FC2ブログ
一卵性の双生児で外見は全く区別のつかないフレッドとジョージなんですが、心優しくて温厚な性格のジョージはフレッドの目が行き届かない所まで見ているので新入生を使って「気絶キャンディ」の実験をした時にもジニーの練習ぶりを見ていた時にも・・・(全3項目)

3-1.ふくろう試験を巡って
ホグワーツの生徒諸子は5年生になると「ふくろう試験」というものを受けます。何でもロンがビルから聞いた話によれば学期の後半になると進路指導もあって就職先を決めることなどに影響するのでとても重要なのだそうです。

ハーマイオニーがフレッドとジョージに寮の掲示板に「実験台求む」の広告を出すことはできないと言うと、フレッドはニヤニヤしながらハーマイオニーに「君もそのうち調子が変わって来るぞ」と言うのです。その理由とは?

5年目が始まる。まもなく君は「ずる休みスナックボックス」をくれと僕たちに泣きつくだろうと言うフレッドにハーマイオニーがその理由を質すとフレッドは今年ハーマイオニーは「ふくろう試験」の年だからと言うのです。

テストが控えているので先生方は君たちを徹底的にしごきまくる。そのため神経が磨り減ってしまうことになる。ジョージが言う所によれば自分たちの学年の時には試験が近づくと半数が軽い神経衰弱を起こしたのだそうです。

しかしフレッドが思い出を楽しむように「ケネス・タウラーは吹き出物だらけだった」と言うと、フレッドより真面目な性格のジョージは「それはお前が奴のパジャマに球痘粉を仕掛けたからだ」と間違いを正していたのでした。

昨年度の学期末にハリーから店の開業資金を受け取っていたので2人は「7年目に学校に戻るべきかどうか?」を真剣に討議したそうです。しかしハリーはまだロンとハーマイオニーにそのことを打ち明けていなかったので・・・

ハリーが目配せをするとジョージは急いで言いかけていた言葉を呑み込んで7年目に受ける「N・E・W・T(いもり)」なんて本当に必要か?と言ったのでした。さらに夏休みに入ってすぐパーシーが世界一のバカもやったし・・・

さらに自分たちまでもが学校を中途退学してしまったら、母親のウィーズリーおばさんが耐えられないだろうと思って2人は学校に戻ることにしたんだそうです。しかし2人の性格から察するに学校に戻ろうと強く進言したのは?

きっとジョージのほうでしょうね。

3-2.新入生に対する態度
2人は学校に戻って来た理由として「平均的ホグワーツ生は悪戯専門店に何を求めるのか?市場調査をするため」とも言っていたのですが、他にも自分たちが新たに開発した商品の効果を確かめるという目的もあったのです。

学期に入って最初の授業が行われた日の夜フレッドとジョージは掲示板に貼った広告を見て集まった新入生たちを相手に「気絶キャンディ」を試していたのですが、それを見てハーマイオニーが「やり過ぎよ」と言って・・・

見物人の多くは笑っていましたがハーマイオニーは肩を怒らせながら真っ直ぐにフレッドとジョージの所に行進してメモ用のクリップボードを手に気を失った1年生を観察している2人に向かって「沢山だわ!」と言ったのでした。

フレッドもジョージも少し驚いたようにハーマイオニーを見たのでした。ハーマイオニーは今朝言ったはずだ。こんな怪しげな物を生徒に試してはいけないと言ったのですがフレッドも「バカ言うな」と言って引き下がりません。

「ちゃんとお金を払っている」と言うフレッドにハーマイオニーは「そんなことより危険性がある」と言ったのですが、2人とハーマイオニーが言い合っている間にも新入生たちは気がついてゴソゴソと動き始めていたのです。

ハーマイオニーは「1人でも本当に病気になったらどうするの?」と訴えましたが、フレッドは自分たちで実験済みなんだから病気になんかさせないと言うのです。これはただ単に同じ反応なのを確かめているだけだと・・・

そんな中ジョージは自分の足元に転がっている女子生徒に「大丈夫かい?」と優しく声を掛けていたのでした。温厚で心優しい性格のジョージは大丈夫だと判ってはいても実験台になった1年生に気を遣っていたというわけです。

3-3.毒を吐くフレッドにフォローするジョージ
年が明けた2月14日の土曜日この日のハリーはホグズミード行きが許可されたということもあっての生まれて初めてのデート(相手はチョウ・チャン)でした。一方ロンにジニーは休み返上でのクィディッチの練習だったのです。

夕食を終えるとロンとジニーはシャワーを浴びに行きハリーとハーマイオニーは談話室に戻って山と積まれた宿題に取り掛かっていたのでした。するとそこにフレッドとジョージが来て昼間行われた練習の報告を始めたのでした。

フレッドは椅子を引き寄せてハリーとハーマイオニーのそばに座りロンとジニーの不在を確かめてから「あいつらの練習ぶりを見てたけどあれでは死刑ものだ。俺たちがいないと全くのクズだ」と嘆くことしきりだったのでした。

毒舌家のフレッドの手にかかるとロンたちの練習は救いようのない悲惨な内容になってしまいますが、ジョージのそれは違っていました。ジョージの報告だとジニーは一緒にプレイなどしてやったことなどなかったのに・・・

ジョージはフレッドの隣に座ると「おいおいジニーはそうひどくないぜ」と訂正したのでした。ジョージによれば実際ジニーは「どうやってあんなに上手くなったのか分らない」というのです。するとハーマイオニーが・・・

「ジニーはね、6才の時から庭の箒置き場に忍び込んであなたたちの目を盗んで2人の箒に代わりばんこに乗っていたのよ」

するとジョージが感心したような表情を浮かべて「なーるへそ-それで納得」と言ったのでした。フレッドは全く気づいていませんでしたが、ジョージのほうはちゃーんとジニーのプレイぶりが他のメンバーと比べると・・・

抜きん出ていることに気づいていたのです。

今日の最後に
そんなわけで毒舌家だけれども積極的なフレッドに対して温厚な性格で心優しいジョージということで「何故フレッドは女性にモテるのにジョージは駄目なのか?」ということになってくるのですが改めて考えてみると・・・

ジョージは人を思いやる気持ちがフレッドより強い分だけ最初の一歩を逡巡してしまうので、それでフレッドに先を越されてしまっているのかも?しれませんね。つまり相手に気を遣い過ぎてしまうからなのかも?しれませんね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1178-7c1a9ac6