います。
原作でそう表現されることが多かったですから。

また長々と申し訳ないです。

2012.10.14  山鼬  編集

そこまで言われると・・・

山鼬さんコメントありがとうございました!

ピーター・ペティグリューについては「成績はあまり良くなかったのに断トツに優秀な友人の手助けで動物もどき変身が出来たというのは違和感が残る。だからおかしいのでは?」とそこまで言われると私も返す言葉がありませんね。(苦笑)

ビクトール・クラム君についても「高難度の動物もどき変身を不完全とはいえたった数ヵ月で頭だけでも出来たというのはあまりにも有り得ない」とそれもそこまで言われると私は何と言っていいやら分りませんね。(苦笑)

ただクラム君の名誉のために最後に1つだけフォローしておくと私は動物もどき変身というのはやり遂げた時だけではなく「これから挑戦します」という時にも事前に届けを出さなくてはいけないのでは?という気がしますよ。

だから対抗試合の「第2の課題」の時は法律違反状態ではなかったと私はそう思いますよ。(笑)

2012.10.15  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.