FC2ブログ
ペチュニア叔母さんは夫のバーノン氏に対しては表向きは「ポッター夫妻と付き合うなんてとんでもない!」という態度をしながら実はクリスマスにはプレゼントのやり取りをしていたようなのです。さらにバーノン氏は自分の妻の本当の姿を知らなかったのです。(全3項目)

3-1.夫バーノン氏との関係
11才の誕生日にハリーがハグリッドから自分が魔法使いだと聞かされた時にもペチュニア叔母さんはリリーのことを「癪だ!」とか「奇人だ!」とか「まともじゃない!」などと罵倒することで嫌悪感を露にしていたのでした。

リリーとその夫ジェームズ・ポッターがヴォルデモートに殺された日も夫のバーノン氏が自分の妻にリリーの名前を出して「便りはなかったか?」と訊ねるとペチュニア叔母さんは不機嫌さを隠せない様子だったというわけです。

リリーの話が出るとペチュニア叔母さんはいつも取り乱していたそうです。その自分の妻の気持ちをバーノン氏は「もし自分の近親者がそうだったら?」と考えペチュニア叔母さんがそうなるのは「当然だ」と考えていたのです。

ところが!

バーノン叔父さんが魔法を嫌うのとペチュニア叔母さんが魔女のリリーを嫌うのとでは同じ「嫌い」でも全く質の違うものだったのです。ペチュニア叔母さんは大好きなリリーを奪っていった魔法界が大嫌いだったんですよね。

実はペチュニア叔母さんは魔法の力を持っているリリーが羨ましくてしかたがなかった。さらにリリーがホグワーツという見知らぬ学校に行ってしまって離れ離れになってしまうのが我慢ならなかったのです。だからこそ・・・

ダンブルドア校長に手紙を出して「私もホグワーツに入れて欲しい!」とお願いもしたのです。しかしペチュニア叔母さんは夫のバーノン氏にはそのことを一言も打ち明けようとはしなかったのです。ハリーもまた同様に・・・

「何故ペチュニア叔母さんは母さんと魔法界をあれほどまでに激しく憎むようになったのか?」の理由を知っても、わざわざプリベッド通り4番地を訪れてバーノン叔父さんに伝えるなんて余計なことはしなかったんでしょうね。

結局バーノン叔父さんは自分の妻の真実の姿も「どうしてペチュニアは魔法を嫌うようになったのか?」の理由も知らないままというわけなんですよね。でも知らずに済めばそれでいいということもあると私はそう思いますね。

3-2.以前に吼えメールを送ったのは?
ダドリーとハリーが吸魂鬼に襲われた夜プリベット通り4番地には魔法省からもウィーズリーおじさんからもさらにはシリウスからのふくろう便も届いたのですが、最後にダンブルドアから届けられたふくろう便の宛先は・・・

「プリベット通り4番地、キッチン、ペチュニア・ダーズリー様」

ハリーは当然自分に来たものと思って手紙を受け取ろうとしましたが、ふくろうはハリーの頭上を飛び越して真っ直ぐにペチュニア叔母さんのほうに向かったのでした。叔母さんは悲鳴を上げると両腕で顔を覆っていたのでした。

ふくろうは真っ赤な封筒をペチュニア叔母さんの頭に落とした後方向転換をしてそのまま戻って行ったのでした。ハリーが手紙を拾おうと飛びつきましたがペチュニア叔母さんのほうが早かったのです。しかしその手紙は・・・

「開けたきゃ開けてもいいよ。でもどうせ中身は僕にも聞こえるんだ。それ吼えメールだよ」

バーノン叔父さんは自分の妻に「手を離すんだ!触るな。危険かもしれん!」と言ったのですが、ペチュニア叔母さんは震えながらバーノン氏に「私宛なのよ」と言ったのでした。真っ赤な封筒が燻り始めたのでハリーは・・・

「開けて!済ませてしまうんだ!どうせ同じことなんだから」

ハリーはペチュニア叔母さんにこう言って結果は同じことなんだから一刻も早く開封してしまうよう促したのですが、叔母さんは何としても手紙の内容をハリーに聞かせたくはないようで周囲をキョロキョロと見回したのでした。

しかしもう手遅れでした。封筒が燃え上がるとペチュニア叔母さんは再び悲鳴を上げ封筒を取り落としました。するとテーブルの上で燃えている手紙から恐ろしい声が流れてキッチン中に広がり狭い部屋の中で反響したのでした。

「私の最後のあれを思い出せ。ペチュニア」

3-3.実はポッター夫妻と・・・
ふくろうが赤い封筒を持って来た時のペチュニア叔母さんの反応を見れば以前にも「吼えメール」を受け取ったことがあるのは火を見るより明らかですよね?それなら前に叔母さんに送ったのは「誰なんだ?」と云えば・・・

第7巻「死の秘宝」ではハリーがグリモールド・プレイス12番地のシリウスの部屋に初めて入った時そこで見つけた母リリーからシリウスに宛てて出した手紙の中で実はペチュニア叔母さんは夫のバーノン氏には内緒で・・・

クリスマスにはどうやらプレゼントのやり取りをしていたらしいということを伺える記述が登場しています。ペチュニア叔母さんは花瓶をプレゼントしたようですね。ところがそれはハリーが子供用の箒に乗っている時に・・・

1才の誕生日にシリウスがハリーにくれた地上から60センチしか浮かばない箒に乗っている時に誤って割ってしまったんだそうです。しかしリリーが言うには趣味の悪い花瓶だったので厄介払いができたと喜んでいるようでした。

つまりこの手紙を読んでいるのですからシリウスもペチュニア叔母さんがクリスマスにリリーに花瓶をプレゼントしたことを知っていたということになりますよね。したがって私は意外にもリリーとペチュニア叔母さんは・・・

相当頻繁に手紙のやり取りをしていたのでは?と私は思いますね。だからこそ相当数リリーがペチュニア叔母さんに送った手紙の中には「吼えメール」も含まれていたというわけです。つまり「吼えメール」を送ったのは・・・

当然リリーだと思いますし、ペチュニア叔母さんは夫のバーノン氏に対しては表向きは「ポッター夫妻と付き合うなんてとんでもない!」という態度を取りつつも実はハリーの両親と親交を深めていたというわけなんですよね。

最後に
今回こうして改めて振り返ってみて「ペチュニア叔母さんってこんなに凄い人だったんだ!」と驚愕せずにはいられないというのが今の私の率直な感想です。マグルなのにダンブルドア校長と手紙のやり取りをしていたり・・・

夫のバーノン氏には内緒でクリスマスにはリリーとプレゼントのやり取りをしていたりしていて、実はバーノン叔父さんに対しては秘密にしていることが山ほど沢山あるということが判明しました。シリウスのことでも・・・

ハリーがシリウスが父親の無二の親友だったということも名付け親だということも全く何も知らない時にペチュニア叔母さんはシリウスがアズカバンから脱獄したということをプリベット通りの住人で唯一知っていたんですよね。

とにもかくにも物凄い人だったんですよね。(笑)

本当に驚きました!
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1167-2b880cd8