FC2ブログ
今日と明日の2日間に渡って、ウィーズリー家の末っ子で唯一の女の子である「この人」を分析・紹介することにします。読者とハリーの彼女に対する最初の印象はシャイで内気でおとなしくて従順な口数の少ない純粋無垢な子といった感じでした。(全4項目)

4-1.初登場時のジニー
以前にも触れましたが「初登場」は賢者の石139ページで在学中の兄たちと共にキングズ・クロス駅にモリー母さんと一緒に来ています。

お母さんの手を握って「ママ、あたしも行きたい」と言っていますが、あなたはまだ小さいからとたしなめられていますね。学習意欲満々なのか!と思いきやハリー目当てだったことが直後に明らかになります。

プラットホームでフレッドから声をかけて来た黒髪の少年がハリーだと聞いたジニーは汽車に乗って見に行きたいと言い出しています。どうやら「この時」既にハリーのことが好きだったみたいですね。

4-2.本格!初登場は?
と!いうわけで第1巻では「ほーんの少し」しか出番のなかったジニー、本格的に登場したのは第2巻秘密の部屋からでした。

ハリーが初めて足を踏み入れた魔法使いの家「隠れ穴」で2人は再会します。でも着替えもせずネグリジェ姿のままだったため即座に自分の部屋に引き返してしまったのでした。(52ページ)

ロンによると夏休み中ずっとハリーのことばっかり話していたそうです。フレッドもニヤッ!としながら「君のサインをほしがるぜ」と言っていますね。この年ホグワーツの1年生となるジニーはハリーと会えるのを楽しみにしていたようです。

4-3.最初の印象
おそらくジニーはハリーに再会できるのは新学期初日9月1日のホグワーツ特急だと思っていたんじゃないでしょうか?!だから自分の家にハリーが滞在するとは夢にも思っていなかったので、心の準備ができていなかったのではないかな?と私は思います。

「隠れ穴」に来て1週間ほど経った上天気の朝ロンと一緒に朝食を取りにハリーが台所に下りていくと、既にテーブルについていたジニーはオートミール用の深皿を引っくり返して床に落としてしまいました。(65ページ)

皿を拾って再びテーブルの上に姿を現した時ジニーの顔は夕日のように真っ赤になっていました。この時のみならずハリーがジニーのいる部屋に入ってくるたびジニーは物を引っくり返しがちだったそうです。

その直後ジニーが今年ホグワーツ入学と知ったハリーが直接声をかけるとジニーは真っ赤な髪の根元のところまで顔を真っ赤にして頷きながらバターの入った皿に肘を突っ込んでしまったのでした。何をしているのか自分でも分からないぐらい緊張していたようです。

4-4.思わぬ試練が・・・
そんなジニーでしたが・・・ホグワーツ1年生となったジニーはルシウス・マルフォイの策略のせいでヴォルデモート卿に取り憑かれるという事態になってしまいました。

ローブが鶏の羽だらけなのに、どうしてそうなったのか?分からないし、ハロウィーンの時何をしていたのか記憶がないし、パーシーも顔色がよくないし何だか様子がおかしいって、しょっちゅう言うし・・・(456ページより)

しかしハリーがトム・リドルをやっつけてくれたのでジニーは命からがら秘密の部屋から救出されてダンブルドアの寛大な処置でお咎めなし!再び元気一杯になったのでした。

今日の最後に
本日は主に第2巻のジニーを取り上げましたが明日は第3巻以降のジニーを紹介することにします。

もう1つ!おまけに・・・お知らせ
既に気付いている人は気付いてみえるでしょうが11月の1日にカテゴリーの下に『全ての記事を表示する』という項目を新たに加えました。

多分設置した本人が一番驚いていますが、今まで発表した記事全てが「どれでも」ワンクリックで見られるようになっています。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/120-d7d7e5da