FC2ブログ
今週はハリーポッター・シリーズに登場する代表的な3つの村を取り上げています。本日の記事ではホグズミード村に関する数々のエピソードの中からシリウスに特化した話を拾い出してみました。ハーマイオニーはシリウスのアドバイスを受けて2度目の秘密の会合の場所を「三本の箒」にしたのでした。(全3項目)

3-1.ホグズミード村を巡るエピソード、その1
三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」まであと2日と迫った時シリウスに送った茶モリフクロウが戻って来ましたが、羊皮紙を広げてみるとこれまでシリウスから届いた手紙の中でも一番短いものだったのです。その内容とは?

返信ふくろう便で次のホグズミード行きの日を知らせよ

ハリーは他に何かないかと羊皮紙を引っくり返しましたが白紙でした。ハリーの後ろから手紙を読んでいたハーマイオニーが「来週の週末よ」と言って羽根ペンを貸してくれたのでハリーは手紙の裏に日付を走り書きして・・・

再び茶モリフクロウに持たせたのでした。ロンは「次のホグズミード行きのことシリウスはどうして知りたいのかな?」との疑問を示したのですが、次にシリウスから来た手紙の内容でその理由が判ったというわけなんですよね。

ホグズミードから出る道に柵が立っている。(ダービシュ・アンド・バングズ店を過ぎた所だ)土曜日の午後2時にそこにいること。食べ物を持てるだけ持って来てくれ。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が3人ともシリウスがホグズミード村に帰って来たと知って驚くと同時に「捕まったらどうするつもり?」などと言って随分心配したのですが、最後にロンがこう言って締めくくったのでした。

「これまでは大丈夫だったみたいだ。それにあそこはもう吸魂鬼がウジャウジャというわけじゃないし」

シリウスがハリーに食料の調達を頼んだのはホグズミード村の各店から食べ物をあまり盗むと注意を引くことになってしまうからとのことでした。そのためほとんどネズミばかりを食べて生きていたそうです。その日以降・・・

ハリーはシリウスの隠れ家に定期的に食料を送るようになったのでした。去年の夏のダドリーのダイエット騒動でハリーは「いつも空腹だということがどんな状態なのか?」を忘れてはいなかったからというわけなんですよね。

3-2.ホグズミード村を巡るエピソード、その2
シリウスはホグワーツの学生時代はハリーの父親のジェームズと頻繁に学校が許可していない日にも例の抜け道を使って行っていたので、ホグズミード村のことは何もかも隅から隅まで知り尽くしていたのです。そのため・・・

ハリーとハーマイオニーが「闇の魔術防衛」グループ後のダンブルドア軍団の準備会合をホグズミード村のパブ「ホッグズ・ヘッド」で開催したと知るや「会合の場所はもっと慎重に選ばないと」と突っ込みを入れて来たのです。

「三本の箒」はいつも人が一杯だからそこよりはマシだったと言うハーマイオニーにシリウスは「ということはそのほうが盗み聞きするのも難しいはずだ」と指摘したのでした。シリウスに言わせればハーマイオニーも・・・

まだまだ勉強が必要というわけです。ハリーが「誰が盗み聞きしたの?」と問い質すと当然それはマンダンガス・フレッチャーだとシリウスは答えたのでした。ベールを被った魔女がそうだったというのです。そこで・・・

ハリーがびっくりして「マンダンガスはホッグズ・ヘッドで何をしていたの?」と訊くとシリウスは「君を見張っていたのさ」と言った後さらに「そうしておいて良かったというわけだ」とも言ったのでした。その理由とは?

週末に暇ができた途端ハリーが真っ先にしたことが違法な防衛グループの組織だったからというわけです。しかしシリウスはそう言いつつも怒ったり心配する様子もなく、むしろハリーをことさら誇らしげな目で見ていたのです。

マンダンガスが魔女に変装していたのは20年前にホッグズ・ヘッドに出入り禁止になったからだそうです。しかしシリウスは「あのバーテンは記憶力がいい」と言いながらホッグズ・ヘッドのマスターがダンブルドアの・・・

実は不死鳥の騎士団の創立メンバーの1人でダンブルドアの弟のアバーフォースだということは知らなかったようです。マッド・アイもまたアバーフォースのことは「創立したその時しか会っていない」と言っているので・・・

しかたないのかも?しれませんね。(笑)

3-3.ホグズミード村を巡るエピソード、その3
そんなわけでシリウスから秘密の会合をやる時には人の少ない「ホッグズ・ヘッド」よりも人が大勢いて盗み聞きするのが難しい「三本の箒」でやったほうがいいと言われたので、次回はそのアドバイスと反省を踏まえて・・・

年が明けた2月14日のバレンタインデーにチョウとの初デートがものの見事に玉砕に終わって1人で「三本の箒」に来たハリーだったのですが、そこにはハーマイオニーとリータ・スキーターにルーナ・ラブグッドという・・・

飲み仲間としては到底考えられない組み合わせの3人が同じテーブルを囲んでいたのです。ハリーが女の子と一緒だったと聞いてリータ・スキーターは即座に反応して座ったまま体を捻ってハリーをまじまじと見つめたのでした。

ハリーは3人の顔を順番に見つめながら「君たち何するつもりだい?」と訊ねたのでした。するとスキーターが「ミス優等生がそれをちょうど話そうとしていた所に君が到着した」とハリーに説明したのでした。すると・・・

「ミス優等生のお嬢さんがそんな記事はお望みじゃないざんしょ?」

スキーターは目を丸くしてハーマイオニーを見ました。ハリーもそうでした。それは何とハーマイオニーが自分は「まさにそういう記事をお望みなの」と言い始めたからです。ヴォルデモートについてハリーが言うことを・・・

スキーターが声を殺して「ハリーが言うことを記事にして欲しいと言うのか?」と訊くとハーマイオニーは「ええそうなの」と言い放ったのでした。真実の記事を書いて欲しい。ハリーが話す通りに全ての事実を何もかも・・・

ハリーは全部詳しく話すわ。ハリーがあそこで見た「隠れ死喰い人」の名前も現在ヴォルデモートがどんな姿なのかも。ハーマイオニーは「ハリーが真実を語る機会を作ってあげたい!」と思ってリータ・スキーターを・・・

呼び出したわけなんですがシリウスのアドバイスを受けて今回はホッグズ・ヘッドではなく「三本の箒」で秘密の会合を開いたというわけなんですよね。こうしてこの密談は誰にも盗み聞きされることなく無事に終了して・・・

ハリーのインタビュー記事が掲載されたルーナのお父さんが発行している雑誌「ザ・クィブラー」は飛ぶように売れたのでした。

今日の最後に
ハーマイオニーは「闇の魔術防衛」グループ後のダンブルドア軍団をウィーズリーおばさんは反対していて、シリウスは賛成だとシリウス本人から聞かされた時には「シリウスの判断力を本気で信用してるの?」と言って・・・

シリウスは今の境遇では自分はほとんど何もできず本当に嫌気がさしている。だから私たちをけしかけるのに熱心になっているんだとハーマイオニーは言っていたのですが、その一方で納得できるアドバイスについては・・・

こうして聞き入れていたというわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1190-1fdf290b