FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

武装解除の術でダンブルドアから杖を奪うことに成功してダンブルドアを丸腰にすることができたドラコだったのですが、他ならぬそのダンブルドア自身にいくら促されてもドラコは「死の呪文」を唱えようとはしなかったのでした。ただただ時間が過ぎて行くばかりだったのです。(全3項目)

3-1.天文台の塔の屋上で・・・
ダンブルドアは天文台の塔の屋上の防壁を乗り越え箒から降りました。ハリーもすぐにダンブルドアのそばに降りて周囲を見回しましたが人影もなく城の内部に続く螺旋階段の扉も閉まったままでした。争った形跡もなく・・・

何故「闇の印」が打ち上げられたのか?皆目見当がつきません。するとダンブルドアは微かなしかしはっきりとした声でハリーに「セブルスを起こして来るのじゃ」と言ったのでした。ところが螺旋階段の扉の向こうから・・・

誰かが走って来る足音が聞こえて来たのです。ハリーが振り返るとダンブルドアは退却せよと身振りで示していたので、ハリーは杖を構えながら後退りしたのでした。すると扉が勢いよく開いて誰かが飛び出して叫んだのです。

「エクスペリアームス!武器よ去れ!」

ハリーはたちまち体が硬直して動かなくなり口を利くこともできなくなりました。どうしてこんなことになったのか?ハリーには分りませんでした。聞こえた呪文(エクスペリアームス)ではそんなことにはならないはずなのに?

その時「闇の印」の明かりでダンブルドアの杖が防壁の端を越えて行くのが見えたのです。ダンブルドアが無言でハリーを動けなくしたのです。その術をかける一瞬のせいでダンブルドアは自分を護るチャンスを逃がしたのです。

そしてダンブルドアは・・・

「こんばんは、ドラコ」

3-2.ダンブルドア対ドラコ、その1
ドラコはハリーが乗っていた箒に目を走らせて「他に誰かいるのか?」と訊きましたが、ダンブルドアが「君1人の行動かね?」と訊き返すとドラコは今夜この学校には自分の援軍として死喰い人が来ていると答えたのでした。

するとダンブルドアはまるでドラコが頑張って仕上げた宿題を見ているような言い方をしたのでした。しかしダンブルドアは「失礼ながら」と前置きをした後に「その援軍とやらはいないようだが」と指摘するとドラコは・・・

ドラコは「そっちの護衛に出くわしたんだ。下で戦ってる。追っ付け来るだろう。僕は先に来たんだ。僕にはやるべきことがある」と反論したのです。その先に来たドラコが「やるべきこと」とは一体何なのか?と云えば・・・

「ドラコ、ドラコ、君には人は殺せぬ」

沈黙が流れドラコ・マルフォイはアルバス・ダンブルドアをただ見つめるばかりでした。その沈黙を破ったのがダンブルドアの「この言葉」だったのです。ドラコは「分るもんか!」と切り返しました後こうも言ったのでした。

「僕に何ができるかなど校長に分るものか」

ドラコが「これまで僕がして来たことだって知らないだろう!」と言うのに対してダンブルドアは「君はケィティ・ベルとロナルド・ウィーズリーを危うく殺す所だった」とドラコの企てを知っていたことを告白したのでした。

今学期君はわしを殺そうとしてだんだん自暴自棄になっていった。ダンブルドアは計画の全てが中途半端で生半可な試みだったので正直言って「君が本気なのかどうか?」を疑うほどだったとドラコの計略を酷評したのでした。

ダンブルドアは茶飲み話でもしているような気軽な口調で「どうやって校内に死喰い人を招き入れたのか?」と訊きましたが、ドラコはすぐには答えず下の様子に耳を澄ませてハリーと同じくらいに体を硬直させていたのでした。

ダンブルドアが今夜ここには「不死鳥の騎士団」も来ているし自分の護衛が君の援軍を挫いてしまったら、君1人で「やるべきことをやらねばならぬかもしれぬのう」と言ってもドラコはダンブルドアを見つめるばかりで・・・

何もしようとはしません。

3-3.ダンブルドア対ドラコ、その2
「連中を潜入させるのに随分時間がかかったようだが?」と問われてドラコは叫び出したい衝動あるいは突き上げる吐き気と戦っているようでした。ダンブルドアの心臓に狙いを定めて杖を構えながらゴクリと唾を飲んで・・・

ドラコは数回深呼吸した後こらえきれないように口を開いて壊れてもう何年も使われていなかった「姿をくらますキャビネット棚」を直さなくてはならなかったということを初めてダンブルドアとハリーの前で告白したのでした。

ダンブルドアに自分の目と鼻の先でキャビネット棚の修理をやり遂げて「実に賢い」と言われてドラコは皮肉にもダンブルドアに褒められたことで勇気と慰めを得たようでした。しかしその一方でダンブルドアはドラコに・・・

どう考えても他の者の手に渡ってしまうのが判っているのに呪われたネックレスを送ってみたり、自分が飲む可能性はほとんどないのに蜂蜜酒に毒を入れてみたりとダンブルドアがその計画の無謀さを指摘するとドラコは・・・

「そうだ。だけどそれでも誰が仕組んだのか分らなかっただろう?」

しかしダンブルドアは呪われたネックレスのこともオーク樽熟成の蜂蜜酒に毒を盛らせたのがドラコだということも全て解っていたのです。だからこそドラコがキャビネット棚の修理を終えた日にハリーを連れて学校を・・・

留守にしたのです。

今日の最後に
私たち読者やおそらくハリーも「あんなのがいたからといって一体何の助けになるんだ?」と思うのでしょうが、ドラコ君は両脇にクラッブとゴイルがいてくれないと思いっ切り情けない男に成り下がってしまうようですね。

他の人たちから見れば図体がデカくて力が強いだけで何の役にも立たない。頭の中にも筋肉が詰まっているのでは?といった感じのクラッブとゴイルなんですが、ドラコにとっては「かけがえのない存在」のようなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.