FC2ブログ
ハリー17才の誕生日から一夜明けたその日には大勢の人が招待されてビルとフラーの結婚式が盛大に執り行われたのでした。ミュリエルおばさんがきっかけになって昔はパーティの花形だったというビリウスおじさんの話でハリーたちは盛り上がったのですが結婚式は突如として・・・(全3項目)

3-1.結婚式場の入口にて
ハリー17才の誕生日から一夜明けたその日はビルとフラーの結婚式でした。ハリーにロンそれにフレッドとジョージの4人は式場の巨大な白いテントの外で招待客を席に案内するために席次表を握り締めて立っていたのでした。

ハリーはポリジュース薬をたっぷり飲んで近くのオッタリー・セント・キャッチポール村に住む赤毛のマグルに成り済ましていました。ハリーを変装させて親戚の多いウィーズリー一族に紛れ込ませるという計画だったのです。

フレッドが「呼び寄せ呪文」でその赤毛の少年の髪の毛を盗んでおいたのです。ハリーは姿を借りたマグルの少年がハリーより少し太っていたので真夏の陽射しの下ではドレスローブが窮屈で暑苦しくかなり難儀していました。

それを見てフレッドは「俺が結婚する時はこんな馬鹿げたことは一切やらない。みんな好きなものを着てくれ」そして母親のウィーズリーおばさんに対しては式が終わるまで「全身金縛りの術」をかけると言っていたのでした。

華やかな彩りの招待客が「姿現わし」で現れたのでした。ジョージがよく見ようと首を伸ばしながら「いいぞ、ヴィーラのいとこが何人かいるな」と言うとフレッドは「焦るな耳無し」と言うが早いか手前にいる招待客を・・・

行列の先頭にいた中年の魔女たちを素早く飛ばして可愛いフランスの女性2人にいい加減なフランス語で話しかけたのでした。その2人はクスクス笑いながらフレッドにエスコートさせて式場のテントの中に入って行きました。

ジョージには中年魔女が残されました。同じ一卵性の双生児で外見に差はないのですが、ジョージよりフレッドのほうが女性にモテるのはここいら辺の行動の要領の良さが原因になっているようですね。ほんの少しですが・・・

フレッドのほうが機敏のようです。

3-2.ミュリエルおばさんとビリウスおじさん
家は「隠れ穴」の近所なんだそうですがハリーは初対面でした。ロンはあのミュリエルおばさんに捕まってしまったため、次にロンを見かけた時ハリーは12人もの客を案内するほどでした。ロンは額の汗を袖で拭いながら・・・

ミュリエルは悪夢だとボヤいたのでした。以前は毎年クリスマスに来ていたそうですが有り難いことにフレッドとジョージが祝宴の時におばさんの椅子の下で糞爆弾を破裂させたのに腹を立てて以来来なくなったのだそうです。

父親のアーサー氏が言うにはこれで2人の名前はおばさんの遺言書から消されてしまうだろうとのことでしたが、最終的には2人がウィーズリー家の中では誰よりも金持ちになるので気になんかしないだろうというのが・・・

ロンの見解でした。しかもそこに現れたハーマイオニーによれば、ミュリエルおばさんは初対面だというのに大胆不敵にも「姿勢が悪い。足首がガリガリだぞぇ」などと言ってハーマイオニーに文句をつけて来たのだそうです。

ロンがハーマイオニーにおばさんは誰にでも無礼だから君への個人攻撃だと思うなよとフォローしていると、フレッドと一緒に現れたジョージが「俺の耳が一方に偏っている」と言いやがったと言った後おばさんのことを・・・

「あの老いぼれコウモリ」とも評したのでした。それに続けてジョージは結婚式には打ってつけの面白い人だったのにと言って、死神犬のグリムを見て24時間後に死んでしまったというビリウスおじさんの名前を挙げたのでした。

ジョージによれば最後は少しおかしくなっていたのだそうです。しかしフレッドによればそうなる前はパーティを盛り上げる花形だったんだそうです。ファイア・ウィースキーを1本丸々飲んでダンスホールに駆け上がり・・・

ローブの下から花束を幾つも取り出すのだそうです。ここでフレッドの話のオチが下ネタに走ってしまいハリーは大笑いしましたがハーマイオニーは「さぞかしパーティの花だったでしょうよ」とツンとして言い放ったのでした。

するとそこに結婚式が始まるギリギリの時間でフラーに招待されたビクトール・クラムが現れたため4人の楽しい会話は終了ということになったのでした。そしていよいよ本日のメインイベントのビルとフラーの結婚式が・・・

始まったのでした。

3-3.ビルとフラーの結婚式
ハリーがビクトール・クラムを席に案内しているとロンとハーマイオニーそれにフレッドとジョージの4人が花道を急ぎ足でやって来て、フレッドがハリーに「着席する時間だ。座らないと花嫁に轢かれるぞ」と言ったのでした。

ハリーたち3人は二列目のフレッドとジョージの後ろの席に座りました。そしてその直後にはいよいよ新郎新婦の入場ということになったのでした。新郎のビルが付き添い人のチャーリーを伴ってテントの正面に立つと・・・

フレッドがピーッと冷やかしの口笛を吹いてヴィーラのいとこたちがそれを聞いてクスクス笑ったのでした。父親のムッシュ・デラクールとフラーがバージンロードを歩き始めると会場の招待客が一斉に溜め息をついたのでした。

「汝、ウィリアム・アーサーはフラー・イザベルを・・・」

「されば、ここに2人を夫婦と成す」

司会役の魔法使いはビルとフラーの頭上に杖を高く掲げたのでした。すると2人の上に銀の星が降り注ぎ抱き合っている2人を螺旋を描きながら取り巻いたのでした。フレッドとジョージの音頭で全員が一斉に拍手すると・・・

これまた頭上にあった金色の風船が割れて極楽鳥や小さい金の鈴が飛び出して宙に浮かび、鳥の歌声や鈴の音が祝福の賑わいをさらに華やかにしたのでした。こうしてビルとフラーはめでたく夫婦ということになったのでした。

この後始まったパーティは夜も更けて提灯が浮かぶようになると歯止めが利かなくなり、フレッドとジョージはフラーのいとこ2人と闇の中に消えていたのでした。そしてパーティはキングズリー・シャックルボルトの・・・

「魔法省は陥落した。スクリムジョールは死んだ。連中がそっちに向かっている」

キングズリーのオオヤマネコの守護霊がこう告げた直後にビルとフラーの結婚式は仮面をつけた集団に急襲されて突如として中断されハリー、ロン、ハーマイオニーは会場を脱出してヴォルデモートの分霊箱を探す旅に・・・

出たのでした。

今日の最後に
この後ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出てしまったため、フレッドとジョージを含めた不死鳥の騎士団の面々と会う機会はほとんどなくなってしまったんですよね。そのために・・・

明日の記事では一気に翌年の3月に飛びます。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1174-02094616