FC2ブログ
実はずっとずっと「巻ごとの2人が終わったらこれをやるんだ!」と楽しみにしていたんですよね。一卵性の双生児で外見は母親のウィーズリーおばさんでさえ見分けがつきにくいほどそっくりなフレッドとジョージなんですが2人の性格は微妙に違うんですよね。今週はこれについて考えてみることにします。(全3項目)

3-1.改めて2人の性格の違いについて
2人はもうそばかすの1つ1つまで一緒でハリーがキングズ・クロス駅で初めて見た時にもフレッドが「僕フレッドじゃないよ。ジョージだよ」と言うと母親のウィーズリーおばさんが「あら、ごめんなさい」と言うほどに・・・

母親ですら「違う!」と突っ込まれると思わず謝ってしまうほどにフレッドとジョージは外見がそっくりなんですが、もちろん一卵性の双生児なんですから基本的な性格は同じなんですが細かい所で微妙に違っているんですよね。

2人が揃って悪戯好きなのはもちろんなんですが、ジョージはフレッドと比べると礼儀正しく温厚な性格で常識人で思いやりのある優しい人柄のようなんですよね。一方フレッドはジョージと比べると毒舌でより積極的で・・・

陽気なお調子者のようです。当然のことなんですがハリーポッター・シリーズの登場人物の中でとりわけ「フレッドとジョージが特に好き!」という人たちの中には2人の性格が微妙に違っていることに気づいている人が・・・

結構いるというわけなんですよね。そこで今週は2人の登場場面をそういう観点から改めて振り返ってみることにします。

3-2.初めてのホグワーツ特急にて
ハリーが初めてホグワーツ特急に乗ったその日最初に会話を交わした魔法界の人間はウィーズリーおばさんで2人目と3人目がフレッドとジョージだったんですよね。実はハリーに先に声を掛けて来たのはジョージのほうでした。

「手伝おうか?」

ハリーが人込みを掻き分けてようやく空いたコンパートメントを見つけ、ヘドウィグを先に入れて次にトランクを入れようとすると重くて片側さえ上がらず2回も足の上に落として痛い目に遭っていると声を掛けてくれたのです。

ハリーが声のするほうを見てみると先に改札口を通り抜けて行った赤毛の双子のどちらかでした。ハリーが上げてくれるよう頼むと、その双子の片方は「おいフレッド!こっち来て手伝えよ」と言ったのです。したがって・・・

トランクが持ち上がらなくて困っているハリーを見て先に声を掛けて来てくれたのはジョージだったんですよね。前述のように温厚な性格で思いやりがあって心優しいジョージだからこそ話しかけて来てくれたというわけです。

さらにジョージは自分が声を掛けた黒髪の少年がハリー・ポッターだということを知りませんでした。トランクが客室の隅に収まりハリーが礼を言いながら髪の毛を掻き上げたその時に額に刻まれたあの稲妻形の傷を見たのです。

双子の1人が「それ、なんだい?」

もう1人が「驚いたな。君は?」

最初の1人が「彼だ。君違うかい?」

ハリーが2人に「何が?」と訊くと双子は今度は口を揃えて同時に「ハリー・ポッターさ」と言うのです。ハリーが自分は確かにハリー・ポッターだと答えると2人が呆然としてハリーに見とれているので見られた本人は・・・

顔が赤らむのを感じたのでした。こうしてハリーは「今目の前にいるこの少年があのハリー・ポッターなんだ!」とフレッドとジョージに見られることで自身が魔法界では有名人なんだということを思い知らされることに・・・

なったというわけなんですよね。

3-3.初めての「隠れ穴」にて
ハリーは2年生の夏休みに初めて「隠れ穴」に滞在しました。ハリーが来て1週間ほど経った頃に学校からの手紙が届き、前年に続いて教科書のリストも同封されていたのですが何と驚くことにギルデロイ・ロックハートの・・・

フレッドは自分のリストを読み終えるとハリーのリストを覗き込んだのでした。そして「君のもロックハートの本のオンパレードだ!」と言ったのです。だからフレッドが言うには今年の「闇の魔術に対する防衛術」の先生は?

魔女に違いないと言うのです。ジョージは両親のウィーズリー夫妻をチラリと見ながら「この一式は安くないぞ」と言ったのでした。ジョージが言うにはロックハートの本は何しろ高いのだそうです。さらにジョージは・・・

その日ハリーにロンとフレッドにジョージの4人は丘の上にあるウィーズリー家の小さな牧場にクィディッチの練習をするために出かけました。4人は箒を担いで丘の上を目指していましたがそこでジョージが言うには・・・

「パパもママもどうやって学用品を揃えるお金を工面するのかな」

パーシーに自分たちにロンとさらに今年ホグワーツに入学するジニーと何と5人分もロックハートの本を買わなければならないのです。それにジニーは唯一の女の子ということで着る物は兄たちのお下がりというわけには・・・

いかないので女子用の制服も新たに購入しなくてはならないということでジョージは両親のウィーズリー夫妻が「お金を工面できるのだろうか?」ととても心配していたというわけなんですよね。このあたりの発言からも・・・

ジョージの心の優しさが反映されているというわけなんですよね。

今日の最後に
そんなわけでハリーが初めてホグワーツ特急に乗った時トランクが持ち上がらなくて困っていると「手伝おうか?」と先に声を掛けて来たのがジョージで、翌年度ロックハートの本を5人分も揃えなければならなくなって・・・

両親のウィーズリー夫妻を思いやる心優しいジョージということで松岡さんが言うには「フレッドとジョージはどっちが兄?」ということで翻訳上それが問題になったことはないそうですが、ここで今改めて考えてみると・・・

私はジョージのほうが「兄」という気がしますね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1176-e35f1ab1