FC2ブログ
何故ドラコ・マルフォイは母ナルシッサを撒いた後「夜の闇横丁」のボージン・アンド・バークスに駆け込んだのか?ドラコ・マルフォイは一体何を直したがっていたのか?何を取り置きしておけと言ったのか?大きな疑念を抱えたまま新学期初日を迎えたハリーだったのですが・・・(全3項目)

3-1.ホグワーツ特急にて、その1
こうしてドラコに対する大きな疑念を抱いたまま新学期初日を迎えたハリーだったのですが、ホグワーツ特急に乗って監督生の車両から移動して来たロンの口から「マルフォイが監督生の仕事をしていない」と聞かされたのです。

何でも他のスリザリン生と一緒にコンパートメントに座っているだけなんだそうです。ハリーはロンの言葉に引かれて思わず座り直したのでした。先学期は監督生としての権力を嬉々として濫用していたというのに今年は・・・

力を見せつけるチャンスを逃がすなんてあいつらしくもない。ハーマイオニーは「多分尋問官親衛隊のほうがお気に召していたのよ」と言うのです。確かに尋問官親衛隊に比べれば監督生が迫力不足なのは否めない事実です。

何故ドラコが1年生をいじめに来なくなったのか?ハリーは「マルフォイには下級生いじめより大切なことがあるのでは?」と考えたのですが、ロンとハーマイオニーに持論を言わない内にコンパートメントの扉が開いて・・・

3年生の女子がスラグホーンの招待状を持って来たのです。スラグホーンのコンパートメントで同学年のスリザリン生のブレーズ・ザビニと一緒になったハリーは「透明マント」を使ってドラコのいるコンパートメントに・・・

潜入することを思いついたのですが・・・

3-2.ホグワーツ特急にて、その2
ザビニが戻ってしばらくの間はスラグホーンのコンパートメントに誰が呼ばれていたのかが話題の中心でした。ザビニが「スラグホーンは死喰い人にはあまり関心がないようだ」と言うとドラコは腹を立てた様子でしたが・・・

同時に無理をして妙にしらけた笑い方をしたのでした。ハリーの心臓の鼓動を早くしたのはドラコの「来年僕はホグワーツになんかいないかもしれないからスラグホーンが自分をどう思っても関係ない」という趣旨の発言でした。

ドラコに膝枕をさせていたパンジー・パーキンソンが毛づくろいをしていた手を止めて「どういうこと?」と憤慨したように訊くとドラコは僅かにニヒルな笑いを浮かべて「先のことは分らないだろう」と言った後さらに・・・

ドラコは「もっと次元の高い大きなことをしているかもしれない」と言ったのです。クラッブとゴイルは「次元の高いこと」というのが一体何なのか?が全く見当がつかないらしくポカンとしてドラコを見つめていたのでした。

ザビニでさえ高慢な風貌が損なわれるほどにあからさまな好奇心を覗かせていたのでした。パンジーは言葉を失ったかのように再びドラコの髪をのろのろと撫で始めた後ドラコに「もしかしてあの人のこと?」と訊いたのでした。

するとドラコは・・・

ドラコは肩をすくめて「母上は僕が卒業することをお望みだが僕としてはこのごろそれがあまり重要だとは思えない」と言い出したのです。それは闇の帝王がこの魔法界を支配すれば「試験で何科目取ったのか?」なんて・・・

闇の帝王が気になさるか?もちろんそんなことは問題じゃない。闇の帝王のために「どのように奉仕しどのような献身ぶりを示せるのか?」それだけが重要だ。だからドラコは学校を卒業することにはこだわらないと言うのです。

そんなドラコにザビニが容赦なく「16才でしかもまだ完全な資格もないのに?」と訊くとドラコは「たった今言わなかったか?あの人は多分僕に資格があるかどうかなんて気になさらない」それは闇の帝王が自分に対して・・・

ドラコは闇の帝王が僕にさせたい仕事は資格なんて必要ないのかもしれないと静かに言ったのでした。クラッブとゴイルは2人揃ってあんぐりと口を開けてドラコの言葉に聞き入っていたのでした。パンジーもまた同様に・・・

「こんなに神々しいものは見たことがない!」という顔でドラコをじっと見下ろしていたのでした。ドラコは自分が作り出した効果をじっくり味わいながら暗くなった車窓を指差して「ホグワーツが見える」と言ったのでした。

3-3.列車を降りる際に・・・
ハリーにとっては極めて残念なことにドラコは侵入者がいることに気づいていたのでした。握ってほしそうに手を差し出しているパンジー・パーキンソンにドラコは「先に行け。ちょっと調べたいことがある」と言ったのでした。

パンジーがいなくなるとコンパートメントにいるのはハリーとドラコの2人だけになりました。ドラコはブラインドを下ろし通路側から覗かれないようにしたのでした。そしてハリーの不意を衝いてハリーに杖を向けると・・・

「ペトリフィカス トタルス!石になれ!」

ドラコにアッという間に金縛りにされてハリーは荷物棚から転げ落ちドラコの足下に落下したのでした。「透明マント」は体の下敷きになり脚を海老のように丸めてうずくまったままの滑稽な格好でハリーの全身が現れました。

筋肉の一筋も動かせません。ドラコはにんまり笑いながら酔いしれたように「やはりそうか」と言ったのでした。何でもゴイルのトランクがハリーにぶつかったのが聞こえたんだそうです。さらにザビニが戻って来た時に・・・

何か白い物が一瞬だけ空中に光るのを見たような気がしたのだそうです。ドラコはハリーの顔を思いっ切り踏みつけ「透明マント」でハリーの全身を覆ってハリーの指をわざと踏みながらコンパートメントを出て行ったのでした。

トンクスに助け出されてハリーが大広間に到着した時ドラコは鼻をへし折られる真似をしてみんなを大笑いさせ、やんやの喝采を受けていたのでした。そんなドラコを見てハリーの怒りは極限に達しましたが今回の件は・・・

残念ながらハリーの完全敗北と言うしかないでしょうね。

今日の最後に
ハリーが大広間に入った後の演説でダンブルドアが「この広間におる者は誰もが知っての通りヴォルデモート卿とその従者が再び跋扈し力を強めておる」と話すと広間内は沈黙が張り詰め研ぎ澄まされて行くようでしたが・・・

ドラコはそんなダンブルドアには目もくれずまるで「校長の言葉など傾聴に値しない」とでも言いたげに杖でフォークを宙に浮かせていたのでした。それはやはり「どうせダンブルドアはもうじき僕に殺されるんだ」と・・・

思っていたからなんでしょうか?

ところが・・・
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1146-e638371b