FC2ブログ
ハリーがリータ・スキーターの名前を初めて聞いたのは4年生の時にクィディッチ・ワールドカップに関するスキーターの記事をウィーズリーおじさんが読んだ時でした。それからというものスキーターはハリーの身近にいる人たちに関する記事を立て続けに掲載したのですが記事の内容を読んでいる内にハーマイオニーが・・・(全3項目)

3-1.リータ・スキーターの場合、その1
ウィーズリーおじさんやビルは以前から知っていたようなんですが、ハリーがリータ・スキーターの名前を初めて聞いたのはクィディッチ・ワールドカップの決勝戦の翌日におじさんが日刊予言者新聞を広げた時だったのです。

「クィディッチ・ワールドカップでの恐怖」と題した記事でスキーターは魔法省の役人つまりおじさんが「誰も怪我人はなかった」と主張して、それ以上の情報提供を拒んだと書いた後それから1時間後には数人の遺体が・・・

「森から運び出されたという噂をこの発表だけで打ち消せるのか?」と書き立てたのです。おじさんは怪我人が出なかったから「出なかった」と事実を言っただけなのにスキーターはそれを捻じ曲げる記事を書いたのでした。

さらにスキーターは学期に入ってからも再びアーサー氏をこき下ろす記事を載せたのに続きハリーが三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれるとハリーが答えもしなかった内容満載の捏造インタビュー記事を掲載したのです。

この後もスキーターはハグリッドが半巨人だということを暴露する記事を再び予言者新聞に掲載したり雑誌「週刊魔女」にハリーにハーマイオニーとビクトール・クラムの三角関係を巡る記事を載せたりとハリーの周囲に・・・

ハリーのごく身近にいる人たちに関する捏造でっち上げ記事を次々に新聞や雑誌に掲載したのです。ところが記事の内容を読んだハーマイオニーがリータ・スキーターに関してある疑問を抱き始めたというわけなんですよね。

それは?

3-2.リータ・スキーターの場合、その2
捏造でっち上げ満載のリータ・スキーターの各記事だったのですが、それらの記事を注意深く読んでみると「どうしてこのことを知っているんだ?」という当事者本人たちしか知り得ないことが多数書き込まれていたのです。

ハリーやロンさらにはハーマイオニーにさえも打ち明けていなかったのに、ハグリッドが自分が半巨人だということをリータ・スキーターに先に告白するなどということがあるのだろうか?さらには雑誌「週刊魔女」にも・・・

確かに三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」終了後にビクトール・クラムはハーマイオニーに「こんな気持ちを他の女の子に感じたことはない」と言ったそうです。それじゃあスキーターはどうやってそのことを知ったのか?

さらにビクトール・クラムはハーマイオニーに「夏休みに特に計画がないのなら(ブルガリアに)来ないか」とも言ったんだそうです。スキーターはハリーやロンさえも知らなかったそのことをどうやって知ることができたのか?

しかし!スキーターはあまりにもハリーと特にハーマイオニーの身近にいる人たちのプライバシーに踏み込み過ぎてしまったのです。第3の課題当日に日刊予言者新聞に載った「ハリー・ポッターの危険な奇行」を読んで・・・

「もしかしたら。多分そうだわ。それだったら誰にも見えないしムーディだって見えない。それに窓の桟にだって乗れる。でもあの女は許されてない。絶対に許可されていない。間違いない。あの女を追い詰めたわよ!」

ハーマイオニーは「図書室で確かめる!」と言って大広間を飛び出して行きました。そしてリータ・スキーターが実は未登録の動物もどきでコガネムシに変身して自分たちの周囲を飛び回っていたことをついに突き止めたのです。

そして翌年度には・・・

3-3.リータ・スキーターの場合、その3
「ハリー!ハリー!こっちよ!」と呼ばれてハリーが駆け寄るとハーマイオニーは飲み仲間としては到底考えられない2人と一緒だったのです。それは誰あろう思考構造が水と油のルーナとリータ・スキーターだったのでした。

ハリーが腰掛けながら「君たち、何するつもりだい?」と訊くとスキーターが「ミス優等生がそれをちょうど話そうとしていた所に君が到着したわけよ」と答えたのでした。ハーマイオニーがチョウの名前を口にしたため・・・

スキーターはハリーに「かわいい子なの?」と訊きましたがハーマイオニーは「これ以上ハリーのプライバシーに触れたら取引きはなし」と言ったためスキーターは怒って「何の取引き?」と聞き返したのでした。さらに・・・

スキーターはハーマイオニーのことを「小うるさいお嬢さん」と言った後に「まだ取引きの話なんかしていない。ただ自分は顔を出せと言われただけだ」と毒づいていたのでした。そんなスキーターにハーマイオニーは・・・

「あなたは今に必ず私やハリーのことでもっととんでもない記事を書くでしょうよ。そんな脅しを気にしそうな相手を探せばいいわ。どうぞご自由に」と突き放すように言ったのでした。するとスキーターは返す言葉で・・・

自分の手を借りなくても今年新聞にはハリーを誹謗中傷する記事が多数掲載されていたと反論したのです。さらにスキーターはハリーにあくまでもヴォルデモートが復活したと言い張るわけだと迫ったのでした。そして・・・

「ハリー・ポッター、身近に潜伏する死喰い人の名前をすっぱ抜く」

「例のあの人に襲われながらも生き残った心病める十代の少年ハリー・ポッターは昨日魔法界の地位も名誉もある人物たちを死喰い人であると告発し世間を激怒させた」

自動速記羽根ペンを手に持ち恍惚とした表情でこう言っていたスキーターだったのですが、一転してハーマイオニーを険悪な目つきで見ながら「ミス優等生のお嬢さんがそんな記事はお望みじゃないでしょ?」と訊くと・・・

驚くべきことにハーマイオニーは優しい声で「実はミス優等生のお嬢さんはまさにそれをお望みなの」と言うではありませんか!しかも「日刊予言者新聞がそんな記事を載せるはずがない!」と言うスキーターに対して・・・

ハーマイオニーは「ハリーのインタビューを引き受けてくれる先はもう見つけてある」と言うのです。それがルーナの父親が発行している「ザ・クィブラー」だったのです。それを聞いてスキーターは笑い転げましたが・・・

ハーマイオニーは「あなたがザ・クィブラーの格調を少し引き上げてやるチャンスじゃない」と言った後にこうも言ったのでした。まさにスキーターに対するハーマイオニーのとどめの一言だったというわけなんですよね。

「さもないと。よくお判りだと思うけど。私あなたが未登録の動物もどきだって然るべき所に通報するわよ。もっとも予言者新聞はあなたのアズカバン囚人日記にはかなり沢山払ってくれるかもしれないわね」

スキーターはハーマイオニーの飲み物に飾ってある豆唐傘をひっつかんで、その鼻の穴に押し込んでやることができたら「どんなにすーっとするか」という顔をしましたが少し震える声でハーマイオニーにこう答えたのでした。

「どうやらあんまり選択の余地はなさそうざんすね?」

今日の最後に
昨日の記事でも振り返ったようにハーマイオニーが動物もどきの勉強をしたのは3年生の時でした。そして学期末試験が終わった当日に「未登録の動物もどきが存在する」ということも併せて身を持って勉強したというわけです。

今にして思えばハーマイオーがそのことを知ってからわずか数ヵ月後にリータ・スキーターが目の前に現れたというわけなんですよね。そしてそのことがハリーが「ザ・クィブラー」を通じて真実を語る機会を作ることに・・・

繋がったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1077-b37cfd57