FC2ブログ
あいつは一体何を企んでいるんだ?2人の仏頂面の女の子を引き連れたドラコとばったり出会って愕然とするハリーでしたが、その日の夜病棟のベッドでハリーはついにドラコを尾行する方法を思いついたのでした。ハリーが遠慮がちに暗闇に向かって呼んでみると・・・(全3項目)

3-1.「姿現し」練習コースにて
ドラコはケィティ・ベルのネックレス事件については「自分には一切関わりのないことなんだ!」と思い込むことにしたのでスネイプに追及されても「一切関係ない」と苦もなく否定することができたというわけです。しかし!

スネイプが「既に君が関わっているという嫌疑がかかっている」と言うと思わず「誰が疑っているんだ?」と訊き返してしまったのでした。ドラコにとってはあの事件で自分が疑われることになったのは想定外だったようですね。

それは2年生の時に「あの」ボージン・アンド・バークスにドラコが来ているのをハリーが目撃しているという事実をドラコ自身が知らなかったからというわけです。そしてクリスマス休暇が終わると6年生にとっては・・・

大多数の6年生にとっては待望の「姿現し」の練習が始まったのですがドラコはクラッブと何やらひそひそ声で口論をしているのをマクゴナガル先生に注意されてしまったのです。ハリーがスネイプの様子を伺ってみると・・・

スネイプも苛立っていましたがドラコの行儀の悪さのせいというより他の寮それもグリフィンドールの寮監のマクゴナガル先生に叱責されたからのようです。ハリーが2人に近づきドラコとクラッブの会話を聞いてみると・・・

「いいか、あとどのくらいかかるか分らないんだ!」

ドラコは反抗的な態度のクラッブにさらに「僕が何をしていようとお前には関係ない。言われた通りにして見張りだけやってろ!」と苛立ち気味に話していたのでした。その言葉を聞いてハリーはドラコにこう言ったのでした。

「友達に見張りを頼む時は僕なら自分の目的を話すけどな」

ドラコはハリーに呪いをかけようとして杖を取り出し後ろ向きになりましたが、残念ながら4人の寮監の先生方が「静かに!」と呼びかけて練習会場の大広間が再び静かになってしまったのでハリーに呪いをかけるのは・・・

諦めて正面に向き直ったのでした。

3-2.毒入りのオーク樽熟成蜂蜜酒
ケィティ・ベルに「服従の呪文」をかけて呪われたネックレスを運ばせるという計画はものの見事に失敗に終わりました。それを踏まえてドラコは「やはり間に挟んだ人物が失敗の最大の原因だったようだ」と考えたようです。

そこで再びマダム・ロスメルタを使うことにしたのですが、今度は間に入れる人物を生徒ではなく教師にすることにしたのです。マダム・ロスメルタから「ダンブルドアへのクリスマス・プレゼント」と称して贈ったのは・・・

パブ「三本の箒」の人気商品「オーク樽熟成の蜂蜜酒」に毒を仕込んで、今年度からホグワーツの教職に復帰したホラス・スラグホーンの元に届けさせたのでした。すると今回の蜂蜜酒は検査をすり抜けて学校内に届いたのです。

ここまではドラコの目論見通りでした。ところがスラグホーンはその蜂蜜酒をクリスマスにダンブルドアには贈らず手元に置いてしまっていたのです。スラグホーンがその蜂蜜酒の封を開けたのは何と3月1日のことだったのです。

クリスマス休暇の直前にハリーがロミルダ・ベインから貰った惚れ薬入りの大鍋チョコレートをロンが自分の誕生日に食べてしまったので、ハリーは解毒剤を作ってもらうためロンを連れてスラグホーンの部屋を訪れたのでした。

スラグホーンの作った解毒剤を飲むとロンの顔からは笑顔が消え去って今度は極端な恐怖の表情に替わっていったのでした。それを見てスラグホーンは「気つけ薬が必要らしいな」と言って飲み物でびっしりのテーブルに・・・

