FC2ブログ
さて!今週はハリーと魔法大臣コーネリウス・ファッジとの関係がどのように推移あるいは変遷していったのかについて改めて振り返ってみたいと思います。ハリーがマージおばさん風船事件を起こした時には大臣の寛大な処置(?)で退学を免れました。しかしその学期末には・・・(全3項目)

3-1.初対面
これまでも種々形を変えて紹介して来ましたがハリーが魔法大臣コーネリウス・ファッジと初めて会ったのは3年生の夏休みにマージおばさん風船事件を起こしてプリベット通り4番地を飛び出し「漏れ鍋」に到着した時でした。

「私はコーネリウス・ファッジ、魔法大臣だ」

実はハリーは前の年度にハグリッドの小屋で見ているので知っていたのですが、その時には父の形見の「透明マント」に隠れていたのでこうして直に会って話をするのはこれが最初だったというわけです。ファッジ大臣は・・・

風船事件は魔法省の「魔法事故リセット部隊」の手で処理済みだとハリーに告げた後ファッジはティー・カップを傾けながらその縁越しに「お気に入りの甥をじっくり眺める伯父さん」といった趣でハリーに笑いかけたのでした。

そして二の句が告げない様子のハリーを見てファッジは「君は叔父さんに叔母さんの反応が心配なんだね?」と言って2人が非常に怒っていたことは否定しない。けれどもハリーがクリスマスとイースターの休暇を学校で・・・

過ごせば来年の夏にはまたハリーを迎える用意があると言ったのでした。それに対してハリーは詰まった喉をこじ開けて今までだってそうして来た。自分はもう二度とプリベット通りには戻りたくないと言うとファッジは・・・

「まあまあ、落ち着けば考えも変わるはずだ」

ファッジは困ったような声で「何と言っても君の家族だ。それに心の深い所で互いに愛しく思っている」とも言ったのでした。当時ハリーはまだ自分がプリベット通りに帰らなくてはならないその理由を知らなかったので・・・

結局ハリーは魔法大臣の粋な計らい(?)で「あれは事故だった」ということでお咎めなしということになり、夏休みの残りの期間は「漏れ鍋」に滞在することになったのですが魔法大臣自らが直々のお出ましということで・・・

疑心暗鬼に陥るハリーだったのでした。

3-2.あのことをハリーの耳に入れたのは?
あの時ファッジ大臣はハリーのことをとても心配していました。第1に当時アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックがハリーの命を狙っていると思われていたからです。さらに悪いことはそのシリウス・ブラックこそが・・・

「ブラックの最悪の仕業はあまり知られていない」

シリウス・ブラックは12人のマグルと1人の魔法使いつまりピーター・ペティグリューを殺害した罪でアズカバンに投獄されていました。しかしそれよりも無二の親友ジェームズ・ポッターを裏切るという最悪中の最悪の・・・

ハリーのお父さんジェームズ・ポッターとシリウス・ブラックは「影と形のようだった」とか「一心同体」という言葉がぴったり来るほどに親密な仲でした。みんなが2人は「兄弟じゃないか?」と思うほどだったんだそうです。

ジェームズ・ポッターは他の誰よりもシリウス・ブラックを信用しました。それは卒業後も全く変わりませんでした。シリウスはジェームズがリリーと結婚する時も新郎の付添役を務めました。さらにハリーが生まれると・・・

ジェームズはシリウスをハリーの名付け親にもしたのです。そしてダンブルドアから「ヴォルデモートがジェームズとリリーの命を狙っている」と知らされた時にもジェームズはシリウスのことを誰よりも信じていたので・・・

ヴォルデモートから身を隠すのは容易なことではない。ダンブルドアは2人に「忠誠の術」が一番助かる可能性があると言ったのです。そこでジェームズは自分たちの「秘密の守人」に当然シリウスを指名したというわけです。

ところが・・・

ファッジは知らなかったのです。その時一番このことを知られてはならない人物すなわちハリーがロンとハーマイオニーと一緒にパブ「三本の箒」の机の下に隠れていることを知らないままハリーの両親ポッター夫妻が・・・

父親の無二の親友の裏切りで・・・

ハリーは知ってしまったのです。

3-3.消えたヒッポグリフの謎
どうして誰も何も教えてくれなかったのだろう?未だかつて経験したことのない烈しい憎しみが毒のようにハリーの体中を駆け巡っていました。だからこそ「叫びの屋敷」でシリウス・ブラックと対峙した時にはハリーは・・・

ところが・・・

「否定はしない」

「しかし君が全てを知ったら」

学期末試験の最終日。この日魔法大臣コーネリウス・ファッジはシリウス・ブラックの事件の状況を調べる必要もあったので「危険生物処理委員会」からの要請で狂暴なヒッポグリフの処刑に立ち会うことになったんだそうです。

ハリーたち3人がルーピン先生の「闇の魔術に対する防衛術」の試験を受けて来た後。城に戻って来た所でファッジ大臣と会ったというわけです。ロンとハーマイオニーは大臣とは親しく話すような間柄ではなかったので・・・

後ろのほうで何となくうろうろとしていましたが大臣がヒッポグリフの処刑に立ち会うと言うので、ロンは思わず進み出て「もう控訴裁判は終わったということですか?」と言って口を挟んで来る一幕があったというわけです。

それがダンブルドアに委員会のメンバー1人さらには死刑執行人と一緒にハグリッドの小屋に行き、書類にサインをして「いざ処刑の執行」ということになって裏庭に出てみるとそのヒッポグリフの姿が忽然と消えていたのです。

「どこじゃ?」

「ここに繋がれていたんだ!俺は見たんだ!ここだった!」

シリウスを逃がしたのは絶対にこいつらだとハリーとハーマイオニーを指差し顔を歪ませ口角泡を飛ばしながら叫んでいたスネイプを見て、ファッジ大臣が「精神不安定じゃないかね?」と問うのに対してダンブルドアは・・・

「いや不安定なのではない。ただひどく失望して打ちのめされておるだけじゃ」

こう言ったのでした。するとファッジは「それはあの男だけではないわ!」と声を荒げて言ったのでした。やっとのことでシリウス・ブラックを捕まえたというのに吸魂鬼がキスをする直前にまたしても逃げられてしまい・・・

それにヒッポグリフの逃亡の話が加われば「日刊予言者新聞」はお祭り騒ぎで自分は物笑いの種になるというわけです。ところがそのヒッポグリフをハグリッドの小屋の裏庭から連れ出してシリウスと共に逃亡させたのは・・・

ハリーとハーマイオニーだったのです。

今日の最後に
今回改めて振り返ってみて魔法大臣コーネリウス・ファッジが「漏れ鍋」でハリーを待ち受けていたのは、ハリーはここ以外には魔法界への入口を知らなかったのですから極めて的確な判断だったと私は感心させられましたね。

でもやっぱり私はファッジ本人が「ここで待っていればハリーは必ず現れる」と考えたとは到底思えません。やっぱりファッジに「漏れ鍋」で待っていればハリーに会えると助言をしたのはダンブルドアだとそう思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/1228-9a98f90a