FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ルーピン先生の初授業でハリーは一番怖いものと言われて最初はヴォルデモート卿を思い浮かべ次には吸魂鬼を考えました。結局まね妖怪はハリーの前では吸魂鬼に変身しました。ということは?まね妖怪は2番目に怖いものに変身するというパターンもありなのでしょうか?(全3項目)

3-1.ゲラート・グリンデルバルドとまね妖怪
グリンデルバルドと云えばヴォルデモート卿と並び称される闇の魔法使いで、ハリーも読者も長い期間に渡ってアルバス・ダンブルドアとは全く正反対の立場にいるものと思っていたのです。ところがそれが最終巻では・・・

そのアルバス・ダンブルドアとゲラート・グリンデルバルドが当時ダンブルドア一家が住んでいたゴドリックの谷を訪れたことをきっかけに出会って意気投合し親交を深めていたという衝撃の事実が明らかにされたのでした。

グリンデルバルドと出会ってダンブルドアは生涯で初めて自分と同等の話し相手を得ることができたのです。2人は新しい魔法界の秩序の計画を練ったり「死の秘宝」を探したりしたのでした。2人のする全てのことが・・・

魔法族の利益のための壮大な計画だったのです。ところがそんな2人に公然と異を唱えて来たのがダンブルドアの弟のアバーフォースでした。仲間を集めるための小賢しい演説にアリアナを連れて行くことなどできないと・・・

グリンデルバルドは怒りました。自分と優秀な兄の行く手を邪魔しようとしている。自分たちが世界を変えて隠れている魔法使いを表舞台に出せば哀れなアリアナを隠しておく必要もなくなる。そして2人は口論となって・・・

アバーフォースは杖を抜きグリンデルバルドもまた杖を抜いたのでした。ダンブルドアもグリンデルバルドを止めようと間に入り三つ巴の争いになったのでした。ところがその争いの最中にアリアナが死んでしまったのです。

グリンデルバルドはひどくうろたえて当時滞在していた大おばのバチルダ・バグショットの家に帰って来ました。そして翌日には相当落ち込んだ様子で「家に帰りたい」と言い出したのです。こうしてグリンデルバルドは・・・

まさに逃げるようにゴドリックの谷を離れて行ったというわけです。したがって私はゲラート・グリンデルバルドの前ではまね妖怪はやはりアルバス・ダンブルドアと同様に「アリアナの死体」に変身するとそう思いますね。

3-2.再びリーマス・ルーピンとまね妖怪
リーマス・ルーピンと云えばハリーが3年生の時に「闇の魔術に対する防衛術」の教師となり、まね妖怪を口開けに数々の闇の魔法生物の退治の仕方を当時ホグワーツに在籍していた生徒たちに伝授していったというわけです。

ルーピン先生はまね妖怪をやっつける時には「向こうが混乱するから誰かと一緒にいるのがいい」と言っています。さらに「まね妖怪に滑稽だと思わせる姿を取らせる必要がある」とも言っています。そこでルーピン先生は・・・

生徒たちに「何が一番怖くてその姿をどうやったらおかしな姿に変えられるのか想像してみて」と呼びかけたのです。それを受けてネビルはスネイプにおばあさんが普段着ている緑色のドレスを着せて赤いハンドバックを・・・

持たせたのでその時その場に居合わせたグリフィンドール生からはドッと笑い声が上がり、まね妖怪は途方に暮れたように立ち止まったのでした。ロンは怖い蜘蛛の足をもぎ取ってゴロゴロ転がらせたというわけなんですよね。

ところがロンの後にルーピン先生がほとんど面倒くさそうに「リディクラス!」と唱えると、最初は銀白色の玉つまり満月に変身したまね妖怪がゴキブリになって床に落ちたのです。何故まね妖怪はルーピン先生の前では・・・

