FC2ブログ
ハリーが3年生の時スネイプは一度だけルーピン先生の代理で「闇の魔術に対する防衛術」を教えましたが、理不尽な振る舞いでグリフィンドール生たちはスネイプへの嫌悪感をさらに増幅させたのでした。しかしスネイプにはルーピン先生を怒るちゃんとした理由があったんですよね。その理由とは?(全3項目)

3-1.ルーピンへの思い
ハリーは1年生の時に組分けの儀式を受けてグリフィンドールのテーブルに着いた直後にパーシーからスネイプが「闇の魔術に対する防衛術」の教職を狙っていることを聞かされたわけなんですがハリーが3年生になって・・・

「スネイプを見てみろよ」

ロンに耳元でこう囁かれてハリーが教職員テーブルのほうを見るとテーブルの向こう側のルーピン先生を見るスネイプの表情にはスネイプが大嫌いなハリーでさえドキリとさせられるものがありました。怒りを通り越して・・・

憎しみの表情を浮かべていたからです。ハリーにとっては毎度お馴染みのスネイプがハリーを見る時の目つきそのものでした。そしてこの学期末にはハリーは「何故スネイプはそこまでルーピンが憎いのか?」の理由を・・・

それはシリウスが仕掛けた悪戯でスネイプは「叫びの屋敷」で狼に変身したルーピンに出くわしそうになり生命の危機に直面したことがあったからなんですが、私はスネイプがルーピンを憎む理由は他にもあるとそう思いますね。

ハリーは5年生のクリスマス休暇明けから閉心術を習得するためにスネイプの課外授業を受けることになりました。ところがスネイプがハリーに見られないようにと「憂いの篩」に移し替えた記憶をハリーが見てしまったのです。

そこでハリーはお父さんのジェームズとシリウスが2人がかりでスネイプを虐めている光景を見ることになったのです。その傍らにいたルーピンは座ったままで目が動いていませんでしたし微かに眉根に皺を寄せていたのです。

ロンとハーマイオニーの監督生就任記念パーティの時にはルーピンが監督生だったことが明らかにされているんですよね。つまりルーピンには「監督生」というジェームズとシリウスの暴走を止める権限が与えられていたのです。

後にルーピンはハリーに「ジェームズとシリウスとセブルスの間にあれだけ色々なことがあった以上おそらく決して親友にはなれないだろう。あまりに苦々しさが残る」と言っています。それは自分は監督生だったのに・・・

自分は監督生としてジェームズとシリウスを止める役割を求められていたのにも関わらず見て見ぬフリをしてしまいセブルスに辛い思いをさせてしまったという自戒の念が「この言葉」には込められていると私はそう思いますね。

ルーピンも辛かったというわけです。

3-2.ルーピン先生の代理
クィディッチの開幕戦ハッフルパフ対グリフィンドールを翌日に控えた日のことでした。キャプテンのオリバー・ウッドが授業の合間に指示を送るのでハリーは「闇の魔術に対する防衛術」の授業に10分も遅れてしまいました。

ハリーが謝りながら教室に入って行くと教壇の机から頭を上げたのはルーピン先生ではなくスネイプでした。すかざずグリフィンドールから10点減点すると言ったスネイプに対してハリーが「ルーピン先生は?」と訊くと・・・

「今日は気分が悪く教えられないとのことだ」

スネイプは口元に歪んだ笑いを浮かべながらこう答えたのでした。さらにハリーが「どうなさったのですか?」と訊くとスネイプは「そうだったらいいのに」とでも言いたげな口ぶりで「命に別状はない」と答えたのでした。

この後スネイプは「ルーピン先生はこれまでどのような内容を教えたのか全く記録を残していない」とかハーマイオニーがそれに答えると「我輩はただルーピン先生のだらしなさを指摘しただけだ」と文句を言うばかりで・・・

そんなスネイプにロンが「先生はクラスに質問を出したじゃないですか。ハーマイオニーが答えを知ってたんだ!答えて欲しくないんなら何で質問したんですか?」と抗議するとスネイプはロンに罰則を課すと言い渡したのです。

確かに腹立ち紛れに生徒に八つ当たりしたのはいけないことだったと私は思いますが、スネイプにはルーピン先生に対しては「何であれほど警告しておいたのに守らなかったんだ!」と怒る理由があったというわけなんですよね。

