FC2ブログ
正直言うと「今週何やろうかな?」と結構悩んだのですが、この機会に4つある寮の印象が「どう変わったのか?」について考えてみることにしました。最初は非常に良かったのが徐々に悪くなった寮もあれば逆に悪かったのが劇的に良くなった寮もありました。そして本日取り上げるこの寮は?(全3項目)

3-1.ハッフルパフの印象、その1
11才の誕生日にハリーがマダム・マルキンの洋装店で初めて会った時にドラコ・マルフォイは「ハッフルパフなんかに入れられたら退学する」なんて言っていますね。さらに直後にはハグリッドもハッフルパフ生のことを・・・

「劣等生が多いとみんなは言うが」と言っています。それを聞いてハリーは「僕きっとハッフルパフだ」と落胆しながら言っていますよね。するとハグリッドは「スリザリンよりはハッフルパフの方がマシだ」と言うのです。

それは悪の道に走った魔法使いや魔女はスリザリン出身だからだと言うのです。その代表格がヴォルデモート卿というわけなんですよね。フレッドもセドリック・ディゴリーがクィディッチのキャプテンになった時には・・・

ケイティ・ベルがセドリックのことを「無口で強そうな」と言うとフレッドは「無口だろうさ。2つの言葉を繋げる頭もないからな」と散々に酷評していますよね。さらにフレッドはハッフルパフは「クソまじめ」とも・・・

つまり他の寮の人たちに言わせればハッフルパフ寮生は?

残念ながらお世辞にも頭脳明晰ではない。つまり頭の悪い人が行く寮というイメージがあるみたいですね。そのセドリックが「三大魔法学校対抗試合の代表選手に名乗りを上げるらしい」と聞いた時にはロンもこう言っています。

「あのウスノロがホグワーツの代表選手?」

それに対してハーマイオニーは「あの人はウスノロじゃないわ。クィディッチでグリフィンドールを破ったものだからあなたがあの人を嫌いなだけよ」とフォローする言葉を言っています。結局正規の枠で選ばれたのは・・・

セドリック・ディゴリーだったのです。

3-2.ハッフルパフの印象、その2
ハリーと私たち読者にとってハッフルパフの印象を良くも悪くもした人物の1人にアーニー・マクミランがいました。ハリーと同学年のアーニーは2年生の時ハリーがロックハートの「決闘クラブ」で蛇語を解する能力を・・・

発揮したことをキッカケにして「一連の襲撃事件の犯人に違いない!」と考えて、ジャスティン・フィンチ・フレッチリーと「ほとんど首なしニック」が襲われた現場にハリーがいたためハリーを指差してこう言ったのでした。

「現行犯だ!」

しかしハーマイオニーが襲われて犠牲者になったことを受けてアーニーはハリーに「君を一度でも疑ったことを申し訳なく思っています」と詫びたのでした。ハリーがハーマイオニーを襲うハズなどないからというわけです。

さらにアーニーは5年生になった時には多くのそれも大多数の生徒が「日刊予言者新聞」の中傷記事を読んでハリーに対する不信感や疑念を高めている中よく通る大きな声で「僕も君を100%信じる」と言ってくれたのでした。

アーニーはルーナだけではなく「君を支持しているのは変なのばかりじゃない。僕の家族はいつもダンブルドアを強く支持して来たし僕もそうだ」と言ってくれたのです。監督生のアーニーがこう言ってくれたことにより・・・

当初は「日刊予言者新聞」の記事を鵜呑みにしてハリーとダンブルドアに対して悪感情を抱いていたラベンダー・ブラウンも翻意してダンブルドア軍団に加わりそれがシェーマス・フィネガンの気持ちを変えることにも・・・

繋がったというわけです。さらにハリーと私たち読者のハッフルパフに対する感情を劇的に向上させたのがセドリック・ディゴリーその人だったのです。ご存知のようにセドリックはハリーが3年生の時にクィディッチの・・・

