FC2ブログ
ベラトリックス・レストレンジは一貫して「スネイプは信用できない!」と強硬に言い続けていました。しかしベラトリックスにはスネイプが闇の帝王を裏切っているという確たる根拠や証拠などは一切持ち合わせていませんでした。それなら何故ベラトリックスはスネイプを信用しようとはしなかったのか?その理由は?(全3項目)

3-1.ベラトリックス・レストレンジとの関係、その1
魔法省で魔法大臣コーネリウス・ファッジら多数の人間にその姿を目撃されて復活が明らかになってしまったヴォルデモート卿が次に打った手はドラコ・マルフォイにアルバス・ダンブルドアを殺害するよう命じることでした。

「シシー、やってはいけないよ。あいつは信用できない」
「闇の帝王は信用していらっしゃるわ。違う?」

スピナーズ・エンドのスネイプの自宅に到着してからも「特に今の相手の前では!」とか「理由は山ほどある!」などと言って「スネイプは信用できない」と言い続けていたベラトリックス・レストレンジだったのですが・・・

結局ベラトリックスが終始一貫して「スネイプは信用できない」と主張するのはベラトリックスがシリウスの母親やルシウス・マルフォイと同様に狂信的な純血主義者だったからでスネイプが闇の帝王を裏切っていると・・・

確かにホグワーツ魔法魔術学校の教師になった時セブルス・スネイプはダンブルドアの密偵になったのですが、ベラトリックスのほうは「スネイプはダンブルドアの犬になった」という確たる証拠を持っていなかったんですよね。

何故ベラトリックスが「スネイプを疑っていたのか?」と云えば、それはスネイプの父親がマグルでスネイプが純血の魔法使いではなかったからでした。つまりベラトリックスがスネイプを信用できないと言っていたのは・・・

確かな根拠があるわけでも何でもなくスネイプがジェームズ・ポッターの息子だからという理由でハリーを憎んでいたのと同じ構図というわけです。つまりはスネイプの血筋が気に入らないというただそれだけのことで・・・

ベラトリックスはスネイプのことを「信用できない」と言い続けていたのです。

3-2.ベラトリックス・レストレンジとの関係、その2
結局最初からスネイプのことを「血筋に問題あり!」という色眼鏡で見ていたため不信感ばかりが先に立っていたベラトリックスはその後もスネイプのことを「ここぞという肝心な時には現れない」と言って攻撃して来たのです。

リトル・ハングルトンの教会墓地でヴォルデモートが復活した時スネイプが即座に駆けつけなかったこともベラトリックスは繰り返し「お前は参上しなかった」と責め立てたのでした。そんなベラトリックスにスネイプは・・・

「我輩はダンブルドアの命を受けて2時間後に参上した」と言ったのです。ベラトリックスが逆上して口を開こうとするのに応えてスネイプは再び顔に苛立ちを見せながらベラトリックスに「頭を使え!」と言ったのでした。

スネイプの説明によれば「たった2時間待つことで我輩は確実にホグワーツにスパイとして留まることができた」と言うのです。闇の帝王の側に戻るよう命を受けたからに過ぎないとダンブルドアに思わせることにより・・・

それ以来スネイプはダンブルドアと不死鳥の騎士団の情報を闇の帝王に流すことができたというのです。さらにスネイプはベラトリックスの「何故5年間も目の前にいたハリー・ポッターを殺さなかった?」という問いには?

スネイプは自分がアズカバン行きにならなかったのはダンブルドアの庇護があったればこそだ。それがダンブルドアのお気に入りの生徒すなわちハリー・ポッターを殺したりすればダンブルドアが自分を敵視したかもしれない。

自分は奴つまりハリーが父親同様に独り善がりの癇に障る奴だったので手を尽くしてホグワーツから放り出そうとした。しかしハリーを殺したり自分の目の前で殺されるのを放置するなどという危険を冒すのは愚かだと・・・

スネイプはベラトリックスにこのように言ってハリーを殺さずに生かしておいた理由を説明したのでした。しかしそもそもスネイプがホグワーツに教師として残ったのは愛するリリーの息子ハリーの命を守るためだったのです。

それなら何故ヴォルデモートもベラトリックスも・・・

スネイプの嘘を見抜けなかったんでしょうね?

3-3.ベラトリックス・レストレンジとの関係、その3
スネイプはベラトリックスの一連の質問に答える前に「不世出の開心術の達人で最も偉大なる魔法使いの闇の帝王に一杯食わせたとでも?」と言っていますよね。その時ベラトリックスは初めてぐらついた様子を見せています。

ヴォルデモートは「ニワトコの杖の真の所有者になるため」と言ってスネイプを殺す時にも「これからせねばならぬことを残念に思う」と言いながら最後の最後まで自分のすることを惜しみながらスネイプを殺していったのです。

ハリーは5年生のクリスマス休暇明けから閉心術を習得するためにスネイプの課外授業を受ける際にルーピンから「スネイプは優秀な閉心術士だ」と言われています。つまりルーピンはスネイプが閉心術に長けていると・・・

当サイトでは折ある毎に「リーマス・ルーピンは極めて優秀な開心術士である」と指摘しています。だからこそルーピンはスネイプが「優秀な閉心術士」だとハリーに教えることができたというわけなんですよね。ところが!

ヴォルデモートも最後までスネイプの嘘を見抜けませんでした。さらにベラトリックスもスネイプが嘘八百並べ立てているということを同様に見抜くことができませんでした。つまりダンブルドア側の不死鳥の騎士団には・・・

リーマス・ルーピンというヴォルデモート以上に開心術に長けている人物がいたのでスネイプが閉心術に長けていることを見破ることができましたが、もう一方の闇の陣営にはヴォルデモート以上に開心術に長けている・・・

人間がいなかったためスネイプの嘘を見破ることが最後までできなかったというわけなんですよね。

今日の最後に
そういえばベラトリックス・レストンジは6年生の夏休みにはドラコ・マルフォイに教えていたぐらいですから閉心術に長けていたんでしょうね。だから開心術のほうは苦手だったのかもしれません。というのもハリーは・・・

これも当サイトでは折ある毎に指摘しているようにハリーも極めて優秀な開心術士だと言っています。もちろんハリーもドビーの死をきっかけに閉心術を完璧に習得しましたが閉心術と開心術は全く正反対の魔法なので・・・

両方を完全に習得するのはやはり相当に難しいんでしょうね。だからハリーも苦労したんじゃないかな?と私はそう思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1126-87a0fce9