FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ローリングさんは時には露骨に・・・またある時にはさりげなく文中に伏線を引きます。「露骨」のほうで特に分かりやすい例は何といっても賢者の石・第2章の「消えたガラス」ですよね。これは第2巻の伏線でハリーがパーセルマウスだということを示すエピゾードです。

ハリーポッター・シリーズの最大の楽しみは何と言ってもこの「さりげなく引かれた伏線」を発見することで、だからハリポタ・ファンは本がボロボロになるぐらい何度も何度も読み返します。私も第4巻「炎のゴブレット」はわざわざ店員さんに頼んで書店の紙製のブックカバーをつけてもらったのですが、何度も読み返しているうちにボロボロになってしまったので、ビニール製のブックカバーを買ってきてつけたぐらいです。

実は私は最初のページから最後のページまで通して読み返したのは第1巻「賢者の石」が1度あるだけで、第2巻から第5巻は通して読み返したことは1度もありません。それじゃあどうやって読み返しているかというと「部分読み」「拾い読み」という方法で読み返しています。

適当に本(巻)を選んで適当にパッとページを開いて、開いたページを読み返すこともあれば「この巻の、このページが読みたい」と具体的なページを頭に浮かべて本を手にすることもあります。

この「部分読み」のほうが通して読み返すよりも短いページを集中して読むことになりますから、ローリングさんの引いた伏線を見つけやすくなります。コツとしては前述の「適当にパッとページを開く」時には同じページを開かないようにめくるよう心がけることですね。1番最初に通して読んでしまえばストーリーはもう頭の中に入っているので、あとは枝葉にあたる細かい部分を把握するために読み返すということです。

この方法で私はローリングさんの引いた「伏線」を沢山見つけました。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.