対グリフィンドール戦で勝利したためフレッドもジョージもロンもセドリックに対してはあまり好印象を抱いてはいませんでした。ハリーもまたクリスマス・ダンスパーティではチョウ・チャンを取られてしまったために・・・

セドリックがせっかく「第2の課題」の金の卵の謎を解くヒントをくれたのに意地を張り続けていたのです。さらに最後の課題では優勝カップを目の前にしてセドリックはハリーに「君が優勝するべき」と言ってくれたのです。

本当は優勝カップが欲しくてしかたがないのにセドリックはハリーに「君は迷路の中で2度も僕を助けてくれた」とか「事前にドラコンのことを知らされなかったら最初の課題で落伍していた」などと理由を列挙して・・・

決して優勝カップを取ろうとはしなかったのでした。そんなセドリックに対してハリーが発した言葉というのが「2人一緒に取ろう。ホグワーツの優勝に変わりない。2人引き分けだ」というものだったというわけなんですよね。

3-3.ハッフルパフの印象、その3
こうして「2人同時優勝!」とすることでハッフルパフに対する一切の悪感情を払拭したハリーでしたが、ダンブルドア軍団にザカリアス・スミスが加わったことで再び良好な関係に暗雲が漂うことになってしまったのでした。

ハーマイオニーもまたこの男を誘うことにはあまり乗り気ではありませんでした。しかしハーマイオニーがハッフルパフのテーブルでアーニー・マクミランとハンナ・アボッドを誘っている時に来たそうにしていたんだそうです。

しかしザカリアス・スミスがダンブルドア軍団に参加した真の目的はハリーに「闇の魔術に対する防衛術」を教えてもらうためなどではなくハリーとダンブルドアが主張していた「ヴォルデモートは復活した」の真偽を・・・

確かめるためだったというわけなんですよね。さらに残念なことにヴォルデモートが復活したことが「日刊予言者新聞」に載ってハリーとダンブルドアの言い分が正しかったことが証明された後もザカリアス・スミスは・・・

ハリーは6年生になるとクィディッチのグリフィンドール・チームのキャプテンになったのですが、開幕戦のグリフィンドール対スリザリン戦では卒業で抜けたリー・ジョーダンに代わって試合実況のメガホンを握って・・・

「さあ始まりました。今年ポッターが組織したチームには我々全員が驚いたと思います。ロナルド・ウィーズリーは去年キーパーとしてムラがあったので多くの人がロンはチームから外されると思ったわけですが」ところが!

キャプテンとの個人的な友情が役に立ったとハリーとロンを同時に酷評したのです。しかしこの試合でロンは好セーブを連発してジニーは試合開始30分後には6回のゴール中4回を決めていてスミスはロンとジニーの2人が・・・

ハリーの依怙贔屓のお陰でチームに入ったと声高に言うことが事実上できなくなり他のメンバーの粗探しをしなくてはならなかったのでした。ザカリアス・スミスはせっかくハリーから自分の身を守る魔法を習ったのに・・・

ホグワーツの戦いの時には自らは戦おうともせずに1年生を押し倒して列の前に行こうとしていたというわけです。どこの寮にも1人ぐらいはこういうザカリアス・スミスのようなどうしようもない輩がいるということのようです。

今日の最後に
そういえば改めて考えてみるとザカリアス・スミスってヴォルデモートの復活が明らかになる以前も以後もハリーに対する態度は一貫していて変わっていないですよね。それにそもそもダンブルドア軍団に参加した理由も・・・

ヴォルデモートが復活した時の状況を正確に知るためでした。つまりスミスはクィディッチのハッフルパフ・チームの一員だったそうなのでキャプテンのセドリック・ディゴリーが死んだ経緯の詳細が知りたかったんでしょうね。

要するに名キャプテンのセドリックを死に追い込んだハリーが憎かったということなんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1136-5c70aac8