FC2ブログ
さて!年明け最初の記事で予告したように来たる2月6日が誕生日ということで今週はアーサー・ウィーズリー氏を取り上げることにします。今週は各回の記事ごとに「楽しむアーサー氏」とか「怒るアーサー氏」などとアーサー氏の登場シーンを表情別に紹介してみることにしました。(全3項目)

3-1.アーサー氏の楽しみ、その1
今にして思えばアーサー氏にとっては「末息子のロンがあのハリー・ポッターと友達になった」と聞いただけでもビックリ仰天だったんでしょうね。それがロンが言うには「いつもいとこのお下がりを着せられて」とか・・・

誕生日にはろくなプレゼントも貰ったことがないなどマグルの一家に冷遇されていることを聞くに及んで「それなら是非我が家に招待を!」ということになったというわけです。こうして青天の霹靂といった感じで突然に・・・

ハリーが「隠れ穴」にやって来たというわけです。それ以来アーサー氏は夕食の席ではハリーを隣に座らせたがりマグルの生活について次から次と質問攻めにしたというわけです。アーサー氏は電気のプラグの使い方とか・・・

郵便はどんなふうに届くのかなどを知りたがったんだそうです。ハリーが電話の使い方を説明するとアーサー氏はまさにそれは独創的で「マグルは魔法を使えなくても何とかやって行く方法を実に色々考えるものだ」と・・・

感心して言ったのでした。一家とハリーがジニーの学用品や教科書を買うためにダイアゴン横丁に行く時にもハリーが去年学用品を買いに行くのに「地下鉄に乗りました」と言うとアーサー氏はハリーの言葉に反応して・・・

アーサー氏は身を乗り出し「エスカペーターとかがあるのかね?それはどうやって?」とハリーにエスカレーターのことを訊こうとしましたが、妻のウィーズリーおばさんに「その話はあとにして」と遮れてしまったのでした。

とにかくハリーに対しては折ある毎にマグルのことについて訊かずにはいられないアーサー氏だったというわけです。

3-2.アーサー氏の楽しみ、その2
改めて振り返ってみるとハリーはホグワーツに入学して以降は2巻に4巻に6巻に7巻と夏休みの後半は何と「4回」も「隠れ穴」に滞在していて事実上実家と言ってもいいほどの扱いですよね。ハリーが4年生の夏休みを・・・

「隠れ穴」で過ごしたのは30年ぶりにイギリスで開催されるというクィディッチ・ワールドカップの決勝戦を観戦するためでした。5時半になると居間でダーズリー一家がパニックになって部屋の隅に逃げる音がしたので・・・

ハリーが居間から飛び出して来たダドリーに「何が起こったんだ?」と訊いたのですが、ダドリーは恐怖で口が利けない状態のためハリーが居間に入ると板を打ち付けて塞いだ暖炉からバンバン叩いたりガリガリ擦る音が・・・

ペチュニア叔母さんの「あれは何なの?」という疑問は次の瞬間には解けたのでした。塞がれた暖炉の中からアーサー氏の声が聞こえて来たからです。ハリーが暖炉に近づいて「この暖炉は塞がれているんです」と言うと・・・

アーサー氏は当初「暖炉を塞ぐとはどういうつもりなんだ?」と怒っていたのですが、ハリーが「電気の暖炉なんです」と答えるとアーサー氏の声は「プラグを使うやつ?」と言って弾んだのでした。この後アーサー氏は・・・

ロンにフレッドにジョージの3人と共に暖炉を塞いでいた板張りを吹き飛ばして居間に入って来たのでした。そのお陰で着ていた一張羅の背広も髪の毛も髭も埃で真っ白でバーノン叔父さんは急に30才も老けて見えたのでした。

アーサー氏はバーノン叔父さんに「ご心配なく。あっという間に元通りにできますから」と説明するにはしたのですが、ハリーが見た所ではバーノン叔父さんがアーサー氏の言葉を一言も理解できなかったことは一目瞭然でした。

