FC2ブログ
マリエッタ・エッジコムがアンブリッジに「この部屋」が存在することを教えたがためにドラコ・マルフォイもまた知ることになったのです。翌年度今度はアルバス・ダンブルドア殺害を命じられたそのドラコ・マルフォイがこの部屋を使うことになったのでした。しかしハリーがその使用目的を知ることができたのは?(全3項目)

3-1.チョウ・チャンにとっては
そもそもチョウがダンブルドア軍団に参加したのはハリーに「闇の魔術に対する防衛術」を習うためではなくハリーと付き合うキッカケを作るためでした。それは当然ハーマイオニーも最初から百も承知だったというわけです。

クリスマス休暇前最後の会合でチョウはそのチャンスを掴みました。ハリーは心臓が飛び上がって喉仏のあたりまで上がって来たような気がしました。チョウが友達のマリエッタを先に返して「必要の部屋」にはハリーと・・・

チョウの2人だけになったからです。ハリーはそれを意識しながらチョウが声をかけて来るのを待ちました。ところが背中越しに聞こえて来たのは大きくしゃくり上げる声だけでした。ハリーが振り向いてみるとそこには・・・

チョウが部屋の真ん中に涙で頬を濡らして立っていたのです。チョウはただそこに立ち尽くし、さめざめと泣いているだけだったのでハリーはどうしていいのか?が分らずおずおずとチョウに「どうしたの?」と訊いたのでした。

チョウが「彼がこういうことをみんな知っていたら死なずに済んだかもしれないのに」と言ったのでハリーは「チョウはセドリックのことが話したかったんだ」と判ってようやく落ち着きを取り戻したのでした。ところが・・・

2人はしばらく見つめ合いました。ハリーは「必要の部屋」から走って逃げ出したいと熱望していましたが思いとは裏腹に足が全く動きません。そうしている内にもチョウは鼻のそばかすさえ数えられるほど近づいて来ました。

「あなたがとっても好きよ、ハリー」

チョウがこんなに近くにいる。

睫毛に光る涙の一粒一粒が見える・・・

この時ファーストキスをして休暇明け最初のホグズミード村行きの日の2月14日に初デートもしたハリーとチョウだったのですが、チョウが連れて来たマリエッタ・エッジコムがアンブリッジに密告したことなどもあって・・・

学期末にはハリーの心は完全にチョウから離れていたのでした。こうしてハリーの初恋は消え去って行ったのでした。

3-2.今度はドラコ・マルフォイが・・・
ハリーにとっては憎んでも余りある裏切り者でしたが、そのマリエッタ・エッジコムがアンブリッジに「必要の部屋」なるものが存在することを教えたためドラコ・マルフォイも知るに至ったというわけなんですよね。そこで!

「日刊予言者新聞」にヴォルデモートの復活が掲載されたことを受けてホグワーツ魔法魔術学校も闇祓いが常駐する他にもダンブルドア校長自身が魔法をかけて学校の警備が大幅に増強されたのでした。その事態を受けて・・・

その闇の帝王にアルバス・ダンブルドア殺害を命じられたドラコ・マルフォイは味方の死喰い人の援軍を校舎内に招き入れる方法として壊れていた「姿をくらますキャビネット棚」を修理することを思いついたというわけです。

誰にも邪魔されずに修理するためドラコが選んだ場所がその昨年度ハリーが使っていたという「必要の部屋」だったのです。しかし学期初日にホグワーツ特急でドラコのいるコンパートメントにハリーが潜入していたため・・・

ハリーが自分を疑っているのは間違いないと確信したドラコは「必要の部屋」の両脇にポリジュース薬で女子生徒の姿を取らせたクラッブとゴイルを見張りにつけたのですが、さらなる対策も打っていたというわけなんですよね。

年明けの3月になってからようやく屋敷しもべ妖精のクリーチャーとドビーを尾行につけることで「マルフォイは必要の部屋で何かをしている」ということを知るに至ったハリーは「必要の部屋」への侵入を試みたのでした。