幾つかのハリポタ関連のサイトでは「リーマス・ルーピンは甘党である」という指摘がされていました。ルーピン甘党の根拠として一番に挙げられるのはスネイプが持って来た「あの薬」に対して言ったルーピンの次の言葉です。

「砂糖を入れると効き目がなくなるのは残念だ」

この「薬に砂糖を入れる」という発想がルーピン・ファンの多くをして「リーマス・ルーピンは絶対に甘党だ!」と言わせる確たる根拠というわけなんですよね。ホグワーツ特急が吸魂鬼の捜索を受けた後ルーピン先生が・・・

その場にいた生徒にチョコレートを配ったのも決して吸魂鬼の襲来に備えてチョコレートを用意していたわけではなくルーピン先生は甘党なのでトランクには常にチョコレートなどの甘い物が入っていたというわけなんですよね。

スネイプはルーピン先生に「この薬に砂糖を入れて君に何事か起きても我輩は責任を持てない!」などと言って暗に「この薬に砂糖を入れるな!」と警告していたというわけです。ところがルーピン先生は誘惑に負けて・・・

つまりあの時ルーピン先生が体調を崩すに至ったのは「身から出た錆」さらに言い換えれば「自業自得」というわけです。スネイプにはルーピン先生に対して腹を立てる「ちゃんとした理由」があったというわけなんですよね。

3-3.スネイプとルーピンと「忍びの地図」
ホグワーツでは3年生になるとホグズミード村行きが許されるようになります。しかしそれには両親又は保護者の人に許可証にサインをしてもらわなければいけません。ハリーの場合は残念なことにバーノン叔父さんが・・・

許可証にサインをしてくれなかったためホグズミード村に行くことができなくなってしまいました。さらにクィディッチの初戦ハッフルパフ戦でニンバス2000を失ったハリーのことを気の毒に思ったフレッドとジョージが・・・

クリスマス休暇の直前にハリーに譲ってくれたのが「忍びの地図」だったというわけです。以来ハリーは地図に示されていた秘密の抜け穴を使ってホグズミード村に行っていたのですが、ついにスネイプにバレてしまったのです。

スネイプは勝ち誇る気持ちを無理に抑えつけたような顔をしてハリーに「一緒に来たまえ」と言って自分の研究室に連れて来たのでした。そしてついにハリーが挑発に乗ると「ポケットを引っくり返せ!」と言い渡したのです。

そこには当然「忍びの地図」がありました。当初ハリーは「余った羊皮紙の切れっ端です」と肩をすくめて言ってみせたのですが、スネイプが「捨てても構わんな?」と言って地図を暖炉に放り込もうとするものだから・・・

スネイプは杖を取り出して「汝の秘密を顕せ!」とか「正体を現せ!」などと唱えていましたが、やがてムーニーにプロングズにパッドフットにワームテールがスネイプ教授を罵る文章が浮かび上がって来るとスネイプは・・・

そこにルーピン先生を呼び出して「この羊皮紙にはまさに闇の魔術が詰め込まれている。君の専門分野だと拝察するが」と言ってさらにハリーが「どこでこんな物を手に入れたと思うかね?」とルーピンに問い質したのでした。

ルーピン先生は「無理に読もうとする者を侮辱するだけの羊皮紙に過ぎないようだか」とスネイプの見解を否定しましたが、スネイプはさらにハリーが「直接に製作者から入手した可能性が高いのでは?」とも言ったのです。

今にして思えばスネイプはそれが「忍びの地図」でルーピンが製作に関わっているということを薄々気づいていたと私はそう思いますね。そのため「ルーピンが白状しやしないか?」という期待を抱いてルーピン先生を・・・

呼び出したんだとそう私は思いますね。

今日の最後に
ハリーのお父さんのジェームズやシリウスはスリザリン生だということで心底スネイプのことを憎んでいたようですが、ルーピンは「ああ見えても本当は真っ直ぐな性格で正義感が強い」と評価していたと私はそう思いますね。

だからスネイプがダンブルドア校長を殺害した直後には「スネイプは優秀な閉心術士だから実は本心を隠していたのでは?」と一度はスネイプのことを疑いましたが、気持ちが落ち着いてからは再びスネイプについては・・・

「何らかの事情か理由があったのでは?」と考えるようになったようですね。何故かと云えばダンブルドア殺害直後には呼び名が「スネイプ」だったのに対してグリモールド・プレイス12番地でハリーたちに会った時には・・・

「セブルス」に戻っているんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1130-f988fb99