FC2ブログ
息子のドラコがアルバス・ダンブルドアの殺害を命じられ「ドラコを救い助けられるのはこの人しかいない!」ということでナルシッサはスネイプの自宅に駆け込んだのですが、ナルシッサは何故スネイプに対して「他には誰も頼る人がいない」とか「助けてくれるのはあなたしかいない」とまで言うのでしょうか?(全3項目)

3-1.ナルシッサ・マルフォイとの関係、その1
ヴォルデモートから息子ドラコへ「アルバス・ダンブルドアを殺害せよ!」との命が下され「闇の帝王自身でさえ無理だったのにドラコにそんなことができるはずがない」との危機感を抱いたナルシッサはスネイプの元に・・・

ルシウスは牢獄だし他には誰も頼る人がいない。自分を助けてくださるのはあなたしかいないとスネイプに訴えたナルシッサだったのですが、闇の帝王が「そのこと」を他言するのを禁じたと打ち明けるとスネイプは・・・

「あの方が禁じたのなら話してはなりませんな」
「闇の帝王の言葉は法律ですぞ」

ナルシッサはスネイプのその言葉に冷水を浴びせられたかのように息を呑んだのでした。ベラトリックスはスネイプの自宅に入ってから初めて満足げな顔をして勝ち誇ったようにナルシッサにこう言ったというわけなんですよね。

「ほら!スネイプでさえそう言ってるんだ。しゃべるなと言われたんだから黙っていなさい!」

しかしベラトリックスの満足げな表情は次の瞬間には消え去っていたのでした。それはスネイプが「我輩はあの方の計画を知っている」と言い出したからです。ベラトリックスは再び怒りの表情になりましたがナルシッサは?

「あなたはきっと知っていると思っていましたわ!」

スネイプが知っていると聞いてナルシッサの息遣いが少し楽になったのでした。ナルシッサは「闇の帝王がセブルスのことを信頼しているという確かな証だわ」とばかりに喜んだというわけなんですが、何故ナルシッサは・・・

闇の帝王がスネイプを信用していることを・・・

ここまで喜んだのでしょうか?

3-2.ナルシッサ・マルフォイとの関係、その2
そんなわけで闇の帝王から他言を禁じられたのにも関わらず「ドラコを救うことができるのはこの人以外には考えられない!」といった感じでスピナーズ・エンドのスネイプの自宅に駆け込んだナルシッサだったのですが・・・

ここでナルシッサはスネイプのことを「他には誰も頼る人がいない」とか「私を助けてくださるのはあなたしかいないと思います」などと涙ながらに訴えていますが果たして本当にそうなのでしょうか?それと言うのも・・・

ルシウス・マルフォイと云えばヴォルデモートが自身の分霊箱の1つ「リドルの日記」を預けるほどに信頼していた配下で、レストレンジ夫妻と並んでヴォルデモートの最も大事な物を託された人物ということになりますよね。

ヴォルデモート復活後の一番大事な大仕事である「予言を取り戻す」という任務でもルシウス氏は最高責任者として現場の指揮を執ったりもしました。そのルシウス氏の妻が「他には誰も頼る人がいない」と言っているのです。

私が思うに「ナルシッサ・マルフォイにはセブルス・スネイプに対して信頼を超える別の感情があるのでは?」という気がしますね。姉のベラトリックスに対してもムキになって「闇の帝王は信じている」と言っていますよね。

私はホグワーツの学生時代にはナルシッサは「セブルス・スネイプと結婚したい!」と思っていたとそう思いますね。しかしナルシッサの両親は狂信的な純血主義者だったために両親はスネイプとの結婚を認めてくれなかった。

何故か?と云えばそれはセブルス・スネイプは父親のトビアス氏がマグルで純血の魔法使いではない。だから両親のブラック夫妻は「あの男との結婚は許さない!」と言われたのでナルシッサはルシウス・マルフォイと・・・

結婚したというわけなんですよね。同じブラック姉妹でもアンドロメダは自分の意志を貫き通してマグル生まれのテッド・トンクス氏と結婚しましたが、ナルシッサは上の姉2人とは違って基本的にはおとなしくて従順な・・・

性格だったため「親の反対を押し切ってでも私の好きな人と結婚するんだ!」というほどの気持ちの強さがなかったというわけです。もっとも相手のスネイプのほうにもナルシッサと結婚できない事情があったんですけどね。

それは皆さんがよくご存知の理由というわけです。(笑)

3-3.ナルシッサ・マルフォイとの関係、その3
そんなナルシッサ・マルフォイのシリーズ最大の見せ場と云えば当然ヴォルデモートが「死の呪文」を浴びせたハリーが「死んでいるのかどうか?」を確かめる役割を担った場面というわけなんですよね。指名をされて・・・

「ドラコは生きていますか?城にいるのですか?」

心臓の鼓動を確かめハリーが生きていることを確認するとナルシッサは消え入りそうな微かな声でハリーに息子ドラコが「生きているのかどうか?」を訊いたのでした。そしてドラコの無事を知るや立ち上がって振り返ると?

「死んでいます!」

それまで静まり返っていた死喰い人たちが歓声や勝利の叫びを上げ足を踏み鳴らし祝いの閃光を打ち上げたりもしたのでした。地面に倒れて死んだふりをしながらハリーはナルシッサの気持ちを察したのでした。しかし・・・

ハリーは「ドラコを探すには勝利軍としてホグワーツ城に入るしかない」というナルシッサの気持ちを見抜いていたのですが、私はナルシッサにはセブルス・スネイプに対する思いが嘘をつかせたというのもあったと思いますね。

ヴォルデモートが休戦宣言をする直前にセブルス・スネイプは「叫びの屋敷」でナギニに首を噛み切られて非業の死を遂げてしまいました。ヴォルデモートが「禁じられた森」に移動して来た時ナルシッサは闇の帝王に・・・

当然姿が見えないので「セブルスは?」と訊いた時にナルシッサはスネイプが死んだことを聞かされたんでしょうね。セブルスがヴォルデモートに殺されたと聞いて私はナルシッサの中に別の感情が生まれたとそう思いますね。

それは「たとえここで嘘がバレて殺されても向こうにはセブルスがいる!」というわけです。ナルシッサがここで堂々と嘘を言えたのにはセブルス・スネイプに対する「そういう思い」も含まれていたと私はそう思いますね。

最後に
ナルシッサはスネイプに関しては姉のベラトリックスに対しても「闇の帝王は信用している!」と強硬に言い張って普段になく強気に「どうしてそんなことが言えるのよ!」といった感じでベラトリックスに言っていますよね。

しかしその一方でスネイプに対して「破れぬ誓い」を結ぶよう迫っています。私が思うにはナルシッサは「セブルスを信じたいけれどもベラの言うことにも一理ある」と一抹の不安を感じたんじゃないかな?とそう思いますね。

だからドラコの無事を確実なものにするためにスネイプに「破れぬ誓い」を結んで欲しいと言ったというわけです。スネイプが「結ぼう!」と言ってくれたことでナルシッサは「さすが私の一番好きなセブルスだわ」と・・・

惚れ直したんじゃないかな?と・・・

私はそう思いますね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1127-07dd731e