それに対してハーマイオニーは「それはできないと思う」と言ったのでした。あの馬鹿のマリエッタがベラベラしゃべってしまったのでマルフォイは私たちが「あの部屋をどう使っていたのか?」を知っていた。だから・・・

マルフォイは「必要の部屋」がダンブルドア軍団の本部になる必要にあったから部屋はその必要に応えた。しかしハリーはマルフォイが「必要の部屋」に入っている時にそこが何の部屋になっているかを知らないのだから・・・

だからハリーは「どういう部屋になれ」と願うことはできないとハーマイオニーは言うのです。それに対してハリーは「何とかなるさ」と言ったのですがドラコ・マルフォイはこの時のために更なる対策を打っていたのでした。

そのことを知った翌日の朝ハリーは早速「闇の魔術に対する防衛術」の授業の前の自由時間に「必要の部屋」へ入ろうと全神経を集中させて「僕はマルフォイがここで何をしているか見る必要がある」と考えて石壁の前を・・・

3回通り過ぎました。しかしハリーが目を開けて見てみるとそこは相変わらず何の変哲もない長い石壁のままでした。ハリーはその後何度も何度も言い方を変えてみましたが「必要の部屋」は頑として開いてはくれませんでした。

実はドラコ・マルフォイはハリーが自分を疑っていることを学期初日のホグワーツ特急での出来事で知ってしまったため、ハリーが自分の使用目的を知るため「必要の部屋」に入ろうとした時には入れるのを拒否するよう・・・

歯止めをかけておいたのです。だからハリーが何度その言い方を変えても部屋はそれに応えなかったというわけなんですよね。

3-3.再びハリーが・・・
ドラコ・マルフォイもそして他ならぬハリー自身も今年度はダンブルドア軍団の活動をしていないのだから再び「必要の部屋」を使うことになろうとは夢にも思っていなかったでしょうね。ところがそれが起きてしまったのです。

「あの呪文がどういうものなのか知りませんでした」

プリンス手書き入りの「上級魔法薬」の教科書でハリーが「敵のために」と書き添えられていた「セクタムセンブラ」の呪文をドラコ・マルフォイに試してみたら驚くことに何とマルフォイが血まみれになってしまったのです。

スネイプはハリーに教科書を全部持って来るよう命じたのでした。プリンス手書き入りの「上級魔法薬」を差し出してしまえば没収されてしまうかもしれないし今年度の魔法薬学の授業に於けるハリーの高評価の正体を・・・

スラグホーンを筆頭に他の先生方や生徒たちにも知られたくないと思ったハリーはロンの「上級魔法薬」の本を借り受けてプリンス手書き入りの本のほうを持って「必要の部屋」に向かったのでした。そして到着すると・・・

「僕の本を隠す場所が必要だ。僕の本を隠す場所が必要だ。僕の本を隠す場所が必要だ」

頭の中でこう考えながら石壁の前を3回往復してハリーが目を開けると「必要の部屋」はそれに応えて扉が現れていました。そしてハリーは雑然とした廃物の山の中にプリンス手書き入りの「上級魔法薬」の本を隠したのでした。

この時ハリーはドラコ・マルフォイの部屋の使用目的を知るためではなく自分自身の「上級魔法薬」の本を隠すためだったので部屋はそれに応えたというわけだったんですよね。そのためハリーが事の真相を知った時には・・・

既に目的は達成されていたのです。

今日の最後に
そういえばドラコ・マルフォイが「必要の部屋」に入っている間「忍びの地図」はマルフォイを示す点は消えていましたし、部屋も表示されていなかったということでハリーのお父さんジェームズ・ポッターを筆頭にして・・・

シリウスもルーピンもそしてもちろんピーター・ペティグリューも「必要の部屋」の存在を知らなかったようですね。ハリーたちがダンブルドア軍団の練習場所を探していると言った時もシリウスは「この部屋」のことを・・・

一言も口にしませんでした。したがって「忍びの地図」にもこの部屋は載っていなかったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1197-5aca12d3