FC2ブログ
ドラコは自分が口にしたくないあるいは認めたくないと思った時には父親のルシウス氏にさえ平気で嘘を言いますし、自分が嫌いな奴を陥れるためなら手段を選ばないというわけです。そのためハグリッドが「魔法生物飼育学」の教職の座に就くとドラコは・・・(全3項目)

3-1.羨望から生まれた憎悪?
ドラコにとってハリーは羨望の対象以外の何物でもありませんでした。自分だったら「写真を撮らせて」とか「その写真にサインして欲しい」と言われれば喜んで応じてあげるというのにハリーはその逆の行動を取ったのです。

2年生の学期2日目のことでした。昼食を終えて中庭に出ていると昨夜グリフィンドールに組分けされた薄茶色の髪の小さな少年がハリーに「写真を撮らせて欲しい」とか「写真にサインしてくれますか?」と言っていたのです。

「サイン入り写真?ポッター、君はサイン入り写真を配ってるのかい?」

いつものように両脇にクラッブとゴイルを従えたドラコの痛烈な声が中庭に大きく響き渡ったのでした。ドラコは周囲に群がっていた生徒たちに大声でハリーがサイン入り写真を配るそうだから並ぶようにと呼びかけたのでした。

ハリーは激怒してドラコに「僕はそんなことしていないぞ。黙れ!」と言いましたが、その小柄な少年コリン・クリービーはクラッブの首の太さぐらいしかない体でドラコに対して「焼き餅妬いてるんだ」と言い返したのでした。

「妬いてる?」

ドラコはもう大声を出す必要はありませんでした。中庭にいた生徒の半分が耳を傾けていたからです。実を云えばコリン・クリービーの言うことは図星でドラコはハリーのことが羨ましくてしかたなかったのです。しかし・・・

「何を?僕はありがたいことに額の真ん中に醜い傷なんか必要ないね。頭をかち割られることで特別な人間になるなんて僕はそう思わないのでね」

思っていることとは正反対のことを言ってしまうドラコだったというわけなんですよね。

3-2.ヒッポグリフのバックビーク、その1
3年生の学期初日にハグリッドが「魔法生物飼育学」の教職の座に就いたことはハリーたちにとっては大きな驚きと共にもたらされた吉報でした。がしかし当然ドラコにとっては不愉快極まりない知らせだったというわけです。

ハグリッドの初授業はハリーとドラコを含めた3年生のグリフィンドールとスリザリンの合同で行われました。ハグリッドが記念すべき最初の授業で取り上げたのは半鳥半馬のヒッポグリフという奇妙キテレツな生き物でした。

ハグリッドはヒッポグリフについて「誇り高くすぐに怒るので侮辱してはいけない。そんなことをしたらお前たちの最後の仕業になるかもしれない」などと説明していましたが、ドラコはクラッブとゴイルと話をしていて・・・

何やらひそひそ話をしていて聞いてもいませんでした。ハリーの見る所どうやら「どうやったら授業をぶち壊しにできるのか?」と企んでいるようでした。ヒッポグリフと対峙する生徒が全く現れないためそこでハリーが・・・

何とかハグリッドの初授業を成功させてやりたいとハリーが一番乗りを申し出ました。数いる中からハグリッドは灰色のバックビークを選びました。ハグリッドの指示通りハリーが瞬きをしないようにしてお辞儀をすると・・・

バックビークは気位高くハリーを見据えていて動かずハグリッドは心配そうな声でハリーに下がるようにと言いました。ところが驚いたことにバックビークは鱗に覆われた前脚を折ってどう見てもお辞儀と思われる格好を・・・

ハグリッドは大喜びしてハリーに「触ってもええぞ!嘴を撫でてやれ」と言ったのでした。ハリーが近づいて嘴を撫でてやるとバックビークはまるでそれを楽しむかのようにとろりと目を閉じてクラス全員が拍手したのでした。

しかしドラコにクラッブそれにゴイルの3人だけはひどくがっかりしたようでした。ハリーの成功に励まされて他の生徒たちも恐々放牧場に入って来ました。そしてドラコが相手にしたのもバックビークだったのですが・・・

ドラコは尊大な態度でバックビークの嘴を撫でながら「簡単じゃないか」とかハリーにもできるんだからそうだと思っていたなどと言っていましたが、ドラコが「醜いデカブツの野獣君」と言って侮辱をするものだから・・・

ドラコがヒッーと悲鳴を上げたかと思うと次の瞬間にはハグリッドがバックビークに首輪をつけようと格闘していました。バックビークはドラコを襲おうとしてもがきドラコのほうはローブが見る見る血に染まっていって・・・

草の上で身を丸めて「死んじゃう!」と喚いていました。ハグリッドは蒼白になりながらも「死にゃせん!」と言ってドラコを軽々と抱え上げてドラコを医務室に連れて行くため城に向かって坂を駆け上がって行ったのでした。

そしてドラコは・・・

3-3.ヒッポグリフのバックビーク、その2
ドラコの思惑通りの展開になりバックビークは「危険生物処理委員会」に付託され裁判を受けることになりました。クィディッチの最終戦グリフィンドール対スリザリンでは目の前でハリーに手を払い除けられてスニッチを・・・

奪われてクィディッチ優勝杯を逃がしたドラコは目に見えておとなしくしていましたが、学期末試験の直前になると昔の威張りくさった態度を若干ですが取り戻して「バックビークは必ず殺害される」と自信たっぷりで・・・

自分がそのように仕向けたことが愉快でたまらないとドラコが嘲っていたということをハリーは人伝に聞いたのでした。それを聞いてハリーはドラコの横っ面を張り倒してやりたいという衝動をやっとのことで我慢したのでした。

ところがバックビークは執行寸前に逃亡をして処刑を免れたのです。ドラコは怒り狂って「ハグリッドが何らかの方法でこっそり安全な所に運んだに違いない」と確信してハグリッドに自分や父親が出し抜かれたことが・・・

癪の種のようでした。しかし実際にはハーマイオニーが持っていた「逆転時計」でハリーと2人で3時間前に戻りハグリッドの小屋の裏庭に繋がれていたバックビークを連れてシリウスと逃亡させたというのが真相だったのです。

ドラコは実はハリーがバックビークの逃亡に関わっていたこともハーマイオニーが逆転時計を持っていたことも知らなかったのです。

今日の最後に
こうして2年生と3年生の時ドラコとハリーが「どう関わったのか?」を改めて振り返ってみると「やはりドラコは平気で嘘をついている」ということ。そして決して自分の本心を表には出さずハグリッドを陥れるためなら・・・

手段を選ばないというドラコの本性が浮き彫りになりましたね。でもそれはある意味スリザリン的な考え方で自分の身や利益を守るためなら「してもいいんだ」という考えがベースにあるからこういうことができるんでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1213-60b7e86f