満月からゴキブリに姿を変えたんでしょうね?どう考えてみても「満月をおかしな姿に変えたらゴキブリの姿になる」とは思えませんよね。つまりルーピンにとってゴキブリは「満月の次に怖いものでは?」と私は思ったのです。

ハリーが一番最初に頭に思い浮かべたのはヴォルデモート卿でした。そして次に脳裏に浮かんだのが吸魂鬼だったのです。結局ルーピン先生の課外授業の時も三大魔法学校対抗試合の「第3の課題」の時にもまね妖怪は・・・

いずれの場合もハリーの前では吸魂鬼に変身したのです。おそらくルーピンにとってゴキブリは満月に次いで2番目に怖いものなんじゃないかな?と私はそう思いますね。しかしこういうパターンも「あり」なのでしょうか?

3-3.ニンファドーラ・トンクスとまね妖怪
ハリーが6年生の夏休みに「隠れ穴」でトンクスと会った時ハリーはトンクスがいつもの風船ガムビンクの髪ではなく、くすんだ茶色の髪をしていたのでトンクスがやつれたように感じたのでした。そして目覚めた時には・・・

ジニーは母親のウィーズリーおばさんが「トンクスを何度も夕食に招待しようとしている」それはフラー・デラクールと婚約したビルがトンクスのほうを好きになって欲しいと思ってしてるんだとジニーは主張していたのでした。

一方ハーマイオニーはトンクスが落ち込んでいる理由として「シリウスが死んだのは自分のせいだと思っている」からだと主張したのでした。「どうしてそんな風に思うんだ?」と訊くハリーに対してハーマイオニーは・・・

それは「トンクスはベラトリックス・レストレンジと戦っていたから」だと答えたのでした。トンクスは「自分がベラトリックスにとどめを刺してさえいればシリウスを殺すことはできなかった」と考えていると言うのです。

ハーマイオニーが言うにはそれは「生き残った者の罪悪感」なのだそうです。そのためトンクスは変化術にも問題が出て今までのように自由に姿形を変えることができなくなってしまったとのことでした。新学期初日にも・・・

マルフォイに「金縛りの呪文」をかけられ身動きが取れなかったハリーはトンクスに助けられましたが、以前とは一転して笑顔も見せず決然とした表情のトンクスを見て「これが魔法省で起きたことの影響なのか?」と・・・

ハリーは思ったのでした。さらに学校の校舎内で偶然トンクスに会った時ハリーはロンとハーマイオニーに「トンクスはシリウスのことが好きだったのでは?」と言ったのでした。しかしその時トンクスはこう言っていたのです。

「ただ何が起こっているかダンブルドアなら知っているんじゃないかと思って。噂を聞いたんだ。人が傷ついている」

「日刊予言者(新聞)はニュースが遅いことが多いんだ」

その時ハリーはトンクスの目が涙で一杯なのを見たのでした。その時トンクスの目が涙で一杯だったのはハリーがシリウスの名前を出したからではなく実は自分が好きなリーマス・ルーピンのことを思ってのことだったのです。

人が傷ついているという噂を耳にして「ひょっとしてリーマスでは?」と思ったトンクスはダンブルドアなら情報が入って来るのが早いから確認できるかもしれないと思ってわざわざ任務を放棄してまで来たというわけです。

そのためトンクスの前ではまね妖怪は「リーマス・ルーピンの死体」に変身すると私はそう思いますね。

今日の最後に
そんなわけでトンクスの前ではまね妖怪はルーピンの死体に変身すると断定してしまいましたが、そうなると「トンクスはいつの頃から何才の時からルーピンのことが好きだったのか?」ということが問題になってきますよね。

ご存知のようにジニーはホグワーツ入学前の10才で既にハリーのことが好きだったようです。総じてハリーポッター・シリーズでは女の子のほうが男の子よりもそういう思いを抱くのは相当に早いようですからトンクスも・・・

実はアッと驚くかなり早い段階でルーピンのことが好きだったのかも?しれませんね。(笑)

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.