FC2ブログ
昨日に引き続き「この人」を取り上げます。本日は第6巻のルーナを分析・紹介します。6巻は出番は少なかったもののクリスマス・パーティーの時のルーナは最高でした!(全4項目)(巻名なしのページ数は謎のプリンス)

4-1.ホグワーツ特急での再会
6年生になった新学期初日ホグワーツ特急でハリーは魔法省の神秘部「死の間」で共に戦ったネビルとルーナとの再会を果たしたのでした。

「メラメラメガネ」の付録付きのザ・クィブラーを胸に抱きしめているルーナに「まだ売れてるの?」と尋ねるハリーに発行部数がぐんと上がったとうれしそうに答えるルーナ!やはり『真実』を報道した効果は絶大だったようですね。

「みんなは、あんたに、あたしたちよりもっとかっこいい友達を期待するんだ」と率直さで人を面食らわせる腕前を発揮するルーナに「君たちはかっこいいよ」と言うハリー・・・

「あの子たちの誰も魔法省にいなかった。誰も僕と一緒に戦わなかった」というハリーに「いいこと言ってくれるわ」とニッコリしてルーナは鼻の「メラメラメガネ」を押し上げ、腰を落ち着けて「ザ・クィブラー」を読み始めるのでした。

でも「今年もDAの会合をするの?」「あの会合が楽しかったよ」「友達ができたみたいだった」とDA会合の再開を望むルーナに「もうアンブリッジを追い出したんだから、意味ないだろう?」と答えるハリーなのでした。(上巻209ページ)

4-2.ルーナとクリスマス・パーティー、その1
ベルが鳴ったとたん学用品の半分を置き去りにして教室を飛び出して行ったハーマイオニーを追ってハリーが追いついた時、そこにはルーナがハーマイオニーの背中を叩くともなく叩きながら付き添っていました。(上巻469~470ページ参照)

「ロンて、ときどきとってもおもしろいことを言うよね?」
「だけど、あの人、ちょっと酷いとこがあるな」

ハリーがロンとハーマイオニーがけんかをしていることを告げるとルーナは言いにくい真実をすばりと言う、いつもの才能を発揮しました。

今学期は楽しかった?と訊ねるハリーに「まあまあだった」と答えるルーナ!ジニーがよくしてくれたと言うルーナにハリーは・・・

「今晩、僕と一緒にスラグホーンのパーティーに来ないか?」と言うハリー・・・でも何故か?言った直後に「行きたくない」と断ってくれることを半分期待するハリーなのでした。

しかし!今まで一度もパーティー誘われたことなどないルーナは「友達として」でもかまわないとハリーの誘いを受けたのでした。

4-3.ルーナとクリスマス・パーティー、その2
8時にハリーが玄関ホールに行くと尋常でない数の女子生徒がルーナに近づくハリーを恨みがましく見つめていました。

ルーナはスパンコールのついた銀色のローブを着ていて見物人の何人かがクスクス笑っていましたが、その他はルーナはなかなか素敵でした。(上巻477ページ)

何よりも「この日」のルーナはオレンジ色の蕪のイヤリングも着けていないし、バタービールのコルク栓をつないだネックレスも「メラメラメガネ」もかけていませんでした。つまり普段変な格好をしている人は普通にしただけで魅力的に見えるということのようですね。(笑)

吸血鬼が来るらしいと言うハリーに「ルーファス・スクリムジョール?」と答えるルーナ!面食らうハリーに「そう、あの人、吸血鬼なんだ」とあたりまえという顔で言うルーナなのでした。

しかし!この日の最高傑作はハリーが闇祓いになりたいと言った時の・・・
「闇祓いって、ロットファングの陰謀の一部だよ。みんな知っていると思ったけどな。魔法省を内側から倒すために、闇の魔術と歯槽膿漏とか組み合わせて、いろいろやっているんだもン」(上巻486ページ)

思わず吹き出して蜂蜜酒を半分鼻から飲んでしまったハリー!これだけでもルーナを連れて来た価値があったと思ったのでした。

4-4.久々の召集
ドラコ・マルフォイが大願を成就し歓喜の声をあげ、何を企てているのか分からないというのにダンブルドアが学校を留守にすると言うので、そこでハリーは・・・

ロンとハーマイオニーに忍びの地図とフェリックス・フェリシスを渡しながらDAのメンバーを掻き集められるだけ集めてくれと頼んだのでした。

分霊箱を手に入れてホグワーツに戻ったハリーとダンブルドアを待ち受けていたのは城で一番高い天文台の塔の真上で光っていた「闇の印」でした。

ロンやハーマイオニーにジニー「闇の印」が学校の上空に上がったのは3人の内の誰かに何かがあったからにのだろうか?それともネビルかルーナか?それともDAのメンバーの誰かなのか?

自分の責任でまた誰かが死んだのだろうか?と心配するハリーでしたが、結局「久々の召集」に駆け付けてくれたのはルーナとネビルだけだったということが後に分かったのでした。

最後に
こうしてルーナの登場シーンを抜き出してみると、やはりDA会合が無かった分、5巻と比べると6巻は出番が少なかったですね。しかし!出て来た時のインパクトはさすが!という感じです。

もちろん!第7巻でも大活躍してくれるものと期待しています。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/118-b2d9fabc