FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ダンブルドアにはポッター夫妻に近い味方の誰かが裏切ってヴォルデモートに2人の動きを通報しているという確信がありました。そのダンブルドアが抱いている疑念を聞くに及んでシリウスは「ある策」に打って出ることにしたのです。ところがリリーとジェームズは・・・(全3項目)

3-1.シリウスは誰を?
ダンブルドアにはポッター夫妻に近い味方の誰かが裏切ってヴォルデモートに2人の動きを通報しているという確信がありました。相当な情報を流しているのでは?と疑っていたのです。それを聞いてシリウスがしたこととは?

ダンブルドアが抱いている疑念を聞くに及んでシリウスが疑ったのはルーピンでした。そこでシリウスはルーピンには一言も言わずに「ある策」に打って出ることにしたのです。それは敵方のヴォルデモートの裏をかいて・・・

ホグワーツに在学中ジェームズが他の誰よりもシリウスを信用したというのは周知の事実でした。それは卒業後も全く変わらなかったのです。シリウスはジェームズがリリーと結婚する時にも付添い人を務めるほどだったのです。

さらにハリーが生まれるとジェームズはシリウスをハリーの名付け親にしたのです。そして今魔法界で「この人の右に出る者はいない!」というダンブルドアが「秘密の守人」になろうか?と申し出た時ポッター夫妻は・・・

それを断ったのです。魔法界の誰もが「ポッター夫妻の秘密の守人はシリウスになるだろう」と確信していました。シリウスは「当然ヴォルデモートは私を追いかけるだろう」と思ったのでした。そこでシリウスが講じた策とは?

それはポッター夫妻の「秘密の守人」を・・・

自分ではなく・・・

3-2.ポッター夫妻の「秘密の守人」は?
シリウスとジェームズが学年一の秀才だったのに対してピーター・ペティグリューは残念ながらお世辞にも優秀な魔法使いとは到底云えない生徒でした。当時のペティグリューのことをマクゴナガル先生はこう評していますね。

「ブラックとポッターのことを英雄のように崇めていた子だった。能力から言ってあの2人の仲間には成り得なかった子です」

そのためマクゴナガル先生はペティグリューに対しては時に厳しく対応したそうです。ところが後にそのペティグリューが悲劇的な死を遂げることになったため今ではそうしてしまったことを大変後悔しているとのことでした。

シリウスとジェームズにピーターの3人はリーマス・ルーピンが狼人間だと知った時ルーピンのために「動物もどき」になることを思いついたのですが、その時もピーターは2人に散々手伝ってもらわなければなりませんでした。

シリウスは「これこそ完璧な計画だ!」と思ったのでした。目眩ましだ。ヴォルデモートはきっと私を追うことだろう。まさかピーター・ペティグリューのような弱虫の能無しの魔法使いが2人の「秘密の守人」だとは思うまい。

こうしてシリウスはジェームズとリリーに自分に代わってピーター・ペティグリューを「秘密の守人」にするよう勧めました。当然2人も他ならぬシリウスの提案ということで、その計画を受け入れることにしたというわけです。

ところが!

あの10月31日の夜シリウスはピーターの所に行く手はずになっていました。ピーターが無事かどうかを確かめるためでした。それがシリウスがピーターの隠れ家に行ってみるとそこはもぬけの殻でしかも争った跡もないのです。

「どうもおかしい」と思ったシリウスは不吉な予感がして即座にゴドリックの谷のポッター夫妻の住居に向かったのでした。そしてそこでピーターが何をしたのか?自分が何をしてしまったのかを悟らされることになったのです。

ピーター・ペティグリューは何をしたのか?

そしてシリウスは何をしてしまったのか?

3-3.ピーター・ペティグリューの裏切り
家が壊されジェームズとリリーが死んでいるのを見た時シリウスはピーターが何をしたのか?そしてさらに自分が何をしてしまったのか?を悟らされることになったのです。自分たちを裏切っていたのは誰なのか?ということを。

シリウスはピーターを追いそしてついに追い詰めた時ペティグリューは道行く人全員に聞こえるようにシリウスが「ジェームズとリリーを裏切ったんだ!」と叫んだのでした。そしてシリウスが呪いをかけるよりも先に・・・

ピーター・ペティグリューは隠し持った杖で道路を吹き飛ばし自分の周囲にいた人間を皆殺しにしたのです。そして素早くネズミに変身するとネズミが沢山いる下水道に逃げ込んだのでした。その場に残されたシリウスは・・・

ものの見事にペティグリューに逃げられたシリウスは拍子抜けしたように仁王立ちして笑っていたのでした。シリウスは駆け付けた魔法警察部隊が20人がかりで連行しペティグリューは勲一等マーリン勲章を授与されたのでした。

そしてダンブルドアは魔法省に「ポッター夫妻の秘密の守人はシリウス・ブラックだった」と証言したのでした。そして当時の魔法法執行部の部長バーテミウス・クラウチはシリウスを裁判もせずにアズカバン送りにしたのです。

こうして裁判も行われずにシリウスが監獄行きということになってしまったため真相は藪の中ということになってしまいました。そしてペティグリューはハリーを襲ったご主人様のヴォルデモートが凋落してしまったため・・・

仲間の死喰い人たちからの復讐を恐れてネズミの姿でウィーズリー家に潜り込んで、12年後に「叫びの屋敷」でシリウスとルーピンにその正体を暴かれるまでの長きに渡ってその身を隠すことになったというわけなんですよね。

今日の最後に
当然のことなんですがダンブルドアは「ポッター夫妻を裏切って2人の動きや情報をヴォルデモートに大量に流していたのはピーター・ペティグリューだ」なんてことは十二分に知った上で泳がせていたというわけなんですよね。

何故無実だと解っていたのにシリウスをアズカバンに閉じ込めたままにしておいたのか?ペティグリューがネズミのスキャバースとしてウィーズリー家に潜り込んでいたのを放置していたのか?それはそれぞれ2人には・・・

ハリーのために果たさなくてはならない役目があったからというわけなんですよね。だから見て見ぬフリをしたというわけなんですよね。

コメント

ダンブルドアが完璧人間ではなく
目的のためならなんでもする冷酷策士
という評判がささやかれて久しいですが、

冤罪と知りつつ10年以上放置というのは
マグルの世界にも冤罪というものがあるせいか
リアルでグロテスクで恐ろしいです。
ハリーという駒でヴォルデモートという駒を取るための
いわば捨て駒
自分も捨て駒にしてしまうんだから
恐ろしい男です。

そーいや一巻でロンが自分を捨て駒にして
チェスやってたなぁ

2012.03.27  ゆーすけ  編集

何も感じてないわけじゃない!

ゆーすけさんコメントありがとうございました!

確かにダンブルドアは「一切の妥協を許さず自分にもさらには他人にも厳しい」といった感じですよね。当初は「聡明で高潔」というイメージだったものが巻が進むにつれて随分印象が変わりましたからね。(苦笑)

でも私は「冷酷だったのか?」と云えばそうではなかったという気がしますけどね。ジェームズとリリーが死んだ時もセドリック・ディゴリーが死んだ時もそしてもちろんシリウスが死んだ時も辛かったと思いますよ。

特にダンブルドアの場合は他の人とは悲しみの質が違っていましたからね。(笑)

2012.03.28  トキメキぼーい  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.