FC2ブログ
マリエッタ・エッジコムの裏切りで一度は最悪の印象になってしまったレイブンクローだったのですが、ルーナ・ラブグッドの大活躍のお陰ですっかり払拭されて最後の最後には寮監のフリットウィック先生の一言がハリーにヴォルデモートの分霊箱を発見できる重要な手がかりになったのです。(全3項目)

3-1.レイブンクローの印象、その1
改めてよくよく考えてみるとハリーが気楽に名前で呼び合えるレイブンクロー生ってチョウ・チャンとルーナ・ラブグッドの2人しかいないんですよね。ということはレイブンクロー寮の印象を悪くするのも良くするのも・・・

この2人次第ということになりますよね。チョウの存在をハリーが初めて知ったのは3年生の時でクィディッチのレイブンクロー戦で見たのが最初でした。そしてこの時こそがハリーの初恋の瞬間だったというわけなんですよね。

4年生の時ハリーはマクゴナガル先生から「あなたは代表選手なのだから必ずクリスマス・ダンスパーティにはパートナーを連れて来るように」と言い渡されて「誘うのはチョウしかいない」と思うには思ったのですが・・・

気持ちばかりが空回りしてなかなか誘うことができません。しかしチョウのほうもハリーと同じだったんじゃないかな?と私はそう思いますね。こうして2人が悶々としている間にチョウはセドリックに誘われてしまったのです。

そのセドリックが死んで「やっぱり私が好きなのはハリー」と思い直し先回の失敗を繰り返さないようにと思ったのか?チョウは夏休みが終わって新学期に入ると積極的にハリーにアプローチをするようになったというわけです。

そんなチョウの思いを当然見抜いていたハーマイオニーはチョウに「闇の魔術防衛グループ」後のダンブルドア軍団に入らないか?と声をかけたのでした。そしてチョウはマリエッタ・エッジコムと共に参加したというわけです。

ところがそのマリエッタがアンブリッジの所に駆け込んでダンブルドア軍団の活動を止めるキッカケを作ってしまったのです。チョウはハリーに謝ったもののマリエッタを庇うチョウにハリーの怒りは収まらずその結果・・・

チョウはハリーに未練たっぷりでしたがハリーの心は完全にチョウから離れてしまったのでした。そんなことでハリーと私たち読者のレイブンクローに対する印象は最悪になってしまったというわけです。ところがそれを・・・

ものの見事に挽回してくれたのがルーナ・ラブグッドだったというわけなんですよね。

3-2.レイブンクローの印象、その2
ルーナは新学期初日のホグワーツ特急でハリーと初対面を果たした直後にはハグリッドを「あまりいい先生じゃない」とか「レイブンクローでは少しお笑い種だと言っているよ」などと思っていることをズバリと言って・・・

6年生のクリスマス休暇の前日DAの活動をしなかったこともあり久しぶりにハリーはルーナと会って話をする機会を得ることができましたが、ルーナはその時も「言いにくい真実をスバリと言う才能」を発揮してくれたのでした。

そんなルーナにハリーは思わず「今晩僕と一緒にスラグホーンのパーティに来ないか?」と誘ってしまったのでした。口に出して言ってしまってから「断って欲しい」と思ったハリーが「単なる友達として」と言ったのに・・・

ルーナはこれまで見せたことがない笑顔を浮かべながら「友達として一緒に行きたい!」と言ったのでした。ルーナにとっては今までパーティに誘ってくれた人などいなかったのでそれでも十二分にうれしかったというわけです。

そんなルーナの好感度が(私の中では)天井を突き破ったのはハリーたち3人が狼人間のフェンリール・グレイバック率いる人さらい一味に身柄を拘束されてしまいマルフォイの館に連れて行かれた所にルーナがいたからでした。

まさに地獄に仏とはこのことでハリーが「この最悪中の最悪の事態をどうしたら打開できるのか?」と考えている時にルーナが現れてくれたのです。ルーナは隠していた釘でハリーたちを縛っていた綱を解いてくれたのでした。