出来ることならダーズリー一家とお近づきになりたいアーサー氏は挨拶代わりに「なかなかいいお住まいですな」と言いましたが、普段はシミ1つない居間が埃とレンガの欠けらで埋まっていては残念ながら説得力はありません。

アーサー氏は部屋を見回しました。とにかくマグルに関するものは何でも大好きなのです。ハリーにはアーサー氏がテレビとビデオのことを調べてみたくて「うずうずしている」のが判ったのでした。この後アーサー氏は・・・

プラグや電池を集めていて電池のコレクションは相当なものだと自分の趣味を披露して何とかダーズリー一家との会話を成り立たせようとしましたが、バーノン叔父さんもペチュニア叔母さんも乗って来てはくれませんでした。

さらにフレッドとジョージが仕掛けた悪戯でダドリーの舌が1メートルも伸びる事態となってしまい「この出会いを機にマグルの一家との親交を結びたい!」というアーサー氏の願いは木っ端微塵に粉砕されてしまったのでした。

3-3.アーサー氏の楽しみ、その3
ハリーにハーマイオニーを含めたウィーズリー一家一行は決勝戦が行われる日の早朝に競技場に隣接するキャンプ場に入ったのでした。「姿現し」ができるビルにチャーリーにパーシーの3人は後から一行に合流したのでした。

魔法は厳密に言うと許されないとのことなのでテントはマグル方式で作りました。ハリーとハーマイオニーの2人で考え柱や杭がどこに打たれるべきかを解明したのでした。木槌を使うという段階になるとアーサー氏は・・・

完全に興奮状態だったため役に立つどころか足手まといでした。それでも何とかテントを二張り立ち上げたのでした。完成品を見てハリーは「誰が見たってこれが魔法使いのテントだとは気づくまい」と大満足したのでした。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が水を汲んで戻って来るとジョージが「遅かったなあ」と言って来たのでした。ロンが「色んな人に会ったんだ」と言い訳をした後に「まだ火を熾していてないのか?」と訊くと・・・

フレッドが「親父がマッチと遊んでてね」と3人に言ったのです。アーサー氏は火を点ける作業が上手く行かなかったようでした。しかし努力が足りなかったわけではなかったのです。折れたマッチがアーサー氏の周囲に・・・

ぐるりと散らばっていました。しかしアーサー氏は「我が人生最高の時!」という顔をしていました。アーサー氏はマッチを擦って火を点けたものの驚いてすぐに取り落としていたのでした。それを見てハーマイオニーが・・・

アーサー氏の手からマッチ箱を取ると正しいマッチの使い方を説明したのでした。それでようやく火が点いたのですが、料理ができるようになるまでにはそれからさらに1時間を要したのでした。そして卵とソーセージを・・・

火の準備が整って料理を始めた途端に「姿現し」組のビルとチャーリーとパーシーの3人が来たのでした。つまり「姿現し」ができない一行はキャンプ場に到着してから食事が取れるまでに丸半日もかかったというわけです。

ロンに言わせれば「信じられないぐらい時間がかかったぜ」という所なのではないでしょうか?

今日の最後に
クィディッチ・ワールドカップの決勝戦が開催される日の朝にジョージはパーシーが「姿現し」のテストに2週間前に受かったばかりだと言っていますね。それ以来パーシーは毎朝1階まで「姿現し」で下りてくるんだそうです。

それはパーシーが「自分は姿現しができるんだぞ!」ということを見せたいばっかりにしているのだそうです。ところが翌年度の夏休みになると今度はフレッドとジョージがグリモールド・プレイス12番地の騎士団本部で・・・

ロンが「階段を下りたって30秒も余計にかかりゃしないのに」と言うのに対してフレッドは「時はガリオンさ」と言いながらしていますね。どうも「姿現し術」というのは覚えたら自慢せずにはいられなくなる魔法のようですね。

アーサー氏もまた「大の大人でも使わない魔法使いが大勢いる。箒のほうが遅いが安全でいい」と言っているんですよね。つまり「姿現し術」というのは習得するのが相当に難しい難易度の極めて高い魔法ということのようです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1140-18f2084f