バタービールもあるしワインもあるとのことでした。そこでスラグホーンが目に留めたのが「あの」オーク樽熟成の蜂蜜酒だったのです。スラグホーンは「ダンブルドアにクリスマスに贈るつもりだった」と言ったものの・・・

肩をすくめて「貰っていなければ別に残念とは思わないだろう」と言って、失恋の痛手を追い払うには上等の酒に勝るものはないと言ってそれに加えて今日はロンの誕生日ということだったので誕生祝いに開けてくれたのです。

それが・・・

ロンの異変に最初に気づいたのはハリーでした。ハリーは大声でスラグホーンに「何とかしてください!」と訴えましたがスラグホーンは衝撃で唖然とするばかりでした。ハリーは低いテーブルを飛び越えスラグホーンの・・・

魔法薬キットに飛びつき瓶や袋を引っ張り出しました。そしてやっと見つけたのです。萎びた肝臓のような「大抵の毒薬に対する解毒剤になる」というベゾアール石をロンの口をこじ開けて押し込んだのです。そのお陰で・・・

ロンは一命を取り留めましたが毒入りのオーク樽熟成の蜂蜜酒はダンブルドアの口には入らずドラコの策略は再び失敗に終わったのでした。

3-3.屋敷しもべ妖精の尾行
こうしてダンブルドアの代わりに毒入りのオーク樽熟成の蜂蜜酒を飲んだロンは命拾いはしたもののしばらくの間は病棟で過ごさなくてはならずハッフルパフ戦はコーマック・マクラーゲンがキーパーを務めることになりました。

ところがロンを見舞った後にクィディッチ競技場に向かう途中でハリーは仏頂面の女の子を2人引き連れて城内をうろついているドラコとばったり出くわしてしまったのです。ハリーが「どこに行くんだ?」と詰問すると・・・

ドラコは当然ハリーに行き先など教えませんでしたが、ハリーは愕然としてドラコと2人の女の子を見送ったのでした。クィディッチの試合で城内が空っぽだというのにドラコがこそこそと歩き回っているのです。しかし・・・

ハリーはキャプテンのためどうしても試合に出なくてはなりません。ところがそんなハリーに追い打ちをかけるように不幸が襲い掛かったのでした。ロンの代わりに試合に出たそのマクラーゲンがハリーにブラッジャーで・・・

強烈で獰猛な一撃を・・・

気がつくとハリーは素晴らしく暖かくて快適なベッドに横たわっていました。ふと隣を見てみるとそこには「立ち寄ってくれてありがと」と言うロンがいたのでした。紛れもないハリーは病棟のベッドに横になっていたのです。

試合は大差で負けるわドラコを追跡することはできないわで、ロンとは違ってなかなか眠りにつけず色々と考えを巡らせていたハリーでしたが「マルフォイを尾行する方法があった!」と思いついたのでした。その方法とは?

「クリーチャー?」

ハリーが低い声で遠慮がちに暗闇に向かって屋敷しもべ妖精のクリーチャーを呼ぶとポルターガイストのピーブズとドビーもおまけに従いて来ました。ピーブズがクリーチャーとドビーの喧嘩を煽っていたのです。そこで・・・

ハリーはピーブズを追い払った後クリーチャーと従いて来たドビーにドラコ・マルフォイを尾行するよう命じたのでした。そしてクリーチャーとドビーは一週間後に経過報告をするために談話室に現れたというわけなんですよね。

そこではドビーが・・・

今日の最後に
今にして思えば5年生の時にはクラッブとゴイルの2人もクィディッチのスリザリン・チームのビーターとしてプレイしていたので、当然ハリーがキャプテンになっての最初の試合の時には「この2人」もいなかったんでしょうね。

しかしハリーはドラコが抜けたということへの衝撃があまりにも強かったためなのか?クラッブとゴイルの2人もメンバーから外れているということは気づかなかったようですね。試合の時にそのことに気づいていれば・・・

と今思っても後の祭りですね。(汗)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1150-d03207dd