ハリーたちを助けに駆け付けてベラトリックス・レストレンジに殺されたドビーには「これ以上はない!」というぐらいの葬送の言葉を捧げてくれたのでした。ハリーはもちろんのこと誰もが二の句も言えない絶品の言葉でした。

その後もルーナはホグワーツの戦いにも参戦してフレッドを失って絶望のどん底に突き落とされて守護霊を創り出せないハリーに守護霊を創って吸魂鬼を追い払いながら「みんなまだ戦っているよ」と励ましてくれたのでした。

そして戦いが終わって疲労困憊しているハリーに「あたしだったらしばらく1人で静かにしていたいけどな」とハリーの心情を思いやり、ハリーが「そうしたいよ」と言うとハリーが「透明マント」に隠れられるようにと・・・

みんなの気を逸らせてくれたのでした。ルーナのお陰でハリーはようやく自由になり、こうしてルーナはハリーと私たち読者のレイブンクローに対する不信感を払拭して余りある活躍を見せてくれたというわけなんですよね。

3-3.レイブンクローの印象、その3
ヴォルデモートの分霊箱の最後の隠し場所が「ホグワーツ」だと判りハリーはホグズミード村のパブ「ホッグズ・ヘッド」から繋がる秘密の通路で城内に入ることができたのでした。一刻も早く分霊箱を見つけなければと・・・

焦るハリーでしたがロンとハーマイオニーの「何もかも1人でやる必要はない」とのアドバイスを受けて必要の部屋にいる人たちに訊いてみることにしたのでした。ハリーの問いに答えてくれたのもやはりルーナだったのです。

ルーナによれば「レイブンクローの失われた髪飾りがある」とのことでした。果たしてヴォルデモートがホグワーツに隠したのはそれなのか?さらには誰も見つけることができなかったその髪飾りをスリザリン寮出身の・・・

ヴォルデモートが見つけることができたのか?ロンとハーマイオニーとはぐれてしまい1人で必死になって考えていた時ハリーの脳裏にはレイブンクローの寮監フリットウィック先生の言った「あの言葉」が浮かんで来たのです。

「見たことがあるかじゃと?生きている者の記憶にある限りでは誰も見たものはない!とっくの昔に失われた物じゃよ!」

「ほとんど首なしニック」に教えてもらってレイブンクローのゴースト「灰色のレディ」の話を聞いている内にハリーは判ったのでした。ヴォルデモートの分霊箱は間違いなくその髪飾りでヴォルデモートはその髪飾りを・・・

「必要の部屋」に隠したのです。レイブンクロー生のルーナとその寮監のフリットウィック先生の2人の助言のお陰で「ヴォルデモートの分霊箱は何なのか?」と「どこに隠したのか?」の両方が判ったというわけなんですよね。

今日の最後に
ダンブルドア軍団の4回目の会合の時5年生のハーマイオニーがNEWT(いもり)レベルの「変幻自在術」を使えると知ってテリー・ブートがハーマイオニーに「どうしてレイブンクローに来なかったの?」と訊いたのに対して・・・

ハーマイオニーは「組分け帽子が私の寮を決める時レイブンクローに入れようかと真剣に考えた」と言っていますね。ハリーとロンに初めて会った時もハーマイオニーは「レイブンクローも悪くない」と言ってたのですが・・・

結局校長のアルバス・ダンブルドアがグリフィンドール出身ということなので事前に「グリフィンドールが絶対一番いい!」と思っていたのでハーマイオニーはグリフィンドール生になったというわけです。しかしもしも・・・

ハーマイオニーがレイブンクロー生になっていたら「マリエッタ・エッジコムとの関係は?」とか「チョウとの関係は?」とか「ルーナとの関係はどうなっていたんだろう?」と考えると色々と妄想が膨らんでしまいますよね。

でもやっぱり監督生にはなっていたんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1137-e6c2e590