FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

一卵性の双生児で親でさえ時々見間違えるほどに外見はそっくりな2人なのですが、毒舌家で積極的なフレッドに対して心優しい性格の持ち主で実は意外に常識人のジョージということで「この2人」は絶妙なバランスを保っているというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.忍びの地図を巡る葛藤
ハリーは3年生のクリスマス休暇直前にフレッドとジョージから「忍びの地図」を譲り受けました。2人はハリーに地図を愛おしげに撫でながら「これは俺たちの成功の秘訣さ」と言ったのに続いてこうも言ったというわけです。

「君にやるのは実に惜しいぜ。しかしこれが必要なのは俺たちより君のほうだって俺たち昨日の夜そう決めたんだ」

2人は1年生の時に管理人のフィルチの事務所でこれを手に入れた経緯を説明した後ハリーに地図の使い方を説明して「ホグズミードに行く抜け道が幾つか示されている」と言って「ホグズミードで会おう」と言い残して・・・

その場を去って行ったのでした。それ以来ハリーにとっては「透明マント」と並んで欠かせない物品になったというわけです。それではこの「忍びの地図」をハリーに譲ってやろうと言い出したのはどちらだったんでしょうね?

昨日の記事でも言ったようにジョージは思いやりのある優しい性格の持ち主です。今シーズンの初戦ハッフルパフ戦でニンバス2000を失った上にホグズミード村にも行くことができないハリーを気の毒に思ったジョージは・・・

「この地図を譲ればハリーもホグズミード村に行くことができるようになる!」ということでフレッドに言ったんじゃないかな?と私はそう思いますね。しかしハーマイオニーがマクゴナガル先生に渡せと言うのに対して・・・

ロンが語気を荒げて「気は確かかよ?こんないい物が渡せるか?」と言わしめたこの地図をハリーに譲り渡すのはフレッドとジョージにとっても相当な葛藤があり2人の間ではかなりの議論が交わされたと私はそう思いますね。

私は「ハリーに譲ってやろう」と最初に言い出したのはジョージで数々の議論の末に最後の決断を下したのはフレッドのほうだったんじゃないな?とそう思いますね。こうして「忍びの地図」はフレッドとジョージから・・・

ハリーに譲り渡されたというわけです。

3-2.スキャバーズ
レイブンクロー戦を2日後に控えた木曜日のことでした。ハリーの元にはクリスマスに見知らぬ誰かから贈られたファイアボルトが戻って来たのですが、それと引き換えのようにしてロンはペットのスキャバーズを失ったのです。

スキャバーズを食ってしまおうとしているのにハーマイオニーはクルックシャンクスを見張ろうともせず一度もこのことを真剣に考えなかった。しかしそう主張するロンに対してハーマイオニーはオレンジ色の猫の毛と・・・

ベッドのシーツについた血だけではクルックシャンクスがスキャバーズを食べてしまったという確たる証拠にはならないと言って挙句の果てには「男子寮のベッドの下を全部探してみたらどう?」とまで言うのでロンは・・・

ロンは激怒してハリーもまた状況証拠ではロンの言う通りだと思うと言うとハーマイオニーは最初はファイアボルトそして今度はスキャバーズと「どちらも私が悪いってわけね!」とハリーにロンに味方すればいいのよと・・・

ヒステリー気味に言ったのでした。ペットのスキャバーズを失ったことでロンは心底打ちのめされていました。そんなロンにフレッドはこう言ったのでした。どうやらフレッドはロンを元気づけるつもりで言ったのですが・・・

「元気出せロン。スキャバーズなんてつまんない奴だっていつも言ってたじゃないか」

さらにフレッドは・・・

「それにここんとこずっと弱ってきてた。一度にパッといっちまったほうが良かったかもしれないぜ」

クルックシャンクスに一口でパクッと食べられたから「きっと何も感じなかっただろう」というフレッドの言いかたにジニーも思わず憤慨して「フレッドったら!」と言ったのでした。毒舌家のフレッドの手にかかると・・・

まさに救いようのない言い方になってしまったのでした。一方ジョージはロンがスキャバーズのことを「食って寝ることしか知らない」と常々そう言ってたじゃないかとジョージらしく至極常識的な言葉で慰めたのですが・・・

そんなジョージにロンは初めてホグワーツ特急に乗ってハリーと同じコンパートメントになった時に「一度だけ僕たちのためにゴイルに噛み付いた」と今にして思えば唯一のスキャバーズの武勇伝を持ち出してみせたのでした。

3-3.女性にモテないジョージ?
そのスキャバーズが他ならぬハーマイオニーにしかもハグリッドの小屋で発見されて直後には実は「動物もどき」で死んだと思われていたワームテールことピーター・ペティグリューだということが明らかにされたのでした。

正体がバレてペティグリューは逃亡してしまいロンはペットを今度こそ本当に失ってしまったので、ロンを気遣ったシリウスがスキャバーズの代わりとしてプレゼントしてくれたのがふくろうのピッグウィジョンだったのです。

クリスマス休暇を直前に控えたある日のことハリーたち3人が談話室にいるとフレッドとジョージが来てジョージがロンに「ピッグウィジョンを借りてもいいか?」と訊いて来たのです。しかしその時ピッグウィジョンは・・・

三大魔法学校対抗試合の「第1の課題」のことを報告するハリーの手紙をシリウスに届けさせて、まだ帰って来ていなかったのでロンはジョージに「今手紙の配達に出ているからダメ」と言って断ったのでした。すると2人は?

「でも、どうして?」と訊くロンにフレッドは得意の毒舌で「ジョージがピッグをダンスパーティに誘いたいからさ」と言うのに対して、ジョージは「俺たちが手紙を出したいからに決まってるだろう」と切り返したのでした。

クリスマス・ダンスパーティのパートナーがまだ決まっていないと言うロンに対してフレッドは「急がないといいのは全部取られちまうぞ」と忠告して来たのでした。そこでロンがフレッドに「誰と行くんだ?」と訊くと・・・

フレッドは照れもせず即座に「アンジェリーナ」と答えたのでした。すぐに返事が来て面食らったロンが「もう申し込んだの?」と訊くとフレッドは「いい質問だ」と言いながらやおら後ろを振り返ってアンジェリーナに・・・

驚くことにフレッドはその場でアンジェリーナに「俺とダンスパーティに行くかい?」と言って申し込みをしたのです。言われたアンジェリーナは品定めするようにフレッドを見た後「いいわよ」と返事をしたというわけです。

25日当日のダンスパーティでフレッドとアンジェリーナは元気を爆発させて踊っていましたが、ハリーが見た範囲ではジョージは「どこにいるのか?」も全く分らない状況でどうやらパートナーは見つからなかったようですね。

同じ一卵性の双生児でもどうやらジョージよりフレッドのほうが女性にモテるみたいですね。やはり女性からは少し毒味が利いていて積極的なフレッドのほうが心優しくて常識人のジョージよりも人気があるようなんですよね。

今日の最後に
私はフレッドとジョージの数あるやり取りの中でも今回取り上げたフレッドがロンからピッグウィジョンを借りようとして「ジョージがピッグをダンスパーティに誘いたいからさ」という毒味の利いたジョークに対して・・・

ジョージが「俺たちが手紙を出したいからに決まっているだろう」と切り返すこの場面が一番好きですね。その理由はフレッドとジョージ双方の性格を如実にそして的確に表現しているとそう思うからというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.