FC2ブログ
ハリーにとって「蛇語を解する」というこの能力は功罪相半ばといった感じでいいことも悪いことも両方あったのでした。一方ロンにとっては罰則の時に磨かされたということでリドルの「ホグワーツ特別功労賞」の盾を苦々しい思いで見つめていたのですが学期末には・・・(全3項目)

3-1.ポリジュース薬
フィルチの飼い猫ミセス・ノリスが襲われた事件を受けてハリーたち3人の間では「でき損ないのスクイブやマグル出身の生徒をホグワーツから追い出したいのは誰?」という議論になったのですが、それに対してロンが・・・

「我々の知っている人の中でマグル生まれはクズだと思っている人物は誰?」と言って暗に「ドラコ・マルフォイが犯人なのでは?」と言い出したために、ハーマイオニーは「それは疑わしい」という表情を浮かべたのでした。

ハリーも「あの家族はいつもスリザリン出身だということを自慢している。父親もどう見ても悪玉だ。あいつならスリザリンの末裔でもおかしくない」と言ってロンの意見に同調したのでした。するとハーマイオニーが・・・

「どうやって証明する?」と言うハリーにハーマイオニーはポリジュース薬を使えば自分以外の誰かに変身できるので自分たち3人がスリザリンの誰かに変身すれば「本当にドラコ・マルフォイが犯人なのか?」を確かめられる。

そこで「ドラコ・マルフォイを尋問したい!」と強く願ったハーマイオニーが主導権を握ってポリジュース薬を作ることになりロックハートに許可証にサインしてもらって禁書の棚から「最も強力な薬」を借りてさらには・・・

スネイプ個人の薬棚から材料を盗んで3人はついにポリジュース薬を完成させたというわけなんですよね。それ以来ポリジュース薬はハリーたちが使ったりドラコ・マルフォイが悪用したりもしてさらにはふくろう試験の・・・

「魔法薬学」の筆記試験に出たりもしたのでした。

3-2.パーセルマウス
ハリーにとってこの「蛇語を解する」という能力は功罪相半ばといった所でしょうね。持ってて良かったということもあれば、この能力のお陰で他の寮の生徒から白眼視されたり魔法大臣と仲違いしたりもしたというわけです。

当サイトでは散々何度も取り上げていますが、ハリーがパーセルマウスだということがまずホグワーツの生徒たちに広く知られるようになったのはギルデロイ・ロックハートが主宰した「決闘クラブ」がキッカケだったのです。

時を同じくしてホグワーツ校内ではフィルチの飼い猫ミセス・ノリスや1年生でマグル生まれのコリン・クリービーが相次いで襲われる事件が起きたためハリーが「襲撃事件の犯人なのでは?」と疑われることになったのです。

ハリーは「自分が持っているぐらいなんだから魔法界には掃いて捨てるほどいるんだろ?」と言うのに対してロンが「そんな能力はざらには持っていない」と稀有な能力だと説明したのです。さらにハーマイオニーもまた・・・

サラザール・スリザリンは蛇と話ができることで有名だったそうです。そのためスリザリン寮のシンボルは蛇になっているというわけです。だから今度は学校中がハリーは「スリザリンの子孫では?」と言い出すだろうと・・・

しかしその学期末にはダンブルドアが「そうしようと思ってしたわけではないがヴォルデモートがハリーを襲った時に自分の力の一部をハリーに移してしまった」と説明したのです。さらにダンブルドアはハリーに対して・・・

自分は「スリザリンに入るべきなんだ」と言うハリーにダンブルドアは「大事なのは持っている能力ではなく自分がどのような選択をするのかということなんだ」と言ってハリーを優しく諭してくれたというわけなんですよね。

しかし4年生の時には「日刊予言者新聞」にそのことが掲載されて、当時の魔法大臣コーネリウス・ファッジがハリーに対して大きな疑念を抱く理由の1つにされてしまったのです。それは「蛇語を解する」という能力が・・・

ヴォルデモート卿を筆頭に多くの闇の魔法使いが持ち合わせていることが広く知られていたからでしょうね。ハリーにとって「この能力」が役に立ったのは2年生の時「秘密の部屋」の怪物がバジリスクだと判ったことと・・・

ハリーが蛇語を話せたため「秘密の部屋」を開くことができたこと。さらにはロンがヴォルデモートの分霊箱をバジリスクの牙で破壊するためハリーの蛇語を真似して再び「秘密の部屋」に入ることができたということも・・・

6年生の時にはダンブルドアの個人教授でゴーント家の人たちが話す蛇語が理解できたこととグロスター州のディーンの森でヴォルデモートの分霊箱を破壊する時に蛇語で「開け」と言えたことだったというわけなんですよね。

3-3.ホグワーツ特別功労賞
ハリーが嘆きのマートルのいるトイレで拾った日記の「T.M.リドル」という名前を見てロンは即座に「この名前知ってる」と答えたのです。何故かと云えばフィルチの罰則の時に磨いていた盾にこの人の名前が載っていて・・・

50回以上も磨いた上にナメクジのゲップを引っかけてしまい1時間も名前の所を磨いていたのですっかり覚えてしまったんだそうです。この人つまりT.M.リドルは50年前に学校から「特別功労賞」を貰っているのだそうです。

ロンはハリーが「その日記を何故捨ててしまわないのかが分らない」と興味を示さなかったのですが、2月の初めに医務室から退院したハーマイオニーはその日記が50年前の物だということで強い関心を示したというわけです。

それは前に「秘密の部屋」が開かれたのがやはり50年前だったからです。ハリーもまた「どうしてリドルの日記を捨ててしまわないのか?」を上手く説明できないまま日記を持ち続けていたのでした。それでもハリーは・・・

ハリーは「リドルのことをもっと知りたい」と強く願い興味津々のハーマイオニーと「あの部屋はもう一生見たくないくらい十分見た」と不満顔のロンを連れて休憩時間にトロフィー・ルームに向かったというわけなんですよね。

リドルの「ホグワーツ特別功労賞」の盾はピカピカに磨かれて部屋の隅の飾り棚の奥に収まっていました。しかし「何故リドルが特別功労賞を受けたのか?」の詳しい理由は何も書かれてはいませんでした。するとロンが・・・

「そのほうがいいんだ。何か書いてあったら盾がもっと大きくなるから今でも僕はこれを磨いていただろう」なんてブラックジョークを言うのです。ところがその学期末にはハリーに加えてロンも「この賞」を貰うことに・・・

「2人ともホグワーツ特別功労賞が授与される。それに-そうじゃな-ウム、1人につき200点ずつグリフィンドールに与えよう」

ダンブルドアがこう言うとロンの顔は明るいピンク色に染まったのでした。つまり今ホグワーツのトロフィー・ルームにはハリーとロンの名前が刻まれた「ホグワーツ特別功労賞」の盾が飾られているというわけなんですよね。

最後に
そういえばスネイプはベラトリックス・レストレンジに「あいつには特別な能力など全くないことが我輩にはすぐ読めた」とハリーには特に秀でた特殊な才能など全然ないと言っていますが、ハリーのこの能力については・・・

「蛇語を解する」というこの能力については一言も言及していません。スネイプの説明によるとハリーがホグワーツに入って来た時ハリーに関する様々な憶測が流れていたそうです。闇の帝王に攻撃されても生き残った・・・

ハリーこそが「偉大なる闇の魔法使いではないか?」だからこそハリーは我々全員がもう一度結集し擁立すべき旗頭なのではないか?という考えがあったそうですね。しかしハリーはグリフィンドールに組分けされたので・・・

その時点でアウトということだったんでしょうか?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1135-9e5765ba